「一生見てられる」 “長友塾”で田中碧が“ビタ止め”トラップを披露「綺麗に止まってて気持ちがいい」

2021.11.16 05:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
16日の深夜に行われるオマーン戦に向けてマスカットで調整を行っている日本代表。日本サッカー協会(JFA)の公式YouTubeチャンネルは13日のトレーニングの様子を公開し、MF田中碧(デュッセルドルフ)が持ち前の技術を見せる場面があった。

11日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のベトナム戦に先発出場したメンバーたちは軽めのトレーニングとなり、田中碧、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF長友佑都(FC東京)の3人は、三角形を作って球足の速いパスを交換する練習を繰り返し行っていた。

しかし、いつの間にか冨安と田中2人のパス交換になり、長友は指導役に。田中が思わず「やんなくていいすか」と笑うも、長友の指導欲は収まらず「今俺が教えたことやったらいいから」と2人のパスをチェックした。

知らぬ間に長友“塾”の生徒になっていた2人だが、三角形から直線になったこともあったのか、完璧なトラップを披露。2人のレベルの高さに長友も「そうそうそう」「いいね、いいね」とべた褒めだった。

特に田中のトラップは、パスの勢いを完璧に殺して足元に置く“ビタ止め”。その技術にはファンからも「一生見てられる」「上手すぎる」「川崎勢の止めて蹴るがやはりレベル高い」「田中碧のトラップ、綺麗に止まってて気持ちがいい」「田中のトラップに魅入ってしまった」と絶賛の言葉が寄せられた。

10月のオーストラリア戦でゴールを決め、一気に森保ジャパンの主力の座を掴みかけている田中。前回敗れたオマーン相手にもその実力が必要になる時が来るだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

「どのポジションでも得点に絡むのが自分の強み」W杯最終予選無得点のFW南野拓実が2連戦での改善誓う

日本代表のFW南野拓実(リバプール)が、26日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。イングランドから帰国した南野もトレーニングに参加している。 予選6試合で4勝2敗の成績を残し、現在2位につける日本代表。27日に行われる中国代表戦と、2月1日に行われるサウジアラビア代表戦のホーム2連戦は非常に重要な一戦となることから、最終予選ではいまだ得点がない南野の活躍が求められている。 南野自身、最終予選でまだゴールがないことについて「2次予選と違い相手のレベルも上がっていますし、シュートの回数も少なっているかなと。だからこそ、少ないチャンスで決めることが大事になります」とコメント。「システムが変わってから、ゴールに向かうポジションも変わりました。そのなかで、ゴールに向かっていくプレーは少なくなっていますね。そのなかでどうチームと連係してゴールにつなげるかが課題ですし、改善してゴールをとれればなと」と語り、対戦相手の変化や戦術の変更が影響していると語った。 一方で、自身のポジションについては「大前提としてチームで求められる仕事があり、そのうえで良さを出すのが大事です。トップ下の方がやりやすいかなとは思いますが、どんなポジションでもゴールに絡めるのが自分の強みなので、それを出してチームに貢献したいと思います」と答え、戦術や布陣が変わったとしても、そこに適応する必要があると強調している。 ここまで日本が連戦の初戦で苦しんでいることについては「自分もチームもそれは感じています。準備期間は短いからと言って、言い訳はできないので。もう(試合を)落とせない状況だから、できる限りの準備を最大限にしていきたいですね。気持ちの部分でも、そこをチームとしてしっかり意識していければ」と語り、「少ない時間のなかで、できることは全部やっていますが、結果がすべて。うまく行かなかった初戦が2つ続いて感じたのは、気持ちの部分でしかないなと。1試合1試合の重要性を全員が意識する必要があります」と分析した。 また、この2連戦ではキャプテンを務めるDF吉田麻也がケガで不在となるが「僕個人としては自分のことに集中するだけ。確かにキャプテンがいないのはチームのなかで一つのネガティブな要素だと思います。でも、そういうときこそチームが一つとなって乗り越えるしかない。だからそこまで気にしないし、代わりとなる良い選手もたくさんいますから。代表は皆責任感を持ってプレーするだろうし、僕自身もそういう気持ちでやりたい」と話し、大きな影響はないと強調した。 さらに、代表がリバプールと同じ[4-3-3]を採用したことについては「相手が3枚で回すか2枚で回すかで、僕たちのタイミングやどういう方向でプレスをかけるかも多少変わります。そこを全員で共有できるかが重要だし、僕も感じたことは言っています。何より大事なのは共通理解ですね」とプレスのかけ方について見解を述べつつ、「最終予選ではチームとしての長所があまり出ていないなと思います。迷いながらプレーしている部分もあるなと自分でも感じているので。チームとして皆の良さが出るようにというのは常に考えていますし、短い期間でも見直してやっていければ」と意気込みを口にした。 2022.01.26 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

キャプテンは遠藤航! 森保監督「ポジションや年齢を考慮して」

日本代表の森保一監督が26日、中国代表戦に向けたオンライン会見に臨んだ。 ここまでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。11月の活動ではベトナム代表とオマーン代表相手にアウェイながら連勝を収め、一時危うしと言われていた予選突破に光明が見え始めた。 今回は中国代表戦とサウジアラビア代表戦のホーム2連戦。勝利必須の2試合だが、チームはキャプテンのDF吉田麻也とDF冨安健洋をケガで欠く事態に見舞われている。 森保監督も2人の貢献度は非常に高いと認めながらも、代わりに招集した選手に向けて、自信を持って試合に臨んで欲しいとエールを送っている。 「これまでの代表活動の中で吉田麻也と冨安健洋の貢献度は非常に高いです。そういった意味では、2人が参加できなかったことは残念なことではありますが、一番痛い思いをしているのは本人たちだと思いますので、充実したプレーができるようにケガの回復を祈りたいと思います」 「代わりとなる選手たちにやってもらいたいことは、“代わりに入ってくる選手”ではなく、この状況の中で選ばれたというのは、普段から所属チームで存在感を発揮し、力のあることを見せてくれているので、この代表に参加していることを自信をもって欲しいと思います」 「そして、誰かが欠けたから戦力が落ちた、とかではなくて、日本にはたくさん良い選手がいます。明日の中国戦に向けてプレーできる選手、そしてチーム一丸となって戦い、日本の総合力で勝利したいと思っています」 また、吉田離脱を受けて、キャプテンはMF遠藤航を任命したことを明かした森保監督。その理由を説明している。 「今回は遠藤航にキャプテンを任せることになりました。昨日のミーティングの時にチームに伝えました」 「彼はチームの中心として、ポジション的にも攻守の繋ぎ役で真ん中でプレーしているということもあってキャプテンを任せました。経験のある選手たちはたくさんいますので、キャプテン候補として考えた選手たちは他にもいますが、ベテラン過ぎず、若手ともコミュニケーションが取りやすいという意味で遠藤にお願いしました」 2022.01.26 17:23 Wed
twitterfacebook
thumb

3戦連発かかる伊東純也が決意 「『マヤくん、トミがいないから負けた』と言われないように」

ヘンクの日本代表MF伊東純也が26日、翌27日に埼玉スタジアム2002で行われる中国代表戦を前にオンライン取材で決意を語った。 今月下旬から来月上旬にかけて、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本。今回は中国とサウジアラビア代表を相手にしたホーム2連戦となる。 そんな今シリーズでも攻撃陣の軸として期待されるのが伊東。今予選6試合で5得点と得点力不足が叫ばれる日本のなかで、5試合出場で2得点1アシストと存在感を示す。 昨年11月のベトナム代表戦、オマーン代表戦では決勝ゴール。3戦連発が期待され、今予選における森保ジャパンのアタッカー陣をリードする第一人者と言っても良い。 ただ、伊東自身は「核になっているという実感はない」ときっぱり。とはいえ、「自分のやることは変わらない」と強調した上で、年長としての自覚もうかがわせている。 「チームでも、代表でも上の年齢になってきている。プレーでしっかりと引っ張っていきたい」 また、吉田麻也と冨安健洋の両センターバックを欠く今活動とだけあって、「『マヤくん、トミがいないから負けた』と言われないようにしたい」と闘志をみなぎらせた。 「代わりに出る選手にとってはチャンスだし、そこで誰が出ても勝てるようにしたい」 そう語る伊東は前回の中国戦で決勝アシスト。今回も同じ相手に活躍が期待されるが、ベールに包まれる部分が多い中国の出方よりも自分たちの戦いに集中した。 「相手が4バックでくるのか、5バックでくるのかわからないけど、両方を想定してやりたい」 「僕らががうまくやれば、どっちできてもチャンスを多く作り出せる。そこで決め切れるかが大事になる」 停滞する攻撃面の改善具合も注目されそうな今回の中国戦。伊東は「自分が取ってやるという気持ちは常にある」と3戦連発に意欲を示したが、チームの勝利のみを目指した。 「得点を多く取って勝つのが一番良いけど、1-0でも何でも勝つことが大事。全員で戦って、走って、勝てれば良い」 2022.01.26 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝つことが一番大事」今冬セルティック移籍のFW前田大然、代表でのポジションについて「自分がどうこう言うべきではない」

日本代表のFW前田大然(セルティック)が、26日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。スコットランドから帰国した前田もトレーニングに参加している。 これまで予選6試合で4勝2敗の成績を残し、現在2位につける日本代表にとって、27日に行われる中国代表戦と、2月1日に行われるサウジアラビア代表戦のホーム2連戦は、W杯本大会出場に向けて非常に重要な一戦となる。 前田もこの2試合への意気込みについては「2試合で勝たないといけない。勝つため何が大事かを考えながらやっていきたいですね。ゴールをとらないと試合に勝てない。だからゴールはしたいけど、チームが勝つことが一番大事なので」とコメント。「もちろん、自分が試合を決めるという思いでやっています。でも、チーム皆がそう思っている。だから、皆で戦って勝っていければ」と語り、個人ではなくチームとして戦う姿勢を強調した。 代表ではサイドで起用されることが多い現状については、最前線でのプレーを望みつつも「まずは試合にしっかり出て、点をとる必要があります。(ポジションは)監督が決めることであって、自分がどうこう言うべきものではないかなと。出たときにしっかり結果を出したいです。(チームには)自分の特徴を知ってもらっていると思うから、どれだけできるかを示さないと。勝たないといけないのだから、点をとりたいです」として、与えられたポジションで全力を尽くす姿勢を示した。 また、前田は1月から加入したセルティックでの印象について聞かれた際、「練習は合流してからすぐハードなものをこなしました。きついものでしたが、練習メニューについてはマリノスと同じだったので、すんなり入れましたね」と語り、昨年夏まで横浜F・マリノスで指揮をとっていたアンジェ・ポステコグルー監督のおかげで順調だとアピールしている。 さらに、デビュー戦となった17日のハイバーニアン戦で開始早々にゴールを記録したことについては「最初が大事だというのは感じていました。うまく行きすぎかなとは思いましたが、それは自分がやるべきことをやってきたからかなと。これからも自信を持ってやっていきたいですね」と今後に向けて意欲を燃やした。なお、ゴール後に披露したアンパンマンのパフォーマンスについては「(アンパンマンだと)全然通じてはいませんでした(笑) 通じるようにこれからもゴールを決めていければ」と振り返っている。 2022.01.26 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

主力不在でキーとなる日本代表MF遠藤航「味方の特長を生かす戦い方を」

日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)が26日、中国代表戦に向けたオンライン会見に臨んだ。 ここまでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。11月の活動ではベトナム代表とオマーン代表相手にアウェイながら連勝を収め、一時危うしと言われていた予選突破に光明が見え始めた。 今回は中国代表戦とサウジアラビア代表戦のホーム2連戦。その初戦となる27日の中国戦に向けて、遠藤はケガによる主力の不在を懸念しながらも「他にも良い選手たちはいます」と、カバーできる戦力が揃っていると自信を見せた。メンタル面がより重要な要素と考えているようだ。 「フィジカル的な準備は大事だと思ってますし、あとは気持ち的な部分というか。そこで自分たちからアクションを起こす意識づけがあるのことがベストだと思います。もちろん、2敗したアウェイ戦でその難しさはあって、今回はホームで戦えることを考えれば、最終戦の独特な雰囲気に飲まれずに入っていけるところのメリットはあると思います」 また、グループ5位中国の出方がわからず不気味だという質問が多かった会見で、遠藤はあくまで自分たち次第であることを強調。また、日本のフォーメーションについては、ピッチの選手の特長を生かせる戦い方をすると話した。 「試合の入りで相手のシステムを確認するつもりではありますけど、まずは自分たちがアクションを起こしてアグレッシブに入ることが大事だと思っているので、その後の相手の対応を見ながらやっていければなと。あくまで自分たちが主導権を握ることにフォーカスしてやりたいと思います」 「中盤としては相手の守備の枚数より、中盤の位置が気になるところではあるので、相手の配置は見ながら自分の立ち位置を変えていければなと思っています」 「インサイドハーフでプレーする上では、どれだけ前の選手と近づけるかが大事なんですけど、選手によっては3ボランチ気味になるのはしょうがないかなと。味方の特徴を生かすという意味でも、ずっと高い位置に張らせるのは得策ではないと思ってますし、あくまでそこは出ている選手のプレースタイルをチームとしてどう生かすかだと思ってます」 2022.01.26 15:39 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly