アトレティコ、レマルが負傷離脱…

2021.10.26 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表MFトマ・レマルが数試合の欠場を強いられる見込みだ。

レマルは、24日に行われたラ・リーガ第10節のレアル・ソシエダ戦(2-2)に先発出場。チームが1点ビハインドの中、ハーフタイムにベンチに下がり、代わってベルギー代表MFヤニック・カラスコが投入されていた。

当初、この交代は戦術的な判断と思われていたが、アトレティコは試合翌日にレマルが右太ももを負傷していたことを明かした。

現時点では「個別のリハビリトレーニングに加えて、治療と理学療法を受ける」という説明のみとなっているが、少なくとも28日開催の次節レバンテ戦、31日のベティス戦の2試合の欠場は濃厚だ。

昨シーズンからディエゴ・シメオネ監督の信頼を獲得し、インテリオールやセカンドトップで存在感を示すレマルだが、先月にも同じ箇所を負傷しており、その際には2週間程度の離脱となっていた。


関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第15節プレビュー】首位マドリーと3位セビージャの上位対決! チャビ体制連勝狙うバルサはビジャレアル戦

先週末に行われた第14節では快勝のレアル・マドリーがゴールレスドローで取りこぼしとなったレアル・ソシエダを抜き首位に浮上。また、チャビ初陣となったエスパニョールとのダービーを制したバルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち点3を手にしている。 11月最後となる今節では首位のレアル・マドリー(勝ち点30)と、3位のセビージャ(勝ち点28)による上位対決に注目が集まる。 前節、格下グラナダ相手にDFメンディの今季初ゴールなどで大量4ゴールを挙げて4-1の快勝を収めたアンチェロッティ率いるチーム。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では前回対戦で敗れたシェリフを相手にDFアラバ、MFクロース、FWベンゼマと後半序盤までに3ゴールを重ね、久々のクリーンシートも記録する3-0の完勝。インテルとの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。そのシェリフ戦では足に軽傷を負ったアラバの状態は気がかりも、主力を早い時間帯にベンチへ下げることに成功。対戦相手に比べて準備期間は1日短いものの、悪くないコンディションで臨めるはずだ。 対するセビージャは前節、下位に沈むアラベス相手に2度のビハインドを背負う苦しい戦いを強いられたが、試合終了間際にMFラキティッチが決めた劇的同点ゴールによって辛くもドローに持ち込んだ。そして、グループ最下位で臨んだCLではホームでヴォルフスブルクを相手にMFジョルダン、FWラファ・ミルのゴールで2-0の勝利。今季CL初勝利を挙げて最終節での逆転突破に望みを繋いでいる。今回のビッグマッチに向けてはDFジエゴ・カルロスやDFヘスス・ナバスと最終ラインに負傷者が出ている中、同胞の相手エースとマッチアップするDFクンデのパフォーマンスがより重要となりそうだ。 その上位対決に比べると、バルセロナ(勝ち点20)が7位、ビジャレアル(勝ち点16)が12位と、順位表上では大きく見劣りするが、浮上のキッカケを探る両者の対決にも大きな注目が集まるところ。 前節、チャビ新体制がお披露目となったバルセロナは、FWデパイのPKによるゴールでバルセロナ・ダービーに勝利したものの、多くの負傷者の影響もあり、攻守両面で課題は少なくない。直近のCLではベンフィカ相手に指揮官が志向するスタイルの一旦は垣間見えたが、崩しの局面での連携、精度向上は急務。そういった中、対戦相手のビジャレアルは同じく攻撃に問題を抱えているものの、守備の安定度は高いだけに、新指揮官が直近2試合で出た課題をいかに修正できるかが、勝利のカギを握る。 対するビジャレアルは前節のセルタ戦を1-1のドローで取りこぼすと、直近のCLのマンチェスター・ユナイテッド戦では試合の大半を支配しながらも、相手守護神デ・ヘアの牙城を破れずにいると、ミス絡みで喫した2失点によって0-2の敗戦を喫した。対戦相手同様にパンチ力不足が指摘される中、コンディションにやや不安を抱えるFWジェレミ・ピノ、FWダンジュマの2選手をサポートする選手の台頭が求められるところだ。 現在、4位のアトレティコ(勝ち点26)はオサスナの堅守を攻略し、前節公式戦2試合ぶりの白星を手にした。しかし、直近のCLミラン戦ではホームで消極的な戦いに終始した中、試合終了間際に伏兵メシアスに手痛い決勝点を奪われ、0-1で敗戦。最終節を前にグループ最下位に転落している。ここ最近では攻守両面でどっちつかずの戦いぶりが目立っており、シメオネ監督としては今後の巻き返しに向けて改めてチームの方向性を示したい。今回、敵地で対峙する16位のカディス(勝ち点12)はダイレクト志向が強いチームスタイルの相手だけに、局面でのデュエルをきっちり制して自陣にブロックを敷く相手に対して、前線のアイデアを生かした攻めで崩し切りたい。 バレンシア相手に数的不利の戦いを強いられ、ゴールレスドローに終わったレアル・ソシエダ(勝ち点29)は前節終了後に2位へ転落。今節からは追う立場として仕切り直しの勝利を目指す。対戦相手の11位エスパニョール(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)から中2日で戦うには非常にタフな相手だが、エースのFWオヤルサバルらの戦列復帰によって前線の駒は揃ってきており、選手層の部分で相手を押し切りたい。 最後に、6戦未勝利で13位まで順位を落としたマジョルカ(勝ち点13)は、9月中旬に行われたレアル・マドリー戦を最後に2カ月間の離脱が続いていたMF久保建英がようやくチームトレーニングに復帰。古巣である19位のヘタフェ(勝ち点9)をホームで迎え撃つ今回の一戦ではメンバー入りの可能性が出てきている。チームとしては次節アトレティコ戦での復帰を予定しているが、試合展開次第では、より勝ち点を獲得しやすいヘタフェを相手に崩しの切り札として投入される可能性は十分にあるはずだ。 《ラ・リーガ第15節》 ▽11/26(金) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs グラナダ ▽11/27(土) 《22:00》 アラベス vs セルタ 《24:15》 バレンシア vs ラージョ 《26:30》 マジョルカ vs ヘタフェ 《29:00》 ビジャレアル vs バルセロナ ▽11/28(日) 《22:00》 ベティス vs レバンテ 《24:15》 エスパニョール vs レアル・ソシエダ 《26:30》 カディス vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 レアル・マドリー vs セビージャ ▽11/29(月) 《29:00》 オサスナ vs エルチェ 2021.11.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CL最下位転落もシメオネ監督は楽観「最終節もしっかり戦ってくれるはず」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がミラン戦を振り返った。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 アトレティコは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でミランとホームで対戦。ボールを保持されながらもゴールレスのまま後半を迎えたが、87分にMFジュニオール・メシアスに先制点を奪われてしまう。その後、91分のFWマテウス・クーニャの決定機逸脱もあり、0-1で敗北。ミランに勝ち点4で並ばれ、グループ最下位に転落してしまった。 それでもまだ決勝トーナメント進出の可能性を残すアトレティコ。シメオネ監督は試合後のインタビューで妥当な結果だったと振り返りながら、最終節のポルト戦に向けて楽観的な姿勢であることを強調した。 「タフな試合のなかで全力を尽くし、お互いに細部に至るまで努力を怠らなかった。彼らは勝利に相応しかったが、クーニャのシュートが表しているように、我々はそうではなかった。試合をモノにすることができなかったよ」 「この結果はポジティブにもネガティブにも捉えることができる。試合をもっとよく見なければならない。彼らも我々も快適にプレーできていなかったし、決定的な場面もほとんどなかった。非常に締まった試合で、細部が勝敗を決した」 「CLはどの試合も難しい。それでも、私はいつでも楽観的だ。これからもその姿勢は変わらない。最終節でもチームはしっかりと戦ってくれるはずだ。CLは簡単には勝たせてくれないが、決勝トーナメント進出に相応しいチームが突破するだろう」 なお、グループBでは5連勝のリバプールがすでに首位通過を決めており、残り一枠を懸けて、勝ち点5で1ポイント先行するポルトに勝ち点4のアトレティコとミランを含めた3チームの三つ巴となっている。 2021.11.25 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランの救世主・メシアスがCLデビュー戦でのゴールを振り返る「何も考えないでシュートを打った」

ミランのMFジュニオール・メシアスが、チャンピオンズリーグ(CL)での初ゴールを振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 ミランは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でアトレティコ・マドリーと対戦した。 ここまで未勝利でグループ最下位のミランは、3位に位置するアトレティコと対戦。ミランとしてはグループステージ突破のためには勝利が必須だったが、引いて守るアトレティコの前に苦戦する。 ボールを保持しながらもゴールが奪えないミラン。時間ばかりが経過して行く中、65分に途中投入されたメシアスが87分に値千金の先制ゴールを記録。これを守り切り、0-1でミランが勝利。最終節での突破に望みを繋いだ。 試合後『アマゾン プライム』のインタビューに応じたメシアスは、自身のCLデビュー戦でチームを救うこととなったゴールを喜びながらも、謙虚な姿勢を貫いた。 「結果には満足しているし、勝利が必要だった。そして僕たちは働き続けていた。やるべきことはたくさんあるよ」 「僕は謙虚であり続ける必要がある。僕の人生で最大の成功だ。でもバランスをとって、続けていかなければいけない」 「ボールが見えたので、何も考えないでシュートを打った。このゴールをブラジルの家族や友人、そして僕のクオリティを信じてくれたミランのスタッフに捧げる」 <span class="paragraph-title">【動画】ミランを救ったメシアスの値千金ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Junior Messias’ winner for Milan against Atletico Madrid<a href="https://t.co/hARHWHxFnB">pic.twitter.com/hARHWHxFnB</a></p>&mdash; Milan Eye (@MilanEye) <a href="https://twitter.com/MilanEye/status/1463636190469537801?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々に大きな手を差し伸べてくれる」ミランを窮地から救った伏兵・メシアスにピオリ監督も賛辞

ミランのステファノ・ピオリ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ミランは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でアトレティコ・マドリーと対戦した。 ここまで未勝利でグループ最下位のミランは、3位に位置するアトレティコと対戦。ミランとしてはグループステージ突破のためには勝利が必須だったが、引いて守るアトレティコの前に苦戦する。 ボールを保持しながらもゴールが奪えないミラン。時間ばかりが経過して行く中、伏兵が仕事をやってのけた。 65分に途中投入されたジュニオール・メシアスが87分に値千金の先制ゴールを記録。これを守り切り、0-1でミランが勝利。最終節での突破に望みを繋いだ。 試合後、ピオリ監督は今シーズンのCL初勝利を喜び、選手たちを称えた。 「ホイッスルが鳴った時、私は他のメンバーと一緒に祝った。彼らは素晴らしい個性と勇気を持ってプレーしていた。強度、クオリティともに難しい試合を制したのは当然のことだ」 また、クロトーネからレンタル移籍で加入し、ここまでほとんど出番がない中での大仕事をやってのけたuメシアスについても言及。今後の活躍にも期待した。 「ジュニオールの物語は美しい。しかし、彼は素晴らしいクオリティを持った選手であり、まだ始まったばかりだ」 「彼は我々のところへやってきたときは、多くの困難を抱えていた。このゴールによって意識がさらに高まり、自分の力に自信を持てるようになるだろう。我々に大きな手を差し伸べてくれる」 「道は正しい。今夜は選手たちが成熟した姿を見せてくれたと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】ミランを救ったメシアスの値千金ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Junior Messias’ winner for Milan against Atletico Madrid<a href="https://t.co/hARHWHxFnB">pic.twitter.com/hARHWHxFnB</a></p>&mdash; Milan Eye (@MilanEye) <a href="https://twitter.com/MilanEye/status/1463636190469537801?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

救世主メシアスの移籍後初弾でミランがアトレティコ撃破、最終節に突破の望みつなぐ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節、アトレティコ・マドリーvsミランが24日に行われ、0-1でミランが勝利した。 4連勝のリバプールが首位通過を決めているグループB。 リバプールに連敗となった3位アトレティコ(勝ち点4)は、スアレスとグリーズマンの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 一方、前節ポルトに引き分けた最下位ミラン(勝ち点1)は、ジルーを最前線に2列目に右からサーレマーケルス、ブラヒム・ディアス、クルニッチと並べた。 ミランが立ち上がりからボールを持つ展開としたが、自陣に引いて構えるアトレティコ相手にシュートに持ち込めない状況を強いられた。 34分にようやくミランはボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがボレーシュートでゴールに迫るも枠を捉えきれず。前半を通して互いに決定機なくゴールレスでハーフタイムに入った。 後半も同様の構図で試合が進み、ミランが押し込んだものの決定打が出ない状況が続いた。 そこで60分、両軍が動く。アトレティコはコレアを投入し、ミランはイブラヒモビッチやメシアスらを投入した。 すると72分、ミランに好機。左サイドをテオ・エルナンデスが突破してマイナスにクロス。バカヨコがダイレクトで合わせたが、シュートはゴール前のDFにブロックされた。 この時点でポルトがリバプールに負けていたことから、引き分けでも良しとしたアトレティコは、スアレスやグリーズマンを下げてコンドグビアを投入。 守備重視の布陣としたが、87分に落とし穴。左サイドからケシエがクロスを上げると、メシアスがヘディングシュートを叩き込んだ。 救世主メシアスの移籍後初ゴールが決勝点となってミランが最終節に突破の可能性を残している。 2021.11.25 06:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly