「あのクソが」クーマン解任に反応したピャニッチが投稿を削除し弁明「ご活躍をお祈りします」

2021.10.29 18:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍しているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督解任に反応した。スペイン『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチは昨シーズンの後半からクーマン監督の構想外となると、今シーズンは1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。

ベシクタシュ移籍後も度々クーマン監督への不満を語っていたピャニッチだが、27日にクーマン監督の解任が発表されると、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「いつあのクソが解任されるかわかっている」と名指しはしないものの、明らかにクーマン監督を意識した文章を投稿した。

しかし、恨み全開の投稿が広まると、ピャニッチは投稿を削除。クーマン監督の健闘を祈った。

「誰もが画面に釘付けになっているこの世界では、誰かの言葉を誤って引用したり、文脈を無視して切り取ったりするのはとても簡単なことだ」

「僕はこれまでのキャリアを通じて、間接的にも直接的にも、意図的に誰かを傷つけようとしたことはない。僕はすべての人を尊重するように育てられた」

「そして、僕はこれからもあらゆる面でそれを続けていきたいと思っている。ロナルド・クーマン氏の今後のご活躍をお祈りします」

「僕はチームのためにベストを尽くすことに集中し続けます」

1 2

関連ニュース
thumb

アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。 コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。 アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。 「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」 「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」 MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。 「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」 「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」 「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」 2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ敗退のバルサ…チャビ監督も落胆隠さず 「この結果を消化するのは難しい」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がカップ戦敗退を嘆いた。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でアスレティック・ビルバオと対戦した。試合はいきなり先制点を許す苦しい展開になったが、20分にFWフェラン・トーレスのゴールで同点に。後半は拮抗した展開が続くなか、86分の失点からアディショナルタイムにMFペドリのゴールで追いつく執念を見せたが、延長戦でも得点を奪われ、2-3で敗れた。 これにより、バルセロナのコパ・デル・レイ敗退が決定。12日にはスーペル・コパ準決勝でレアル・マドリーに敗れており、続けざまにタイトルを逃す結果となっている。試合後のインタビューに応じたチャビ監督は、結果への落胆を隠さず。残されたラ・リーガとヨーロッパリーグ(EL)に向け、全力を尽くしたいと語った。 「正直、アスレティックは素晴らしい試合をしたと思う。我々はあらゆる方法でトライしたが、彼らは激しい守備を展開し、デュエルでは非常に優位に立ち、とても大変だった。我々にとっては、非常に難しかったね」 「この先、辛い日々が続くだろう。すべてが我々に不利となり、決して有利にはならない。結果は出ていないが、我々は信じ続ける必要がある。この結果を消化するのは難しいだろう。こういう時はとても複雑な気持ちになる」 「相手のフィールドでプレーすること、そしてボールを持つことが、我々にとって難しかった。これからもトレーニングや仕事を続けなければならない」 「2つのカップ戦敗退というハードヒットを受けた。我々は回復しなければならず、まだラ・リーガとヨーロッパリーグがある。諦めるわけにはいかないんだ。それでも、今日は消化するのが難しい一日だった」 2022.01.21 11:31 Fri
twitterfacebook
thumb

120分の激闘でバルセロナを下したビルバオが昨季決勝のリベンジ達成!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦のアスレティックビルバオvsバルセロナが20日に行われ、延長戦の末に3-2で勝利したビルバオが準々決勝進出を決めた。 3回戦で3部に所属するリナレスに逆転勝利したバルセロナは、12日にサウジアラビアで行われたスーペル・コパ準決勝のレアル・マドリー戦から先発を3人変更。延長拒否で招集外となったデンベレやF・デ・ヨング、L・デ・ヨングに替えてアブデ、ジュグラ、ペドリが起用された。 同じくサウジアラビアでのスーペル・コパに参戦したビルバオは、16日に行われた決勝のレアル・マドリー戦から先発を6人変更。イニャキ・ウィリアムズやベレンゲル、バレンシアガらに替えてラウール・ガルシア、ニコ・ウィリアムズ、ユーリらを先発で起用した。 前大会の決勝戦と同一カードとなった一戦は、早い時間にスコアが動く。ビルバオは2分、ダニ・ガルシアのスルーパスでボックス右まで駆け上がったニコ・ウィリアムズの折り返しをボックス左で拾ったムニアインが角度のないところから技ありのシュートをゴール右に突き刺した。 先制を許したバルセロナは20分、敵陣で細かくパスをつなぐと、ボックス左でパスを受けたフェラン・トーレスがカットインからコントロールショットでゴールネットを揺らした。 追いつかれたビルバオは、28分に右サイドでボールを受けたニコ・ウィリアムズがドリブルでボックス右から侵入しクロスを供給。これを走りこんだムニアインが頭で合わせたが、ボールはわずかに枠の上に外れた。 さらにビルバオは44分、ダニエウ・アウベスのパスミスをカットしたベスガがワンタッチでつなぐと、ボックス左のラウール・ガルシアが折り返しからサンセトがダイレクトシュートを狙ったが、これはピケのスライディングブロックに阻まれた。 1-1で迎えた後半、バルセロナはアブデを下げてニコ・ゴンザレスを投入。対するビルバオは52分、プレー中に左ヒザを負傷したサンセトがプレー続行不可能となり、イニャキ・ウィリアムズが投入された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分に左サイドでFKを獲得すると、ムニアインが供給したクロスをゴールエリア右に抜け出したベレンゲルがヘディングシュート。これは相手GKが弾かれたが、こぼれ球を最後はイニゴ・マルティネスが泥臭く押し込んだ。 このまま延長戦突入かと思われたが、バルセロナは後半アディショナルタイムに追いつく。94分、左クロスのクリアボールに反応したダニエウ・アウベスがボックス右からオーバヘッドを狙うと、蹴り損なったボールをボックス中央に走りこんだペドリがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 劇的弾で振り出しに戻った試合はそのまま延長戦に突入。延長前半も膠着状態が続いたが、ビルバオは延長前半終了間際に勝ち越しに成功する。104分、ニコ・ウィリアムズの右クロスがボックス内のジョルディ・アルバの手に当たると、VARの末にPKを獲得。これをムニアインがゴール左隅に決めた。 結局、これが決勝点となり、3-2でタイムアップ。ビルバオがバルセロナを下し準々決勝へ駒を進めた。 2022.01.21 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

A・パラナエンセ、パウメイラスから元バルサMFマテウス・フェルナンデスをレンタルで獲得

アトレチコ・パラナエンセは20日、パウメイラスからブラジル人MFマテウス・フェルナンデス(23)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2022シーズン終了までとなる。 アトレチコ・パラナエンセへの移籍が決定したマテウス・フェルナンデスはクラブ公式サイトで喜びを語っている。 「アスレチコ・パラナエンセのジャージーを着ることができて光栄だ。貢献するために来た。そして、クラブに貢献できることがあれば、何でもするつもりだ」 ボタフォゴでプロキャリアをスタートしマテウス・フェルナンデスは、2018年12月にパウメイラスに加入。翌年の1年間で11試合の出場機会にしか恵まれなかったが、2020年1月末に翌シーズンからのバルセロナ加入が内定し、バジャドリーへレンタル移籍することになった。 しかし、バルセロナに正式加入した昨季はディナモ・キエフとのチャンピオンズリーグでデビューを飾ったものの、公式戦の出場はその1試合のみに。そして昨夏、4年の契約を残す中で契約解除が発表されると、古巣パウメイラスに帰還したが、半年でわずか7試合の出場にとどまっていた。 なお、バルセロナ処遇を巡っては、不当解雇として選手側がクラブに対する法的措置を検討していると言われており、今後の進展が注目されいている。 2022.01.20 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デンベレがついにメンバー外に…ディレクターが説明「献身的でない選手はチームにいられない」

去就が定まらないバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがついにメンバーから外された。 2017年夏の加入の際に結んだ5年契約も残り半年を切り、去就が注目され続けているデンベレ。チャビ・エルナンデス監督によれば、本人は残留を望んでいるにもかかわらず、クラブからのオファーを再三無視している状況なのだという。 先日、そのチャビ監督が「もう待てない。サインしないのであれば、我々は1月中に売却先を探す」と最後通告が突きつけた中、20日に行われるコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦に向けたメンバーが発表された。 そこにデンベレの名前はなく、メンバー発表と同じタイミングでフットボール・ディレクターのマテュー・アレマニ氏から、デンベレに関する説明がなされた。 「契約による拘束が解かれる11日前の今日1月20日、選手がバルセロナでの継続を望んでおらず、将来のプロジェクトにコミットしていないことは明らかだ。このシナリオでは、彼と彼の代理人は直ちに出て行かなければならない。我々が望んでいるのは献身的な選手であり、1月31日までに移籍が実現することを望んでいるからだ」 「経営陣と監督によって下されたスポーツ的結論は、我々はバルサにいることを望んでいない、献身的でない選手と共にすることはできないということ。したがって、彼が召集されなかったのは、このすべてのプロセスの結果以外の何ものでもない」 「クラブが決めることではなく、監督が決めることであり、彼は私たちのサポートとバックアップを受けている。それは絶対に首尾一貫した態度であると思われる」 2022.01.20 20:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly