プレーオフ進出決定済みのウェールズ、ベイルはベルギー戦先発回避

2021.11.16 00:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルは、16日に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選最終節のベルギー代表戦で先発を回避するようだ。ウェールズを率いるロブ・ペイジ監督が明かしている。

ヒザを痛めていたベイルは13日に行われたベラルーシ代表戦で先発。2カ月ぶりの実戦となった中、ハーフタイムで交代となっていた。

そのベイルのコンディションについてペイジ監督は次のように話している。

「ベイルの先発はない。キャンプに入った時点からそう考えていた。ベラルーシ戦でハーフタイムまでプレーし、ベルギー戦ではスーパーサブとして起用するというプランを常に考えていた。ベルギー戦までにどれだけ回復できるか、様子を見ることになる。とはいえ、コンディションは確実に良くなっているよ」

なお、グループEで2位に位置するウェールズは、ネーションズリーグでの結果によりプレーオフ進出は決まっている。

関連ニュース
thumb

64年ぶりのW杯迫るウェールズ、ギグス監督が辞職表明…恋人に対する暴行容疑で休職続く

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督(48)が辞任を表明した。イギリス『BBC』など複数メディアが一斉に報じている。 マンチェスター・ユナイテッド一筋の現役生活を送った後、指導者の道を選択したギグス氏。2018年1月から母国の代表監督に就任したが、2020年11月に当時の恋人だったケイト・グレビルさんに対する暴行容疑などで逮捕され、休職が続いている。 ウェールズ代表が代行で指揮するロブ・ページ氏の下で今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)行きを決めたなか、容疑を否認しているものの、起訴され、今年8月に裁判を控えるギグス氏は辞職の旨を発表した。 「熟考の末、ウェールズ代表の監督を退くことにした。自国を指揮するのは光栄であり、特権だったが、ウェールズサッカー協会、コーチングスタッフ、そして選手たちが監督のことを考えず、確実に、明確に、大会に向けて準備するのが正しいことだ」 一方で、ウェールズサッカー協会(FAW)は「ライアン・ギグス氏が代表監督を務めてくれたこと、ウェールズのフットボール界にとって最善の決断をしてくれたことを感謝する」とコメントしている。 64年ぶりの本大会に向かうにあたり、ギグス氏の件に区切りをつけたウェールズ代表。グループステージでイングランド代表、アメリカ代表、イラン代表と対戦する。 2022.06.21 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

後半ATのデパイ弾でオランダがウェールズに競り勝ち首位キープ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ4の第4節、オランダ代表vsウェールズ代表が14日に行われ、3-2でオランダが競り勝った。 3日前に行われたポーランド代表戦を2-2の引き分けに持ち込んだ首位オランダ(勝ち点7)は控え主体のメンバーで臨み、3トップはヤンセン、ガクポ、ラングを起用した。 一方、ベルギー代表相手に1-1の引き分けに持ち込んだウェールズは、ベイルやラムジーがベンチスタートとなった中、2トップにダニエル・ジェームズとブレナン・ジョンソンを起用した。 立ち上がりからボールを持ったオランダが17分に押し切る。ヤンセンのパスを受けたラングがDF2人に対応されながらも反転からシュートを決めきった。 ラングの代表初弾で試合を動かしたオランダは続く23分、左サイドからカットインしたガクポがそのままドリブルシュートを決めきって、一気にリードを広げた。 成す術のなかったウェールズだったが、26分に1点を返す。ボックス手前右からブレナン・ジョンソンがコントロールシュートを流し込んだ。その後もオランダがボールを持つ流れが続いた中、2-1で前半を終えた。 迎えた後半も同様の構図で試合が推移する中、オランダは69分にヤンセンがボックス手前右からコントロールシュートを放って3点目に迫る。 しかし、勝負を決めきれずにいると、89分にPKを献上。マラシアがボックス内での空中戦の競り合いでC・ロバーツを倒してしまった。 このPKをベイルに決められて追いつかれたオランダだったが、追加タイム4分に勝ち越す。ロングボールを送った流れからゴール前に飛び込んだデパイがシュートを流し込んだ。 これが決勝点となってオランダが勝利。3勝目を挙げ、ベルギーを抑えて首位をキープしている。 2022.06.15 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルを退団したベイルは2部リーグも考慮? 全てはW杯のため「もっと試合に出る時間が必要」

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)が、自身の去就について言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 現在はウェールズ代表としての活動に参加しているベイル。チームはカタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた欧州予選プレーオフでウクライナ代表と対戦し、見事に勝利。1958年大会以来となる64年ぶりの出場を決めていた。 ついにW杯の舞台にウェールズが復帰するわけだが、キャプテンでもあるベイルは今シーズン限りでレアル・マドリーをついに退団することが決定した。 加入当初は大きな期待が寄せられ、チームに欠かせない選手となったベイルだが、徐々にケガなどの影響もあり序列が低下。お荷物状態の扱いを受けると、ファンからも信頼を失い始め、古巣のトッテナムへのレンタル移籍も経験していた。 今シーズンはケガなど大きなものはなかったものの、ほとんど試合に絡めず。W杯出場を決めた今、新天地を探している状況だ。 5度のチャンピオンズリーグ優勝という実績もある中、ベイルの獲得に興味を持っているクラブは多い。その中で、チャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティが獲得に興味を示しているが、ベイルは移籍先に関して明言を避けた。 「次の移籍で正しい動きをすることはとても重要だ。僕には選択肢がある」 「僕は本当に何も言えない」 「将来についてはあまり考えていない。それは僕の家族、ウェールズ代表監督、そしてウェールズのフィジオと話し合う必要があるということだ」 「僕は自分が試合でプレーすることを確認する必要がある。そして可能な限り、健康であるということだ」 その中でベイルが求める移籍先は、出場機会を得られるということ。全ては5カ月後のW杯でしっかりとパフォーマンスを出すためだという。 「例えばこのキャンプに入った時、僕はほとんど試合に出場していなかった」 「理想は、ワールドカップで試合に出場し、できる限り健康で、ピッチでできる限り長く、効果的なプレーをするということだ」 「僕は全てを実際に調べたわけではない。でも可能な行先は知っている」 「リーグの違いによる差はあまりないと思うけど、ボールに対するクオリティを失わない自信はある」 「もっと試合に出る時間が必要だ。スペインではかなりの数の試合に出場してきたけど、僕が選ばれないから、みんなケガをしていると思い込んでいたようだ」 「そういう認識なんだろう。みんなは僕がゴルフをしないときにゴルフをたくさんしていることを考えている。僕が多くのケガをしていると思っているが、実際にはそうではない」 「マスコミは正確ではないことを多く書く傾向がある。人々はそれを信じ、物語を生み出していく」 ウェールズ代表の活動が終わればオフに入るベイル。移籍先を決める必要もあるが、まずは休暇だとした。 「僕は休暇に行くことは知っている。それについて考える時間もない。とても多くの試合がどんどんやってきて、回復する時間がないんだ」 「夏には整理したい。僕は時間の制限を持っていない。ただ、僕、家族、子供たちにとっての最良の遺跡になることを考える必要がある。うまくいけば、夏に片付くだろう」 2022.06.13 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

強豪ベルギー相手に終盤のゴールで追いついたウェールズがドローに持ち込む《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第3節、ウェールズ代表vsベルギー代表が11日に行われ、1-1で引き分けに終わった。 8日に行われた前節のオランダ代表戦を劇的被弾で敗れたウェールズは、その試合から先発を5人変更。2トップにベイルとダニエル・ジェームズを据えた[3-1-4-2]で試合に臨んだ。 一方、前節のポーランド代表戦で6ゴールを挙げ圧勝したベルギーは、その試合から先発を5人変更。3バックは右からデンドンケル、ボヤタ、テアテ。中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、カラスコが並び、2シャドーにトロサールとデ・ブライネ、1トップにバチュアイが起用された。 試合は開始早々にウェールズがゴールネットを揺らす。5分、ショートコーナーの戻しを受けたダニエル・ジェームズが左クロスを供給すると、ロドンが頭で折り返す。さらに相手DFの中途半端なクリアをボックス中央のアンパドゥがハーフボレーでゴール右に突き刺したが、VAR判定の結果、ロドンのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 対するベルギーは9分、ボックス右深くでボールを拾ったトロサールがヒールでの落としからバチュアイがシュート。さらに相手DFがブロックしたこぼれ球をティーレマンスが右足で狙ったが、これは相手GKのセーブに防がれた。 ホームの声援を受けるウェールズは、15分にもネコ・ウィリアムズのロングパスをボックス左で収めたダニエル・ジェームズの折り返しからベイルが決定的を迎えたが、左足で合わせたボールはゴール左に外れた。 その後は一進一退の攻防が続く中、ウェールズにアクシデント。37分、直前のプレーで右モモ裏を痛めたジョー・アレンがピッチに座り込むと、プレー続行不可能に。そのままラムジーとの交代を余儀なくされた。 不運な形で交代枠を使ったウェールズだったが40分、ダニエル・ジェームズのパスをボックス内のムニエがクリアすると味方を直撃。こぼれ球をラムジーが左足で狙うと、これも相手DFがブロック。最後はボックス中央のC・ロバーツが浮き球を胸トラップから左足で狙ったが、シュートは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。51分、トロサールのパスをボックス内で受けたバチュアイの落としを最後は走りこんだティーレマンスがゴール右隅に流し込み、ベルギーが先制した。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すと、徐々にウェールズが両サイドを経由してアタッキングサードまで攻め込むが、アイデアに欠ける攻撃はベルギー守備陣を崩しきれず、なかなか決定機まで至らない。 それでもウェールズは、86分に試合を振り出しに戻す。ネコ・ウィリアムズの鋭いパスをペナルティーアークで収めたラムジーがルーレットでのボックス内侵入を試みると、これは失敗に終わるもこぼれ球に反応したブレナン・ジョンソンが冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。 結局、試合は痛み分けのドローでタイムアップ。なお、両チームは14日、ウェールズはオランダとのアウェイゲーム、2勝目を狙うベルギーはポーランドとのアウェイゲームを戦う予定だ。 2022.06.12 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

64年ぶりのW杯/六川亨の日本サッカー見聞録

カタールW杯のプレーオフが始まり、ヨーロッパ予選プレーオフはウェールズがウクライナを1-0で下し、実に64年ぶりの本大会進出を果たした。 アジア予選プレーオフではオーストラリア(グループB3位)がUAE(グループA3位)を2-1で下し、南米5位のペルーとの大陸間プレーオフ(6月13日)に進出。オセアニアを制したニュージーランドと北中米カリブ海4位のコスタリカとの大陸間プレーオフも含め(6月14日)、残る出場枠は2チームになった。 ウェールズはエースのガレス・ベイルのFKがOGを誘い、これが決勝点となった。戦禍にあえぐウクライナを応援するファンも多かったようだが、残念ながら祖国で待つ国民に吉報を届けることはできなかった。 それにしても、64年ぶりである。昨年のEUROでの活躍が頭に残っていたせいか、W杯にも出ていたようなイメージを持っていたが、半世紀以上の時を経てのW杯出場である。 かつてはイアン・ラッシュ(リバプールで活躍してトヨタカップにも来日)やライアン・ギグス(マンチェスター・ユナイテッドで99年にトヨタカップで優勝)といった名選手を擁しながらも、ウェールズはW杯予選を突破することはできなかった。 伝説的なドリブラー、ジョージ・ベストを擁した北アイルランドもなかなかW杯に出られなかったように、英国4協会にとってもW杯に出場すること、ヨーロッパ予選を突破することがいかに難しいかわかる。 ウェールズが初めてW杯に出場したのは1958年のスウェーデン大会ということになる。奇しくも北アイルランドがW杯に初出場したのもこのスウェーデン大会だった。ウェールズは初戦でハンガリーに1-1で引き分けると(4年前に準優勝したハンガリーの主力だったプスカシュやチボールらは56年のハンガリー動乱でスペインへ亡命していた)、GKアントニオ・カルバハル(その後3大会連続してW杯に出場し、通算5大会連続出場)擁するメキシコとも1-1、さらに開催国のスウェーデンとも0-0で引き分けて、グループリーグで3位に食い込んだ。 同様に北アイルランドも初戦でチェコスロバキアに1-0で勝つと、2戦目はアルゼンチンに1-3と敗れたものの、最終戦で前回優勝国の西ドイツと2-2で引き分けてグループリーグ3位でフィニッシュした。 そしてウェールズも北アイルランドもプレーオフを勝ち抜いて、ベスト8による決勝トーナメントに進出。不運にもグループリーグ2位だったイングランドはプレーオフでソ連に敗れ、スコットランドはグループリーグ最下位でスウェーデンを後にした(英国4協会が揃って出場した初めての大会でもあった)。 決勝トーナメントでは、ウェールズは優勝するブラジルに0-1で敗れる。ブラジルの得点者は17歳と239日というW杯最年少で初ゴールを決めたペレだった。そして北アイルランドはフランスに0-4で完敗する。この試合で2ゴールを決めたジュスト・フォンテーヌは1大会で13ゴールをマークして、いまでも通算得点ランキングの4位に輝いている。 サッカー王国ブラジルが初めてW杯を制し、“キング"ペレが最年少でデビューを飾る(フランスとの準決勝ではハットトリックを達成)一方、レイモン・コパ(フランス)やフリッツ・ワルター(西ドイツ)、リードホルム(スウェーデン)ら名手が揃った大会でもあった。 私事で恐縮だが、筆者が生まれたのは1957年、つまりスウェーデン大会の前年だった。もちろん大会の様子は日本に報道はされていないだろうし、記憶にあるわけもない。しかし64年前の大会を見ているウェールズのファンもいることだろう。彼らはどんな思いで11月に開催されるW杯で母国の雄姿を見守るのか。それもまたカタールW杯の楽しみの1つである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.06.11 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly