「ドリブル成功率100%」途中出場からハット!三笘の圧巻スタッツにクラブも注目「代表にも呼んで」

2021.10.18 19:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
1 2

関連ニュース
thumb

「優勝できずに悔しい」逆転で優勝許したサン=ジロワーズの三笘薫が2位を報告「このチームを誇りに思います」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が、シーズンを振り返った。 昨夏の移籍市場で川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍した三笘。しかし、イギリスでプレーするための労働許可証が発行されないこともあり、ブライトンのオーナーが所有するサン=ジロワーズへとレンタル移籍した。 自身初のヨーロッパでのプレーとなった三笘は、左ウイングバックのポジションでプレー。加入当初は途中出場が多かったが、その後にポジションを掴むと、ここまで公式戦で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録した。 チームはレギュラーシーズンを首位で終えると、プレーオフ1に臨むも、クラブ・ブルージュに連敗。残り1試合を残し、2位が確定。残念ながら優勝は果たせなかった。 三笘は自身のインスタグラムを更新。チャンピオンズリーグ(CL)の予選出場権を獲得できたことを喜び、シーズンを振り返った。 「ベルギーリーグ2位!残りリーグ戦1試合ありますが、2位で来季CL予選勝ち取る事が出来ました!優勝できずに悔しいですが、このチームを誇りに思います」 「素晴らしいチーム。次も勝っていい形で締めくくろう!」 今シーズンは残り1試合。MF三好康児が所属するロイヤル・アントワープとの最終節が残っている。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫がシーズン2位を報告!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「下手したら大けが」主審も即レッドカードの強烈カーフキックを食らった三笘薫に心配の声「洒落にならない」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が相手の退場を誘発した。 15日、ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節が行われ、サン=ジロワーズはアウェイでアンデルレヒトと対戦。三笘は左ウイングバックとして2試合連続で先発出場を果たすと、開始早々にいきなりゴールを決める。 三笘が自ら持ち上がり、左サイドに展開すると、味方がクロスを供給。これはファーサイドに流れるが、ボックス内右で受けたラザール・アマニが折り返すと、三笘がゴール前で詰めて先制点を記録した。 フル出場した三笘だったが、87分には守備でも力を発揮。相手DFアミル・ムリージョのドリブル突破を三笘がカットする。しかし、そこから反撃に転じようとしたところで背後のムリージョから強烈な蹴りを食らってしまった。 主審は迷わずレッドカードを提示。三笘は痛みに悶絶したものの、幸い無事だった。しかし、このプレーには批判の声が上がり、「これ、ひどいな」、「下手したら大けがする」、「とんでもねぇファウル」、「洒落にならないぞ」といった意見のほか、「削られ過ぎて怪我が心配」など三笘を心配する声も寄せられている。 サン=ジロワーズへはレンタルで加入している三笘。今シーズンも残すところプレーオフ1最終節のアントワープ戦のみとなっており、無事にシーズンを終えてくれることを祈るばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘もこの表情…背後からの強烈カーフキック(4:28~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VAoD6VXczI8";var video_start = 266;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

巧みなターンで相手を置き去り!三笘薫が電光石火の先制ゴール!今季8ゴール目で勝利に貢献

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が久々にネットを揺らした。 15日、ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節が行われ、サン=ジロワーズはアウェイでアンデルレヒトと対戦した。 レギュラーシーズンを1位で終えていたサン=ジロワーズだったが、プレーオフに入り2位で追いかけてきたクラブ・ブルージュにまさかの連敗。前節首位の座を明け渡し、優勝が遠のいていた。 そんな中迎えたアンデルレヒト戦。三笘は2試合連続で先発出場を果たすと、開始早々にいきなり見せる。 左ウイングバックに入った三笘は2分、ハーフウェイライン付近でパスを受けると、相手のマークをうまくいなして運び出すことに成功。左サイドに展開すると、味方がクロスを送る。 これはファーサイドに流れるが、ボックス内右で受けたラザール・アマニが折り返すと、三笘がゴール前で詰めて先制点を記録した。 三笘にとって今季のリーグ戦で8ゴール目。プレーオフ第1節以来のゴールとなり、改めてチームの勝利に欠かせない存在であることを示した。 なお、試合は2-0で勝利し2位が確定。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選出場が決まった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘の華麗なターンから最後は自ら仕留める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VAoD6VXczI8";var video_start = 34;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘が今季8点目を記録!敵地で完勝のサン=ジロワーズが来季のCL予選出場権を獲得《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節のアンデルレヒトvsロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズが15日に行われ、0-2でサン=ジロワーズが勝利した。 数時間前に行われた試合でクラブ・ブルージュが3連覇を達成。惜しくも優勝を逃した2位サン=ジロワーズは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けて3位アンデルレヒトのホームに乗り込んだ。サン=ジロワーズのMF三笘薫はフル出場し2分に今季8得点目を記録、DF町田浩樹は累積警告のためベンチ外となった。 試合はサン=ジロワーズが開始早々に先制する。2分、左クロスをボックス右でラプッサンが収めると、グラウンダーの折り返しをゴール前に走りこんだ三笘が流し込んだ。 三笘の今季8点目で先制したサン=ジロワーズは、後半開始早々の50分にもラプッサンの鋭いパスをペナルティーアークで受けたウンダフが素早いターンからボックス内まで切り込みシュート。一度は相手DFにブロックされるも、跳ね返りをダイレクトで合わせてゴールに流し込んだ。 以降は追加点こそ奪えなかったものの、敵地でサン=ジロワーズが主導権を握り続けると、87分には三笘に対して後方から蹴りを見舞ったムリージョが一発退場に。 結局、試合はそのまま0-2でサン=ジロワーズが勝利。この結果、サン=ジロワーズの2位以内が確定し、来季のCL予選3回戦からの出場権を獲得した。 2022.05.16 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘薫がチャンスメイクもノーゴール、町田浩樹退場のサン=ジロワーズが痛恨敗戦で優勝遠のく《ジュピラー・プロ・リーグ》

11日、ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第4節のクラブ・ブルージュvsロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの一戦が行われた。 レギュラーシーズンを首位で終えたサン=ジロワーズ。上位4チームで行われるチャンピオンズ・プレーオフでリーグ優勝、チャンピオンズリーグ(CL)出場を目指す。 4チームが2度ずつ対戦する全6試合で行われる中、サン=ジロワーズは第2節でロイヤル・アントワープに引き分けルト、前節は2位のクラブ・ブルージュに敗れて首位の座を明け渡すことに。そして、第4節はリターンマッチとなり、勝利が必要な一戦だった。 三笘薫、町田浩樹が先発出場した試合。2チームに優勝が絞られた中、三笘は積極的なプレーを見せる。 立ち上がり20秒、三笘も崩しに加わるとラザール・アマニがボックス内からシュートもゴールを奪えない。 首位に立つクラブ・ブルージュもセットプレーなどから攻めると、20分にはシュートチャンスを迎えたが、町田がブロックする。 互いに譲らない展開となるが、45分には左サイドを三笘が仕掛けてスルーパス。ボックス内で反応したデニス・ウンダブがシュートも、GKシモン・ミニョレが立ちはだかる。 前半をゴールレスで終わった中、後半もサン=ジロワーズが責め立てる。51分には、三笘がドリブルで持ち出すと、ダンテ・ヴァンゼイルのグラウンダーのクロスにアマニがシュート。しかし、これもGKミニョレが立ちはだかりゴールとはならない。 得点を奪えないサン=ジロワーズだったが、58分にアクシデント。カウンターに対応した町田が2枚目のイエローカードをもらって退場となり、数的不利となる。 すると65分、相手のミドルシュートをGKがセーブして逃れたが、こぼれ球がDFに当たってゴールへ。アンラッキーな形で失点をする。 負ければ優勝から大きく遠ざかるサン=ジロワーズは、89分にキャスパー・ニールセンがミドルシュートを決めるが、その前の段階でオフサイドがあったとしてゴールを認められず。1-0で敗れ、クラブ・ブルージュが勝ち点3差で首位を守った。 クラブ・ブルージュ 1-0 ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ 【クラブ・ブルージュ】 オウンゴール(後20) <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が何度か見せ場、サン=ジロワーズは痛恨の黒星</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6bWzwLTp01s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 12:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly