ケガ人&コロナ陽性者多数のシュツットガルト、新たにMFミロが右ヒザ前十字じん帯断裂で離脱

2021.10.13 23:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは13日、U-19フランス代表MFエンツォ・ミロの負傷を発表した。

クラブの発表によると、ミロは12日のトレーニング中に右ヒザを負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたとのことだ。なお、手術は行わず保存治療で回復を目指すとのことだが、離脱期間は数週間になるとのことだ。

今夏に加入しここまでブンデスリーガ2試合に出場していたミロの離脱について、スヴェン・ミスリンタットSD(スポーツディレクター)は、「今回の負傷はエンツォにとっても、我々にとっても辛いニュースだ。最近はフィジカル面の調子も良かったんだけどね。残念ながら彼がチーム練習に復帰するには、しばらく時間がかかるだろう」

シュツットガルトでは現在、FWササ・カライジッチやFWモハメド・サンコー、MFサイラス・カトンパ・ムヴァンパらの負傷離脱。また、GKフロリアン・ミュラー、GKファビアン・ブレドロウ、DFヴァルデマール・アントン、MFロベルト・マッシモ、MFエリック・トミーと5人の選手に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されていた。

関連ニュース
thumb

「こりゃすごい」たった1本のパスで決定機を作る伊藤洋輝の“左足絶品フィード”に称賛の声「すげーピンポイント」

シュツットガルトの日本代表DF伊藤洋輝の左足に注目が集まっている。 伊藤は、7日に行われたブンデスリーガ開幕節のライプツィヒ戦に3バックの左で先発。アンカーで先発した日本代表MF遠藤航とともにフル出場した。 試合は立ち上がりからライプツィヒが攻勢に出て、8分に早々に先制。それでもシュツットガルトは31分に同点ゴールを決め前半のうちに追いつくと、後半の49分には伊藤の1本のパスからチャンスを作る。 伊藤は、自陣左サイドから正確なロングフィードを供給。ゴール前に送った長い距離のパスはDFヨシュア・ヴァグノマンに通り、GKとの1対1を迎えるが、シュートは枠を外れた。 ゴールには繋がらなかったものの、フィード1本でチャンスを演出した伊藤にはファンも驚き。「こりゃすごい」、「やばい」、「伊藤のロングフィード絶品だな」「すげーピンポイント」と称賛の言葉を寄せている。 その後は防戦一方を強いられたシュツットガルトだったが、GKフロリアン・ミュラーの好セーブもあり、何とか1-1で試合を終え、勝ち点1を獲得している。 <span class="paragraph-title">【動画】1本のパスで一気にチャンスを作る伊藤洋輝の“左足絶品フィード”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z5VwMYJKKXk";var video_start = 123;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、劣勢も強豪ライプツィヒにドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、シュツットガルトvsライプツィヒが7日に行われ、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 昨季は遠藤のゴールで劇的な1部残留としたシュツットガルトは、遠藤と伊藤が揃って開幕スタメンとなった。 一方、昨季4位のライプツィヒはエンクンクやアンドレ・シウバ、ダニ・オルモらが前線を形成。新戦力のラウムもスタメンとなった。 共に[3-5-2]でスタートした中、立ち上がりから攻勢に出たのはライプツィヒ。そして8分、勢いそのまま先制した。ダニ・オルモのワンタッチパスに反応したボックス左のエンクンクがシュートを流し込んだ 劣勢の入りとなったシュツットガルトは18分、ディフェンスライン裏を取ったムヴァンパがGKと一対一になるもシュートは枠を捉えきれない。 それでも31分に追いつく。カライジッチとのワンツーからボックス手前左のアーマダがダイレクトシュートを蹴り込んだ。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが前がかる中、62分に勝ち越しのチャンス。ボックス右でエンクンクのパスを引き出したノボアがGK強襲のシュートを浴びせた。 さらに66分、ショボスライの落としをボックス中央のエンクンクがダイレクトシュート。しかしGKミュラーの守備範囲だった。 続く72分にもビッグチャンス。CKの流れからゴール前のオルバンがヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKミュラーのビッグセーブに阻まれた。 終盤にかけても劣勢のシュツットガルトは追加タイム6分、遠藤がミドルシュートを狙うも枠を捉えきれず。強豪ライプツィヒに引き分け、勝ち点を得た。 2022.08.08 00:37 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト遠藤航、ポカールでの決勝点演出について「最後のパスはねらって、、、」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、DFBポカールでの決勝点の起点となったプレーを振り返った。 7月29日、今シーズン最初の公式戦としてDFBポカール1回戦でディナモ・ドレスデンとアウェイで対戦し、1-0で勝利を収めたシュツットガルト。遠藤はDF伊藤洋輝とともにフル出場を果たし、決勝点の起点にもなった。 ボックス手前でボールを受けた遠藤はマーカーをかわして右へ展開。右ポケットから新加入DFヨシュア・ヴァグノマンがダイレクトで折り返し、レンタルから復帰のMFダルコ・チュルリノフが押し込んだ。 ただ、遠藤のパスはヴァグノマンを狙ったように見えるものの、相手に当たってディフレクションしており、結果的にボックス内のいい位置へこぼれたようにも見える。遠藤は真偽のほどを自身のインスタグラムで公開。「最後のパスはねらって、、、」と、ストーリーズで該当シーンを引用しつつ、「ない」と小さなフォントで添えた。 狙い通りではなかったと明かしたとはいえ、ゴールにつながったことは事実だ。昨シーズンはインサイドハーフでの起用が続いたが、この試合では本職のアンカーで奮闘。これまで同様、若手や2部からの補強が続くチームの中で、遠藤には今季も中心としての役割が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】決勝点の起点となった遠藤のパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Nach dem <a href="https://twitter.com/DFB_Pokal?ref_src=twsrc%5Etfw">@DFB_Pokal</a> ist vor dem <a href="https://twitter.com/Bundesliga_DE?ref_src=twsrc%5Etfw">@Bundesliga_DE</a>-Auftakt! Unsere Jungs aus Cannstatt starten heute in die Trainingswoche vor <a href="https://twitter.com/hashtag/VfBRBL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfBRBL</a>. Die Einheit um 10:30 Uhr ist öffentlich. Kommt vorbei! <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/QMLm2RWckC">pic.twitter.com/QMLm2RWckC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1554361304797925377?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、昨季の独2部で17ゴールの長身FWファイファーを獲得!

シュツットガルトは2日、ミッティランからドイツ人FWルカ・ファイファー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 母国のFSVホレンバッハでキャリアをスタートしたファイファーは、シュツットガルト・キッカーズやパーダーボルン、ヴュルツブルガー・キッカーズといったドイツ下部リーグのクラブを渡り歩いてきた196cmのストライカー。 2020年10月にはデンマークの名門ミッティランへのステップアップを果たしたものの、加入1年目は公式戦16試合2ゴールの数字にとどまった。そして、昨夏には2. ブンデスリーガ(ドイツ2部)のダルムシュタットに1年間のレンタルに出されていた。 その新天地ではリーグ戦32試合に出場し、17ゴール6アシストを記録。そのゴール数はリーグ得点ランキングで7位タイだった。 ダルムシュタットでの活躍を経て、生まれ故郷バート・メルゲントハイムの近郊にある名門シュツットガルトへのステップアップを遂げた25歳の苦労人は、憧れのクラブでのブンデスリーガ初挑戦へ強い意気込みを示している。 「家に帰ることができて本当に嬉しいよ。VfBシュツットガルトはこの地域で非常に重要な存在だからね。子供の頃から、スタジアムと多くのファンのいるVfBに魅了されていたんだ。だからこそ、移籍できてとても嬉しいんだ」 「ブンデスリーガでプレーすることに挑戦するのを楽しみにしている。僕の目標は、チームメイトと一緒に、VfBシュツットガルトで最大限の成功を収めることだ」 2022.08.02 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤航の相棒・マンガラが23年ぶり昇格のフォレストに完全移籍

ノッティンガム・フォレストは31日、シュツットガルトのベルギー代表MFオレール・マンガラ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金などは明かされておらず、契約期間も長期とのみ発表。イギリス『BBC』によると、1200万ポンド(約19億5000万円)の移籍金を支払ったとのことだ。 アンデルレヒトの下部組織で育ったマンガラはドルトムントの下部組織へもレンタル。2017年7月にシュツットガルトに完全移籍した。 ハンブルガーSVへのレンタル移籍を経験し、2019年6月からはシュツットガルトでプレー。デュエルキングの遠藤航の相棒としてボランチでプレー。シュツットガルトでは公式戦109試合で3ゴール10アシストを記録した。 マンガラは今季23年ぶりに昇格したフォレストの12人目の新加入選手に。ジェシー・リンガードやネコ・ウィリアムズらを補強していた。 2022.07.31 20:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly