ニューカッスルを警戒するトゥヘル、オーナー変更が「影響を与えるかも」

2021.10.30 14:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は警戒心を強くした。クラブ公式サイトが伝えている。

30日に行われるプレミアリーグ第10節でニューカッスルとのアウェイゲームに臨むチェルシー。前節はMFメイソン・マウントのハットトリックを含む7発でノリッヂを下すと、今季初のリーグ戦3連勝を飾り、7勝1分け1敗で首位に位置している。

そのチェルシーをホームに迎えるニューカッスルは7日にサウジアラビアの政府系ファンド『パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)』による買収が決定。前任のスティーブ・ブルース氏が解任され、ヘッドコーチのグラエム・ジョーンズ氏が前節のクリスタル・パレス戦から暫定的に指揮を執ることとなった。

ここまで4分け5敗の19位に沈むニューカッスルが相手だが、トゥヘル監督はオーナーが代わったことにより、チーム全体の士気が高まっていると述べ、ベストを尽くさなければならないと語った。

「想像はつかないが、彼らの状況は確実に変化している。ドレッシングルームも変わっているだろうし、クラブ内のスピリット、街やサポーターの気持ちにも変化が生まれているかもしれない。それが彼らやスタジアムの雰囲気に影響を与えるかもしれない」

「ニューカッスルは最高のパフォーマンスを発揮しようとするだろうし、観客もそれを後押しするだろう。だが、我々は新たな基準を設定し、少なくともその基準を満たす必要がある。タフな試合になるだろうが、プレミアリーグでプレーしているのだから、恐ろしく感じるようなビッグクラブが相手でも驚くことはない」

「むしろ、我々が求めているのはそのような相手であり、勝ち点3を獲得するチャンスを得るために、最高の状態で明日を迎えなくてはならないんだ」

また、ドイツ人指揮官はニューカッスルが監督交代に踏み切ったことについて言及。どのようなやり方をしてくるか予想しがたいことも明かした。

「どちらの考えにも多くの理由があるだろうから、考えない方がいいかもしれない。買収が発表されたことで、街やクラブには新たな活気が生まれた」

「彼らはこのタイミングで監督を変えると決めた。我々は新たな監督について分析し、攻略法を見つけなくてはならない。だが、現在の監督の采配は1試合しか見れていないので、分析することは難しいだろう」

「何に100%期待すればいいかわからないし、すべては同じ結果で終わる。我々は自らに焦点を当て、限界まで試合に集中し、基本に忠実となり、限界まで自分を追い込む。それが簡単なのか難しいのかわからないし、今は答えたくもないね」


関連ニュース
thumb

南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。 なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。 しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。 大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。 その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。 システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。 最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。 また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。 そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】FAカップベストイレブンのフォーメーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Introducing your 2021-22 <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> Team of the Season, as voted for by you, the fans! <a href="https://t.co/ZcixdKW5O2">pic.twitter.com/ZcixdKW5O2</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1528828114851069952?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのトゥヘル監督が激動のシーズンを回顧…主力の退団やオーナー交代で変化の時に

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、今季の最終戦を終えて激動のシーズンを振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 すでにプレミアリーグ3位をほぼ確定させていたなか、22日に最終節のワトフォード戦に臨んだチェルシー。スタメンには出番の少なかったMFサウール・ニゲスやMFケネディが起用されたほか、今季限りで退団するDFアントニオ・リュディガーも名を連ねた。 開始11分にケネディのクロスをMFカイ・ハヴァーツが合わせて先制したチェルシーは、終始主導権を握って試合を進めていく。ところが追加点が奪えずにいると、終盤の87分に失点。リーグ戦ここ9試合で3勝と、勝ち切れないチームの悪癖が出てしまう。 それでも後半アディショナルタイムに、チェルシー通算100試合目の出場となった途中出場のMFロス・バークリーがDFリース・ジェームズのクロスからヘディングシュートを叩き込み、土壇場で勝利を掴み取った。 トゥヘル監督もシーズンを締めくくる最終戦で価値のある勝利となったと感じている模様。ただ、優勝したマンチェスター・シティや、そこに1ポイント差まで迫ったリバプールの2強にはまだまだ及ばないとして、来季に向けて改善の余地はあると意気込みを示した。 「また同じことを繰り返すのかと思っていた。ホームで引き分けるというね。だが、リーシーとロスが我々を有利な状況にしてくれた。あれでムードを一変させることができた。最後を白星で飾れてハッピーだ」 「大なり小なり今シーズンはすでに終わっていた。その中で、出場時間の少なかった選手にもプレーの機会を与えた。そんな彼らが活躍して勝利を収められたことに満足しているよ」 「この勝利は我々にとって一貫性を保つという意味で大きな一歩となった。この1年間はトップ3に入るのがやっとだったため、良い結果だと思う。しかし、改善の余地は常にある。シティとリバプールのレベルは我々にとっては高すぎたのだ」 「我々が受け身にならざるを得ない一方で、彼らは戦力を強化しているのだから、この差を縮めることは容易ではない。だが、これが挑戦というものであり、競争力のあるチームを持つことが可能である以上、我々は迅速かつ賢くなければならない」 トゥヘル監督はまた、リュディガーやDFアンドレアス・クリステンセンの退団に伴うシステム変更の可能性について言及。結果を残してきた自信のあるシステムであることを強調しながらも、現状では不透明であると答えた。 「これがチャンスなのか転換期なのかはわからない。我々は今のシステムで非常に高いレベルを維持してきたのだから、そこに問題があるとは思わない。しかし、我々は様々な可能性に目を向けている。それでも今のシステムが選手たちに合っていると私は考えているよ」 「この構成でプレーするのには理由があり、我々は非常に成功し、高いレベルで安定していた。変えるつもりはないが、そうせざるを得ないのかもしれない。しかし、問題は受け身にならざるを得ないということだ。であるため、物事が前進し、我々がリスタートすることができれば、より正確に答えることができるだろう」 そして、オーナー交代という一つのサイクルの終焉を迎えることとなった今季のチェルシー。一時代を築いたロマン・アブラモビッチ氏政権の最後の試合を終えた中、トゥヘル監督にはまだ戸惑いがある様子だ。 「こういうことだったのかと、数日経って身に染みると思う。まだ新たな状況への適応には苦労しているが、理論的に慣れてはきている。また物事が新たに始まり、新たなシーズンがスタートした時、新時代の幕開けをより感じられるはずだ」 2022.05.23 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

3位チェルシーが土壇場弾でホーム最終戦制す! クラブ通算100戦目バークリーが値千金弾《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節、チェルシーvsワトフォードが22日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-1で勝利した。 ミッドウィーク開催のレスター・シティ戦を1-1のドローで終え、今季の3位フィニッシュが確定したチェルシー(勝ち点71)。クラブ売却のごたごたなど終盤にピッチ外の問題にも悩まされた苦しいシーズンを締めくくるホーム最終戦では、すでに降格が決定している19位のワトフォード(勝ち点23)と対戦した。 トゥヘル監督はこの最終戦に向け、レスター戦から先発5人を変更。マルコス・アロンソ、チャロバー、ジョルジーニョ、ルカク、プリシッチに代えて、アスピリクエタ、サウール、マウント、ハヴァーツ、リーグ初出場のケネディが起用された。 立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込むチェルシーは早い時間帯にスコアを動かす。 11分、中央で仕掛けたツィエクが左サイドのケネディに展開。ブラジル人MFがすかさず鋭いグラウンダーの折り返しをゴール前に入れると、これにタイミング良く走り込んできたハヴァーツが難なくワンタッチで押し込んだ。 この先制点によってアウェイチームの戦い方に変化が予想されたものの、ワトフォードは大きく戦い方を変えず。以降もチェルシーがボールを握って押し込む状況が続く。だが、先制点以降はなかなか決定機まで持ち込むことができない。 その後、前半終了間際には再び攻撃のギアを上げたホームチームが2点目に迫るも、ケネディのスルーパスに抜け出したハヴァーツがボックス左で放ったシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 結局、1点リードで試合を折り返したチェルシーだが、後半は気の緩みもあってか、相手に押し返される。48分にはサウールの不用意なロストからジョアン・ペドロにボックス内に切り込まれて決定機を許すが、ここはGKメンディの好守で凌いだ。 以降はリズム自体は良くないものの、相手の拙攻にも救われて1点差を維持するホームチーム。59分にはケネディを下げてサール、65分にはこれがラストゲームとなるリュディガーを下げてバークリーをピッチへ送り出した。 後半半ばから終盤にかけては膠着状態が続くが、今季最終戦で意地を見せたいアウェイチームが選手交代で徐々に流れを掴む。そして、87分には左サイドのマジーナが早いタイミングで入れたクロスを、ボックス右に走り込んだゴスリングがヘディングで合わせて土壇場での同点ゴールとした。 ホーム最終戦を何とか白星で締めくくりたいチェルシーは89分、マウントを下げて長期離脱明けのチルウェルをピッチへ送り出す。すると、91分にはハヴァーツとのパス交換でボックス右に侵入したリース・ジェームズが技ありの右足アウトサイドのクロスを供給。これをクラブ通算100試合目の出場となったバークリーがヘディングで合わせ、土壇場での勝ち越しゴールとした。 この直後に試合はタイムアップを迎え、格下相手に思わぬ苦戦を強いられながらも勝ち切ったチェルシーがホーム最終戦を勝利で終えた。 2022.05.23 03:18 Mon
twitterfacebook
thumb

去就不透明のペリシッチにS・インザーギ「彼の残留は私の望み」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)の残留を願った。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 インテルとの契約が今季最終年のペリシッチ。2019年夏に1年ローンでバイエルンに出た時期もあったが、2020年夏からインテルで再びプレーし、今季からのS・インザーギ体制下でも重宝される。 だが、あと1カ月ちょっとでインテルとの契約切れが迫るなか、延長交渉が進んでおらず、ユベントスのほかにトッテナムやチェルシーといったプレミアリーグ勢の関心も取り沙汰され始めている。 インテルとの延長交渉が滞る理由に金銭の隔たりが挙げられたりもしているが、S・インザーギ監督は22日にホームで行われるセリエA最終節のサンプドリア戦を前に契約延長の知らせを待望視した。 「もちろん、(ペリシッチの残留は)私の望みだ。彼は印象づけてくれている。トレーニングから本当に感銘を受けているんだ。私の期待を上回ってくれているよ。私が対戦相手として対峙したときから、彼はトッププレーヤー。今季も素晴らしいシーズンを過ごした。質と量があって、完成された選手なんだ。彼の将来について、すぐに良い知らせがあるのを願っている」 2022.05.22 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマで今季リーグ17ゴールのエイブラハムが去就に言及 「僕の心はここにある」

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(24)がクラブ残留の意思を示している。 エイブラハムは昨夏、3400万ポンド(約54億3000万円)と言われる移籍金でチェルシーからローマに加入。加入当初からジョゼ・モウリーニョ監督の厚い信頼を受け、主砲として活躍を続けると、今季のセリエA最終戦となった20日のトリノ戦ではチームを3-0の勝利に導くドッピエッタを記録。 これで今季のリーグゴール数を17点に伸ばしたイングランド代表FWは、1962年にイングランド代表FWジェリー・ヒッチェンズがインテルで記録したイングランド人選手の年間最多ゴール記録(16ゴール)を更新し、新記録を樹立した。 この活躍もあり、今夏の移籍市場では6800万ポンド(約108億6000万円)の買い戻し条項を持つ古巣チェルシーやアーセナルなど、母国クラブへの移籍の可能性が取り沙汰される24歳は、イタリア『DAZN』のインタビューで自身の今後の去就に関して言及。将来がどうなるかは分からないとしながらも、ジャッロロッシへの愛情を口にしている。 「僕はこのクラブを愛している」 「彼らは僕に自分自身を証明するチャンスを与えてくれたんだ。僕の心はここにある。もちろん、将来がどうなるかは分からないけど、僕の心はここにあるんだ」 「以前から話していることだけど、僕はここに来た初日からクラブに恋をしたんだ。そして、自分のできる限りでゴールやアシストでチームを助けたいと考えている」 「今年は僕にとって良い1年だった。だけど、この1年をさらに良いものにしたいと思っているんだ。トロフィーを獲得して、完璧な年にできることを願っているよ」 なお、ローマは25日にフェイエノールトとのヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝を控えており、2007–08シーズンのコッパ・イタリア以来のトロフィー獲得に挑む。 2022.05.22 07:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly