【ラ・リーガ第9節プレビュー】クラシコ控えるバルセロナが難敵と激突! マドリード2強は南米予選影響で延期

2021.10.16 18:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節は、バルセロナとの強豪対決に完勝したアトレティコ・マドリーが上位で唯一の勝ち組に。一方、レアル・マドリーとセビージャはいずれも格下相手に今季リーグ初黒星を喫し、優勝争いは混沌の様相を見せている。

代表戦明け一発目となる第9節は、3試合を開催したカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の影響により、グラナダvsアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオのマドリード2強絡みの2カードが開催延期となっている。

そういった中、最注目カードは次節にレアル・マドリーとの今季最初のエル・クラシコを控える9位のバルセロナ(勝ち点12)が、8位のバレンシア(勝ち点12)を迎え撃つ名門対決だ。

バルセロナは前節、敵地ワンダ・メトロポリターノで昨季王者アトレティコと対戦。FWルイス・スアレスの恩返しゴールを含め、0-2のスコア以上の差を見せつけられ、痛恨の公式戦2連敗となった。この中断期間にクーマン監督の更迭濃厚と見られていたが、違約金の支払いや後任探しの問題もあり、ラポルタ会長の宣言通り、ひとまず続投が決定している。

ただ、直近の無残な連敗もあり、クーマン監督の求心力はさらに低下しており、チームとしての自信低下も気がかりな状況の中、指揮官の古巣である難敵バレンシアとの名門対決に臨む。その対戦相手は2連敗から2戦連続ドローと4試合勝ちから見放されているが、強度の高い守備とカウンターを得意とするチームスタイルは、現在のバルセロナにとって最も不得手なタイプと言えるはずだ。

難敵撃破に向けては自慢のカンテラーノの躍動に期待。17歳でスペイン代表デビューを飾り、イタリア代表とフランス代表相手に堂々たるパフォーマンスを披露した売り出し中のMFガビ、試運転を終えてスタメン復帰が見込まれる新10番のFWアンス・ファティが屈強な相手守備陣攻略の糸口となれるか。また、同試合ではすでに実戦復帰したFWアグエロのデビューにも注目が集まるところだ。

マドリードの2強と勝ち点17で並ぶ3位のレアル・ソシエダは、MF久保建英を擁する12位のマジョルカ(勝ち点11)と対戦。前節は最下位のヘタフェに今季初勝ち点を献上する痛恨のドローとなったものの、目下5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。また、エースのFWオヤルサバルに欠場の可能性があるものの、FWイサクは今回の代表ウィークでも活躍を見せている。

一方、対戦相手のマジョルカでは東京オリンピック以来のオヤルサバル、MFメリノらとの再戦が期待された久保だが、ヒザのケガによって引き続き欠場が確定。ただ、チームは前節のレバンテ戦で5試合ぶりの白星を挙げており、良い形で上位相手の一戦に臨めるはずだ。

また、1試合未消化ながら首位と3ポイント差の4位に位置するセビージャ(勝ち点14)は、16位のセルタ(勝ち点7)を相手に今季初黒星からのバウンスバックを図る。前節のグラナダ戦では試合内容自体はそこまで悪くなかったものの、攻撃の部分で最後の精度、連携の質を欠いており、その部分の改善が重要なテーマだ。中断期間を通じて連携面を深めたMFラメラ、FWラファ・ミルら新戦力の活躍が期待されるところだ。

その他では前節の結果を受け、今季リーグ初の指揮官交代に踏み切った18位のレバンテ(勝ち点4)と、最下位のヘタフェ(勝ち点1)の新指揮官対決に注目したい。

レバンテは内部昇格の形で2018年から指揮を執ったパコ・ロペス監督を解任し、過去にアラベスや中国の複数クラブを率いたハビエル・ペレイラ監督を招へい。

対するヘタフェは今季から就任したミチェル監督を解任し、バレンシアやアトレティコ、エスパニョール、ワトフォードの指揮官を歴任し、過去に2度チームを率いた経験を持つキケ・サンチェス・フローレスを再招へい。

今季開幕から白星のない2チームの内、新指揮官の下で初白星を飾るのはどちらのチームとなるか…。

《ラ・リーガ第9節》
▽10/16(土)
《25:30》
レバンテ vs ヘタフェ
《28:00》
レアル・ソシエダ vs マジョルカ

▽10/17(日)
《21:00》
ラージョ vs エルチェ
《23:15》
セルタ vs セビージャ
《25:30》
ビジャレアル vs オサスナ
《28:00》
バルセロナ vs バレンシア

▽10/18(月)
《26:00》
アラベス vs ベティス
《28:00》
エスパニョール vs カディス

▽未定
グラナダ vs アトレティコ・マドリー
レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ

関連ニュース
thumb

「風呂上がりのコーヒー牛乳」をコンセプトに! 川崎Fのリミテッドユニフォームが発表、モデルの脇坂「ボクはめっちゃ好き」

川崎フロンターレは20日、「2022リミテッドユニフォーム」を発表した。 18日の時点で、SNS上に「#YUGE」をつけて匂わせる動画を投稿していた川崎F。ファンは「リミテッドユニフォーム」の発表を楽しみにしていた中、20日正式発表された。 ユニフォームのコンセプトは「PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基づき、クラブ設立 26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーを祝したスペシャルなデザイン」となっている。「風呂上がりには欠かせないコーヒー牛乳からインスピレーションを得たカラーを採用。さらに川崎市の花であるつつじをベースに温泉マークや、ゆ(湯)、26、などで構成されたオリジナルグラフィックを大胆に配置」とのことだ。 また「背面には“風呂”敷で使用される唐草紋様をアレンジしたグラデーションを取り入れ、26周年のアニバーサリーイヤーにふさわしい特別仕様となっています」としている。 遠目には黒に見えたユニフォームだが、濃い茶色に。このユニフォームは8月以降に等々力陸上競技場で開催する3試合、8月7日の横浜F・マリノス戦、13日の京都サンガF.C.戦、27日の鹿島アントラーズ戦で着用予定となっている。 モデルを務めたMF脇坂泰斗は「とても珍しい色でボクはめっちゃ好きです」と投稿。様々なポーズの写真を投稿した。 ユニフォームの販売は「後援会会員先行受付」が6月24日(金)21:00~6月26日(日)23:59。ここで売り切れた場合は、一般発売はされない。 売り切れなかった場合は一般受付が6月27日(月)21:00~7月4日(月)1:59となっている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】モチーフはコーヒー牛乳! 斬新ながらも洗練されたかっこよさ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/f0BJsFarrW">https://t.co/f0BJsFarrW</a><a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a><a href="https://twitter.com/hashtag/YUGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YUGE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EVERYBODY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EVERYBODY</a><a href="https://twitter.com/hashtag/YOUGET?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YOUGET</a> <a href="https://t.co/dsRUETzOA0">pic.twitter.com/dsRUETzOA0</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1538726057033220096?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/YUGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YUGE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EVERYBODY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EVERYBODY</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/YOUGET?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YOUGET</a> <a href="https://t.co/IgjWq7daOL">pic.twitter.com/IgjWq7daOL</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1538462340697702400?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】モデル務めた脇坂泰斗もお気に入りの様子</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br>とても珍しい色で<br>ボクはめっちゃ好きです。 <a href="https://t.co/1y9t5beyGY">https://t.co/1y9t5beyGY</a> <a href="https://t.co/Jb2GItUoLV">pic.twitter.com/Jb2GItUoLV</a></p>&mdash; 脇坂 泰斗 / Yasuto Wakizaka (@wyasuto0611) <a href="https://twitter.com/wyasuto0611/status/1538779993198559233?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.20 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表がレトロな“4分割デザイン”の新ユニフォームを発表!プーマで“最後”の一着に

イタリアサッカー連盟(FIGC)とプーマは30日、イタリア代表の2022新ホームユニフォームを発表した。 代表の歴史に敬意を表した新ユニフォームは、1934年、1938年、1982年、2006年の4度のワールドカップ(W杯)優勝に敬意を表し、シャツ前面が4分割されたデザインに。2色の青が交互に配置されている。 また、右胸にはレトロなプーマのロゴが配置され、背面の襟元には「ITALIA」の文字がゴールドで刻まれている。 この新ユニフォームは、6月1日にウェンブリースタジアムで行われるアルゼンチン代表戦でお披露目となる。 なおFIGCはアディダスと2023年からサプライヤー契約を結んでおり、プーマでの最後のユニフォームになる予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】イタリア代表のレトロな新ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.05.31 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがユニフォームを発表!逝去したレジェンドへの尊敬の印が隠されたクラシックなデザインに

マンチェスター・シティは19日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 新ユニフォームは、シティが毎年のようにタイトルを獲得していた1960年代後半のチームと、その時の主力選手でありクラブのレジェンドである元イングランド代表MFのコリン・ベル氏からインスパイアを受けているという。 1966年にベリーFCからシティに加入したベル氏は、在籍13年間で501試合に出場し153ゴールを記録。2004年にはファン投票によってエティハド・スタジアムのコリン・ベル・スタンドの名前が冠せられていたが、2021年に74年の生涯を終えていた。 そのデザインは、過去のクラシックなユニフォームを踏襲しており、クラブカラーの水色を基調としつつ、袖口と襟元はマルーン(赤に近い栗色)と白の2色でデザインされている。 クラブエンブレムやサプライヤーを務めるプーマのロゴがシャツ前面の中央に配置されているほか、襟の内側には“コリン・ザ・キング”の異名で親しまれたベル氏への尊敬の印となる王冠のデザインが施されている。 <span class="paragraph-title">【写真】シティの来季ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Manchester City unveil their new home kit for 2022-23 <a href="https://t.co/5Kv6Q47VkF">pic.twitter.com/5Kv6Q47VkF</a></p>&mdash; GOAL (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1527182519652691969?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">From Colin the King, to a new generation of Cityzens <br><br>The 2022/23 <a href="https://twitter.com/ManCity?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCity</a> x <a href="https://twitter.com/pumafootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@pumafootball</a> Home kit has arrived. Available now. <a href="https://t.co/4waz2JT4zo">pic.twitter.com/4waz2JT4zo</a></p>&mdash; PUMA Football (@pumafootball) <a href="https://twitter.com/pumafootball/status/1527182280749420544?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アディダスvsプーマ。創業者は兄弟だと知っていた?/六川亨の日本サッカー見聞録

サッカーファンはもちろんのこと、一般ユーザーも「アディダス」と「プーマ」と聞けば、シューズメーカーだということは知っているだろう。近年はアメリカの「ナイキ」に売上高1位の座を譲っているが、ドイツ(西ドイツ)が生んだ一大ブランドだ。 そんな2大メーカーの創業者が兄弟だったということを、知らないサッカーファンも増えてきているのではないだろうか。 映画「アディダスvsプーマ-運命を分けた兄弟-(2015年製作)」は2人のサクセスストーリーであると同時に、兄弟の確執を描いた映画でもある(ヨコハマ・フットボール映画際で上映。6月5日は15時30分/かなっくホール・音楽ルーム。6月9日は19時/シネマ・ジャック&ベティ)。 時はいまから約100年前の1920年、ニュルンベルク近郊で、靴職人のアドルフ・ダスラー(弟)を、口は達者だが会社を首になったルドルフ・ダスラー(兄)が営業を担当することで靴の製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立した。 まずは工場の設備を整えるため銀行に融資を頼みに行くが、銀行マンはアドルフのサッカーシューズは革が柔らかくてすぐに壊れると指摘。「つま先は硬く、足首までカバーするのがサッカーシューズ」と融資を断った。そこで2人は陸上のスパイク作りに方針を転換。軽くてグリップ力のある陸上シューズは売れ行きも好調で、ドイツ代表の陸上部の監督のお墨付きを獲得することにも成功した。 しかし時代はナチスの台頭によりアドフル・ヒトラーが首相に指名されるなど、激動の時代を迎えつつある。職人であるアディは1936年のベルリン五輪に出場するアメリカ代表のジェシー・オーエンスの才能に着目し、自身の作ったシューズを提供。するとオーエンスは100メートル、200メートルに走り幅跳びなど4個の金メダルを獲得した。 ところが黒人に負けたことで陸上部の監督は首になり、兄弟は後ろ盾を失ってしまう。そしてナチス・ドイツはポーランドが侵攻したと口実を作って攻め込むことで第二次世界大戦が勃発した。職人であるアディは徴兵を免れたものの、兄ルディは戦地へと送られる。さらにシューズ工場ではバズーカ砲を製作するよう命じられた。 第二次世界大戦が終わり、ルディは無事戦地から帰国したが、自分だけ戦地に送られたことに不満を持ち、進駐軍のMPに「弟はナチスの協力者だ」と密告する。バズーカ砲などの物的証拠があるためアディは窮地に立たされるが、それを救ったのが妻の機転で、オーエンスと一緒に撮った写真だった。 もう兄弟の仲は修復不可能。お互いにシューズ工場を作ることになり、社員にもそのことを伝えると、アディの元には靴職人が多く残り、ルディには営業担当が着いていった。ルディの作った「プーマ社」は、当時は現在のような流線型のラインではなく、プーマには「道楽者」というあだ名もあったと映画では紹介されている。そしてアディは自身の名前を短縮して「アディダス」という社名に変更した。 当時の西ドイツにまだプロのチームはなく、多くのチームがプーマ社のシューズを履いていたそうだ。そこはやはり兄の営業力がモノをいったのかもしれない。プーマ社の幅広の白いラインのシューズを見ていたアディは、白色のペンキを塗っている最中だったゴールポストに人差し指と中指と薬指の3本で触り、それを自分の作ったシューズの内側と外側になぞるようにして3本の白ラインを入れた。 アディダスの「スリーストライプ」が誕生した瞬間だった。 第二次世界大戦が終わり、ワールドカップは1934年フランス大会以来12年ぶりに再開されることになった。1950年ブラジル大会である。本来ならドイツで開催されるはずだったが、戦争責任を問われて資格停止だったためブラジルで開催されることが決定。東西両ドイツとも出場資格はなかった。 そして1954年スイスW杯である。売れ行きが好調なルディの「プーマ」は、西ドイツ代表監督のゼップ・ヘルベルガーから、選手へのサッカーシューズの無償提供と、月1000マルク(現在の日本円で約7万円だが、当時との物価差は現在と比較できないだろう)の資金援助を申し込まれたが、これを拒否。仕方なくヘルベルガー監督はアディに頼んだところ快諾されたことで西ドイツ代表は3本線のシューズでW杯を戦うことになった。これはいまも変わらない伝統である。 ルディがヘルベルガー監督の申し出を断ったのは、金銭的な負担よりも西ドイツが勝つ見込みは少ないという判断を優先したからだろう。1938年のフランス大会も1回戦でスイスに負けているし、50年ブラジル大会は出場できていない。このため54年スイス大会でも上位進出は難しいと判断してもやむを得なかった。 こうして迎えたスイス大会、西ドイツは1次リーグで当時無敵を誇った「マジック・マジャール」ことハンガリーにリザーブ選手を起用して3-8と大敗する。決勝トーナメントで前回優勝のウルグアイや準優勝のブラジルを避けるためだとも言われた。 そしてハンガリーとの決勝戦、試合開始直前に降り出した雨に、用具係を担当していたアディは急きょシューズの取り替え式ポイントを雨用の長いスタッドに変更する。スタンドには兄ルディの姿もあった。 そして試合後、ロッカールームに戻ると試合のチケットが置かれていて、そこには一言、ルディからアディへのメッセージが残されていた。 正直、サッカーシーンはほとんどない映画である。なので、それを期待したら失望するかもしれない。それでも2人の兄弟愛と、サッカー界はもちろんのこと、スポーツ界にも多大な影響を残したダスラー兄弟の葛藤と兄弟愛を感じられる映画だった。 彼らの息子、特にアディの息子ホルストは父の仕事を引き継ぎ、FIFA(国際サッカー連盟)やIOC(国際オリンピック委員会)などで絶対的な影響力を発揮し、“蜜月時代"の礎を築いた。彼らの映画も、いつかは作られるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.13 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

カンガルーレザーでも軽い!国内1000足限定の「PUMA KING MIRAI HG/AG」が発売

プーマは、サッカー用レザースパイク「PUMA KING MIRAI HG/AG(プーマ キング ミライHG/AG)」を国内1000足限定で4月29日(金)より発売することを発表した。 「プーマ キング ミライHG/AG」は、フロント部分にカンガルーレザーを使用し、中足部には素肌感覚でフィットする軽量の「SPEED MESH(スピード メッシュ)」という異なる素材を組み合わせている。 そのため、カンガルーレザーを使用しながらも片足195g(26cmの場合)という軽さを実現。レザースパイクのボールタッチはそのままに、軽量性を両立させた新しいモデルだ。 ヒール部分には、プーマ ジャパンとプーマ グローバルとの共同開発時のコードネームである“PUMA KING P.O JAPAN”といくつかの特徴的なテクノロジー名を表記しており、“最速”を求めるアスリートに向けたプロダクト開発を追い求めるプーマならではの革新的なテクノロジーが融合した一足になっている。 「プーマ キング ミライHG/AG」は、プーマ公式オンラインストアと一部取扱い店舗にて発売。24.0cm〜29.0cmのサイズ展開となり、価格は2万5300円(税込)となっている。 <span class="paragraph-title">【詳細写真】カンガルーレザーを使用しながらも軽量の「プーマ キング ミライHG/AG」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220428_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220428_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220428_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220428_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.04.29 17:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly