プレーオフ出場決定のトルコ、チャルハノールは本大会出場に気合い「僕たちの夢が叶うことを願っている」

2021.11.17 15:24 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、カタール・ワールドカップ(W杯)のプレーオフへの意気込みを示した。『UEFA.com』が伝えている。

トルコは16日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGの最終節でモンテネグロ代表と対戦した。勝てば本大会出場が決定する可能性がある一方、負ければグループステージ敗退の恐れもある難しい状況で迎えた一戦は、開始からわずか4分で失点を許す苦しい展開に。しかし、そこから反撃に出たチームは22分にFWケレム・アクトゥルコールのゴールで同点とすると、60分にMFオルクン・コクチュがシュートを叩き込み逆転に成功。その後はリードを守り切り、2-1で勝利した。

この結果、トルコは首位のオランダ代表が勝利したため本大会出場決定とはならなかったが、2位でのプレーオフ通過を決めている。この試合にフル出場したチャルハノールは試合後のインタビューに応じた際、諦めず勝利をつかんだことに歓喜。プレーオフでは難しい試合が待っていると語りつつ、本大会出場を願った。
「僕たちの夢が叶うことを願っているよ。僕らはグループステージを突破して、一歩を踏み出すことはできた。プレーオフでは難しい試合が待っているだろうね。僕たちは自分のクラブに戻り、パフォーマンスを向上させる努力をしたい。誰が相手でも、自分たちのゲームをする必要があるんだ。監督は、今日に向けとても良い準備をしてくれたよ」

「時にはリードされることもあるけど、もっとも重要なのは諦めないことだね。僕たちは同点とした後で2点目を狙い、それを実行できた。オランダ対ノルウェーの試合には興味がなかったよ。僕たちは自分たちの試合に集中していたからね。結果として、勝ってプレーオフに進出できたことをとても嬉しく思う」

関連ニュース
thumb

クロアチア戦後、誰もいないピッチを1人見つめる森保監督の背中が多くを物語る「涙が止まらん」「きっと清々しい表情だったのでは」

日本サッカー協会(JFA)のTeam Camが9日に公開。カタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだ日本代表のクロアチア代表戦の舞台裏が明らかになった。 カメラが捉えたのは試合後の森保一監督の姿。ロッカールームで一人一人を励まし、一通りの仕事を終えた後に森保監督が向かったのは、試合後が行われたアル・ジャヌーブ・スタジアムのピッチだった。 森保監督は定位置であるテクニカルエリアへと向かうと、ベンチの端の席に荷物を置いてピッチをじっくりと見つめ続けていた。 その姿にはファンも「最後の森保さんのシーンに涙してしまった」、「きっと清々しい表情だったのではないかと思います」、「涙腺崩壊しました」、「本当にお疲れ様でした」、「涙が止まらん」と感動の声が集まっている。 W杯を終え、チームは一旦解散。4年間の戦いを終えた指揮官の背中は多くを物語っているように見えた。 <span class="paragraph-title">【動画】クロアチア戦後、誰もいないピッチを1人見つめる森保監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="A3aXV-4kGXs";var video_start = 1157;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.09 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「たったの2週間が1年分のよう」平愛梨さんが戦い終えた長友佑都を労い、W杯を振り返る「本当にみんな『ブラボーだ』」

4大会連続4度目のワールドカップ出場を果たしたDF長友佑都の妻である平愛梨さんが心境を綴った。 カタール・ワールドカップ(W杯)が長友にとっては4度目の出場となった大会。ベスト16の壁を破ることはできなかったが、ドイツ代表、スペイン代表とW杯王者をグループステージで倒すなど、多くの感動を呼んだ。 長友はフル出場こそなかったが、4試合連続で先発出場。2010年の南アフリカ大会から全試合に出場し、日本人最多となる15試合をW杯でプレーした。 今後についてはゆっくり考えるとしていた長友だが、現地カタールまで家族や3人の息子たちと観戦に訪れた平さんが、自身のインスタグラムでW杯、日本代表への想いを綴るとともに、自身にもコメントをくれるファンにも感謝した。 ーーーーー 2022年ワールドカップ 日本に戻って来て切り替えられる!と思ったら、まだ無理だ。(ってオマエ誰⁈って話だケロ) どの選手も、4年間の全てを発揮するW杯。 開幕を迎える日まで私もどこか落ち着かず、ソワソワ過ごしてた。 子供達の荷造りも大変なはずなのにどこか浮足だった。 あれからまだ2週間しか経っていない。 このたったの2週間が1年分のような大きな感情に揺さぶられた 観戦に行くのも簡単ではなくスタジアムの席に到着するその瞬間まで忘れ物はないか?このゲートで合ってるか?子供達ははぐれてないか?と色んなことを確認していっぱい歩いて辿り着く。 スタジアムに入るとたくさんの日本人サポーターさんが居てこんなにも大変な思いをしながらこの場所にいる!と思ったら私まですっごく勇気をもらえた。 大きく広く一際明るいスタジアムは隅から隅まで光が差し込んで選手の登場と共に私たちまで緊張感が走る。 ドイツとの初戦でピッチに並んだ選手達の姿! どの人も本当に格好良くて夫の姿に「目指して来た場所に立ててる」と思うとこれまでの色んな感情が込み上げて来た。 涙なみだの初戦から最後のPK戦まで、きっと、たくさんの人と同じ気持ちになれたことは間違いない‼︎と思う。 また、この気持ちがものすごいことだと思う。 サッカーというスポーツがこんなにもたくさんの人たちの生きる日常に感動を与えてくれて応援さえも一生懸命、必死にさせてくれたこと‼︎ 4年前のロシア大会はキックオフ時間に合わせて時間に追われながら過ごしテレビにかじりついて観戦した! 今回は行かせてもらい辿り着くまで必死だった! その大舞台に立ち触る人も応援する人もみんなみんな一緒なんだ! それぞれが違う場所からひとつの気持ちだけで繋がれていること! 同じ気持ちなんだ!と思ったら、本当にみんな「ブラボーだ」とやっぱり今もまだ涙とまらない。 まとまらない私の感情! どうかしてるゼッ 少しの期間でしたが、こんなにも感情を揺さぶられて佑都さんと結婚したことにより、私にまで「おめでとう」や「ありがとう」なんて言葉かけてくれて、こちらこそ 私や子供達まで受け入れてくださって本当にありがとうございます 元々サッカーをやっていた佑都さんと出逢わせてもらえてただ付き添っただけのナオン(女)です 「支えてくれて」というコメントをたくさん頂きましたが、支えなくても見るからに強いよ、彼は ひとりでもギラギラ立ち向かうだろう 私は遅れを取らないようについていくの必死だよ ってどんだけ「必死」言うねん!ってかー 雑談はさておき… 本当に、ほんとうに、ありがとうございました号泣) この、「ありがとう」の言葉も使ってしまうと、すぐ側にあったワールドカップが終わってしまいそうで言いたくないぐらい、まだまだ浸っていたかった!! でも、3人のカオス男児母として、しっかり切り替えなきゃならないですね。 サッカーという競技!! 「本当にありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【写真】長友と同じ赤髪にしてスタンド観戦した平さん、3人の息子はユニフォーム姿で応援</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl5IZv6P_hA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl5IZv6P_hA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl5IZv6P_hA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平愛梨オフィシャル(@harikiri_tairi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clp7PUZvTF_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clp7PUZvTF_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clp7PUZvTF_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平愛梨オフィシャル(@harikiri_tairi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが離脱報道を否定 「外からの力では壊せない」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一部報道に反応する形で自国の団結を強調した。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕直後にマンチェスター・ユナイテッドを退団したりとプレー以外でも何かと話題が尽きないC・ロナウド。カタールW杯でも先のラウンド16で先発落ちしたことで、フェルナンド・サントス監督に離脱を迫ったとの報道がなされた。 ベスト8に勝ち進み、ここからさらなる結束が求められるなかで不穏な空気が漂うポルトガルだが、同国サッカー連盟(FPF)は8日にその報道を否定。そして、渦中のC・ロナウドも自身のSNSに反論じみた投稿をした。 「しっかりと団結しているから、外からの力では壊せない。どんな敵にも怯むことのない勇敢な国。最後まで夢のために闘う、本当の意味でのチーム! 信じてくれ。頑張れ、ポルトガル!」 ポルトガルは10日の準々決勝でモロッコ代表と対戦。ラウンド16のスイス代表戦で代役として先発したFWゴンサロ・ラモスが大会初のハットトリックを記録して、にわかに不要論も囁かれるC・ロナウドだが、サントス監督の采配やいかに。 2022.12.09 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「正しい決定を行いたい」ヒザ手術のブラジル代表FWジェズスの復帰時期未定、アルテタ監督は1月の補強に言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)が開催されている中、リーグ戦が中断しているアーセナルはドバイで活動。リーグ戦再開に向けた調整を行っている。 そのアーセナルは8日にリヨンとの親善試合を行い、3-0で勝利。W杯に出場していない選手たちがプレーした。 プレミアリーグで首位を走るチームとしては、年末年始の過密日程もしっかりと乗り切りたいところ。W杯参加者も多いだけにコンディションなどが気になるところだが、大きな問題が生じてしまった。 ブラジル代表であり、チームのエースであるジェズスが負傷。グループステージのカメルーン代表戦でヒザを痛め、W杯に臨むチームから離脱。アーセナルに戻り手術を受けたことが発表された。 マンチェスター・シティから今シーズン加入し、プレミアリーグで5ゴール5アシストとチームを牽引していたジェズスだが、アーセナルは明確にしていないものの、3カ月程度の離脱と見られている。 アルテタ監督はジェズスの復帰時期を問われ、見守る必要があると答えた。 「ヒザの治療が必要だったことは明らかだ。1日1日、1週間ずつ大切に過ごしていかなければいけないし、どうなっていくのかを見ていかなければいけない」 ジェズスの長期離脱は首位を走るチームにも大きな影響になることは明白。FWエディ・エンケティアが唯一のバックアッパーで、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリをウイングではなくセンターフォワードとして起用するしか選択肢がない。 1月の補強も今の時期であれば考えられるが、復帰時期が明らかになってから決めたいとした。 「彼が与えてくれるものは大きいので、我々に与える影響というのは、チームとしての在り方だ」 「その後、タイムスケジュールが少しわかり、いつ彼が復帰できるのかがわかったら、我々は選択肢を検討し、正しい決定を行いたいと思う」 また、ジェズスなしでもプレミアリーグを制することができるかという問いには、「我々には選手がおり、多くの追随する選手たちもいる」と答え、「我々が必要としているパフォーマンスと一貫性を維持し、今の状態から改善できる選手がいるだろうか?」と、現状いる選手たちは最高のパフォーマンスを見せてくれているとした。 2022.12.09 09:38 Fri
twitterfacebook
thumb

「誰もがこの試合を楽しみにしている」、ダリッチ監督&MFモドリッチがブラジル戦の意気込みを語る

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督とMFルカ・モドリッチが、カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝のブラジル代表戦へ向けて意気込みを語った。 決勝トーナメント1回戦で120分の激闘の末にPK戦で日本代表に勝利したクロアチア。明日のブラジル戦に向けて、前日会見に出席したダリッチ監督は、チームの自信と目標を語った。 「明日の試合は2018年の決勝戦に匹敵する。ブラジルのような強豪国とはもう少し後で対戦したかったが、我々は常に高い志を持っている」 「ブラジルとの準々決勝に勝るモチベーションはない。誰もがこの試合を楽しみにしているし、ブラジルがサッカー界でどんな存在であるかは知っている。ただ、クロアチアも世界のベスト8に入っていることを忘れてはいけないし、もっと上を目指したいと思っている」 同席したキャプテンのMFルカ・モドリッチは、「ラウンド16の日本戦では、僕らの精神的な強さを証明できた。この試合は僕らに自信を与えてくれたし、僕らは再びそれを実現できると思っている」とコメント。 また、今大会で代表から身を引くかと問われると「いつまで代表チームでプレーすることになるのかわからないが、今はワールドカップに100%集中している。将来についてはその後に考えることになるだろう。できるだけ遅くなることを願っている」 2022.12.09 01:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly