イカルディの浮気騒動は終わらず?“お騒がせ妻”ワンダ・ナラが「指輪をしていない右手が好き」

2021.10.19 20:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと代理人であり妻であるワンダ・ナラを巡る騒動に進展があった。

ワンダ・ナラは2008年にアルゼンチン人FWのマキシ・ロペスと結婚。しかし、2013年に当時サンプドリアでチームメートだったイカルディとワンダ・ナラの不倫が発覚。マキシ・ロペスと離婚すると、2014年にイカルディと再婚していた。

度々ピッチ外でも問題を起こしてきた夫妻だが、今回はイカルディの女性問題が発覚。ワンダ・ナラの友人であるアルゼンチンの女優マリア・エウヘニア・スアレスとの浮気疑惑が浮上した。

この件に激怒したワンダ・ナラはパリを飛び出し、以前住んでいたミラノへと渡ったが、イカルディはPSGの練習を欠席してまで追いかけていた。この誠意が実ったのか、イカルディは自身のインスタグラムにワンダ・ナラとの2ショットを投稿し、この内輪揉めに終止符が打たれたかに思われたが、ワンダ・ナラが意味深投稿を投下した。

自身のインスタグラムのストーリーズに、右手の写真とともに「指輪をしていない手の方が好き」とコメントしたのだ。これはもちろん、左手薬指の結婚指輪を意識しての投稿だろう。

気が付いた時には元の鞘に収まっている可能性が高い気もするが、サッカー界随一のお騒がせカップルの動向には注目が集まっている。



1 2

関連ニュース
thumb

まるで駄々をこねる子供…ピッチに侵入したファン、警備員に捕まるも必死の抵抗を見せる

あるファンはどうしてもパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに会いたかったようだ。 24日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節マンチェスター・シティvsPSGの一戦では複数人の侵入者がいた模様だ。 試合終了後にポルトガル代表MFベルナルド・シウバの元へ駆け寄っていった子供などは、ルール違反だとしても可愛げがあるが、"大きな子供"ではそうもいかないだろう。 メッシに会おうとピッチ内へ侵入した成人男性のファンだが、当人にたどり着く前に警備員にお縄となってしまった。しかし、ここから捕まったファンも必死の抵抗を見せる。 3人がかりで抑え込まれているのにも関わらず、メッシへにじり寄ろうと試みるファン。尻もちをつかされても諦めない様子は、駄々をこねる子供のようにも見える。引き上げようとした審判団も、何事かと振り返って見入ってしまうほどだった。 結局、メッシまではたどり着くことができなかった男性ファン。各所で相次ぐ侵入者だが、対策を講じるのは難しいのだろうか。 なお、試合は後半早々にFWキリアン・ムバッペのゴールでPSGが先手を取ったが、直後に投入されたFWガブリエル・ジェズスが1ゴール1アシストの活躍を見せ、シティが逆転勝ち。他会場の結果を含め、シティが首位通過となり、敗れたPSGも2位通過が決定している。 <span class="paragraph-title">【動画】警備員に捕まるも必死の抵抗を見せる侵入したファン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CWrOYSJjnmN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CWrOYSJjnmN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CWrOYSJjnmN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FTBL \\:(@ftbl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.25 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ピッチに侵入した少年が一直線に向かった相手は、メッシやネイマールではなく…

憧れの選手は三者三様だ。24日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。2-1でシティが逆転勝ちを収めた試合後に、小さなファンがピッチを訪れた。 子供は試合終了後の挨拶をかわすシティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバの元へ直行。頭をなでもらったものの、ユニフォームも欲しいと上目遣いに懇願。シウバは快く応じた。 『BT Sport』はこのシーンをピックアップし、SNSで公開。リオネル・メッシやネイマール、キリアン・ムバッペらがピッチにいるのに、優先順位はベルナルド・シウバだったとのキャプションを添えた。まったく大きなお世話である。 どれだけ有名選手が並ぼうとも、本当に欲しいのは自身が応援する選手からのユニフォームだろう。ピッチに侵入したことは咎められるが、支持するチームへの想いを貫いた点は、サポーターの鑑と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシには目もくれずベルナルド・シウバの元へ向かう少年!憧れの選手からのプレゼントに嬉しそうな表情</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi, Neymar, and Mbappé on the pitch...<br><br>But this kid went straight to Bernardo Silva for his shirt <br><br>Priorities.<a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/SlaDy3tY8T">pic.twitter.com/SlaDy3tY8T</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1463630140764786699?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

何故かメッシにフォーデンのユニフォームを頼んだシティファン、拡散されて本人の目にも届く

何事もやってみる価値はあるものだ。マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦に訪れたファンの行動が話題となっている。 あの手この手で目当ての選手からユニフォームをもらおうと苦心するサポーターは多い。24日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節シティvsPSGの一戦でも、この試合を観戦に訪れたある若いサポーターがこれまでにない大胆なメッセージボードを掲げる姿が目撃された。 シティのファンと思われるブロンドの少年は、イングランド代表MFフィル・フォーデンのユニフォームが欲しかったようだ。ただ、メッセージはフォーデンに直接充てたものではなく、PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに宛てられたもののようだ。 「メッシ! ぼくのためにフォーデンのシャツを手に入れられないかい?」 世界的なスターであるメッシ本人のシャツを所望するのではなく、フォーデンのシャツをメッシに頼むという異例の行動をとったシティのファン。しかも、この時はユニフォームを手に入れることはできなかったが、後日フォーデン本人からリアクションがくるいう嬉しいサプライズにまで発展した。 目当ての選手本人ではなく、しかもアウェイチームの選手にホーム選手のシャツを頼むという稀有な行動をとった少年。今後はどのような形でユニフォームをねだるファンが現れるのだろうか。 なお、試合は後半早々にFWキリアン・ムバッペのゴールでPSGが先手を取ったが、直後に投入されたFWガブリエウ・ジェズスが1ゴール1アシストの活躍を見せ、シティが逆転勝ち。他会場の結果を含め、シティが首位通過となり、敗れたPSGも2位通過が決定している。 <span class="paragraph-title">【動画】大胆なお願い!メッシにフォーデンのシャツを頼むシティサポの子供</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> thanks for the support.. does anyone know this young fan?? <a href="https://t.co/OSeVbvLv6z">https://t.co/OSeVbvLv6z</a></p>&mdash; Phil Foden (@PhilFoden) <a href="https://twitter.com/PhilFoden/status/1463648185180733445?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、シティに逆転負けでCLグループ2位通過…ポチェッティーノ「首位で通過したかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 PSGは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループAの第5節でシティとアウェイで対戦。この試合に負けるとシティの首位通過が決まる大一番のなか、50分にFWキリアン・ムバッペのゴールで先制する。しかし、その後は主導権を握られると、FWラヒーム・スターリングとFWガブリエウ・ジェズスに得点を奪われ、逆転負けを喫してしまった。 ポチェッティーノ監督は試合後、良い時間帯があったもののシティには苦しめられたとコメント。また、他会場の結果により2位での決勝トーナメント進出が確定したが、首位通過できなかったことを悔やんでいる。 「前半はシティに押し込まれて深い位置でのプレーを強いられたので難しかった。良い時間帯も、そうでない時間帯もあった」 「このレベルになると、CLでは苦しい試合を戦い抜かなければならない。シティのようなチームが相手ならなおさらだ」 「後半の立ち上がりは良かったと思う。多くの時間帯でゲームをコントロールでき、ゴールも奪った。その後はリードを保つことができず、当然のように失点してしまった」 「少しがっかりしているが、決勝トーナメントには進むことができる。首位で通過したかったので、その点は残念だがね」 2021.11.25 14:08 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGに逆転勝利のシティ、グアルディオラ監督も興奮「なんと言ったら良いのか」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)との大一番を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節でホームにPSGを迎えた。勝ち点9のシティと勝ち点8のPSG。シティは勝てば首位突破を決められる状況だった中、前半からペースを握る。 何度かチャンスを作る中、PSGの守備の前にゴールを奪えず。一方で、強力なアタッカー陣を誇るPSGにはチャンスを作らせない。 ゴールレスで迎えた中、先にスコアを動かしたのはPSG。50分にキリアン・ムバッペがGKエデルソンの股間を通すシュートを決める。 主導権を握りながらもiPSGにリードを許したシティだったが、ガブリエウ・ジェズスの投入で流れを変えると、63分にはラヒーム・スターリングのゴールで同点とし、76分にはそのジェズスが逆転ゴール。2-1で勝利を収めた。 試合後、記者会見に臨んだグアルディオラ監督は、チームのパフォーマンスに喜びを隠せず、PSGという難敵相手の逆転勝利を喜んだ。 「PSG、なんというチーム、なんという選手、私はなんと言ったら良いのだろうか」 「1カ月前のパリと似たようなパフォーマンスだった。今日、我々は前半により多くのチャンスを生み出した」 「我々はパリでとてもよくプレッシャーをかけ、自分たちが何をしているのかを学んだので調整ができた」 「彼らはディ・マリアを使わないことにしていたが、それでもとても危険だ」 「彼らには優秀な選手がいるので、このような試合では負ける可能性もある。彼らのクオリティ…我々はとてもよくやった」 「ボールを持っていなくてもアグレッシブだった。守りもしっかりしていた。それをやり遂げた」 「本当によく戦った。サッカーでは結果はランダムだ。何が起こるかは誰にも分からない」 「一貫性を保つには、どのようなパフォーマンスを行うかが重要であり、我々のパフォーマンスはとても良いものだった」 「観客は楽しんで見てくれているし、できるだけ長くこの状態をキープしたいと思っている」 「ケガから戻ってきた選手たちが、その手助けをしてくれることを願っている」 「PSGには多くのクオリティがあり、なんでもできるので、我々はゴールから離れたところで守ろうとしていた」 「我々のゴールの後の5分間を除いて、彼らはカウンターをしてきたが、ルベン(・ディアス)良く守ってくれたのでゴールを許さなかった」 「我々はベスト16に進出し、2月には準々決勝に進むためにベストを尽くす」 2021.11.25 09:42 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly