ボールは支配も遠いゴール、初タイトルならずのC大阪MF乾貴士「応援してくれたサポーターに申し訳ない」、MF清武弘嗣「天皇杯が残っている」

2021.10.30 18:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
30日に行われたルヴァンカップ決勝、名古屋グラナスvsセレッソ大阪の一戦。序盤からC大阪がボールを保持して押し込んだものの、後半開始直後にCKから失点。反撃に出る中で、79分には稲垣祥のボレーシュートでリードを広げられ、2-0で敗戦。名古屋が初優勝を成し遂げた。

3日前の天皇杯では勝利を収めていたC大阪だったが、この日は手堅い名古屋の戦いの前にチャンスを生かせず。試合後の記者会見に出席したMF清武弘嗣は、チームの課題について言及。押し込みながらも名古屋から得点を奪えなかったことについて、「崩す工夫が必要。全体的にサッカーの質を上げて、頭を使ってプレーしなければならない。一人ひとりが良いポジションを取り、立ち位置を工夫する必要がある」と語った。

今シーズンはリーグ戦では残留争いをするなど不甲斐ない結果に。一方で、天皇杯はベスト4に残り、タイトル獲得の可能性がある。清武は今後の抱負について「まだ天皇杯が残っているので、優勝を目指したい。残りのサッカー人生で少しでも上を目指していきたい」とコメント。残されタイトル獲得のチャンスに意気込んだ。

また、MF坂元達裕は、決勝にたどり着くまでの戦いぶりを「しっかりと守備できていたからここまでこれた」と評価。一方で、今日の敗戦について「どうやって守備から攻撃につなげていくか、今日のように相手にブロックを敷かれたときにどうするか、天皇杯に向けて考えていかなければならない」と改善点を語った。

さらに、今夏ヨーロッパでの戦いを終えて復帰したMF乾貴士。自身のプロキャリア初のタイトル獲得を逃したが、「出れなかった選手や応援してくれたサポーターに申し訳ない」と悔しさを滲ませた。

また、試合内容については、「名古屋は守備重視の戦いを選択して、プラン通りに試合を進めていたと思う。逆に自分たちは早い段階で点を取らなくてはいけなかった」と反省の弁を述べ、「天皇杯はみんながやってくれると思うので、僕はサポート役に徹したい」と出場できない天皇杯についてチームメイトに託すと語った。


関連ニュース
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南が首位でプレーオフステージへ! 2位は6年ぶりGS突破の福岡【ルヴァンカップ・グループD第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、D組も2試合が開催された。 勝ち点9で2位のアビスパ福岡はすでに敗退が決定済みで最下位に沈むFC東京とアウェイで対戦。前半は互いに堅い守備が際立つ展開となり、ゴールレスで終える。 引き分け以上で自力で突破が決まる福岡はルキアンやジョルディ・クルークスを送り込み、こじ開けにかかるが、FC東京も集中を切らさず、逆にゴールに迫り寄る。 シンプルなサイド攻撃やセットプレーを活路に相手のゴールに向かっていったFC東京だが、勝ち点1でも十分な福岡も守りでファイト。0-0のドローに終わった。 FC東京 0-0 アビスパ福岡 勝ち点9で首位に立つ湘南ベルマーレは勝ち点7で3位のジュビロ磐田とホームで対戦。突破に勝利が求められる磐田だが、シュートの形を作るのに苦しみ、湘南の積極性が際立つ展開となる。 その湘南もフィニッシュの精度が伴わず、0-0で折り返すが、54分に左サイドから町野が左足で上げたクロスに池田が右足ボレー。これが豪快にネットを揺らして、湘南が先制に成功する。 先にゴールを奪われ、厳しい展開に追い込まれた磐田は63分にファビアン・ゴンザレスがゴールに迫った場面もGK谷が阻止。その後もペースを握り続けた湘南が1-0の完封勝利を収めている。 湘南ベルマーレ 1-0 ジュビロ磐田 【湘南】 池田昌生(後9) 結果、勝ち点を「12」に伸ばした湘南は首位でプレーオフステージに勝ち進み、2年連続でグループステージ突破。勝ち点10の福岡は2位の座を守り、6年ぶりのグループステージ通過を決めた。 ◆順位表 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 2022.05.18 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が徳島を下して2位突破! 清水は首位通過決定済みの広島に勝利し今季ホーム初白星【ルヴァンカップ・グループB最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループBでは、広島と名古屋が突破した。 すでに広島の首位突破が決まり、残り一枠を3チームで争う構図のグループB。勝てば自力突破となる2位の名古屋は、4位徳島とのアウェイ戦に臨んだ。 試合は10分、名古屋は左CKの場面で阿部がアウトスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ吉田温紀がヘディングシュート。高い打点から叩きつけられたボールがゴールに吸い込まれた。 前半終了間際には、稲垣が相手のボックスの手前でボールを奪取し、右から左へ展開。これに阿部が左足で合わせてゴール右下にシュートを突き刺した。 2点リードで試合を折り返した名古屋は、後半立ち上がりには甲田の強烈なシュートがクロスバーに直撃。その直後にも立て続けにチャンスを迎えるが、3点目には至らない。 一方、徳島は60分にゴール前のこぼれ球を浜下がシュートに繋げるも、精度を欠いて枠の外。最後までネットを揺らせないまま、試合は名古屋が勝利し、広島に続く2位でのプレーオフ進出を決めた。 もう一方の清水vs広島では、ホームの清水が34分に岸本の移籍後初ゴールで先制。左CKのシーンで神谷がニアで触れたボールを頭で押し込んだ。 対する広島は、後半立ち上がりにルーキーの棚田のシュートでゴールに迫ると、迎えた61分、バイタルエリアでの連携から永井に今大会2ゴール目が決まり同点に。 しかし、終盤の83分に清水が滝のゴールで勝ち越し。最終順位は3位でグループステージ敗退となったものの、今季のホーム初ゴールを挙げた。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島(12pt/+8) 2:名古屋グランパス(10pt/2) 3:清水エスパルス(8pt/-2) 4:徳島ヴォルティス(4pt/-8) 2022.05.18 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が上田弾&土居2発で首位突破! C大阪は3-3ドローで2位通過【ルヴァンカップ・グループA第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、A組も2試合が開催された。 前節に突破を決めた首位の鹿島アントラーズは敗退が決定済みの3位につけるガンバ大阪とアウェイで対戦。首位通過がかかる鹿島が序盤から攻撃のイニシアチブを握る。 すると、16分にキム・ミンテのパスカットから鹿島がカウンターに転じて先制。ファン・アラーノのパスとともに裏を抜けた上田がボックス右から右足でネットを揺らす。 守勢のG大阪は後半頭から出場の中村が中心となり、攻撃に迫力が増すが、鹿島が追加点。58分、ボックス左の安西が出したマイナスの折り返しを土居が左足でねじ込んだ。 劣勢のG大阪は78分に右CKから三浦のヘッドで1点を返すが、鹿島はその2分後にボックス左で相手のバックパスを奪った土居がダメ押しゴール。鹿島が3-1で勝利した。 ガンバ大阪 1-3 鹿島アントラーズ 【G大阪】 三浦弦太(後33) 【鹿島】 上田綺世(前16) 土居聖真(後13、後35) こちらも前節に突破を果たした2位のセレッソ大阪は敗退が決まる最下位の大分トリニータとの敵地戦に臨み、開始4分に敵陣中央でボールを奪った加藤が右足ロングシュート。C大阪が先制する。 だが、大分は22分に左サイドからのクロスにサムエルが頭で合わせて追いつくと、前半アディショナルタイム2分に右CKからの混戦で渡邉が右足シュートでネットを揺らして、一気に逆転する。 嫌な形で後半に入ったC大阪だが、46分にバイタルエリア左でこぼれ球を拾った為田が右足コントロールショットをねじ込むと、60分に北野が右からの折り返しを押し込み、試合をひっくり返す。 ところが、77分にバイタルエリア中央でクリアボールを拾った渡邉が右足つま先でのシュートでこの試合2ゴール目を決めて、大分が粘りの同点。計6ゴールが生まれた試合は3-3にドロー終わった。 大分トリニータ 3-3 セレッソ大阪 【大分】 サムエル(前22) 渡邉新太(前45+2、後32) 【C大阪】 加藤陸次樹(前4) 為田大貴(後1) 北野颯太(後15) この結果、快勝締めの鹿島がグループAを首位突破。最終節で勝ち点1どまりのC大阪は2位でのプレーオフステージ進出が決まっている。 ◆順位表 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 2022.05.18 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官の采配光った京都が柏を下して首位突破! 札幌も逆転でPOへ【ルヴァンカップ・グループC最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループCでは、京都と札幌が突破を決めている。 互いに勝てば突破が決まる首位の柏と2位の京都が三協フロンテア柏スタジアムで激突。両チームともに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えた中、なかなか精度が上がらずゴール前に侵入する場面は訪れない。 その中で30分、アウェイの京都は中野がボックス手前でパスを受け、相手をかわしてフィニッシュに持ち込む。両チーム通じて前半でこれが最もゴールに近づいたプレーだったが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 前半の戦いを見て、互いにハーフタイムで策を講じることに。柏は加藤と落合の2人の大卒ルーキーを下げて椎橋と森を投入。京都は山﨑に代えてイスマイラをピッチに送った。 京都はさらに、57分に中野を下げて福岡、67分には3人交代に打って出る大胆な作戦を実行。早くも交代枠を全て使い切ったが、これが奏功する。 73分、途中出場の荒木が左サイドでボールを持ち、そのままドリブルで前進。ボックス手前まで運んだところで中央へ横パスを送ると、同じく途中出場の大前がボックス手前から右足のシュートを流し込んだ。 その後は互いに決定機なく試合は推移。結局、大前のゴールが決勝点となって京都が勝利。首位でのグループ突破を決めた。 一方の札幌vs鳥栖は、終盤に札幌は中村のJリーグ初ゴール、鳥栖は移籍後初出場となった西川のゴールで痛み分けに。この結果、札幌は勝ち点8で柏と並ぶことになったが、当該成績で上回り、2位で突破することになった。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C.(10pt/-3) 2:北海道コンサドーレ札幌(8pt/+2) 3:柏レイソル(8pt/+1) 4:サガン鳥栖(6pt/0) 2022.05.18 21:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly