UNL優勝のフランスが約14億円の賞金獲得! コロナ禍において大きな収入に

2021.10.11 22:38 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグで初優勝を果たしたフランス代表は、少なくない収入を得ることになった。フランス『レキップ』が伝えている。

フランスは10日にミラノで行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝でスペイン代表に2-1の逆転勝利を収め、大会初優勝を果たした。

ディディエ・デシャン体制では2018年ロシア・ワールドカップに次ぐ2つ目のタイトルとなり、ベスト16敗退となったユーロ2020での失態を払しょくする重要な成果となった。だが、今回の優勝はそれだけでなく、コロナ禍において財政難に陥るフランスサッカー連盟(FFF)にとって財政面でも大きな助けとなったようだ。

『レキップ』が伝えるところによれば、フランスは今回の優勝によって1050万ユーロ(約13億7000万円)の収入を得ることになったという。その内訳は優勝賞金600万ユーロと、決勝進出チームが受け取る450万ユーロ。

さらに、フランスは今大会参加国に支給される225万ユーロと、トップカテゴリーのAグループに所属するボーナス225万ユーロの総額450万ユーロ(約5億9000万円)を別途受け取る。

関連ニュース
thumb

「絶対にないとは言わない」PSGの指揮についてジダン氏が言及、フランス代表は「もちろんやりたい」

現在はフリーとなっており、今夏はパリ・サンジェルマン(PSG)の監督就任の噂も浮上していたジネディーヌ・ジダン氏が、自身のキャリアについて言及した。 23日、50歳の誕生日を迎えたジダン氏。2020-21シーズン限りでレアル・マドリーの監督を退任すると、この1年間はフリーの状態を過ごしていた。 マドリーではチャンピオンズリーグ(CL)3連覇という偉業を達成するなど、監督としても結果を残している中、監督交代に踏み切ろうとしているPSGが招へいに動いていた。 しかし、ジダン氏はPSGの最大のライバルであるマルセイユの人間であり、PSGの監督になる可能性は低いとされ、フランス国内では大きな話題に。エマニュエル・マクロン大統領でさえ、話題にしたほどのことだ。 そんな中、フランス『レキップ』のインタビューに応じたジダン氏が、自身の監督キャリアについてコメント。PSGの監督就任をしないということに「絶対にない」ことはないとした。 「絶対ないとは言い切れない。特に監督である時はね」 「選手だった時、ほとんどの全てのクラブが選択肢だった。でも、監督の私がいけるクラブは50もない。せいぜい、2つか3つの可能性だ」 「クラブチームを指揮するとしたら、それは優勝するためだ。それが率直な意見だ。だから、どこにも行けない」 「例えば、言語がある。条件によっては、より難しくなることもある。『マンチェスターに行きたいか?』と言われた時、英語はわかるが完全にマスターしているわけではない」 「言葉が話せずにクラブに行く監督がいることは私は知っている。ただ、私の働き方は違う。勝つためには、多くの要素が関わってくる。それはグローバルな文脈だ。私は勝つために何が必要か知っている」 マドリーで一定の結果を残しているからこそ、監督業としてもこだわりを持っているジダン氏。その中で、フランス代表の監督になりたいという願望は隠さなかった。 「もちろんやりたい。いつかなれることを願っている。いつかって?それは私次第ではない。でも、フランス代表チームと1つになりたい」 「フランス代表は選手としては知っていた。そしてそれは私にとって最高の思い出だ」 現在はディディエ・デシャン監督が指揮しているが、契約はカタール・ワールドカップ(W杯)まで。その後はどうなるか不明だ。 「起こる必要があるのであれば、それは起こる。いつかフランス代表に参加したいと言うし、そのことは想像している」 2022.06.26 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

50歳迎えるジダンがW杯決勝のワンシーンを回想「どうすべきか思考した。狂っていたわけじゃない」

元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが、ワールドカップ(W杯)決勝で話題となった場面を振り返った。 23日に50歳の誕生日を迎えるジダンは、ワールドカップ(W杯)にもレ・ブルーの一員として1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会に出場。98年は決勝でブラジル代表から2ゴールを挙げ、母国を初優勝へと導いた。 06年大会でもファイナルのピッチへ立ったキャプテン。フランス『テレフット』にて、当時大きな話題を振り撒いたイタリア代表DFマルコ・マテラッツィへの頭突きに関して「まったく誇ることはできないが、それもまた私自身の過去の一部だ」と、振り返った。 ネガティブな印象を強く植え付けたシーンがある一方、先制点となったPKは大きな称賛を浴びていた。 キャプテンは開始早々の7分に獲得したPKを託された。百戦錬磨のジダンであってもイタリア代表の名GKジャンルイジ・ブッフォンを前に、しばし考える時間を要したという。 「こちらをよく知るGKを前にしているのだから、どうすれば決めることができるか、数秒思考した。その中で(自分が)培ってきた技術力は確かだと思った。狂っていたわけじゃない。PKには失敗も付き物だ。ただ、あの場面は絶対に決めなければならなかった」 そして、ジダンはW杯決勝という大舞台でパネンカを成功させた。 残念ながらその後追い付かれたフランスは、PK戦の末に敗れた。優勝、パネンカ、退場と、ジダンにとってのW杯決勝はあまりにも密度の濃い時間となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】世界に衝撃を与えたジダンの頭突き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡A 13 años del histórico cabezazo de Zidane a Materazzi en la final del Mundial de Alemania 2006! <a href="https://t.co/mER1ISMvPq">pic.twitter.com/mER1ISMvPq</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1148555412234539010?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 05:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペがユーロでの自身への人種差別問題巡り仏連盟会長を非難

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長を非難した。フランス『レキップ』が伝えている。 フランスは昨年6月に行われたユーロ2020のラウンド16、スイス代表戦をPK戦の末に敗れ、無念のベスト16敗退となっていた。 同試合においてムバッペはPK戦を失敗し、SNS上で誹謗中傷と共に人種差別的なメッセージを受け取っていた。 そして、先日の『レキップ』の取材ではそのSNS上での反応を受け、一時フランス代表の活動を休止する考えを持っていたことも明らかにしていた。 「僕は常にフランス代表を全てに優先させてきたし、これからも全てに優先させるよ」 「僕はフランス代表でプレーするために1ユーロも受け取ったことはないし、常に無償で代表チームのためにプレーするつもりだ」 「何よりも、問題になりたくなかったんだ。でも、自分が問題になり始めたと感じた瞬間から、そして人々が僕を問題だと感じた瞬間から…。一番大事なのはフランス代表で、僕がいなくてもフランス代表が幸せなら、それはそれでいいんだ」 「フランス代表への愛情が強すぎて、それからすべてを抽象化してしまうんだ。今回(スイス戦)もショックだったのは、PKで猿と言われたことだ。僕が周りにサポートを求めたのはそういうことだ。(活動休止を検討した理由は)僕がPKを左に蹴って、(ヤン・)ゾマーに止められたからではないんだ」 これに対して、ル・グラエ会長は直近の国内メディアの取材で、ムバッペがPK失敗後にSNS上で誹謗中傷を理由に代表活動休止を検討していたことを認めた。ただ、その誹謗中傷から選手を守れなかったことへの反省を口にした一方、同選手自身が主張していた人種差別被害に関しては、全く言及することはなかった。 そのため、ル・グラエ会長の対応に不満を示したムバッペは同会長のインタビュー後に自身の公式ツイッターを通じて非難した。 「僕は彼に、何よりも人種差別に関連していること、PK失敗が理由ではないことをよく説明した」 「だけど、彼は人種差別はなかったと思っていたようだ…」 なお、ル・グラエ会長は、過去にも「黒人プレーヤーがゴールを決めると、スタジアム全体が沸き立つ」との物議を醸す発言を行い、元フランス代表DFパトリス・エブラ氏らから辞任を要求されたこともあった。 先週に発表された国際サッカー連盟(FIFA)の調査結果では、昨年のユーロとアフリカ・ネーションズカップの決勝トーナメントに出場した選手の半数以上が、SNS上で何らかの差別的な罵声を浴びていたことが明らかになっている。 2022.06.20 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーが獲得目指すクンデ、ハムストリングの手術へ

セビージャのフランス代表DFジュール・クンデが手術を受けることになったようだ。 現在クンデはフランス代表としてUEFAネーションズリーグに参戦している。13日に行われたグループステージ第4節のクロアチア代表戦で先発したものの、ハーフタイムでの交代に。試合後のディディエ・デシャン監督によると、戦術的な問題ではなく、慢性的なケガが原因だったという。 伝えられるところによれば、クンデは長らくハムストリングに問題を抱えており、今季はそのケガを押して出場していたようだ。ところが、このクロアチア戦で悪化が見られたため、交代せざるを得なくなったとのこと。 そしてデシャン監督は、クンデが手術を受ける予定であることを確認。離脱期間は明らかにされてない。 こうなると注目が高まるのが同選手の去就だ。23歳のフランス代表DFには多くのクラブが関心を示しており、とりわけチェルシー行きが取り沙汰されている。だが、ケガの大小によっては、現在進行中の交渉が座礁する可能性もあるため、今回の手術は重要な岐路となりそうだ。 2022.06.14 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

UNL4戦未勝利でGL敗退のフランス…チュアメニは改善強調 「パニックになる必要ない」

フランス代表MFオレリアン・チュアメニがチームの敗戦にも前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1第4節でクロアチア代表をホームに迎え撃ったフランス。ここまでの3試合で勝利がない前回王者は開始早々にPKを献上して早々と失点すると、FWカリム・ベンゼマ、FWキリアン・ムバッペら強力な攻撃陣も沈黙し、0-1で敗れた。 これで首位のデンマーク代表と残り2試合で7ポイント差になり、グループ敗退が決定。後半から出場したチュアメニは敗退という結果にも気をとめず、次のインターナショナルマッチウィークで異なった姿を見せられるだろうと語った。 「相手とキックオフで対峙した際、僕たちに別の野望があったのは確かさ。でも、心配する必要はないよ。僕たちはこの試合でうまくプレーできず、フランスのシャツを着ているのであれば、もっとうまくやる義務がある。今回はそれができなかった。だから、僕たちはもっと働く必要がある」 「僕たちは少しの準備期間で試合に臨んだ。監督はきっと試合でいくつかを試したかったんだと思う。言い訳をするつもりはないけど、事情を理解してほしい。パニックになる必要はないよ。次のインターナショナルマッチウィークでは、もっと良くなっているはずだからね」 2022.06.14 11:34 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly