アタランタ主将トロイが再離脱でユナイテッド戦欠場へ

2021.10.19 07:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのイタリア代表DFラファエウ・トロイが、マンチェスター・ユナイテッド戦を欠場することとなった。

セリエA第7節のミラン戦を筋肉系のケガで欠場したトロイは、インターナショナルウィークでの治療を経て、17日の第8節エンポリ戦で復帰。しかし、その試合で再び足を負傷。39分にフロイラーと交代していた。

イタリア『ANSA』によれば、18日の朝に受けた検査の結果、内転筋に損傷が見られたとのこと。これにより20日にアウェイで行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節でマンチェスター・ユナイテッド戦にトロイが出場できないと報じている

ここまで1勝1分けでグループFで首位に立つアタランタだが、ユナイテッドとのビッグマッチを前に主将を務めるトロイを欠くことは大きな痛手となる。


関連ニュース
thumb

ゴセンズ無念…ケガ再発で離脱長引く「チームとファンに申し訳ない」

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンズが、ケガを悪化させてしまったようだ。 ゴセンズは9月29日に行われたチャンピオンズリーグ・グループF第2節ヤング・ボーイズ戦でハムストリングを負傷。当初の予定では、今頃が復帰予定となっていたが、先月末にイタリア『スカイ』がケガの再発を伝えていた。 そして今月1日、ゴセンズ本人もインスタグラムを通じて離脱が長引いていることを明かした。 「最悪なことだが、リハビリが上手く進まず、離脱期間が延びてしまった。できるだけ早く仕事に戻れるよう頑張っていたけど、残念ながらこれは起こりうることだ」 「チームとファンには申し訳ない気持ちでいっぱいだ。早く一番好きなことに自分の全てを捧げたい」 2021.12.02 20:13 Thu
twitterfacebook
thumb

今季も好調のアタランタ、ガスペリーニ監督と契約延長!

アタランタは11月30日、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(63)と2024年まで契約を更新したことを発表した。1年の延長オプションも付いている。 インテルやパレルモ、ジェノアの監督を経て、2016年夏からアタランタを率いるガスペリーニ監督。同シーズンのセリエAでクラブ史上最高位の4位に導くと、2018-19シーズンには3位で初のチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、リーグ最優秀監督賞を受賞した。 そして初の大舞台でベスト16に進出。今季は3大会連続の参戦となる中、グループステージ突破の可能性を残している。また、セリエAでも首位ナポリと4ポイント差の4位につけている。 セリエAで3シーズン連続で3位フィニッシュに導いているガスペリーニ監督にとっては当然の契約延長。発表後のクラブインタビューでは、クラブを経営するペルカッシ・ファミリーへの感謝の言葉を述べている。 「大変満足しているよ。会長(アントニオ)やルカ(CEO)、そのファミリーには非常に感謝している。彼らは契約を延長してくれたわけだが、毎年それに取り組んでくれた姿勢に私は感服しているよ」 「彼らとの間に素晴らしい関係が築けているということだ。我々は未来へ向けたアイデアと計画を共有しており、それは私にとって最も重要なこと。それは技術的な観点でも大切なことだ」 2021.12.01 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

パシャリッチのトリプレッタでアタランタがヴェネツィアを一蹴《セリエA》

アタランタは11月30日、セリエA第15節でヴェネツィアをホームに迎え、4-0で完勝した。 3日前に行われた前節ユベントス戦をウノゼロで制した4位アタランタ(勝ち点28)は、D・サパタがベンチスタートとなった中、ムリエルを最前線に、2シャドーにイリチッチとパシャリッチを据えた。 16位ヴェネツィア(勝ち点15)に対し、アタランタは7分、イリチッチのパスをボックス中央で受けたパシャリッチがシュートを決め、あっさり先制する。 さらに12分、ムリエルとのパス交換でボックス中央に侵入したパシャリッチが確実にシュートを流し込み、アタランタが一気にリードを2点に広げた。 余裕の展開で2-0としたアタランタは迎えた後半、57分にコープマイネルスのミドルシュートで3-0に。 そして67分、パシャリッチがトリプレッタを記録する。ムリエルがドリブルでボックス左ゴールライン際まで侵入。クロスを送り、受けたパシャリッチが反転シュートを決めた。 4-0でヴェネツィアを一蹴したアタランタが4連勝としている。 2021.12.01 04:52 Wed
twitterfacebook
thumb

マッケニー、右ヒザじん帯損傷回避も経過観察へ…キエーザと同じくアタランタ戦で負傷交代

ユベントスがアメリカ代表MFウェストン・マッケニーの検査結果を報告した。 マッケニーは27日にホームで行われたセリエA第14節のアタランタ戦にも先発したが、60分頃に右ヒザを手で抑えて倒れ込み、一旦ピッチ外に。そのままプレーに戻れず、FWモイゼ・ケアンとの交代で退いた。 検査の結果、右ヒザじん帯の損傷こそ回避したが、経過を見守ることに。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミッドウィークの30日に行われる次節のサレルニターナ戦に間に合わない模様だ。 アタランタ戦でも汗っかき役としてだけでなく、前線への飛び出しで存在感を示したマッケニー。マッシミリアーノ・アレッグリ体制の今季も主力として重宝され、公式戦16試合の出場で2得点を決めている。 公式戦2連敗中と低調のなかで、同じくアタランタ戦で左ハムストリングを痛め、年明けの復帰が予想されるFWフェデリコ・キエーザとともに、マッケニーも負傷のユベントス。台所事情も苦しいが、挽回なるか。 2021.11.29 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザが左ハムストリング損傷で年内欠場…悩めるユーベに追い打ち

現在も公式戦2連敗中と今季のここまで悩ましい戦いが続くユベントスだが、さらなる悲報が届いた。 ユベントスは28日、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザが同日の今朝にクラブのメディカルで検査を受け、左ハムストリングの損傷を確認したと発表。程度は低グレードだというが、クリスマス休暇後の復帰が見込まれている模様だ。 キエーザは加入2年目の今季もここまで公式戦16試合の出場で3得点3アシストを記録する主軸。27日にホームで行われたセリエA第14節のアタランタ戦にも先発したが、前半のみのプレーで交代している。 年内のユベントスはリーグ5試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合を予定。キエーザは今季のここまで調子がイマイチのチームで、気を吐く存在の1人だっただけに、戦力ダウンは避けられなさそうだ。 2021.11.29 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly