なでしこに足りなかった“奪う”意識、清水梨紗が試合中に大事にすることは「コミュニケーション」

2021.11.23 23:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
オランダ遠征をスタートさせたなでしこジャパンのDF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が23日、メディアのオンライン取材に応対した。

なでしこジャパンは、10月に池田太監督を招へい。アンダー世代で結果を残してきた指揮官が、世界で戦えるチームを作るために就任した。

10月は国内組だけでトレーニングキャンプを実施。そして迎えた11月はオランダ遠征を実施し、初の対外試合を迎える。

25日にはアイスランド女子代表、29日にはオランダ女子代表との対戦が待っているなでしこジャパンだが、22日に現地入りし試合までの準備期間がほとんどない状況だ。

メディアのオンライン取材に応じた清水は、移動してから時間がない中での試合を迎えることについて「WEリーグの試合があって、この短い期間での海外遠征ということで、時差ボケ対策には短い気もしますが、コロナ禍で海外のチームと2戦できることは凄く良い機会です」とコメント。「チームでもどう過ごしたら良いかとは言われてきていたので、ある程度は自分は大丈夫かと思います」と調整期間は短くても問題ないと語った。

初日のトレーニングでは攻撃に比重を置いているように見えた中、清水は「海外の選手が今回の合宿から参加ということで、チームとしても攻撃のコンセプトや守備のコンセプトを確かめるということの練習でした」とコメント。「日本組の自分たちは1回練習したことあるような感じの練習だったので、確認というか、全員の意識を統一するための練習だったかなと思います」と、初めて新チームに合流した選手との共通理解を深めるトレーニングだったとした。

到着日のミーティングでは「前回の合宿でこういうことをやったり、今後の目標だったり、チームとしてどう戦っていくかを映像を見ながらやりました」とコメント。その際には映像も観たというが「特定のチームというよりは、良いシーンだったり分かりやすいシーンを持ってきてくれています。代表のシーンもありますし、ヨーロッパのクラブチームも入っていました」と、テーマであるボール奪取のところの映像を実際に見たと語った。

今回の海外遠征での目標については「(池田)太さんのサッカーの一番のテーマは“奪う”ということで、前回の合宿でオリンピックの分析結果で、奪う回数が少ないというか、奪いにいくチャレンジが少ないという分析結果がありました。自分でも振り返ったり、オリンピックの映像を見ると、相手の懐に行けている回数は確かに少なかったなと思います。今回の2戦ではそういうところを意識してやってみたいと思います」と、チームとしてのテーマでもある“奪う”をプレーで実践していきたいと語った。

トレーニングでは池田監督も激しく参加していた点については「熱いというか、太さんはずっと熱い人だったので、それに負けないように、良い雰囲気の中で練習できているので、自分たちが熱さを超えていくのも必要だと思うので、練習からそういったところも磨きをかけていければと思います」と、監督の熱量に負けないプレーをしていきたいと意気込みを語った。

アイスランド戦が2日後に控えているが「1月にワールドカップ予選を控えていて、太さんになってから時間も経っていないですし、その中で試合ができるのが凄く貴重な経験になってくると思います」とコメント。「1試合の中で反省というものを出すことも大事ですし、やっている中で、選手だったりメンバーと合わせていくことも大事です。ハーフタイムや前半の中、トータルして90分でコミュニケーションを取ってやっていくことが大事だと思います」と、試合中にしっかりと対応しながら戦っていきたいとした。

とはいえ、ただの確認の場にするつもりはないという清水。「勝負事なので、絶対勝つことが大事です。そこは絶対に求めていかなければいけない部分ですし、勝つことが一番大事です」と、勝利を目指すことは当然とし、その中でしっかりとコミュニケーションを取って課題を修正したいとした。

東京五輪からの反省点である“奪う”というプレー。大事なことだと考える点は「オリンピックの時は、めちゃくちゃGKにプレッシャーを掛けて取りに行くというシーンがなく、そういう戦術ではなかったですが、太さんはアグレッシブに前から取りに行くという戦術を持っているので、割と前から行くことが多いので、自分のポジションだと裏のスペースもありますが、そこを少し捨てながら、相手のサイドハーフやサイドバックにチャレンジしていくことが多いかなと思います」と、積極的に前にボールを奪いにいくことがまずは大事だとした。

一方で、後方のスペースを大きく開ける可能性もあるが、その点の対応については「自分が出ていくことによって、4バックから少し3バックのような形になるので、そのスライドは凄く大事になると思いますし、自分が3バックに入るときはもっと押し出すことが増えると思うので、そういうところの声やスライドする意識は凄く大事になると思います」と、結局のところ状況に応じたピッチ上でのコミュニケーションが大事だということを強調した。

また攻撃面でもアグレッシブさを求められるが「まずはゴールに直結するプレーということは、FWの選手も言われていて、その中で自分が関わっていく中ではロングボールがすごく大事になります」と、サイドチェンジや裏へのボールの供給が大事になるとし、「裏に出すボールというのは、これから精度を上げていかなければいけないと思います」と、キック精度を上げたいと意気込んだ。

関連ニュース
thumb

欧州遠征帰りのなでしこジャパンの選手1名が新型コロナ陽性

日本サッカー協会(JFA)は30日、なでしこジャパンの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が認められたと語った。 なでしこジャパンはセルビアに遠征しており、セルビア女子代表、フィンランド女子代表と対戦し連勝していた。 帰国したなでしこジャパンだが、27日に帰国時に求められているPCR検査で陽性が確認されたとのことだ。 これまでの検査では陰性で、現地で定められルールに従ってチームから離れて療養しているとのことだ。 また濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.06.30 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

元なでしこMF川澄奈穂美が虹アフロでパレード参加「イメージは大阪」

NJ/NYゴッサムFCに所属する元なでしこジャパンのMF川澄奈穂美が強烈なインパクトを残した。 ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)でプレーし、アメリカでの述べ7シーズンを迎えている川澄。27日に自身のSNSで次のメッセージとともにこの上なく目を惹く格好を公開した。 「え!次は精肉コーナーのタイムセール⁉️行くで〜〜〜!!」 川澄は虹色のアフロヘアで登場。「#今夜はかしわ天やな」「#イメージは大阪」「#派手なおばちゃん」「#さすがにこの髪型はおらんやろ」のハッシュタグが添えられており、大阪のおばちゃんを意識した恰好のようだ。 神奈川県出身の川澄ではあるが、白のタンクトップに虹アフロという出で立ちには「いや~どう見ても関西人」などの感想のほか、「ロッドマンかと思った」「番長」「笑える!」「何気に手提げはバレンシアガなの好き」「写真で一言みたいになってる」など、様々な声が寄せられている。 アメリカでは6月はプライド月間とされ、LGBTQ+の権利について啓発を促すさまざまなイベントが催されている。川澄はチームメイトの横山久美らとともに、象徴である虹色のファッションでパレードに参加。クラブも「こんな風にプライドを掲げる人たち、いないでしょ!」と紹介されている。 インターナショナルウイークのために中断を迎えているNWSLだが、ゴッサムFCは現地時間7月2日の日本人対決かから再開。永里優季を擁し、24日に元なでしこジャパンのコーチである今泉守正氏がスタッフとして加わったシカゴ・レッドスターズとホームで対戦予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】ド派手な格好でパレードに参加した川澄奈穂美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「え次は精肉コーナーのタイムセール⁉️行くで」<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BB%8A%E5%A4%9C%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%8F%E5%A4%A9%E3%82%84%E3%81%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#今夜はかしわ天やな</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AF%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#イメージは大阪</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B4%BE%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#派手なおばちゃん</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%95%E3%81%99%E3%81%8C%E3%81%AB%E3%81%93%E3%81%AE%E9%AB%AA%E5%9E%8B%E3%81%AF%E3%81%8A%E3%82%89%E3%82%93%E3%82%84%E3%82%8D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#さすがにこの髪型はおらんやろ</a> <a href="https://t.co/K1ZqkOCWyR">pic.twitter.com/K1ZqkOCWyR</a></p>&mdash; 川澄奈穂美 Nahomi Kawasumi (@NahoKawasumi_9) <a href="https://twitter.com/NahoKawasumi_9/status/1541387286474006528?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">NO ONE DOES PRIDE LIKE NJNY <a href="https://t.co/PTIxGsTD3a">pic.twitter.com/PTIxGsTD3a</a></p>&mdash; NJ/NY Gotham FC (@GothamFC) <a href="https://twitter.com/GothamFC/status/1541238420177129473?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「お似合いです」来季は女王へ、浦和レディースMF塩越柚歩が大胆イメチェン「このまま試合に」

三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩が心機一転を図った。 髪を後ろに束ねてピッチを駆ける姿が印象的なプレーメイカーだが、この度イメージチェンジを決行したようだ。28日、自身のインスタグラムを更新し、短くカットしてハイトーンカラーに仕上げた姿を公開した。 「かなりバッサリスッキリ。久しぶりに短くてなんか恥ずかしいけど、みなさん長めと短めどちらがタイプですか。きれいに仕上げてもらって大満足。大宮にも行きつけができた」 季節感のある姿には「お似合いです」、「夏だから、短めいいんじゃないかな」、「このまま試合に出場お願いします」とファンも好感触。「どちらもお似合いです」、「どっちも!!ハイトーンもGOOD!!!」、「めちゃ綺麗でかわいいです」、「両方好きだけれども試合中の髪型格好いいので縛れるくらいが最高なのだ」と、甲乙つけがたいファンも多いようだ。 今季の浦和レディースは「Yogibo WEリーグ」で2位、皇后杯では初制覇を成し遂げた。来季のリーグ戦は10月に開幕が決定。女王の座を射止めるべく、塩越にもさらなる期待が寄せらるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】ヘアカットした塩越柚歩</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfWQquNPzGb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfWQquNPzGb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfWQquNPzGb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">塩越 柚歩(@yuzuho_shiokoshi19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.29 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

積極性でゴールを奪った遠藤純「『来い』と思っていた」、熊谷紗希は「次に繋がるチャレンジができた」と連勝を評価

なでしこジャパンの3選手が、フィンランド女子代表戦を振り返った。 1年後に女子ワールドカップを控えるなでしこジャパンは、欧州遠征を実施。24日にはセルビア女子代表に5-0で圧勝しており、中2日でフィンランド戦を迎えた。 6名の先発を変更した池田太監督。システムは[4-4-2]を採用すると、前半13分にオウンゴールで先制。しかし、18分にゴールを許し、1-1で試合を折り返す。 セルビア戦同様に前半はチャンスを作りながらも崩し切れずに終わったが、後半は選手交代を敢行し流れを掴みに行く。 すると47分に遠藤純が勝ち越しゴールを決めると、58分に高橋はな、74分に植木理子、そして終了間際の89分に長谷川唯がゴール。終わってみれば、5-1で圧勝。欧州遠征2試合で共に5得点を奪い連勝で終えた。 この試合で勝ち越しゴールを決めたMF遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)はゴールを振り返り、「ゴールは(清水)梨紗さんからのボールでしたが、正直自分自身は準備ができていなかったです。ただボールがマイナスに落ちてきた時に行けると思いました」と、あまり良い状態でボールを受けたわけではなかったとコメントした。 ただ、「良いタイミングで走った時にちょうど梨紗さんからボールが来たので、あとは決めきるだけだったので良かったです。『来い』と思っていました」と、ゴールを決めたい意欲を持っていたことを明かした。 また「サイドでボールを受けた時に、前半はオープンで持って1番にクロスをと思っていましたが、後半は自分が中に入ってドリブルをすることが増えました。そこは自分でスイッチを1つ変えたところでした」と語り、前半は積極的にシュートに行けなかったが、後半はそこを修正したことでゴールにつながったようだ。 セルビア女子代表戦に続いて2試合連続でゴールを決めた植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は、この試合のゴールについて「狙ったというか、思うがままに打ちました。FWらしいゴールだったと思います」と、自身でもゴールを称賛した。 この2連戦については「まずは勝って帰れるのが嬉しいです。AFC女子アジアカップは負けて帰ったので、悔しい思いが強かったです。勝って反省できるというのはチームとしても良いし、個人としてもゴールを決められたので良かったです」と、課題はありながらも結果が残ったことは良かったとした。 コンディション面でも厳しい中での2試合となったが、「気温も暑かった中、チームが前から行くサッカーをし、前線の選手がハードワークをして流れを作ってくれていました。前半はそれをベンチで見ていた中で後半の頭から入るとなって、その流れを無駄にしてはいけないと思いました。相手が疲れていたので自分が突け入る隙があるなと思っていました」と、ハードワークするチームの流れにしっかり乗れたと振り返った。 キャプテンとして2試合を戦ったDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)は「(セルビア戦から)相手が変わったので自分たちの戦い方も少し違って、その中で前半は少し自分たちが思った形で前に進めなかったです」と前半の戦い方を反省。「良い形でボールを奪えてもそれが自分たちのボールにならなかったりということがありました」と、やりたいことをやれても上手くいっていない感覚があったという。 ただ「結果勝ち切れたことは良かったですし、トータル2試合戦って、相手がどうこうでなく自分たちが次に向かう、次に繋がるチャレンジができたと思います」とコメント。チームとして結果を残して課題に向き合えることが良いことだとした。 なでしこジャパンは7月にEAFF E-1サッカー選手権に参加する。 2022.06.28 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

圧勝で欧州遠征2連勝のなでしこ、池田太監督も称賛「チーム作りはステップバイステップ」

なでしこジャパンの池田太監督が、フィンランド女子代表戦を振り返った。 1年後に女子ワールドカップを控えるなでしこジャパンは、欧州遠征を実施。24日にはセルビア女子代表に5-0で圧勝しており、中2日でフィンランド戦を迎えた。 6名の先発を変更した池田監督。システムは[4-4-2]を採用すると、前半13分にオウンゴールで先制。しかし、18分にゴールを許し、1-1で試合を折り返す。 セルビア戦同様に前半はチャンスを作りながらも崩し切れずに終わったが、後半は選手交代を敢行し流れを掴みに行く。 すると47分に遠藤純が勝ち越しゴールを決めると、58分に高橋はな、74分に植木理子、そして終了間際の89分に長谷川唯がゴール。終わってみれば、5-1で圧勝。欧州遠征2試合で共に5得点を奪い連勝で終えた。 試合後、池田監督はフィンランド戦を振り返り、厳しい暑さの中での選手たちのパフォーマンスを称えた。 「暑さの中、選手たちはタフに戦ってくれました。前半に課題のあった距離感を修正して後半に臨むことができ、得点を重ねて勝利に繋げられたことは良かったです」 「試合前のミーティングでサイドからの攻撃を上手く使おうと話した結果、少し強調しすぎたことで選手たちもサイドへという頭になってしまったと思いますが、後半はうまく修正してくれました」 「守備の面でも広がりすぎてしまうところがあったので、もう少し閉めようとハーフタイムに話しました。そこも選手はしっかり対応してくれました」 また、後半にかけては相手が落ちてきたところを上手く突くことができたという。 「後半は相手も疲れてきたところで我々の選手たちが頑張ってくれて、修正をしながら勢いを持って、上手くゲームコントロールして結果に繋げられたと思います」 「チーム作りはステップバイステップで、距離感や攻撃のイメージ、形のイメージは課題が出ては積み上げているというところ。ただ伝えようとしていることは浸透してきているし、伝えていることは積み上がってきていると感じています。順序立てて積み上がっているなと感じています」 またチームコンセプトである「奪う」ということへのトライについても言及。継続していくことが大事だとした。 「前からボールを奪いに行っている中で全部がハマるわけではないので、相手に少し動かされたときの守備ブロックの作り方などは課題がありますが、そのリスクを冒しても今は旨味を取っているという考え方。今はその成果にフォーカスしています」 2022.06.28 09:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly