「ポルトとアトレティコが選べた」東京Vからの移籍時を語るフッキ、ポルトへの想いを語る「心の中にあるクラブ」

2021.10.22 13:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはJリーグでもプレーし、現在はブラジルのアトレチコ・ミネイロでプレーしている元ブラジル代表FWフッキが、Jリーグを離れた時のことを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。

フッキはサンパウロの下部組織からヴィトーリアの下部組織へと移籍。そのままファーストチームへ昇格すると、2005年7月に川崎フロンターレへと完全移籍。Jリーグでのキャリアをスタートさせる。

川崎Fでの出場機会をあまり得られず、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディへとレンタル移籍を経験。札幌では公式戦41試合で26ゴール1アシスト。東京Vではその後完全移籍をはたし、公式戦56試合45ゴールと驚異の得点力を見せていた。

2008年4月に川崎Fから東京Vへと完全移籍したフッキだが、その年の7月にポルトへと完全移籍。そのポルトでは公式戦169試合に出場し77ゴール61アシストと結果を残すと、4度のリーグ優勝、3度のカップ戦優勝、そしてヨーロッパリーグ優勝を経験。2010-11シーズンは3冠達成とともに、プリメイラ・リーガでの得点王も獲得していた。

その後に加入したゼニトや上海上港(現上海上港)でも結果を残したフッキは、今シーズンから母国へと復帰し、アトレチコ・ミネイロでプレーしている。

そのフッキは、自身にとってキャリアを大きく変えたポルトへの移籍についてコメント。自分を示すことができたとし、今も変わらぬ愛があると語った。

「サッカー界の知名度という点では、世界中で認知され、リスペクトされている僕の名前からしても、ポルトは“入り口”だったと言えるだろう」

「僕のキャリアはヴィトーリア(ブラジル)でスタートし、日本に渡った。そして22歳でポルトに到着した。自分がプレーした中で、最も大きなステージに立っていた」

「アジアのサッカーからヨーロッパへとやってきた。あまり知られた存在ではなかったが、短期間で自分の居場所を確保し、クラブや国で尊敬されるようになり、チャンピオンズリーグでプレーし、ポルトで歴史を作ることができた」

「ポルトは僕の心の中にあるクラブだ。僕にとって、120年以上の歴史を持つ施設があること、クラブの歴史の中で“選ばれし11人”がいる博物館があること、そして僕が最も多くの票を得たことはとても喜ばしいことだった」

「そこには僕の銅像がある。このような評価を受けたことはとても喜ばしいことだ。アトレチコでは、このようなことをしようとしてきた。この繋がりを持ち、このような歴史を持ち、記念すべきタイトルを獲得して歴史を築くためにだ」

また、東京Vからポルトに移籍する際には、アトレティコ・マドリーからのオファーもあったと告白。スペインでプレーする可能性もあった中、ポルトを選択した理由を明かした。

「2008年にポルトへと加入した時、2つのオファーがあった。ポルトとアトレティコ・マドリーのどちらかを選ぶことができた。ポルトを選んだのは、2001年か2002年にポルトガルに行った時、ポルトの試合を観に行ったからだ」

「UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)かチャンピオンズリーグの試合だったと思うが、スタジアムへ行ってみると超満員だった。あの素晴らしく美しいステージを見て、アルトゥールに向かって、いつかあそこでプレーして歴史に名を残すんだと言った」

「オファーを受けた時、その時のことを思い出した。もちろん、僕が加入した時は、エスタディオ・ド・ドラゴンになっていた。でも、それは予定されていたことで、僕はポルトのシャツを着る機会を得た。もちろん、アトレティコ・マドリーは世界中でリスペクトされているチームだ」



1 2

関連ニュース
thumb

スポルティングやポルトがFFP規則違反で制裁の対象に

欧州サッカー連盟(UEFA)が3日、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則に関して、対象のクラブに制裁を科したことを発表した。フランス『レキップ』が報じている。 クラブの財政健全化を目指し、2011年から導入されたFFP。移籍金や人件費などの支出が収入を上回らないよう監査するためのルールで、莫大な資金を持つオーナーによる、一クラブへの有能な選手の一極集中を避けるための側面も持つ。 今回その規則に反したとして報告されたのは、主にスポルティング・リスボンとポルトのポルトガルのクラブ。それぞれ25万ユーロ(約3100万円)と30万ユーロ(3800万円)の罰金が科せられたようだ。 また、2022年1月31日までに未払金の支払いができなければ、来シーズンあるいは今後3シーズンにおいてUEFA管轄の国際大会の出場権を剥奪される可能性があるとのことだ。 そのほか、ベティス、CSKAモスクワ、アスタナ、ベシクタシュも一定の支払い義務を果たしていないとして制裁の対象に。今季の欧州大会で獲得した賞金の最大15%を差し押さえられる可能性があると指摘されている。 2021.12.04 19:36 Sat
twitterfacebook
thumb

CLで主将務めたアリソン、選手から選ばれた名誉に歓喜 「僕らには素晴らしいキャプテンがいるが…」

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーがキャプテンを務めた喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 アリソンは24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のポルト戦に先発。キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンや副キャプテンのMFジェームズ・ミルナー、第3キャプテンのDFヴィルヒル・ファン・ダイクが揃ってスタメンから外れたことを受け、アームバンドを巻くことになった。 試合はターンオーバーを敢行しながらMFチアゴ・アルカンタラ、FWモハメド・サラーのゴールにより、リバプールが2-0で勝利。アリソンも初めてキャプテンを務めた試合を白星で飾っている。 公式サイトのインタビューで試合を振り返ったアリソンは選手たちの投票によってキャプテンを任せられた喜びを露わに。同時に、チームにはアームバンドを巻いていないだけで、高いキャプテンシーを備えた選手が何人も存在すると強調した。 「選手たちが、追加のキャプテンを選出するために投票をしたんだ。このチームでキャプテンを務められたことは僕にとって喜びであり、名誉なことだ。多くの名選手たちが務めてきたことだからね」 「僕たちには素晴らしいキャプテンがいる。でも、それだけではなくチームには腕にバンドを巻いていないリーダーもたくさんいるんだ。僕自身もそうだし、サディオ(・マネ)、モー(モハメド・サラー)、そしてすべての選手が重要な役割を担っている」 「チームにこうした選手たちがいて、リーダーシップを発揮し、必要なときには皆を前進させている。これは非常に重要だと思うよ」 また、アリソンはポルト戦で見事な先制点を決めたチアゴにも言及。卓越した技術を持つ同選手がチームメイトであることを大いに喜んでいる。 「とても美しいゴールだった。チアゴは本当になんて素晴らしい選手だろう。彼は自信に満ちており、チームのビルドアップや攻撃の局面で多くの貢献をしてくれるね」 「彼は良い意味でアグレッシブな選手であり、ディフェンス面でも常に貢献してくれている。賢い選手であり、常に良いポジションを取っているんだ。だから、彼が味方でいてくれて本当に良かったよ」 2021.11.26 17:44 Fri
twitterfacebook
thumb

「あのテクニックをもってしても…」クロップ監督がチアゴのスーパーミドルを称賛「信じられないようなゴール」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ポルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でポルトをホームに迎えた。すでにグループステージ突破を決めているリバプール。日本代表MF南野拓実は3トップの一角として今季のCL初先発。さらに、フル出場を果たした。 試合は前半こそゴールを奪えなかったリバプールだったが、52分にMFチアゴ・アルカンタラがミドルシュートを沈めて先制。70分にはFWモハメド・サラーが追加点を奪い、2-0で勝利を収めた。 クロップ監督は先制点となったチアゴのミドルシュートを称賛。素晴らしいゴールだと語った。 「何も言えることはない。この試合ではもっと大きなチャンスがあったが、あの状況で得点できたのは明らかに信じられないようなゴールだったからだ」 「トレーニング中のチアゴを見た人は、彼がそれを実現するテクニックを持っていることを知っているが、あのテクニックをもってしても、あのようなサンダーボールを常に打てる訳ではない」 「正直に言って、良いタイミングだった。素晴らしいゴールだ。試合を通して、今日はいくつかの新たなことをしたので、いくつかの瞬間では運が必要だった」 一方で、ポルトの攻撃には苦しんだとコメント。ただ、試合を良くコントロールしたパフォーマンスを評価した。 「彼らは特に左サイドからのカウンター攻撃でビッグチャンスを迎え、守るのに非常に手こずった」 「我々は2回得点し、後半はより良く試合をコントロールすることができた。だから、このパフォーマンスにはとても満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】クロップも称賛したチアゴのスーパーミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWrG8_htSOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWrG8_htSOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWrG8_htSOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.25 10:43 Thu
twitterfacebook
thumb

「タキにはとても満足している」今季CL初先発フル出場の南野拓実にクロップ監督が満足感

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でポルトをホームに迎えた。すでにグループステージ突破を決めているリバプール。南野は3トップの一角として今季のCL初先発。さらに、フル出場を果たした。 試合は前半こそゴールを奪えなかったリバプールだったが、52分にMFチアゴ・アルカンタラがミドルシュートを沈めて先制。70分にはFWモハメド・サラーが追加点を奪い、2-0で勝利を収めた。 試合後の記者会見で、直近のリーグ戦でゴールを決め、今季のCL初先発フル出場を果たした南野について聞かれたクロップ監督はパフォーマンスに満足感を示し、ポジションを試合中に変えていたことは選手の組み合わせの問題だと語った。 「タキ(南野拓実)のプレーにはとても満足した。ただ、選手を投入しながら試合を見て、少しずつ動かしていかなければいけなかった。タキは、その結果、右ウイングに入った」 「ただ、それはあくまでも守備のポジションだ。我々のシステムでは、右ウイングとしてはそこにはいない」 「ハーフスペースでプレーしたり、下がってきたり、色々なことをしているが、決して右ウイングではない。例えば、モー(モハメド・サラー)がそこでプレーしているときは右ウイングではない。彼はある瞬間は右ウイングだが、そうでないときはストライカーであり、センターフォワードだ。そんな感じだ。タキにはとても満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督が南野拓実のポジションチェンジを語る(日本語字幕)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWS05nQ1FHciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.11.25 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

首位通過のリバプールが完勝で5連勝! 敗れたポルトは2位通過を懸け最終節でアトレティコと激突《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第5節のリバプールvsポルトが24日にアンフィールドで行われ、2-0でリバプールが勝利した。リバプールの南野拓実はフル出場している。 グループステージ4連勝で首位通過を決めているリバプール(勝ち点12)は、4-0で快勝した直近のアーセナル戦から先発を4人変更。ジョタやファビーニョ、ファン・ダイク、アレクサンダー=アーノルドに替えて、今季CL初スタメンの南野やモートン、コナテ、ネコ・ウィリアムズが先発で起用された。 一方、優位な形で3位アトレティコ・マドリー(勝ち点4)との最終節を迎えたいグループ2位のポルト(勝ち点5)は、タレミとエヴァニウソンを2トップに据えたフラットな[4-4-2]で試合に臨んだ。 3トップにサラー、南野、マネを並べた[4-3-3]で試合に入ったリバプールは、立ち上がりからやや劣勢の時間が続くと12分にピンチ。中盤でのロストボールに反応したタレミが前線にパス供給すると、上手く抜け出したルイス・ディアスがドリブルでボックス左から侵入。ゴール前への折り返しをオタビオが右足で合わせたが、ツィミカスのスライディングタックルでバランスを崩しシュートはゴール右に外れた。 前半半ばにかけては一進一退の展開に。共にアタッキングサードまではボールを運べるものの、集中した守備陣を前に決定機までは作れない。それでもリバプールは37分、チアゴのスルーパスからボックス左に抜け出したマネがゴール右隅にシュートを流し込んだが、VARでオフサイドと断定され、ゴールは取り消しとなった。 VARに救われたポルトは42分、右サイドでサイドチェンジを受けたオタビオのスルーパスからボックス右へ抜け出したタレミに決定機が訪れたが、味方への折り返しを選択すると、これは相手DFの壁に捕まった。 ゴールレス迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。52分、リバプールは右サイドで獲得したFKからクロスを供給すると、相手DFが弾き返したセカンドボールをボックス手前に走り込んだチアゴが右足一閃。低弾道の強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。 先制したリバプールは、62分にもボックス左手前でボールを受けたマネのループパスでゴール前に抜け出した南野がゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。 その後も攻勢を続けるリバプールは70分、最終ラインからのロングフィードをボックス右横で受けたサラーがヘンダーソンとのワンツーでボックス内へ切り込むと、巧みなボディフェイントで相手マークを剥がしシュート。これがニアサイドに突き刺さった。 追加点を奪ったリバプールは、直後の71分にサラーとマネを下げてオリジとファビーニョを投入。さらに82分にはチェンバレンを下げてケガ明けのミルナーをピッチに送り出し試合を締めにかかる。 結局、危なげない試合運びで試合を終わられせたリバプールが2-0で勝利。リバプールにダブルを喫したポルトだが、同時刻開催のアトレティコがミランに敗れたため、グループ2位でアトレティコとの最終節を迎えることとなった。 2021.11.25 06:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly