クリアのつもりが…U-21ハンガリー代表DF、見事なオウンゴールボレーを叩き込む

2021.10.14 15:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-21ハンガリー代表DFドミニク・チョントシュが強烈な一撃を自陣ゴールに叩き込んだ。

12日、U-21欧州選手権予選グループBのU-21ハンガリー代表vsU-21ドイツ代表戦が行われた。前半にU-21ハンガリーは2点を先行されるも、1点を返して試合を折り返し、追い上げムードを高めて後半を迎えた。

1点を追うU-21ハンガリー代表は54分、ボックス内にクリアボールがこぼれると、いち早く反応したチョントシュが左足を強振。U-21ドイツFWエリック・シュラノフがブロックして跳ねたボールは、ネットへと吸い込まれた。

U-21ハンガリー代表が同点に追い付いたように感じる記述ではあるが、実際に揺らしたのは自チームのネット。クリアしようとマイナス方向へ走りながら対応したためか、自陣ゴール方向に向かって見事な一撃を沈めてしまった。

記録上はブロックしたシュラノフのゴールとなっているが、オウンゴールと言っても差し支えないシュート。これで意気消沈してしまったのか、U-21ハンガリー代表はその後も追加点を許し、1-5で試合を落としている。



1 2

関連ニュース
thumb

ショボスライやグラーチらハンガリー代表メンバー25名が発表《カタールW杯欧州予選》

ハンガリーサッカー連盟(MLSZ)は2日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に向けたハンガリー代表メンバー25名を発表した。 マルコ・ロッシ監督は、GKペーテル・グラーチ(RBライプツィヒ)やMFドミニク・ショボスライ(RBライプツィヒ)、FWアダム・サライ(マインツ)ら主軸を招集した。 また、DFボトンド・バログ(パルマ)とFWタマース・キス(カンブール)が初招集となった。 現在8試合を終えて勝ち点11のハンガリーは、12日にホームでサンマリノ代表(0pt/6位)と、15日にアウェイでポーランド代表(17pt/2位)と対戦する。今回発表されたハンガリー代表メンバーは以下の通り。 ◆ハンガリー代表メンバー25名 GK ペーテル・グラーチ(RBライプツィヒ/ドイツ) デーネシュ・ディブス(フェレンツヴァーロシュ) アダム・ボグダン(フェレンツヴァーロシュ) DF ジョルト・ナジ(プスカシュ・アカデーミア) エンドレ・ボトカ(フェレンツヴァーロシュ) アティラ・フィオーラ(フェヘールヴァール) アダム・ラング(オモニア・ニコシア/キプロス) アティラ・サライ(フェネルバフチェ/トルコ) アコス・ケクケシュ(ニジニ・ノヴゴロド/ロシア) ベンデグーズ・ボラ(グラスホッパーズ/スイス) ヴィリー・オルバン(RBライプツィヒ/ドイツ) ボトンド・バログ(パルマ/イタリア) MF バイント・ヴェクセイ(フェレンツヴァーロシュ) ロイク・ネゴ(フェヘールヴァール) ダニエル・ガズダグ(フィラデルフィア・ユニオン/アメリカ) アンドラス・シャーファー(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) ラスロ・クラインハスラー(オシエク/クロアチア) アダム・ナジ(ピサ/イタリア) ドミニク・ショボスライ(RBライプツィヒ/ドイツ) FW アダム・サライ(マインツ/ドイツ) ケビン・ヴァルガ(カスムパシャ/トルコ) ヤーノシュ・ハーン(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) タマース・キス(カンブール/フランス) サボルチ・ショーン(ダラス/アメリカ) ダニエル・サロイ(スポルティング・カンザス・シティ/アメリカ) 2021.11.02 23:57 Tue
twitterfacebook
thumb

問題行動が続くハンガリー代表サポーター、W杯予選ポーランド戦は無観客…この半年で3度目の処分

ハンガリー代表のサポーターは、自身の行いによりワールドカップ(W杯)予選での参加を禁止されることとなった。 ハンガリー代表は、10月のカタールW杯欧州予選でイングランド代表とウェンブリー・スタジアムで対戦。試合中に警察と衝突を起こしていた。 ロンドン警視庁はスチュワードに向かって発言したハンガリーファンが「人種的に加重された公序良俗違反」で逮捕されたことを発表。「小規模な混乱」が発生したとしていた。 国際サッカー連盟(FIFA)は、この行為を行ったハンガリー代表に対し、11月15日に行われるポーランド代表との予選を無観客で行うことを決定。さらに、ハンガリーサッカー連盟(MLSZ)に対しては7万5000スイスフラン(約940万円)の罰金処分を科していたた。 ハンガリーファンは、9月にホームで行われたイングランド代表戦でも、選手に対して人種差別を行なっており、FIFAから2試合の無観客試合を命じられ、20万スイスフラン(約2500万円)の罰金が科されていた。 さらには、ユーロ2020期間中にハンガリーサポーターが差別行為を行なっており、3試合の無観客試合に。欧州サッカー連盟(UEFA)の管轄での試合が無観客となるため、W杯予選では適用されていなかったが、問題行動が続いている状況となっている。 なお、MLSZは独自に当該サポーターを処分。暴動に関わった自国サポーターに対し、2年間のスタジアム入場禁止処分を科していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ハンガリーサポーターと警官隊の衝突</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Hungary fans have clashed with police at Wembley during tonight&#39;s World Cup Qualifier against England. <a href="https://t.co/JKHlxzCzGy">pic.twitter.com/JKHlxzCzGy</a></p>&mdash; talkRADIO (@talkRADIO) <a href="https://twitter.com/talkRADIO/status/1448011144006938624?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.02 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ハンガリーサッカー連盟、イングランド戦で暴動を起こした自国サポーターへの制裁を発表

ハンガリーサッカー連盟(MLSZ)は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選で暴動を起こしたサポーターに対し、2年間のスタジアム入場禁止処分を下した。フランス『レキップ』が伝えている。 事件が起きたのは、12日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行われた欧州予選グループI第8節のイングランド代表vsハンガリー代表。 キックオフ直前に人種差別への抗議を示してピッチで片ヒザをついたイングランドの選手たちに対し、一部のハンガリーサポーターから大きなブーイングが浴びせられた。さらに、警備員に対しても人種差別的行為がなされたとして、警察が出動。 ハンガリーのサポーター1名が逮捕される事態となったが、興奮気味のサポーターは落ち着くどころか、警察官と殴り合いの騒動を起こし、さらに5名の逮捕者が出ていた。 この件に関してイングランドサッカー協会(FA)は「今夜のFIFA2022ワールドカップ予選、アウェイセクションにおける事件を認識している。我々は事件を調査し、FIFA(国際サッカー連盟)に報告する」と発表。 また、MLSZもFIFAの調査やそれに伴う制裁措置を待たずに暴動に関わった自国サポーターに対し、2年間のスタジアム入場禁止処分を科した。 MLSZのスポークスマンを務めるイェノ・シポス氏は「警備員によってその場で確認された数名の人々は、(ハンガリーの)スポーツ法の規定に基づき、2年間スポーツイベントへの参加を禁止された」とコメント。 なお、同氏によれば、現場で身元が確認できなかった一部のサポーターの身元を確認するため、現在も調査を続けているとのことだ。 2021.10.15 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯予選イングランドvsハンガリーのスタンドで暴動、逮捕者6名を出す事態に

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選で逮捕者が出た。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 12日に行われたW杯欧州予選のグループI第8節、イングランド代表vsハンガリー代表。聖地ウェンブリー・スタジアムに緊張が走ったのはキックオフ直前のことだ。 ひざまいたイングランドの選手たちに対し、一部のハンガリーサポーターから大きなブーイングが浴びせられた。さらに、警備員に対しても人種差別的行為がなされたとして、警察も出動。だが、興奮気味のサポーターは落ち着くどころか、暴動へと発展してしまう。 手を挙げるハンガリーサポーターに対し、警棒を使って沈静化を図る警察官。負傷者を出すまでになった事態は10分ほどを経過したところでようやく沈静化。結局、スタンドでは1人が人種的差別的な言動により公序良俗で逮捕され、2人が救急隊員への暴行で拘留されることに。スタンド外でも不法行為、酔っての無秩序行為、盗撮のためにそれぞれ1名ずつが逮捕された。 この件に関してイングランドサッカー協会(FA)は「今夜のFIFA2022ワールドカップ予選、アウェイセクションにおける事件を認識している。我々は事件を調査し、FIFAに報告する」と述べている。 ハンガリーは9月2日のホームでのイングランド戦でもファンによる人種差別行為があったばかり。6月に開催されたユーロ2020でも人種差別行為を行い、欧州サッカー連盟(UEFA)より罰金処分を受けていた。 なお、試合は1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ハンガリーサポーターと警官隊の衝突</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Hungary fans have clashed with police at Wembley during tonight&#39;s World Cup Qualifier against England. <a href="https://t.co/JKHlxzCzGy">pic.twitter.com/JKHlxzCzGy</a></p>&mdash; talkRADIO (@talkRADIO) <a href="https://twitter.com/talkRADIO/status/1448011144006938624?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.14 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

敗戦回避弾! ストーンズ「僕らにとって大きな得点でもあったし、すごく誇らしいね」

イングランド代表DFジョン・ストーンズがコメントした。 12日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第8節でハンガリー代表をホームに迎え撃ったイングランド。20分過ぎに許したPKから先制点を献上。前半のうちに追いついたが、逆転までいけず、1-1のドローに終わった。 そんなイングランドに勝ち点1をもたらしたのがストーンズ。前節のアンドラ代表戦に続いて先発したマンチェスター・シティのセンターバックは37分、右サイドで獲得したFKのチャンスからファーサイドに流れたボールを左足で押し込んだ。 序列を下げるシティでの状況と打って変わり、代表だと出場チャンスを掴むストーンズは試合後、前向きな姿勢を示した。 「僕らは常に自分たちが設定する基準というものにトライしている。でも、フットボールは浮き沈みの激しいゲームで、難しいシナリオも経験していく必要がある。今夜はそうした夜のひとつだった。最高の流れじゃなかったら、見直して、改善に努めないとね」 「僕らのワークレートや、ある状況下のトラックバックは素晴らしい。自分たちのコーナーが終わったあとも8、9人もの選手が自陣に走って戻ってくる。僕らは様々なシステムに慣れ、後半から3バックでプレーした。全員が同じ考えを共有できていれば、簡単だ」 また、2018年のパナマ代表戦で2ゴールを決めて以来の通算3得点目となる今回の一発について、「代表であの感覚を味わうのは久々だったし、スコアシートに名を連ねられて嬉しい。僕らにとって大きな得点でもあったし、すごく誇らしいね」と振り返っている。 2021.10.13 10:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly