甲府の大卒ルーキーMF鳥海芳樹がプロA契約締結「一戦必勝の気持ちで戦い続けます」

2021.10.18 11:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は18日、MF鳥海芳樹(23)がプロA契約を締結したことを発表した。

鳥海は桐蔭横浜大学から今シーズン甲府に加入。2月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第1節のジェフユナイテッド千葉戦で途中出場し、プロデビューを果たす。

その後途中出場をメインにコンスタントに試合に出場。2日に行われた第32節のモンテディオ山形戦でJ2のプロA契約締結条件である900分以上の出場を達成し、プロC契約から変更となっていた。

鳥海はクラブを通じてコメントしている。

「日頃よりたくさんのご支援・ご声援ありがとうございます。この度、ヴァンフォーレ甲府とプロA契約を締結させていただきました」

「J1昇格に向け、負けられない状況ですが、自分がチームを勝たせるという強い気概を持ち、一戦必勝の気持ちで戦い続けます。今後とも応援よろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

甲府が10月加入のFW高崎寛之の契約満了を発表「まだまだ燃え尽きていません」

ヴァンフォーレ甲府は4日、FW高崎寛之(35)の契約満了を発表した。 高崎は茨城県出身で、駒澤大学から2008年に浦和レッズへ入団。2009年に水戸ホーリーホックへと期限付き移籍を経験するも、浦和復帰後はなかなか出場機会を得られず、2012年に甲府へ完全移籍した。 2013年には徳島ヴォルティスへ完全移籍。2015年には鹿島アントラーズへと完全移籍するも、シーズン途中にモンテディオ山形へと期限付き移籍を経験。2016年は松本山雅FCへと期限付き移籍し、2017年からは完全移籍となった。 2020年にFC岐阜へと完全移籍すると、今年1月にはベトナムのサイゴンFCへと完全移籍。10月に甲府へと加入していた。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで3試合の出場に終わり、ゴールはなかった。 高崎はクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に携わる皆様。3ヶ月と短い間でしたが、再加入出来たことを本当に感謝しています。J1昇格にはあと少し届かず申し訳ありません」 「9月に練習参加をした時に選手のクオリティーの高さ、戦術の理解度が浸透していて良いチームだなと感じました。来年は良いチーム+強いチームになってJ1昇格できるように願っています」 「私自身まだこの先のことは未定ですが、ベトナムで燃えかけていた炎がヴァンフォーレ甲府によって再び燃え上がっています。まだまだ燃え尽きていません」 「これからも自分のやれる事を精一杯やっていきたいと思います。ありがとうございました」 2021.12.04 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

長野FW金園英学が現役引退…磐田でのプロ1年目で12得点「思い描いていたキャリアとは程遠い形になりました」

AC長野パルセイロは2日、FW金園英学(33)の現役引退を発表した。 大阪府出身の金園は、立正大淞南高校、関西大学を経て、2011年にジュビロ磐田へと入団した。 磐田ではルーキーイヤーから活躍。J1で28試合に出場し12得点を記録し、新人歴代3位(当時)のゴール数を記録。その実績もあり、2年目の2012年には日本代表にも選出された。 しかし、合宿中に骨折すると、復帰直前にも同箇所を骨折するなど、2年目はJ1で5試合の出場に終わった。3年目は30試合に出場し6得点を記録したが、4年目には出場機会が減少。2015年にベガルタ仙台へと完全移籍する。 その後は、2017年に北海道コンサドーレ札幌へと完全移籍すると、2018年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年からは完全移籍に切り替わり、今シーズンから長野でプレーしていた。 J1通算114試合26得点、J2通算64試合14得点、リーグカップ通算22試合7得点を記録。長野では、ここまでJ3で7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 金園はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021シーズンを最後に現役を引退することにしました」 「Jリーグ創世期のアルシンドのプレーに感銘を受け、小学校1年生で本格的にフットボールを始めてから30年弱、言葉に言い表す事のできないくらい幸せな時間でした。森ノ宮S.C、明倫クラブ、立正大学淞南高校サッカー部、関西大学体育会サッカー部、ジュビロ磐田、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、AC長野パルセイロで共に闘って下さった皆様、本当にありがとうございました」 「そして改めて、僕の可能性を信じ続けてくれた両親、最愛の妻、笑顔のプリティな子供達に感謝します」 「現役生活を振り返ると、怪我が多く、思い描いていたキャリアとは程遠い形になりましたが、それでも、前田遼一さんという男の中の男をはじめ、偉大な先輩方の背中を間近で見られたことで、人として大きく成長することが出来たと自負しています」 「今後は、この何事にも代えがたい素晴らしい経験を生かし、次のステージでも鍛錬を惜しまず『灰頭土面(かいとうどめん)』、全身全霊で頑張ります」 「最後になりますが、まだシーズンは終わっていません。週末に大事な試合が残っています。少しでもチームの力になれるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2021.12.02 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、3シーズン上位争いのチームを作った伊藤彰監督の退任を発表…「4年間は本当に楽しく幸せでした」

ヴァンフォーレ甲府は2日、伊藤彰監督(49)の退任を発表した。なお、後任は決定次第発表されるとのことだ。 伊藤監督は現役時代は川崎フロンターレや大宮アルディージャ、サガン鳥栖、徳島ヴォルティスでプレー。引退とは、古巣の大宮で育成に携わり、U-12、ジュニアユースでコーチを務め、ジュニアユース、ユースで監督も務め、その後トップチームでコーチに就任。2017年5月から11月まで監督を務めた。 2018年からは甲府でヘッドコーチに就任すると、2019年からは監督に就任。1年目は5位、2年目は4位、3年目の今シーズンは3位と上位争いを続けるチームを作り上げた。 伊藤監督はクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府のスポンサー・ホームタウン・ファン・サポーター・サポーティングスタッフの皆様、いつもヴァンフォーレ甲府へのご支援ご声援ありがとうございます」 「私事ではありますが今シーズンをもってヴァンフォーレ甲府を退任する事になりました」 「佐久間社長と相談の上、私自身の監督としてのキャリアアップをしたいという思いを受け取って頂き、退任を承諾して頂きました。佐久間社長とは大宮アルディージャの選手、指導者、ヴァンフォーレ甲府ヘッドコーチ、そして監督としての3年間いつも助けて頂き本当に感謝しかありません」 「そしてヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様、このような素晴らしい幸せな時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました。3年間、J1昇格という目的を達成出来ずに離れるのは大変悔しく、残念でしかありません」 「これまでヴァンフォーレ甲府で共に闘ってくれた選手やスタッフに感謝致します。そしてファン・サポーターの皆様の素晴らしい後押し、沢山の応援、本当に力になりました。重ねて御礼申し上げます。本当にありがとうございました」 「この4年間は本当に楽しく幸せでした。ヴァンフォーレで監督を務め、クラブと共に闘い、選手・スタッフと共に成長できた事、全ての事が私の誇りです。これからのヴァンフォーレの発展と進化を陰ながら応援し活躍を楽しみにしております」 「リーグ最終戦、スタジアムで選手・スタッフ・ファン・サポーターの皆様と共に笑顔で喜び合えるよう最後まで全力で頑張ります。最後まで応援、サポートよろしくお願い致します。これからもヴァンフォーレ甲府へのご支援ご声援の程、よろしくお願い致します」 また、佐久間悟社長も伊藤監督の退任にコメントしている。 「この度、伊藤彰監督と来季の契約を更新しないという結論に達しましたので、ヴァンフォーレ甲府をご支援・ご声援頂いている全ての皆様に、ご報告をさせて頂きます」 「伊藤彰監督には、2019シーズンから監督として3シーズンチームを指揮して頂き、世代交代による選手の入れ替わりや新型コロナウイルスの感染拡大の影響があり、クラブとしても経営状況を取り巻く環境が非常に厳しい中で、チームの最大値を引き出し、力戦奮闘して頂きました」 「しかし、この度、ご本人の指導者としてのキャリアについて、双方で話し合った結果、来季の契約を更新しないということになりましたので、ご理解を賜りたく存じます」 「クラブと致しましては、ヘッドコーチおよび監督として指揮して頂いた4シーズンについて、心から感謝を申し上げるとともに、今後のご活躍をお祈り申し上げます」 「なお、後任につきましては、ここ数年来続けてきているスタイルを継続できるような人選を行う予定であり、決定次第、改めてご報告させて頂きます」 2021.12.02 10:18 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF阿部翔平が誕生日に東京都1部のSHIBUYA CITY FCで選手兼監督に就任…名古屋、甲府、千葉でもプレー

東京都社会人1部リーグに所属するSHIBUYA CITY FCは1日、元日本代表DF阿部翔平(38)との契約更新を発表。兼任で監督にも就任することを発表した。 12月1日は阿部の38歳の誕生日。新たなスタートを切る日に、新たな役職を担うこととなった阿部は、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズン選手兼任監督として契約更新させていただきました。今まで経験したことのない新たな挑戦ですが、心はワクワクしています」 「今季、目標に掲げて叶わなかった「昇格」を来シーズンは果たすことと、SHIBUYA CITY FCらしさをピッチや僕らのホームタウン「渋谷」で存分に表現できる環境を作っていきたいと思っています」 「皆様、これからのSHIBUYA CITY FCに大きな期待と応援をよろしくお願いします!」 阿部は市立船橋高校から筑波大学へと進学。2006年に名古屋グランパスへと入団した。2013年まで左サイドバックの軸としてプレー。2009年には日本代表にも選出されたが出番はなかった。 2014年にヴァンフォーレ甲府へと完全移籍すると、2016年からはジェフユナイテッド千葉でプレー。2017年に甲府へと期限付き移籍で戻ると、2018年に完全移籍。2019年からTOKYO CITY F.C.でプレーした。 チームは2021年にSHIBUYA CITY FCへとチーム名を変更。2021シーズンは東京と社会人リーグ1部で7位に終わっていた。 2021.12.01 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府MF野津田岳人に第一子誕生「めちゃくちゃ可愛い息子」

ヴァンフォーレ甲府は27日、MF野津田岳人に第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、野津田の第一子は男の子とのこと。25日に誕生したとのことだ。 野津田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、第一子となるめちゃくちゃ可愛い息子が無事、元気に産まれてきてくれました」 「元気に産んでくれた奥さんには感謝しかありません。これからは新たな家族のためにより一層頑張っていきたいと思います!!!」 野津田はサンフレッチェ広島から期限付き移籍で加入。ここまで明治安田生命J2リーグで39試合に出場し2得点を記録。チームの昇格争いに貢献している。 2021.11.27 12:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly