不安定な戦い続いた広島、城福浩監督が退任…今季は沢田謙太郎HCが指揮

2021.10.26 10:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サンフレッチェ広島は26日、城福浩監督(60)の退任を発表した。なお、残りのシーズンは沢田謙太郎ヘッドコーチ(51)が指揮を執ることとなる。

城福監督は、アンダー世代の日本代表監督を務めた後、2008年にFC東京の監督に就任。2010年まで指揮を執ると、2012年から2014年まではヴァンフォーレ甲府で指揮。2016年にFC東京の監督に復帰していた。

その後日本サッカー協会(JFA)に入り、関東地域統括ユースダイレクター 兼 ナショナルトレセンコーチなどを務めると、2018年に広島の監督に就任する。

就任1年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグで17勝6分け11敗の成績を残し2位にはいるが、2年目の2019シーズンは6位、3年目の2020シーズンは8位、そして今シーズンはここまで11勝12分け10敗で10位と、年々順位を下げていっていた。

今シーズンはシーズン当初こそ8戦無敗と良い形でスタートするも、その後6戦未勝利など調子を落とすと、後半戦も安定した戦いを見せられず。23日に行われた第33節のベガルタ仙台戦では、2-0と降格圏のチームに完敗。サポーターからは非難の声も挙がっていた。

城福監督はクラブを通じてコメント。今後の発展を期待するとしている。

「このたび、サンフレッチェ広島の監督を退任することになりました。約4年間、良いときも苦しいときもありましたが、常にチーム一丸となって戦う姿勢を貫いてくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも心強いサポート、温かい応援をしてくださったファミリーの方々に深く感謝申し上げます」

「今年、積み上げてきた成果を残り5試合ファミリーの皆さんにお見せしたい、そして喜びを分かち合いたいと思っていましたので、シーズン最後まで一緒に戦うことができなくなったことは大変残念ではありますが、来年以降、チームがさらなる高みにいくこと、そして来る新スタジアムでのシーズンで優勝を争うチームになることを信じております。4年間、本当にありがとうございました」

今シーズン終了までの暫定指揮を執る沢田ヘッドコーチは、現役時代は柏レイソルと広島でプレー。引退後は、広島でユースのコーチやトップチームのコーチ、ジュニアユース、ユースで監督を歴任するなど、チームの育成を支え続けてきた。

城福監督就任後の2018年にはトップチームのコーチとなると、2020年からはヘッドコーチに就任していた。

沢田新監督もクラブを通じてコメントしている。

「今回、このような状況になったのもヘッドコーチである自分が城福監督を助けることができず、もっともっと何かできたのではないかと悔いが残っています」

「監督を任された以上、残り5試合は責任と覚悟を持ち、持てるモノをすべて選手に伝え、少しでもチームが良くなるように全力を尽くします」


関連ニュース
thumb

「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。 当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。 上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎、MF松村優太がノミネートしている。 「ベストヤングプレーヤー賞」は、J1の全20クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定。ブック型楯と賞金50万円が渡されることとなる。 ◆ベストヤングプレーヤー賞 対象選手(18名) MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/19歳) 36試合10得点:2291分 MF松村優太(鹿島アントラーズ/20歳) 22試合2得点:759分 FW細谷真大(柏レイソル/20歳) 28試合3得点:1090分 MF安永玲央(横浜FC/21歳) 27試合1得点:1741分 GK谷晃生(湘南ベルマーレ/21歳) 34試合0得点:3060分 DF畑大雅(湘南ベルマーレ/19歳) 22試合0得点:1413分 MF田中聡(湘南ベルマーレ/19歳) 36試合2得点:2669分 MF鈴木唯人(清水エスパルス/20歳) 33試合2得点:2005分 MF松岡大起(清水エスパルス/20歳) 36試合0得点:3177分 MF奥野耕平(ガンバ大阪/21歳) 26試合0得点:1385分 DF西尾隆矢(セレッソ大阪/20歳) 31試合2得点:2556分 DF小林友希(ヴィッセル神戸/21歳) 22試合0得点:1509分 FW鮎川峻(サンフレッチェ広島/20歳) 19試合1得点:603分 MF東俊希(サンフレッチェ広島/21歳) 35試合3得点:2475分 FW宮代大聖(徳島ヴォルティス/21歳) 32試合7得点:2556分 MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス/19歳) 28試合1得点:1473分 DF大畑歩夢(サガン鳥栖/20歳) 30試合0得点:1768分 DF中野伸哉(サガン鳥栖/18歳) 34試合0得点:1790分 2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島の1年でのJ2降格が決定…勝利必須の最終節は前半で3失点の苦しい展開に【明治安田J1最終節】

明治安田生命J1リーグ最終節、ヴォルティス徳島vsサンフレッチェ広島が4日にポカリスエットスタジアムで行われ、2-4で広島が勝利した。 この一戦の注目はただひとつ。徳島の勝敗だ。17位の徳島は負ければ降格が決定。引き分け以上でも、同勝ち点で並ぶ16位の湘南ベルマーレや、3ポイント差の15位清水エスパルスの結果次第で降格となる。 背水の陣で迎える最終節。ハイプレスで立ち向かう徳島だったが、立ち上がりからまさかの展開となる。9分の広島の攻撃シーン。左サイドの深い位置でスローインから再開し、青山が右足でクロスを上げると、逆サイドからゴール前に走り込んだ藤井が丁寧に合わせて先制。これがJリーグ初得点となった。 さらに、続く11分には、その藤井が右サイドから上げたクロスをエゼキエウが頭で合わせて追加点。勝利必須の徳島が序盤で2点のビハインドを背負うことになった。 そんな徳島の初シュートは20分過ぎ。シンプルなロングボールを宮代が収めシュートへ持ち込む。そのこぼれ球に反応した西谷も畳みかけるが、10試合ぶりの出場となったGK大迫の正面に飛んだ。 このシュートを機転に徳島にも若干勢いがついたが、広島が無情にも3点目を決める。36分、左CKの場面で柴崎がインスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ東がフリックし、最後はエゼキエウが頭で押し込んだ。 決定的な3点目を許してしまった徳島。ハーフタイムで3人交代に踏み切ると、これが良い流れをもたらす。54分、自陣右サイドから藤田が持ち上がり、敵陣中央の宮代を経由してボックス左の垣田へパスが送られる。このラストパスはカットされてしまったものの、こぼれたところをボックス手前の岸本がダイレクトでゴール右隅に流し込み、1点を取り返した。 鮮やかなゴールで勢いを取り戻し始めたかに思われたが、この日の広島は強かに得点を重ねていく。65分、敵陣右サイドでの奪取から途中出場の浅野にボールが渡ると、ボックス右から切り込んで左足一閃。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 それでも諦めない徳島は、80分に途中出場の一美のゴールで再び2点差に。ホームのサポーターも絶えず応援を送り続ける。 後半は立ち上がりにGK大迫がケガのトラブルに見舞われたため、アディショナルタイムは7分と長めにとられたが、徳島の追撃は実らず、2-4で試合終了。1年でのJ2降格が決まった。 徳島ヴォルティス 2-4 サンフレッチェ広島 【徳島】 岸本武流(後9) 一美和成(後35) 【広島】 藤井智也(前9) エゼキエウ(前11) エゼキエウ(前36) 浅野雄也(後20) 2021.12.04 16:04 Sat
twitterfacebook
thumb

熊本MF岡本知剛が現役引退…広島では高校生でプロ契約、U-17W杯でも注目集める

ロアッソ熊本は4日、MF岡本知剛(31)が現役を引退することを発表した。 岡本は広島県出身で、サンフレッチェ広島の下部組織出身。世代別日本代表を経験すると、2007年のU-17ワールドカップに出場。柿谷曜一朗(名古屋グランパス)、水沼宏太(横浜F・マリノス)、山田直輝(湘南ベルマーレ)と共に大会注目選手とされていた。 2008年6月には高校3年ながら広島とプロ契約を結び、髙萩洋次郎(FC東京)以来の契約となり、逸材として期待された。 しかし、ケガなどの影響で広島では3シーズンで公式戦8試合の出場に終わり、2011年にサガン鳥栖へと期限付き移籍。すると、当時J2の鳥栖では34試合に出場し1得点を記録し昇格に貢献。2012年も期限付き移籍し、2013年に広島復帰。復帰後も多くの出番は得られず、2014年に鳥栖へ期限付き移籍すると、同年6月に完全移籍へと切り替わった。 2016年途中からは湘南ベルマーレへと期限付き移籍。2017年には松本山雅FCへと完全移籍すると、2019年に熊本へと加入。2020シーズンはキャプテンを務めていた。 熊本での3シーズンでは、J3通算69試合に出場し4得点。天皇杯で1試合に出場していた。 J1通算76試合出場、J2通算51試合出場2得点、J3通算68試合出場4得点を記録。リーグカップで16試合、天皇杯で17試合、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場した。 岡本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで現役引退をすることを決めました。小学生の時にサッカーを始め、フェニックス尾道SC、サンフレッチェびんごジュニアユース、サンフレッチェ広島ユース、ここで素晴らしい指導者の方々、チームメイトに出会い、自分自身成長させてもらい、プロサッカー選手になれたこと、本当に感謝してます」 「プロとして機会を与えてくれた、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、湘南ベルマーレ、松本山雅FC、ロアッソ熊本のチームの皆さん、本当にありがとうございます。これまで関わってくれた全ての皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました」 「今シーズンも残すところ1試合、勝ってみんなで喜びを分かち合えるように、全力で頑張ります」 なお、5日のホーム最終戦後に引退セレモニーが行われる。 2021.12.04 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:徳島vs広島】逆転残留へ! ホームで勝利し吉報待つのみ

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2021年12月4日(土) 14:00キックオフ 徳島ヴォルティス(17位/36pt) vs サンフレッチェ広島(12位/46pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆果報は勝って待て【徳島ヴォルティス】 いよいよ長い戦いもこれが最後。徳島にとっては、非常に大事な一戦となる。 J2へ降格するのは残り1チーム。3チームのいずれかがJ2へと降格するが、最も不利な位置にいるのが徳島だ。現在降格圏。16位の湘南ベルマーレとは勝ち点で並んでいる状況。15位の清水エスパルスとは勝ち点差3だ。 徳島に求められることは勝ち点を取ること。最低でも「1」、できれば「3」が欲しいところだ。湘南との勝ち点は並んでいるが、得失点差は「14」も離れており、最終節1試合でひっくり返ることはまずないと考えて良い。 一方で勝ち点差「3」ある15位の清水とは得失点差は「1」。勝利すれば必然的に埋まるだけに、清水と入れ替わる可能性も大いにある。 ホームで迎えるラストマッチ。ここ2試合守備が安定し、連勝と最後の最後に捲り上げてきた。アウェイ3連戦という過酷な戦いでも可能性を失わなかった選手たちがまずは勝利で、他会場の結果を待ち、ファンと喜べるか。監督交代後結果が出ていない広島に付け入る隙は大いにある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、福岡将太、ジエゴ MF:鈴木徳真、岩尾憲、藤田譲瑠チマ FW:宮代大聖、垣田裕暉、西谷和希 監督:ダニエル・ポヤトス ◆意地の初白星なるか【サンフレッチェ広島】 最後に勝利したのは10月3日。2カ月白星から遠ざかっている。城福浩監督が去り、沢田謙太郎氏が暫定指揮を執る体制に変わったが、状況は好転しなかった。 今シーズンは不安定な戦いを続け、4バックにトライした中で、3バックのスタイルに変更。しかし、それが迷いを生んだのか、煮え切らない試合展開が多く、勝ちきれない試合、追いつけない試合が後半戦は特に多かった。 前節もFC東京との新体制対決だったが、先制しながらも2失点で敗戦。直近4試合でわずかゴールは「2」、失点は「9」と噛み合っていない状況が数字からも見て取れる。 来シーズンJ1で戦うことは決定しており、新監督もドイツ人指揮官のミヒャエル・スキッべ氏(56)の就任が発表された。新型コロナウイルス(COVID-19)の変異株の影響で入国問題が浮上しそうだが、来季につながる戦いを見せられるか。沢田体制初勝利でシーズンを締めくくりたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、塩谷司、青山敏弘、東俊希 MF:柴崎晃誠、エゼキエウ FW:鮎川峻 監督:沢田謙太郎 2021.12.04 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

広島、長沼洋一が右ヒザ手術で2カ月離脱

サンフレッチェ広島は2日、MF長沼洋一が手術を受けたことを報告した。 クラブの情報によると、今回の手術は右ヒザ外側半月板部分を切除するためのもの。全治は2カ月とのことだ。先月24日に同じく手術実施が伝えられたMF森島司と同様のものとなる。 長沼は今シーズン、愛媛FCでの2年間のレンタル移籍を経て広島へ復帰。前半戦はコンスタントに出場し、ルヴァンカップの清水エスパルス戦ではゴールも決めていたものの、6月以降から出場機会が激減。最後の出場は10月3日の名古屋グランパス戦となっていた。 2021.12.02 15:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly