マジョルカ指揮官、久保建英の負傷は「1カ月から1カ月半、または2カ月程度」…早い時間のキックオフにも注文

2021.10.15 21:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督が、日本代表MF久保建英の負傷について言及した。

インターナショナル・マッチウィーク明けとなる今節。マジョルカは、16日にラ・リーガレアル・ソシエダ戦を控えている。

そんな中、久保は9月22日に行われたレアル・マドリー戦で負傷。ヒザを痛めており、10月の日本代表活動を辞退。1カ月程度と見られていたケガだが、さらに時間はかかる見込みだとルイス・ガルシア監督がソシエダ戦に向けた会見で明かした。

「多かれ少なかれ、1カ月から1カ月半、または2カ月程度になるだろう」

これにより11月の日本代表活動も参加が難しくなってしまった。

また、マジョルカは久保に加えて、韓国代表MFイ・ガンインが所属していることもあり、ラ・リーガのアジア戦略もあって早い時間帯のキックオフに設定されることが増えている。

その点についてもルイス・ガルシア監督はラ・リーガに苦言。アジア戦略のあおりを受けていることについても触れた。

「彼らはタケがケガをしたということは知らないと思う。もし知っていたら、イ(・ガンイン)もケガをしていることにしよう(笑)」

「1番被害を受けるのはファンであり、それは複雑だ。彼らが12時キックオフにした時のように、成功したと思った。ただ、14時はとてもよくない時間だ」

「その時間にプレーしていたかもしれないので、慣れなければならないが、正常ではない。ホームでのファンとの試合だと苦しいが、今回はアウェイだ」


関連ニュース
thumb

久保建英、アトレティコを下す劇的決勝弾! 今季初ゴールの心境は…?

今季初ゴールをマークしたマジョルカの日本代表MF久保建英がコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。 ラ・リーガ15試合を消化して14位につけるマジョルカはリーグ7試合で白星から遠ざかるなか、4日の第16節で2位のアトレティコ・マドリーとのアウェイ戦に臨んだ。 68分にFWマテウス・クーニャに守りを崩され、1点を追ったマジョルカだが、80分にDFフランコ・ルッソが同点弾。さらに終了間際の劇的弾も生まれ、逆転勝ちした。 そんな試合で特大の輝きを放ったのが74分から出場した久保。1-1の後半アディショナルタイム1分、ロングカウンターから相手の最終ラインを抜け出すと、名手GKヤン・オブラクの股下を射抜く左足シュートでネットを揺らした。 大仕事をやってのけた殊勲の久保は試合後、「良いカウンターアタックでした。ケガの影響で力を出し切れていなかったですし、このゴールに救われました」とチームとしてだけでなく、個人としても大きな得点だったと振り返った。 また、「チームは良い感じでしたし、難しい場面での戦い方を知っています。最終的にすごく大きな3ポイントを掴めましたし、どんなチームとも競り合えることが示せたと思います」と続け、アトレティコからの勝利を喜んだ。 そして、今回のゴールは首位を走る保有元のレアル・マドリーを関節的に後押しするものにもなったが、スペイン『Movistar』でマジョルカのいち選手であると強調した。 「今の僕はマジョルカに100%を尽くします。それがマドリーの助けになるのなら、それはそれで嬉しいです。でも、今はマジョルカでプレーしていますし、マジョルカのことしか考えていないです」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の劇的すぎる今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>カウンター!<br>ドリブル独走!!<br>冷静なフィニッシュ!!!<br>\<br><br>怪我を乗り越えた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BB%BA%E8%8B%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#久保建英</a> 選手、王者アトレティコ相手に終了間際の決勝ゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/WOWOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WOWOW</a> 独自カメラ映像や試合後は、6日月曜夜11時からの「リーガダイジェスト!」でたっっっぷりとお届けします<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ラ・リーガ</a> <a href="https://t.co/3JJbdLmSXx">pic.twitter.com/3JJbdLmSXx</a></p>&mdash; WOWOWサッカー (@wowow_soccer) <a href="https://twitter.com/wowow_soccer/status/1467252569278119939?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第16節プレビュー】首位マドリーが3位ソシエダと激突! 久保マジョルカはアトレティコ戦

先週末に行われた前節ではセビージャとの上位対決を制したレアル・マドリーが首位キープに成功。また、レアル・ソシエダが敗れたことで、アトレティコ・マドリーが2位に浮上している。 2021年最終月の初戦となる第16節では、強豪チームがUEFAコンペティションのグループステージ最終節を控える中での難しい戦いに挑む。 今節最大の注目カードは3位のソシエダ(勝ち点29)と、首位のレアル・マドリー(勝ち点36)が激突する上位対決。ソシエダは前節、敵地で昇格組エスパニョールと対戦し、0-1の敗戦。開幕節のバルセロナ戦以来となる14試合ぶりの黒星を喫することになった。今節ではその敗戦からのバウンスバックを図る一方、週明けには逆転突破を目指すヨーロッパリーグ(EL)のPSV戦を控えており、前線のメンバー選考など指揮官の采配に注目したい。 対するレアル・マドリーは、セビージャとの接戦をFWヴィニシウスのスーペルゴラッソによって2-1と勝ち切ると、ミッドウィーク開催の第9節延期分ではアスレティック・ビルバオ相手に同じく苦戦を強いられながらも、エースFWベンゼマが挙げた虎の子の1点を守護神クルトワを中心とする守備陣が守り切り、ウノセロの勝利を飾った。これで公式戦7連勝のアンチェロッティ率いるチームは、2位以下に7ポイント差を付けて混戦を抜け出し始めている。 週明けには首位通過が懸かるインテルとのチャンピオンズリーグ(CL)を控えるが、まずは今回の上位対決をきっちり勝ち切りたい。絶好調の両エースに加え、新体制でより攻撃への絡みが目立つMFモドリッチとMFクロースのインテリオールコンビの活躍に期待したい。 その両チームの潰し合いを期待しつつ首位と勝ち点差を縮めたいアトレティコ(勝ち点29)は、MF久保建英を擁する14位のマジョルカ(勝ち点16)と対戦する。前節はカディス相手に前半こそ苦しんだが、FWグリーズマンの1ゴール1アシストの活躍などもあり、最終的に4-1の快勝を収めた。そのリーグ連勝の勢いに乗りたいシメオネ率いるチームだが、来週ミッドウィークには最下位からの逆転突破を目指すCLのポルト戦が控えている。そのため、スロースタートとなったカディス戦の反省を生かし、前半の内に試合を決めるような勢いを持って試合に入りたい。 対するマジョルカは前節、久保が9戦ぶりの戦列復帰を果たしたが、ヘタフェ相手にゴールレスドローに終り、7戦未勝利と苦境が続く。ミッドウィークのコパ・デル・レイ1回戦では2回戦進出を決めたが、4部相手に延長戦の末の勝利とチーム状態は微妙なところだ。格上アトレティコとのアウェイゲームということもあり、守備的な布陣で臨む可能性が高いが、個で局面を打開できる久保のスタートからの起用はあるのか。 アトレティコと同様に最終節でのCLグループステージ突破を目指すバルセロナとセビージャ、ビジャレアルの3チームでは、奇しくも後者の2チームが直接対決に臨む。 今グループステージで最激戦区となったグループGに属するセビージャは、現在3位に位置しており1ポイント差で2位のザルツブルクとの直接対決で逆転突破を目指す。直近のリーグ戦ではレアル・マドリー相手に惜敗も、パフォーマンス自体は上々だ。ビジャレアルとの今回の一戦では流れの中できっちりゴールをこじ開ける勝負強さが求められるところ。 一方、グループFで2位に位置するビジャレアルは1ポイント差で3位のアタランタとの直接対決を週明けに控える。セビージャ同様に直近のリーグ戦ではバルセロナ相手に接戦に持ち込んだものの、決定力不足と守備のミスが響き1-3の敗戦を喫している。今回のセビージャ戦ではFWダンジュマら前線の決定力改善と共に、我慢の時間帯にいかにミスを減らせるかが勝利にカギを握る。 また、グループEで2位に位置するバルセロナは自力突破に向け、敵地でバイエルンを破るという非常に困難なミッションを抱えている。その一戦に万全の状態で臨みたいところだが、トップ4圏外の7位という順位を考えれば、5位のベティスとの上位対決をキッチリものにする必要がある。前節のビジャレアル戦は攻守両面で課題が出たものの、試合終盤の連続ゴールによって今季苦手としていたアウェイゲームで初勝利を挙げられた点はプラス材料だ。ベティスはELですでに突破を決めており、盤石のスカッドで臨んで来るため、前節に続き非常にタフな試合となりそうだ。 《ラ・リーガ第16節》 ▽12/3(金) 《29:00》 グラナダ vs アラベス ▽12/4(土) 《22:00》 セビージャ vs ビジャレアル 《24:15》 バルセロナ vs ベティス 《26:30》 アトレティコ・マドリー vs マジョルカ 《29:00》 レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー ▽12/5(日) 《22:00》 ラージョ vs エスパニョール 《24:15》 エルチェ vs カディス 《26:30》 レバンテ vs オサスナ 《29:00》 セルタ vs バレンシア ▽12/6(月) 《29:00》 ヘタフェ vs アスレティック・ビルバオ 2021.12.03 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保欠場のマジョルカ、4部相手に延長戦を制し2回戦進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ(国王杯)1回戦がスペイン各地で行われた。 久保建英の所属するマジョルカは1日、4部に所属するヒムナスティカ・セゴビアーニャとアウェイで対戦し2-0で勝利した。久保はベンチ入りも出場機会はなかった。 直近のヘタフェ戦で戦列復帰した久保が2試合連続のベンチスタートとなった中、マジョルカは35分にピンチを迎える。スルーパスに抜け出したシマノフスキを飛び出したGKが倒してしまいPKを献上。しかし、パネンカを狙ったシマノフスキのPKをGKグライフがキャッチし、難を逃れた。 ゴールレスで迎えた後半、マジョルカはにセットプレーから決定機を作る。58分、右サイドで獲得したFKからオリバンがクロスを供給するとゴール前に抜け出したガヤが左足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 さらにマジョルカは66分、相手のバックパスをカットしたアンヘルが飛び出したGKをかわしてボックス左深くまで侵攻。クロスを供給するとボックス走り込んだムブラがダイレクトで合わせたが、これは相手GKのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはややオープンな展開となったが、互いにネットを揺らすことはできず。0-0のまま90分が終了し試合は延長戦に突入。 すると、延長前半にマジョルカがスコアが動く。94分、バイタルエリア中央左寄りの位置でボールを受けたガラッレタがゴール前にふわりと浮かせたパスを送ると、抜け出したアンヘルが頭で合わせると、飛び出したGKの脇を抜けゴールネットを揺らした。 その後、両チーム1人ずつ退場者を出す荒れた展開となったが、マジョルカは109分にもギジェルモ・ロドリゲスのパスでボックス左に抜け出したオリバンの折り返しからアンヘルがシュートを流し込み、試合を決定づける2点目を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。マジョルカが2回戦進出を決めた。 ◆コパ・デル・レイ1回戦 結果 ▽12/1(水) メンサヘロ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サラゴサ(2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベルガンティニョス(4)</span> 2-0 トゥデラノ(3) ソラレス(4) 2-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エスパニョール</span> コルドバ(6) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セビージャ</span> ヒムナスティカ・セゴビアーニャ(4) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マジョルカ</span> ブレア(4) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">イビサ(2)</span> アルヘシラス(3) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ウニオニスタス(3)</span> アルジーラ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フエンラブラダ(2)</span> サン・フアン(4) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンセ(3)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アンドラッチ(4)</span> 2-1 オビエド(2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マンチャ・レアル(4)</span> 2-1 DUXインテルナシオナル(3) ムルシア(3) 3-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">デポルティーボ(3)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">タラベラ(3)</span> 2-0 コルネジャ(3) カセレーニョ(4) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ポンフェッラディーナ(2)</span> エウロパ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アモレビエタ(2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アレンテイロ(4)</span> 2-1 ログロニェス(3) カラオラ(3) 1-1(PK:4-5) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレチコ・バレアレス(3)</span> エストレマドゥーラ(3) 1-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サモラ(3)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リナレス(3)</span> 0-0(PK:6-5) ヒムナスティック・タラゴナ(3) サンフェルナンド(3) 2-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レオネサ(3)</span> アリカンテ(6) 0-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベティス</span> パナデリア・プリド(4) 0-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ソシエダ</span> サン・ロケ・デ・レペ(4) 0-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ミランデス(2)</span> ▽12/2(木) メリリャ(6) vs レバンテ サン・アグスティン(6) vs オサスナ ギフエロ(5) vs ラージョ・バジェカーノ ゲルニカ(4) vs エイバル(2) ウトリリャス(6) vs バレンシア ペーニャ・スポルト(4) vs マラガ(2) レイオア(4) vs エルチェ カルボ・ソテロ(4) vs ジローナ(2) ベレス(4) vs ラス・パルマス(2) クリスト・アトレチコ(4) vs レアル・ウニオン(3) アトレチコ・プルピレニョ(4) vs カステリョン(3) リャネラ(4) vs ログロニェス(3) ウニオン・アダルヴェ(4) vs ルーゴ(2) エルデンセ(4) vs ラージョ・マハダオンダ(3) ヘレス(4) vs レガネス(2) ビラ・デ・フォルトゥナ(6) vs カディス イビサ(4) vs テネリフェ(2) ▽11/30(火) カヨン(4) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ウエスカ(2)</span> マルチャマロ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バジャドリー(2)</span> ナシャラ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アンドラ(3)</span> ビトリア(6) 0-8 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ビジャレアル</span> ラグーナ(6) 0-7 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">グラナダ</span> ウナミ(6) 0-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アラベス</span> テルエル(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルコルコン(2)</span> セアレス(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">スポルティング・ヒホン(2)</span> ラシン・リオハ(4) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カルタヘナ(2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレティコ・サンルケーニョ(3)</span> 2-0 サバデル(3) モリェルッサ(6) 1-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヘタフェ</span> エブロ(4) 0-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セルタ</span> モンティホ(4) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブルゴス(2)</span> アギラス(4) 1-1(PK:3-5) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルメリア(2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルバセテ(3)</span> 2-1 ラシン・フェロル(3) バダホス(3) 0-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルコヤーノ(3)</span> ※数字は所属リーグ 2021.12.02 07:24 Thu
twitterfacebook
thumb

「総集編ありがとう」マジョルカが久保建英の2カ月を振り返り「改めて復帰おめでとう」

27日のヘタフェ戦で約2カ月ぶりに復帰したマジョルカの日本代表MF久保建英。クラブの公式YouTubeチャンネルが、復帰までの道のりを詳細に伝えている。 9月22日に行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦で先発した久保だったが、ヒザを負傷し前半のみでピッチを退いていた。診断の結果は右ヒザ半月板の損傷。松葉杖をつく姿も見られた。 当初は1カ月程度の離脱とみられていた中、回復が思うように進まず、1カ月が経過した10月下旬からジムでのリハビリを開始。チームの理学療法士とマンツーマンで、半円形のバランスボールの上に乗りながら、ボールをしたについてキャッチするというメニューの他、ラダーステップ、腹筋、体幹を鍛えるプランクなどに励んでいた。 クラブは久保のリハビリ動画を度々アップし、逞しくなった上半身にも注目が集まった中、11月中旬にピッチでの練習を再開すると、24日に全体練習に復帰。27日のラ・リーガ第15節ヘタフェ戦で復帰を果たした。 久保は9試合ぶりにベンチに座り、68分から右ウイングに入ってプレー。試合は0-0のドローに終わったものの、ここからチームを救う活躍に期待がかかる状況だ。 クラブは「こうしてタケ・クボは怪我から回復した」と題した動画で、久保の復帰までの過程を紹介。ファンからは「改めて心から復帰おめでとうございます」、「総集編ありがとう」、「タケのこと大好きやん笑」、「本当に良かった」といったコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の2カ月</span> <script>var video_id ="dYnhqBMnBAw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.30 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英とイ・ガンインは「メッシではない」マジョルカ指揮官が“日韓の至宝” の共演に慎重「マイナスになることもある」

マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督が、日本代表MF久保建英と韓国代表MFイ・ガンインの共闘について語った。クラブの公式YouTubeチャンネルが伝えている。 9月中旬に行われたレアル・マドリー戦を最後に2カ月間の離脱が続いていた久保だが、27日に行われたラ・リーガ第15節のヘタフェ戦で復帰。68分から右ウイングでプレーし、イ・ガンインとともにピッチに立った。 イ・ガンインとポジションチェンジを繰り返しながら攻撃にアクセントを加えていた久保だが、マジョルカは最後までゴールを奪えず。試合は0-0のゴールレスドローで終了。ガルシア監督は試合後、2人の共存について言及した。 「タケとイ・ガンインがプレーする時は、いくつかのことを調整しておかなければならない。なぜならスペースへの動きが少なくなるからだ。それは我々が今後取り組まなければならないことだ」 「そのうえ彼(久保)はこれまでケガをしていたから、あまり多くの時間を一緒にプレーしていない。一緒にプレーすれば多くのことをもたらしてくれるが、別の面でマイナスになることもある」 「まずスペースへの動きがそうだ。2選手は足元にボールを欲しがるが、1部ではマークを外したり、背後を狙う動きをしなければならない。2人は良い選手だが、7人の相手を突破するメッシではない」 「我々は2人がピッチにいるときにもう少しチームがスペースへの動きをするよう、物事が噛みあうようにする必要がある」 「実際のところ2人のプレー、コントロールやターンを見るとスペクタクルなもの。ともに非常に高い質を備えている。まずはタケがフィジカル的にもっと良くなることを望んでいる」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英とイ・ガンインが共演したヘタフェ戦の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="k9DhlxyuHkE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 19:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly