ケガ人&コロナ陽性者多数のシュツットガルト、新たにMFミロが右ヒザ前十字じん帯断裂で離脱

2021.10.13 23:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは13日、U-19フランス代表MFエンツォ・ミロの負傷を発表した。

クラブの発表によると、ミロは12日のトレーニング中に右ヒザを負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたとのことだ。なお、手術は行わず保存治療で回復を目指すとのことだが、離脱期間は数週間になるとのことだ。

今夏に加入しここまでブンデスリーガ2試合に出場していたミロの離脱について、スヴェン・ミスリンタットSD(スポーツディレクター)は、「今回の負傷はエンツォにとっても、我々にとっても辛いニュースだ。最近はフィジカル面の調子も良かったんだけどね。残念ながら彼がチーム練習に復帰するには、しばらく時間がかかるだろう」

シュツットガルトでは現在、FWササ・カライジッチやFWモハメド・サンコー、MFサイラス・カトンパ・ムヴァンパらの負傷離脱。また、GKフロリアン・ミュラー、GKファビアン・ブレドロウ、DFヴァルデマール・アントン、MFロベルト・マッシモ、MFエリック・トミーと5人の選手に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されていた。


関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、ヨベティッチにドッペルパックを許し2点のリードを守れず《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは5日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前節マインツ戦を伊藤のブンデス初ゴールで6試合ぶりの勝利を飾った15位シュツットガルト(勝ち点13)は、引き続き伊藤と遠藤が揃って先発となった。 コルクト監督の初陣となった14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)に対し、[3-5-2]で臨んだシュツットガルトは伊藤が3バックの左、遠藤が中盤アンカーでスタート。 そのシュツットガルトが良い入りを見せると15分に先制する。アントンのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったマーモウシュが独走。GKとの一対一を制した。 さらに4分後、フェルスターがミドルシュートを決めてシュツットガルトがリードを広げた。 34分には伊藤がマークに付いていたベルフォディルに見事なカットインシュートを決められたかに思われたが、VARが入ってオフサイドがあり、ノーゴールに。 しかし40分、ヨベティッチの個人技から失点する。先ほどのベルフォディルのカットインシュートを彷彿とさせるような素晴らしいゴールを決められ、シュツットガルトは1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、ヘルタの攻勢を受けながらもシュツットガルトがリードを保つ中、74分にピンチ。ボックス手前左からヨベティッチに直接FKを狙われると、ゴール左を捉えていたがGKミュラーがファインセーブで凌いだ。 しかし2分後、同点とされてしまう。プラッテンハールトの左クロスに対してボックス内のベルフォディルの丁寧な落としから最後はヨベティッチに蹴り込まれた。 終盤にかけてもヘルタの攻勢を受けたシュツットガルトは2-2でタイムアップ。2点のリードを守れず引き分けに終わった。 2021.12.06 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト・伊藤洋輝が待望のブンデス初ゴール! 逆足で見事なコントロールショットを沈める

シュツットガルトのDF伊藤洋輝がブンデスリーガ初ゴールをマークした。 26日に行われたブンデスリーガ第13節のマインツ戦に日本代表MF遠藤航とともに先発出場を果たした伊藤。ゴールレスで迎えた21分にタイミングの良いオーバーラップからチャンスを迎えた。 中盤でのボール回しから左のDFボルナ・ソサへ展開されると、伊藤はここぞとばかりに前線へ駆け上がる。MFオレール・マンガラの落としをボックス左で受けると、逆足でゴール右隅に見事なコントロールショットを沈めた。 この夏にジュビロ磐田から加入し、8月28日の第3節フライブルク戦でブンデスリーガ初出場を飾った伊藤は、チームの台所事情も手伝ってチャンスを掴むと、ここまでリーグ戦では8試合に出場していた。 これまでは3バックの中央を任されることが多かったが、前節のドルトムント戦から3枚の左に。左足での精確な対角のフィードを含め、持ち味を生かしやすくなっていた。 この試合でも引き続きスリーセンターの左に配置された伊藤は、ブンデス9試合目にして待望の初得点を記録。利き足ではない右足でのゴールに本人も驚いたのか、喜びは思いのほか控えめだ。 ゲーム自体は苦しい時間が続いたものの、伊藤の先制点を含めて2-1でシュツットガルトが勝利。6試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が待望のブンデスリーガ初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ブンデス初ゴールの伊藤洋輝、遠藤航が祝福も「本音を言うと」

シュツットガルトのDF伊藤洋輝がブンデスリーガ初ゴールを喜んだ。 26日、シュツットガルトはブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎えた。 3連敗中のシュツットガルトは、この試合も伊藤とMF遠藤航が先発フル出場を果たす。 すると21分、ボックス付近でパスを繋いでいると、3バックの左に入っていた伊藤がするすると上がりボックス内へ。マンガラからのパスを受けると、右足を振り抜き、GKに触られながらもゴールを奪った。 これが嬉しいブンデスリーガ初ゴールとなると、その後は追いつかれながらも勝ち越し、2-1で勝利。連敗を「3」でストップさせた。 試合後、伊藤は自身のインスタグラムを更新。「ブンデスリーガ初ゴール!! 応援ありがとうございました」とファンのサポートに感謝した。 また、遠藤はストーリーズで伊藤に対して「初ゴールおめでとう」と祝福。伊藤は「ゴールから出てきたボールしっかり蹴り込んでたのしっかり見てるから」と返信すると、遠藤は「本音を言うとポストに当たって俺のとこにこぼれてきて欲しかった」と、自身もゴールを狙っていたことを明かした。 現在はレンタル移籍でジュビロ磐田から加入している伊藤。完全移籍への切り替えもクラブが検討しているというが、この活躍を続ければ実現もあるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】伊藤洋輝がブンデス初ゴールを報告</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWwbqUUMjEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWwbqUUMjEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWwbqUUMjEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hiroki.Ito/伊藤洋輝(@hiroki_ito38)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】伊藤の技ありゴール&遠藤、確かに蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

伊藤がブンデス初ゴール、シュツットガルトが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とMF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ドルトムントに善戦したものの敗れて3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、引き続き遠藤と伊藤が先発となった。 8位マインツ(勝ち点18)に対し、遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックの[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは開始3分に決定機。マーモウシュがドリブルでボックス内に侵入してシュート。しかし、GKゼントナーのセーブに阻まれた。 その後、シュツットガルトがポゼッションを上げていた中、12分にピンチ。ロングカウンターを受けた流れからオニシウォに決定的なシュートを許すが、こちらもGKミュラーがセーブした。 すると21分、伊藤に嬉しいブンデス初ゴールが生まれる。マンガラのパスをボックス左に侵入した伊藤が右足でゴール右上へ見事なシュートを流し込んだ。 先制したシュツットガルトは26分、FKからPKを獲得しかける。GKゼントナーのパンチングがマヴロパノスの頭に当たったかと思われたが、正当なプレーだったとしてVARの末にノーファウル判定となった。 すると39分、CKから同点とされる。ハックのヘディングシュートが決まり、シュツットガルトは同点とされて前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にフェルスターが決定的なシュートを浴びせたシュツットガルトは、51分に勝ち越す。マンガラのパスを受けたボックス左のソサがニア上にシュートを突き刺した。 ソサのブンデス初ゴールでリードしたシュツットガルトが主導権を握ったまま、試合は終盤へ。マインツの反撃を許さず時間を進めた中、85分には昨季までワマンギトゥカの名でプレーしていた負傷明けのムヴァンパを投入。 2-1で逃げ切ったシュツットガルトが6試合ぶりの勝利を飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】なぜそこに伊藤洋輝が! 技ありのブンデス初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

尚志の17歳DFチェイス・アンリにシュツットガルトが本腰か? 伊藤洋輝の成功の再現を目指す

日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトだが、新たな日本人選手獲得に動く可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 過去にはFW岡崎慎司(現:カルタヘナ)やDF酒井高徳(現:ヴィッセル神戸)、MF細貝萌(現:ザスパクサツ群馬)も在籍するなど、日本人選手との関わりも強い。 そのシュツットガルトは、今年6月に磐田からレンタル移籍で獲得した伊藤が、当初の想定よりも戦力として計算できる事態に。Bチームの予定が、現在ではファーストチームのレギュラーに定着しており、レンタル期間終了後に完全移籍に切り替えたい考えを持っているようだ。 若手を見出す力に長け、ドルトムント時代にはMF香川真司(現:PAOKテッサロニキ)を見出したことでも知られるスヴェン・ミスリンタート氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めていることもあり、伊藤の成功の再現を狙っているとされている。 そんな中でシュツットガルトが注目しているのが、尚志高校に所属するDFチェイス・アンリ(17)とのことだ。 高校生ながら、その並外れた身体能力で高く評価され、10月には、U-22日本代表としてAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選を戦っていた。 また、所属の尚志高校では全国高校サッカー選手権大会の福島県予選決勝で、土壇場での勝ち越しゴールを記録するなど、勝負強さも持ち味だ。 『キッカー』によれば、9月にはセカンドチームのトレーニングにゲストとして参加。印象的なプレーを見せており、獲得を希望しているという。 アヤックスなど、若手育成に優れたチームも興味を示している中、伊藤の成功例を知るシュツットガルトがどこまで本気なのか。チェイス・アンリの決断に注目が集まる。 2021.11.26 12:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly