離別発表のワンダ・ナラにイカルディが対抗、口論の様子をアップも削除「有害だ」

2022.09.27 22:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、妻であるワンダ・ナラとのやり取りを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。イカルディとワンダ・ナラは2014年5月に結婚。元チームメイトのマキシ・ロペスとの子供を含め、5人の子供がいる。

しかし、23日にワンダ・ナラがインスタグラムのストーリーズで離別することを発表。大きな話題となっていた。
沈黙を貫いていたイカルディだったが、自身のインスタグラムのストーリーズで、ワンダ・ナラとのやりとりを投稿した。

これはWhatsAppを使ったメッセージのやり取りで、ワンダ・ナラがイカルディに対して何をしているのかを尋ねるものだった。

内容としてはイカルディがどこに居るか、1人で居るのかという質問。ワンダ・ナラはテレビ出演の関係で、アルゼンチンに居たため、離れて生活をしていたという。

イカルディは「1人だから答える必要はない」と回答。「君は僕を捨てた」と告げたようだ。さらに「今度は僕との人生も別々にしたいのかい?」と問いかけていた。

ワンダ・ナラは「なぜウソつきなの?」と疑問を投げかけ、「結婚しているし1人よ」と返すと、イカルディ「僕たちは対等な関係だ!」と回答。するとワンダ・ナラは「あなたは、自分にとって都合の悪いことは言わないのね」と返事を返した。

怒りが収まらないイカルディは「有害だ」とコメント。8年間連れ添った妻に対して厳しい言葉を選んで投げかけていた。

夫婦のやりとりを公開した後、イカルディは投稿を削除。しかし、2人の仲がこじれていることがよく分かるやりとりとなっていた。

1 2

関連ニュース
thumb

「シャツを着たくないなら…」ローマGMが揉めたザニオーロに言及、契約交渉どころではなかったと告白「対処するのが難しかった」

ローマのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏が、ガラタサライへと完全移籍したイタリア代表MFニコロ・ザニオーロについて言及した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が伝えた。 今冬の移籍市場でローマは、リーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ、ボデ/グリムトからノルウェー代表FWオラ・ソルバッケンを獲得。一方で4選手が退団した。 その中で、主要リーグの移籍市場が閉じた後に移籍したのがザニオーロ。多くのオファーをもらっていた中、最終的には遅くまで移籍市場が開いているトルコのガラタサライへと移籍することとなった。 トルコ史上最高額の移籍金となる1650万ユーロ(約23億2000万円)+アドオン1300万ユーロ(約18億3000万円)になるとされるザニオーロだが、退団を巡ってはクラブと仲違いすることとなった。 ピント氏は最終的にガラタサライのオファーを受けたものの、満足するものではなかったとした。 「交渉の結末を考えると、もっとお金を得ることができたか問われればイエスと答えるだろう。その証拠に、1週間前にはより大きなオファーがあった。ただ、今回の事態を受けて、このような解決策を講じることにした」 「どちらも悪いことはない。本当に幸せか?私は決してそうは思わない。満足かどうかを尋ねられたら、疑問を持っている」 以前から国内のライバルに加え、プレミアリーグへの移籍が取り沙汰されてきたザニオーロは、2024年夏に終了する現行契約を巡る延長交渉が難航。そして、今冬の移籍市場を前にクラブに対して、再三に渡って移籍希望を伝えていた。 ザニオーロの希望は国内残留で、ミランとは個人間で合意に至ったものの、移籍金の問題で意中のクラブは撤退。そういった中、ボーンマスがローマを納得させるオファーを掲示したが、イングランド行きに難色を示した自身の不遜な振る舞いが相手クラブの怒りを買い、最終的に移籍は実現しなかった。 結果としてザニオーロの穴埋めをローマができない状況での退団となったが、ピント氏はボーンマスに移籍していればチームは違う補強の動きができたと語った。 「私は満足しない。他の全ての移籍市場の動きでは、私はチームが改善したと言ったが、今は同じことは言えない。3人の選手を失い、2人を連れてきた」 「ザニオーロは対処するのが難しかったが、みんなが喜び、チームが成長するようなシチュエーションが見つかっていた。ソルバッケンの状況は、FFPの話が深刻な問題となっており、冗談ではないことを理解させられた。クラブの持続可能性にとっては重要なことだ」 「ボーンマスのオファーを受けていれば、もっと強いチームになれたかもしれないが、上手くいかなかった。私が責任を負うべきことだ」 「市場の重要性は20〜30%。監督とテクニカルスタッフを信頼している。もしザニオーロがイングランドからのオファーを受けていたら、我々は別の手段をとっていただろう」 また、ザニオーロの態度についても言及。ローマという街に愛されていながら、クラブにいたくないという選手は契約交渉の問題ではないと厳しいコメント。延長交渉が難航したことが問題ではなかったとした。 「ニコロは、他の数少ない選手のようにこの街に愛されていた。ただ、ローマのシャツを着たくないということになれば、それは交渉や契約更新を超越してしまう。イタリアのセリエAを見てみると、何人の重要な選手がフリーで残っているのか?とても多くのことがあったが、ローマにはなかった」 「契約更新の話になると、選手や代理人、ピッチ上のパフォーマンスについても要望がある。代理人とは良好な関係だったにも関わらず、我々はこれらの点で意見が一致しなかった」 「私も“いくらか”を稼げれば良いと考えることはできるが、ある日ローマを離れ、具体的なオファーを出してくれるのがボーンマスとガラタサライだけであれば、何かがおかしなことになる。ニコロに起こったことを考えて、契約更新がなかったからここまで来たという考えは間違っている」 2023.02.09 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがガラタサライの逸材2人の優先交渉権確保! ザニオーロ交渉の一環

ローマが、ガラタサライの2人の逸材タレントの優先交渉権を手にしたようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ローマとガラタサライではイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の完全移籍に向けた交渉が完了に向かっている。 この交渉ではオーストリア代表MFユスフ・デミル(19)、U-17トルコ代表MFエフェ・アクマン(16)という2人の逸材タレントに関する話し合いも行われ、ローマは細かい条件は不明も優先交渉権を手に入れたようだ。 母国の名門ラピド・ウィーンで台頭したデミルは、2021年夏に1年間の有償レンタルでバルセロナへ加入。当初、バルセロナ・アトレティック登録となっていたが、プレシーズンのアピールとトップチームでのアタッカー不足の影響もあり、ラ・リーガ開幕からトップチームに帯同。第2節のアスレティック・ビルバオ戦でデビューを飾った。 以降は公式戦9試合に出場したが、完全移籍での買い取りを望まないバルセロナが昨冬にレンタル契約を早期解消。その後、古巣に戻った同選手は、昨夏ガラタサライへ完全移籍していた。 ここまで新天地では真価発揮とはいっていないが、トップ下やウイングを主戦場とする173cmのレフティは、圧倒的なテクニック、創造性を武器に個での局面打開、ラストパス、正確なフィニッシュと攻撃のあらゆる局面で存在感を示すオーストリア期待のアタッカーだ。 一方、アクマンはガラタサライのレジェンドである元トルコ代表MFアイハン・アクマンを父親に持ち、トップチームでプレーするU-19トルコ代表MFハムザを実兄、フランクフルトからギョズテペにレンタル中のU-21トルコ代表FWアリ・アクマンを従兄に持つ、国内屈指のエリート一家の一員。 ガラタサライではトップチームデビューを果たせていないが、トルコの世代別代表では常に主力を担ってきたテクニックと戦術眼に優れる守備的MFだ。 2023.02.09 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ザニオーロがトルコ史上最高額でガラタサライへ完全移籍! 絶縁言い渡されたローマを脱出

ローマは8日、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)がガラタサライへ完全移籍したことを発表した。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は1650万ユーロ(約23億2000万円)+アドオン1300万ユーロ(約18億3000万円)となり、トルコ史上最高額の移籍になるという。さらに、ローマは将来のリセール時の20%を受け取る契約に。 また、年俸350万ユーロ(約4億9000万円)の4年半契約にサインしたとされるザニオーロの契約解除金は、3500万ユーロ(約49億3000万円)に設定されたという。 2018年夏に元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの移籍に際して、交渉の一部としてインテルからローマへ加入したザニオーロ。その後は両足の前十字じん帯断裂という重傷を経験しながらも、ここまで公式戦128試合に出場し、24ゴール18アシストの数字を残してきた。 昨季は公式戦42試合に出場するなど主力として活躍し、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝では決勝点を記録し、永遠の都へ久々のタイトルをもたらした。 しかし、以前から国内のライバルに加え、プレミアリーグへの移籍が取り沙汰されてきた23歳は、2024年夏に終了する現行契約を巡る延長交渉が難航。そして、同選手は今冬の移籍市場を前にクラブに対して、再三に渡って移籍希望を伝えた。 ザニオーロの希望は国内残留で、ミランとは個人間で合意に至ったものの、移籍金の問題で意中のクラブは撤退。そういった中、ボーンマスがローマを納得させるオファーを掲示したが、イングランド行きに難色を示した自身の不遜な振る舞いが相手クラブの怒りを買い、最終的に移籍は実現しなかった。 これにより、ローマでの飼い殺しが確実となったが、8日まで移籍市場が開いていたトルコの名門への移籍が決定した。 ガラタサライでは昨季共にプレーしたMFセルジオ・オリヴェイラや、イタリア語でのコミュニケーションが可能なFWマウロ・イカルディ、FWドリエス・メルテンス、DFカーン・アイハンらが在籍しており、適応には大きな障害はないはずだ。 ただ、今回の去就問題によって母国を含む5大リーグのビッグクラブへのステップアップの道はより厳しいものとなっており、イスタンブールの地で圧倒的なパフォーマンスを見せる必要がある。 2023.02.09 05:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ移籍でローマとガラタサライが合意…移籍金28.3億円の4年契約か

ガラタサライへの移籍が噂されるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、クラブ間合意に達したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2018年7月にインテルからローマに加入したザニオーロ。複数回にわたるヒザの負傷など、多くのケガに見舞われており、4年半の在籍で公式戦128試合で24ゴール18アシストを記録していた。 その才能には大きな期待が寄せられていた中で、なかなか応えられない時期も続くと、今冬にはチームからの退団を希望することとなった。 当初はトッテナムとミランが関心を寄せていたが、トッテナムは早期に撤退。ミランは、ローマの要求額を満たせずに撤退。その後、ボーンマスが獲得に動きクラブ間の合意は果たしたものの、本人が移籍を望まず。ボーンマスの首脳陣がイタリアに来たものの会食を拒否するなどの態度をとると、ボーンマス側が怒りを露わに。ザニオーロが移籍市場閉幕直前に移籍すると決断も、不要だと言われる事態となった。 ワガママな振る舞いを見せたザニオーロに対してはローマも怒り。クラブの活動に参加させないことを決断。2024年夏まで飼い殺し状態になる可能性が浮上した上、クラブへの忠誠心がないザニオーロにファンが怒りを露わにし、自宅まで詰めかける事態となっていた。 移籍先を失ったザニオーロだったが、まだ市場が開いているトルコに活路を見出すことに。ガラタサライが関心を寄せると、本人も移籍に合意。残すはクラブ間の合意だけとなっていた。 『スカイ・スポーツ』によれば、ローマとガラタサライも合意に達したとのこと。移籍金は2000万ユーロ(約28億3000万円)、サラリーは1シーズンあたり350万ユーロ(約5億円)+ボーナスの4年契約。リリース条項は3500万ユーロ(約50億円)になるという。 トルコ南東部では6日に大地震が発生。多くの死者が出ている状況ではあるが、8日にトルコ入りし正式契約を結ぶことになるという。 ガラタサライには、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラやベルギー代表FWドリエス・メルテンス、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、元スペイン代表MFフアン・マタなどが在籍している。 2023.02.07 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG構想外はもはや過去…イカルディがトルコで輝き取り戻す! ガラタサライは驚愕の14連勝中

元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)がトルコの地で輝きを取り戻している。アルゼンチン版『マルカ』が伝えた。 昨季終了後にパリ・サンジェルマン(PSG)から構想外を言い渡され、ガラタサライへとレンタル移籍したイカルディ。トルコとなると欧州5大リーグよりもレベルは劣るが、公式戦12試合で9得点6アシストと、ストライカーとしての責務をきっちり全うしている印象だ。 また、ガラタサライはイカルディの得点ペースが上がるに連れて調子を上げ、現在公式戦14連勝中。中断期間前の昨年10月に黒星を喫して以降はひたすら勝ち続けており、リーグ戦は2位と9ポイント差で首位を独走する。 インテル時代の輝きをすっかり取り戻したとあって、PSGへの復帰や新天地行きも浮上する格好に。ガラタサライとのレンタル契約は今季限りで、PSGとの契約は2024年6月まで。スペイン『Relevo』は、欧州の主要クラブにとって今月で30歳を迎えるイカルディが貴重なオプションになり得ると紹介している。 2023.02.06 17:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly