CL決勝トーナメント進出に向けて意気込むビジャレアル指揮官「良い再スタートを切りたい」

2021.11.02 21:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。

ビジャレアルは、2日に行われるCLグループF・第4節でヤング・ボーイズと相まみえる。ここまで3試合を消化して1勝1分け1敗で2位につけており、10月20日に第3節で対戦した際にはアウェイで4-1と勝利。決勝トーナメント進出に向けて再び白星を挙げたいところだ。

試合に先駆けた記者会見に出席したエメリ監督は、ここまでの戦いぶりを振り返り、今回の試合ではミスに気をつけつつ勝利したいとコメントした。

「大会ごとに区切りをつけなければならない。CLでは、ヤング・ボーイズとの対戦で納得のいく勝利を収め、良い試合をした。アタランタとは非常に面白い引き分けを演じたし、マンチェスター・ユナイテッドとは素晴らしい試合をしたが、勝つことはできなかった。私たちは初勝利を目標にベルンに行き、それを実現させた」

「明日の試合に勝てば2位になる可能性もあり、1位にもなり得る。今回のヤング・ボーイズとの試合にはそういった背景とやりがいがある」

「我々は戦術的、集団的、個人的に大きなミスを犯さないようにしなければならない。そのような状況下でも、明日は打破してCLで良い再スタートを切りたい」

また、対戦相手であるヤング・ボーイズを「多くの戦術的選択肢を持つ」と称賛。勝利のためには、前回対戦の時のように完璧な試合運びを見せる必要があると語っている。

「ヤング・ボーイズは、国際的に活躍している選手や素晴らしい監督を擁する素晴らしい相手だ。ヨーロッパの舞台ではモチベーションが高く、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる」

「ベルンでは納得のいく結果を得ることができたが、苦戦を強いられた。スピードのある選手、2列目に入ってくる選手、そしてボールを持ったときに守勢を強いられるようなMFなど、多くの戦術的選択肢を持つ素晴らしいチームを警戒しているよ」

「この試合は、相手にとっても非常に重要なものだ。我々は彼らを知っているし、以前にも対戦したことがある。明日彼らに勝つためには、再び完璧なゲームをしなければならない」

関連ニュース
thumb

ビジャレアルがインテルを4発撃破、ラ・リーガ開幕に弾み《PSM》

プレシーズンマッチのインテルvsビジャレアルがが6日に行われ、2-4でビジャレアルが勝利した。 来週にセリエA開幕を控えるインテルと、同じくラ・リーガ開幕を1週間後に控えるビジャレアルのプレシーズン最終戦。 インテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップで挑み、ビジャレアルはパレホやパウ・トーレス、アルビオルらがスタメンとなった。 立ち上がりから押し込んだのはインテルだったが、先制したのはビジャレアル。29分、浮き球のルーズボールをボックス左のペドラサがボレーで叩き込んだ。 それでも36分、インテルが同点とする。左サイドからのゴセンスのクロスをルカクが頭で合わせた。 しかし43分、敵陣でボールを奪った流れからコクランが勝ち越しゴールを挙げ、ビジャレアルが2-1として前半を終えた。 そして迎えた後半、ビジャレアルが突き放す。開始3分、ペドラサがボックス左をドリブルで突進し、そのままシュートを突き刺した。 2点を追う展開となったインテルが前がかる中、66分に1点差に詰め寄る。左サイドからのディマルコのクロスをダンブロージオがヘッドで合わせた。 しかし81分、ジャクソンがダメ押しのゴールを挙げたビジャレアルが4-1で勝利。ラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 インテル 2-4 ビジャレアル 【インテル】 ルカク ダンブロージオ 【ビジャレアル】 ペドラサ(29分) コクラン(43分) ペドラサ(48分) ジャクソン(81分) 2022.08.07 05:35 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ、DFセルヒオ・カレイラがビジャレアルへレンタル

セルタは5日、U-21スペイン代表DFセルヒオ・カレイラ(21)がビジャレアルへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 2020年10月にファーストチームデビューを飾った右サイドバックのS・カレイラは、これまでセルタで公式戦6試合に出場。 昨季はミランデスにレンタル移籍し、ラ・リーガ2部で38試合に出場し1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていた。なお、ビジャレアルでは当面、Bチームでのプレーになるとのことだ。 2022.08.06 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

英語の発音とアーセナル時代をバカにされたエメリ監督、思い切り中指立てる

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督がイングランドのサポーターたちとやり合った。 エメリ監督は2020年にビジャレアルの監督に就任。2021-22シーズンにはチームをチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に導いた。 そのビジャレアルは、7月30日にプレシーズンマッチでプレミアリーグのサウサンプトンと対戦。ビジャレアルの前にはアーセナルの指揮官としてプレミアを戦っていたエメリ監督にとっては馴染みのある国での戦いに臨んだ。 試合後には、エメリ監督にサインを貰おうとしたイングランドのファンがスタジアムの外に集結。サインに応じていたエメリ監だったが、ファンの1人が「『グッド・イブニング』と言ってもらえますか」と頼んだ。 これは、エメリ監督がアーセナル時代の会見において常に冒頭のあいさつに使っていたワードで、当時からその発音がスペイン訛りだと笑いの種にされていた。 このいじりに対して笑ってやり過ごしていたエメリ監督だが、直後に別の少年が「あなたはアーセナルでとてもよくやったと思う」と皮肉。すると、今度は少年たちが構えていたスマートフォンのカメラに向かって、思い切り中指を立てた。 このシーンはイギリス『サン』や『デイリー・メール』なども伝えているが、SNS上ではエメリ監督を擁護する声が多いとしている。 <span class="paragraph-title">【動画】最初は笑っていたエメリ監督だが…次の瞬間!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">When someone mentions Arsenal to Unai Emery… <a href="https://t.co/GwOnZsuysO">pic.twitter.com/GwOnZsuysO</a></p>&mdash; Paddy Power (@paddypower) <a href="https://twitter.com/paddypower/status/1553653477527769089?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.01 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

パコ・アルカセルがブンデス復帰を希望、古巣ドルトムントら3クラブへ売り込みか

ビジャレアルの元スペイン代表FWパコ・アルカセル(28)が、ブンデスリーガへの復帰を望んでいるようだ。 パコ・アルカセルはかつてドルトムントで活躍。2018年夏にバルセロナから加入し、公式戦47試合で26得点を記録するなど、高い決定力を見せつけていた。だが、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの加入と入れ替わるようにビジャレアルへ移籍した。 しかし、2021-22シーズンは苦難の1年に。チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出という快挙を成し遂げた一方、パコ・アルカセルはケガにも悩まされ、公式戦22試合の出場で5得点5アシストという結果に終わった。 そんな中、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、パコ・アルカセルの代理人が、選手の古巣ドルトムントや、ヘルタ・ベルリン、ウニオン・ベルリンに対して売り込みをかけたとのこと。すでにドルトムントからは拒否されたようだが、首都の2クラブは回答を保留している模様だ。 ヘルタにとって、元ドルトムントのFW獲得に必要な1000万ユーロ(約13億6000万円)はかなりの大金とのこと。500万ユーロ(約6億8000万円)程度が妥当とみているようだ。 一方でドイツ『ビルト』によると、元U-21ドイツ代表FWダビー・ゼルケと、ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの2人に退団の可能性が残されており、今後の動向次第では選択肢の1つになると考えられている。 一方、ウニオンが獲得に乗り出す可能性は低いのではとみられている。今夏は前線に2選手を補強しており、現時点で5人のアタッカーを抱えていることから、これ以上は人員過多となるようだ。 2022.07.31 16:06 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル退団のガスパール、ワトフォードに加入

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは29日、ビジャレアルを退団した元スペイン代表DFマリオ・ガスパール(31)の加入を発表した。契約期間は明かされていない。 ビジャレアルの下部組織で育ったガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、在籍15年でクラブ歴代3位となる公式戦424試合に出場し11ゴール24アシストを記録。 しかし、近年はケガなどもあり出場機会が減少。昨季は公式戦17試合の出場にとどまっていた。 ワトフォードに加入したガスパールは公式サイトにて「人生の全てをビジャレアルで過ごし、多くの経験を積んだが、海外でのプレーにワクワクしているよ」と海外初挑戦となるイングランドでのプレーを心待ちにしている様子だった。 2022.07.30 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly