シュツットガルト、遠藤航の相棒マンガラがコロナ陽性に

2021.10.16 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは15日、ベルギー代表MFオレル・マンガラが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。

シュツットガルトでは10日前、ドイツ人GKファビアン・ブレドロウがコロナ陽性判定を受け、15日の検査で陰性となっていたが、新たにマンガラが陽性となってしまった。

MF遠藤航とボランチでコンビを組むマンガラは今季、負傷により出遅れていたが、リーグ戦ここ3試合は先発し、コンディションを上げていたところだった。

シュツットガルトは16日、ブンデスリーガ第8節でボルシアMG戦を戦う。



関連ニュース
thumb

「責任と誇りを感じる」キャプテンとしてW杯最終予選を戦う遠藤航、サウジ戦では「もう1つ2つギアを上げないと」

中国代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選から一夜明け、28日に日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)がメディアのオンライン取材に応対した。 27日、日本は中国とカタールW杯アジア最終予選で対戦。前半にPKを獲得すると大迫勇也が決めて先制。その後何度も決定機を迎えるが追加点を奪えない。 中国にほとんど攻めさせない日本は、後半に中山雄太のクロスから伊東純也がヘディングで決め最終予選3戦連発。そのまま逃げ切り、2-0で勝利を収め、4連勝。2位をキープした。 試合後のメディア対応でも中国戦を振り返った遠藤。改めて一夜明け「そんなに変わっていないです。勝てたことが全てだと思いますし、追加点を取れたことはポジティブですが、攻撃面ではテンポを改善したいと思いますし、無失点で終えられたことで後ろは良かったと思います」とコメント。とにかく勝ち点3をポジティブに捉えているとした。 試合後にも語っていた遠藤だが、自身としては「自分のところで前に縦パスを入れてスイッチを入れることも大事だと思います」とコメント。「3ボランチ気味にやっていて、モリ(守田英正)と碧(田中碧)が引いて受けるシーンもあると思いますが、前との関係性で、モリや碧が縦パスを入れた時にサポートに行けるのか。迫くん(大迫勇也)との距離感も意識しています」とコメント。[4-3-3]のシステムで生まれるトップとの距離感を大事にしたいとした。 中国戦はキャプテンとして臨んだが、「個人的にキャプテンをやることに関しては、責任を感じていて誇りも感じています」とコメント。「キャプテンマークを巻いてピッチに立つことで昂るというのもありますが、大事なのはキャプテンだろうが、キャプテンじゃなかろうが、チームの中心選手として自覚を持って、責任感を持ってやれるかどうか。その結果が、チームや監督に認められるのがキャプテンのあるべき姿です」と、日頃の態度や振る舞いから相応しいものが必要だとした。 ただ「日本代表でキャプテンができることは光栄に思いますし、麻也さん(吉田麻也)がキャプテンですが、代理とはいえ、責任を感じてやらせてもらっています」と、大きな責任も感じるものだとした。 その遠藤は2月1日のサウジアラビア戦でもキャプテンとしてピッチに立つことになる。「そこまで気負い過ぎずというか、自分のプレーを出すことが大事だと思うので、もう1つ2つギアを上げないといけないと思うので、メンタル面もフィジカル面も上げたいと思います」と、パフォーマンスのレベルを上げていきたいとした。 10月にアウェイで敗れているサウジアラビアだが、その特徴については「チームとして完成度は高いと思いますし、チームが同じ選手が多かったり、長くやっているメンバーが多い印象なので、ボールの動かし方も洗練されている感はあります」とコメント。「そこは自分達もブロックを引いたうえで前から行きたいと思いますし、カウンターというオプションもあると思います。前から行くところ、ブロックを引いてカウンターを狙うという両方を90分間で持てればと思います」と、相手に合わせて戦い方を変えて臨みたいとコメントした。 遠藤は[4-3-3]でも前からプレッシャーをかけてハメていきたいと考えているが、徐々に改善できているという手応えを感じているようだ。「[4-3-3]を最初にやった時よりはプレッシャーの掛け方はチームとして共通意識を持ってやっていると思います。最初は3トップの(伊東)純也や(南野)拓実がサイドバックが高い位置を取った時について、迫くんが孤立することも多かったですが、それは改善されて高い位置をとってCBに行くことができるようになったと思います」と、3トップのプレスの掛け方が変わったとした。 また「あとは後ろの連動性や、サイドバックがサイドバックに強くいけるのか、マンツーマン気味でつけるかどうかだと思います。後ろは勇気をもう少し持って前から行けるかどうかだと思います」と語り、CBも前に出てしっかりとボールを奪い切る守備ができれば良いとした。 「感覚として少しずつ良くなっていると思いますが、GKにまでプレッシャーに行けるかどうか。レベルが高いとGKから良いボールが出てしまうので、さらに前に行くことがポイントになると思います」と語り、理想は相手GKにまでしっかりと強いプレスをかけることが大事だとした。 2022.01.28 16:52 Fri
twitterfacebook
thumb

試合前には吉田麻也からもメッセージ、キャプテン・遠藤航が中国戦の攻撃に見解「スイッチを入れる回数を増やす」

日本代表のMF遠藤航が、中国代表戦を振り返った。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表vs中国代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2-0で日本が勝利した。 最終予選3連勝中の日本は、2位をキープするためにも負けられない一戦に臨むことに。すると13分に大迫勇也がPKをしっかり決めて先制する。 日本はその後に迎えたチャンスを決め切れないでいたが、61分に中山雄太のクロスを伊東純也がヘディングで決めて追加点。その後3点目は奪えずに2-0で勝利を収め、4連勝とした。 DF吉田麻也(サンプドリア)が不在のため、キャプテンを任された遠藤。「入りは良かったと思います。良い形で1点が取れたところ。2点目も全体として取りにいこうというのはありましたが、テンポがちょっとゆっくりになったかなと思います。ただ、相手も来そうで来ないというところがあって、テンポ上げすぎても良くないので、その辺のバランスは難しかったです。急ぎすぎてもよくないので」と、前半の戦いを振り返った。 その中で意識したことは、「うまくバランスを見ながら、最低限自分のところでセカンドボールを拾ったり、奪われた後にまた奪うとかは最低限意識していました。その上で、2点目を取れればというのが理想でした」とコメント。「後半は相手が少し出てこなければいけないというのと、自分たちも間で受ける回数が増えたので、そこはポジティブにとって、2点目が取れたと思います。3点目が取れれば理想でした」と、後半も良い形はできたが、3点目が欲しかったと悔やんだ。 [4-3-3]のシステムで戦った4試合目。徐々に特徴を出せる時間が増えているが「3人でやる1番のメリットは、誰がどこにポジション取ってもある程度違和感なくできることです」と3人ともアンカーやインサイドハーフができることが強みだとコメント。「基本的に僕がアンカーでスタートしましたが、入れ替われば相手もマーク掴みづらいだろうと思っていて、相手もマンツーマンで来ると予想していたので、ポジションをみんなで変えながらやれたことはすごくポジティブでしたし、特徴を出す上では良いと思います」と、入れ替わることで相手を混乱させるという意図もハマったと明かした。 キャプテンとして意識したことは「今日に関しては、必ず勝ち点3を取らなければいけなかったので、全員で、今いるメンバーで勝ち点3を取ろうと話しました」と試合前の様子を明かし、「プレー自体はキャプテンマークを巻くことで何か特別変わることはないので、いつも通りの自分のプレーを出すことを心がけていましたし、気負いすぎず自分のプレーにフォーカスしていました」と、普段通りを心掛けたという。そんな中、吉田からは「試合前にLINEをくれて、『航なら大丈夫だ』とコメントをもらいました」とし、キャプテンの後押しもあったと明かした。 また、CBの2人は今回が初の最終予選だったが「後ろのCBがマンツーマン気味でつかれているのがわかっていたと思うので、フリーな分、持ち運びながら奥に入れたり、サポートをするという形も出ていたので、バランスは悪くなかったと思います」と、一定の手応えを感じたようだ。 守備面でも「リスクマネジメントの部分で、しっかり後ろ2人と自分のところで、できるだけカウンターをさせないようにということは意識して、そこはハマっていたかなと思います」と振り返り、「常に僕も後ろの2人も自分に声をかけてくれて、良いバランスでリスクマネジメントできたと思います」と、良い関係を築けていたと語った。 試合後には相手のペースに付き合ってしまったことを口にした遠藤。前半の終盤などはまったりしていた時間も生まれたが「ゆっくり動かすことが全部悪いとは思わないです。勝っている時間が長かったのもあります」と、遅攻が悪いとは思っていないとコメント。「ただ、より点を取る、もっと高いレベルになった時に、どう崩すかとなったときに、縦に入れたタイミングで同スイッチをどう入れるのか。そこの回数はもっと増やしても良いのかなと」と、トライする回数をもっと増やして合わせていくことも必要だとコメントした。 遠藤としては「ゆっくりしながらも、もっと縦に入れてスイッチを入れる回数を増やすことをしていければ、得点機会は増えると思います。お互いに探りながらやっていければと思います」とし、もっとチャレンジするシーンを作りたいと感じているようだ。 これで最終予選は4連勝。勝ち点差が詰まっている状況ではあるが、2位をキープしている。2月1日には首位のサウジアラビア代表との一戦を迎えるが「ホームなのでアグレッシブに入りたいというところと、相手もボールをしっかり動かそうとするチームなので、あまりブロックを引きすぎずに、自分たちもアクションを起こしてしっかり前からいきながら、自分たちが多くボールを持つシチュエーションや時間帯を多く作っていきたいと思う」と戦い方を語り、「行くところの判断としっかりブロック引いてカウンターを狙うようなイメージを持ち筒というところかなと思います」と、メリハリをつけたプレーが重要であると見解を語った。 2022.01.27 23:28 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、鎌田大地がハムストリングの筋断裂で離脱…

フランクフルトは27日、日本代表MF鎌田大地の負傷を発表した。 今季ここまで公式戦26試合に出場し5ゴール1アシストを記録している鎌田は、21日に行われたブンデスリーガ第20節のビーレフェルト戦にも先発出場し、87分までプレーしていた。 クラブの発表によると、鎌田はハムストリングの筋断裂のため2月5日に行われるブンデスリーガ第21節のシュツットガルト戦を欠場するとのことだ。 なお、詳細な離脱期間については明かされていないが、フランス『レキップ』は数週間の離脱になると報じている。 2022.01.27 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デュエルマイスター・遠藤航が“秘密兵器”をカスタマイズ、日の丸入りのW杯予選仕様に

日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)がワールドカップ(W杯)予選に向け、武器を新調したようだ。 1月27日、2月1日に行われるカタール・W杯アジア最終予選のメンバーに選出されている遠藤。吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)を負傷で欠く中、キャプテンにも指名され、チームの中心として大きな期待が寄せられている。 遠藤の魅力と言えば、やはり対人守備の強さだろう。今季のブンデスリーガでもデュエル勝利数で2位を記録しており、日本代表でもネガティブトランジションの反応や球際の強さが際立っている。 パフォーマンスの向上に一役買っているのがマウスピース。機能面のみならず「ファイターらしく見える」と自身も語るなど、トレードマークの1つとなりつつある。 遠藤のマウスピースを手掛けるシュツットガルト在住の歯科医師・宮川順充氏は「今週のW杯予選用スプリント」と題してインスタグラムを更新。今回の最終予選に備えて微調整したマウスピースを公開した。 サムライブルーを基調としたマウスピースには、自らの署名と遠藤のネームを記載。さらには日の丸や試合日も刻まれており、この2試合に懸ける想いが伝わってくる。 現在、W杯予選6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。ホームでの2連勝を飾るためには、遠藤の奮起が欠かせない。 <span class="paragraph-title">【写真】最終予選仕様、日の丸入りの遠藤のマウスピース</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yukimitsu Miyakawa(@dr.ymwataruproject)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.27 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤の同僚、シュツットガルト守備の要のケンプフがヘルタ・ベルリンに完全移籍

ヘルタ・ベルリンは25日、シュツットガルトのドイツ人DFマルク=オリヴァー・ケンプフ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの4年半となる。なお、背番号は「20」に決まった。 ケンプフはフランクフルトのユースで育ち、2012年7月にファーストチームへ昇格。その後、フライブルクを経て、2018年7月からシュツットガルトでプレーしていた。 センターバックの一角としてシュツットガルトでは公式戦96試合に出場し9ゴール5アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで12試合に出場し3得点を記録するなどコンスタントにプレーしていたが、12月14日のバイエルン戦を最後に出場機会がなかった。 ヘルタ・ベルリンのスポーツ・ディレクター(SD)を務める、フレディ・ボビッチ氏は「彼をベルリンへ移籍するように説得できたことを嬉しく思う。いずれにしても、彼の存在感、リーダーシップ、メンタリティは我々の助けになるだろう」とコメントしている。 ケンプフも今回の移籍について「僕の新しいチーム、ヘルタ、そしてベルリンを楽しみにしている。フレディ・ボビっちが去年の夏に仕事をスタートさせた時に始まったクラブの発展を助けるため、僕のプレースタイルと経験を生かしたいと思う」と意気込みを語っている。 2022.01.26 10:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly