「サッカーで最悪のルールだ!」準決勝でフランスに敗れたヴェルトンゲンもオフサイドの議論を生んだムバッペ弾のルールに噛みつく

2021.10.13 12:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンがフランス代表FWキリアン・ムバッペのゴールに言及した。フランスは10日、UEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝でスペイン代表と対戦。80分に決まったムバッペのゴールが決勝点となったが、パスが出た瞬間のムバッペはわずかにオフサイドラインから出ていた。

VARが介入する現代のサッカー界では、オフサイドの見落としは皆無。肉眼では判別不能なほどの厳密すぎるオフサイドの判定に非難が集まるほどだったが、このシーンはオフサイドにならなかった。
理由はパスが出された後にDFエリック・ガルシアがボールに触れており、それが意図的なプレーと判断されたため。相手選手が意図を持ってプレーしたことで、オフサイドの判定はここから適用されることで、ムバッペはオフサイドにならず、ゴールが認められることになった。

このシーンについては、多くの議論がなされ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは「エリックは、ムバッペがそこにいて、サイドに流れると思ったので、ボールを切ろうとした。ディフェンダーだったら誰でもそうするだろう」と語り、ムバッペのケアのために動いたためにプレーに関与していると訴えていた。

判断が難しいこのルールに対し、フランスに準々決勝で敗れたベルギーのヴェルトンゲンが、自身のツイッターで「サッカーで最悪のルールだ!整理してほしい」と噛みつき、異論を唱えている。

オフサイドポジションにいたものの、ムバッペへのパスをカットしようとしたガルシアの対応は当然であり、現行ルールとしてはゴールが認められるものの、DFの立場としてはオフサイドを取られないことを考慮して対応するもの。オフサイドディレイがあるのであれば、この点も考慮されて然るべきだと思うが、ヴェルドンゲンもやはり納得がいかないようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

慰めの手紙…インテル副会長のサネッティ、W杯で失意に沈むルカクをケア

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ベルギー代表のカタール・ワールドカップ敗退後に、ロメル・ルカクへ手紙を送っていたことを明かした。『ESPN』が伝えている。 今大会は優勝候補と目されながらも、グループステージ敗退となったベルギー代表。とりわけ、エースとして期待されたルカクはケガの影響もあり、出場したのは2試合でわずか54分間のみ。勝利必須のクロアチア戦では、何度か決定機を外し、非難の対象となってしまった。 そんなルカクのメンタルを心配してか、手紙を書いたというサネッティ副会長。クロアチア戦の決定機逸については同情を示している。 「あの試合の後、彼に手紙を書いた。本当に悲しいよ。彼は懸命に努力してあの舞台に立ったわけだからね」 「長いケガから復帰し、ベルギーも彼を求め、最終的に45分間プレーさせた。あのような試合はストライカーにはつきものだ。ラウタロ・マルティネスにもサウジアラビア戦の後に同じようなことを言ったよ。ゴールを決めれば心のモヤが全て晴れるとね」 「ルカクは足と頭で決められるチャンスを逃し、W杯から敗退することになった。不運にも枠にも嫌われてしまったね」 「最後のチャンスに関しては、彼は予想していなかったし、前にいたディフェンダーが彼の視界を遮っていた」 2022.12.04 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

失意のルカク、インテルのマルタ遠征には帯同せず… しばしのオフへ

ベルギー代表FWロメル・ルカクは、中断期間を利用して行われるインテルのマルタ遠征には帯同しないようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ケガの状態が不安視されながらもカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだルカク。だが、1日に行われたグループF最終節のクロアチア代表戦では何度も訪れた決定機をモノにできず、チームも0-0のドローに。前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末を迎えた。 失意に沈む一方、所属するインテルは中断期間明けに向けて再始動しており、3日には隣国マルタへの遠征に。だが、W杯を終えたばかりのルカク、大会途中にカメルーン代表を離脱したGKアンドレ・オナナは帯同せず、しばしのオフを挟んで来週末に合流するという。 また、ケガからの回復途上にあるDFダニーロ・ダンブロージオとDFマッテオ・ダルミアンも遠征に帯同しない一方、ケガでW杯を断念したアルゼンチン代表FWホアキン・コレアは途中から帯同する可能性もあるとのことだ。 シーズン開幕直後のケガに端を発した離脱が長引き、W杯では失意の結果に終わったルカク。最近は今季終了後のレンタル期間満了に伴うインテル退団が濃厚とも言われているが、後半戦の巻き返しには期待したい。 2022.12.03 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

GS敗退のベルギー、FWルカクの八つ当たりが波紋…前節のクルトワに続き…

ベルギー代表FWロメル・ルカク(インテル)の行為に注目が集まっている。 ベルギーは1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループF最終節でクロアチア代表と対戦した。 1勝1敗でグループ3位のベルギーは勝たなければグループステージ敗退という条件下、ルカクも後半頭からピッチへと立ったがゴールを奪えず、0-0でタイムアップ。前回大会3位の実力国は、はやくもカタールから姿を消すこととなった。 W杯開幕前に負ったケガの影響で、プレー時間の限られていたエースFW。試合後にピッチサイドで顔を覆う姿が、悲壮感を漂わせていた。 だが、その後の行動が議論を巻き起こした。 引きあげていくルカクは去り際にベンチへ八つ当たり。側部のプレキシガラスの窓を思い切り殴りつけ、破壊してしまった。 イギリス『BBC』やアメリカ『FOXスポーツ』をはじめ、多くのメディアがこれを非難。ファンからも「バス停や公園のベンチでやったら刑事被害」、「それがあなたのやり方」、「ストライカーのパフォーマンスの中で最悪のものの1つ」などの声が上がっている。 「壊れたばかりの心に比べれば何でもない」と擁護するコメントもあるが、前節後のGKティボー・クルトワもしかり、相応しくない行為だったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ルカクがベンチを殴り、脇の窓が外れた瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClohXSBO-ro/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClohXSBO-ro/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClohXSBO-ro/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.02 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯敗退のベルギー、マルティネス監督が退任発表…「最後の試合だった…」

ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督(49)がワールドカップ(W杯)敗退後に退任を発表した。 2020年に兼任するテクニカル・ディレクター職を含め、ベルギーサッカー協会(KBVB)との2年半の契約延長にサインしていたマルティネス監督。同契約では、W杯決勝トーナメント進出の場合、契約を1年延長するオプションが盛り込まれていたが、2022年12月31日までの現行契約をもって退任することになった。 ベルギーは1日に行われたカタールW杯グループF最終節のクロアチア代表戦を0-0のドローで終え、3位でのグループリーグ敗退が決定。 大会前には優勝候補の一角に挙げられながらも屈辱の早期敗退となった中、マルティネス監督は試合後の公式会見の場で退任を明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 「これが私の最後の試合だった。代表チームに別れを告げる」 「私は6年間監督を務めてきた。我々はワールドカップでプレーすることを夢見ていた。それを実現し、前回大会では3位で終わった」 「その後、私は冒険を続けることを選択し、我々は大きなものを構築しようとした。そのためにはタイトルを獲得しなければならないと考える人もいるが、それに同意はしない」 「現在、8人のプレーヤーが100キャップ以上を刻み、何人かの若者はまったく新しいレベルにあることを示している。この世代のおかげでティーレマンスやドクのような多くの若者が育っている。このチームで成し遂げたことすべてをとても誇りに思っている」 「ただ、私の最後の試合だったことを受け入れるときが来た。このワールドカップで優勝していたとしても、大会が終わったらこのポジションを離れていただろう。私は大会が始まる前にこの決定を下していた」 「私は常に長期的に見て、プロジェクトを信じており、2018年以降はクラブから幾つかオファーを受けたが、契約を守ることに忠実であり続けた。この主要なトーナメントの後、出発するときが来た」 スペイン人指揮官のマルティネス監督はスウォンジー・シティ、ウィガン、エバートンとプレミアリーグでの監督経験を経て2016年にベルギー代表監督に就任。 世界屈指のタレント力を誇るチームに、後方から丁寧にボールを繋いでいく能動的なスタイルを植え付け、ここまで指揮した79試合の戦績は56勝13分け10敗。一時はFIFAランキングで1位に上り詰め、自身初の大舞台となった2018年ロシアW杯ではベルギー史上最高位となる3位に躍進させた。 ただ、近年は世代交代の遅れ、黄金世代の加齢によるパフォーマンスの低下、エースでキャプテンを務めるFWエデン・アザールの不振などの影響もあり、苦戦が続いていた。 2022.12.02 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチアがドローで2位通過…黄金世代集大成のベルギーはルカク決定機逸響きGL敗退…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループF最終節、クロアチア代表vsベルギー代表が1日に行われ、0-0のドローに終わった。 前回準優勝のクロアチアはここまで1勝1分けのグループ首位に立つ。グループ最大のライバル相手に引き分け以上で突破を決められる運命の最終節では4-1で勝利したカナダ代表戦と全く同じスタメンを採用。モドリッチ、ペリシッチ、ロブレン、コバチッチら主力が引き続きピッチに立った。 一方、カナダ相手の初戦に辛勝も前節はモロッコ代表に0-2で完敗し、3位で最終節を迎えたベルギー。自力での逆転突破に勝利必須の崖っぷちの前回大会3位チームは先発4人を変更。オナナとエデン、トルガンのアザール兄弟、バチュアイに代えてデンドンケル、カラスコ、トロサール、メルテンスを起用。3バックへの変更も予想されたが、[4-2-3-1]を継続した。 ベルギーの並びや出方に注目が集まる中、クロアチアがキックオフからの流れでボックス手前左のペリシッチが鋭い右足のシュートでいきなりゴールに迫る。 以降も前線から強い圧力をかけるクロアチアが押し込む状況が続くが、ベルギーも10分を過ぎた辺りから前線の流動的な動きを生かしたカウンターでチャンスを作り出す。そして、11分と13分には右サイドを起点にボックス付近でカラスコ、メルテンスに続けてシュートチャンスも、DFの身体を張った守備に遭う。 ややベルギーに流れが傾き始めた中、試合の行方を大きく左右するインシデントが発生。15分、クロアチアのFKの流れでボックス内で足元に収めたクラマリッチがカラスコに足を踏まれてPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューが入ると、直前にオフサイドポジションで相手DFと競ったロブレンがプレーに関与したとの判定でオフサイドが取られ、PKは取り消しとなった。 判定に救われたベルギーはこれを自分たちの流れに繋げたいところだったが、クロアチアにボールを握られてなかなかリズムを掴めない。 前半半ばから終盤にかけてはベルギーがボールポゼッションの部分で押し返して試合は完全に膠着。互いにサイドを起点にチャンスを窺う中、クロスやミドルシュートでゴールを目指す。だが、集中した守備を上回る攻撃は見せられず、共に枠内シュート0という形で拮抗した前半を終えた。 同時刻開催の試合でモロッコリードの情報を得たベルギーは、メルテンスを下げて切り札のルカクをハーフタイム明けに投入。そのルカクは後半開始直後に得た右CKの場面でいきなりヘディングシュートでゴールに迫る。 一方、勝利での首位通過を意識しつつ前半の戦いを継続するクロアチアは、後半も時間の経過と共に主導権を掌握。相手を自陣に押し込めると、中盤のコバチッチ、ブロゾビッチ、モドリッチと3連続で枠内シュートに持ち込むが、GKクルトワが見事な連続セーブで立ちはだかる。 辛くも後半序盤のピンチを凌いだベルギーは59分にトロサールを下げてT・アザールをピッチに送り出すと、この直後にビッグチャンス。デ・ブライネからの正確な斜めのグラウンダーパスに反応したカラスコがボックス内に侵入。右足のシュートがDFにブロックされるも、ボックス中央でフリーのルカクの足元にこぼれる。だが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは右ポストを叩いた。 冷や汗をかいたクロアチアは64分にリバヤ、クラマリッチを下げてペトコビッチ、パシャリッチを前線に投入。小兵タイプのアタッカー2人からターゲットマンのペトコビッチ、前線からの守備とキープ力に定評があるパシャリッチをピッチに送り出し、リスクをコントロールする。 ゴールが必要なベルギーがドク、ティーレマンスとより攻撃的なカードを切り、試合は地力が試される後半終盤戦に突入。モドリッチ、ペリシッチのベテランを中心にインテンシティを維持するクロアチアがより相手ゴールに迫るが、ベルギーもDFヴェルトンゲンらの意地の好守で耐える。 その後、E・アザールを投入して最後の勝負に出たベルギーは割り切って0-0でのクローズを狙うクロアチアに対して猛攻を仕掛けていく。だが、ムニエやT・アザールがお膳立てしたボックス内の決定機を決め切ることができず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ベルギーの追撃を振り切ったクロアチアはモロッコの首位を譲ったものの、2位通過を決めて5日に行われるラウンド16ではグループEの首位チームと対戦することになった。 一方、前大会3位のベルギーは黄金世代の集大成として臨んだ今大会でまさかのグループリーグ敗退となった。 クロアチア代表 0-0 ベルギー代表 2022.12.02 02:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly