「日本は第二の故郷」豪代表ミッチェル・デューク、日本代表戦に「岡山のチームメイトは複雑だろうね」

2021.10.11 19:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦の日本代表戦に向けて、オーストラリア代表のFWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)が、会見に出席した。

ミッチェル・デュークはかつて2015年から2019年にかけて清水エスパルスでプレーした後、母国のウェスタン・シドニー・ワンダラーズとサウジアラビアのタアーウンを経て、今年8月にファジアーノ岡山に加入した。

岡山ではここまで7試合の出場で2ゴールを挙げているが、今度は敵として日本に牙を剥く。岡山のチームメイトにとっても自身にとっても楽しみな一戦であると語りつつ、Jリーグに戻ってきた理由を明かした。

「僕はかつて日本で4年間プレーし、一度は離れたけど、また戻ってくることができた。第二の故郷のような気持ちだ。日本にはたくさんの友達がいるし、僕が日本代表と戦うことにチームメイトも楽しみにしているよ」

「でも心の中は複雑だろうね。僕のことも応援してくれてるだろうけど、日本代表も応援したいという気持ちもあるだろう。日本対オーストラリアは様々な歴史があって、そういう意味でも僕が日本代表と対戦するのは、誰にとっても楽しみなことだと思う」

「(日本に戻りたいと思ったのは)サウジアラビアでの生活がかなり厳しく、一方で清水エスパルスでの生活が楽しかったからだ。文化もライフスタイルも好きで、とても良い思い出がある。J1もJ2も日本のリーグは素晴らしいリーグだ。チャンスがあれば諸手を上げてそれを掴みにいくぐらいにね」

「大事なことは、どこでプレーしていたとしても与えられた環境でベストなプレーをすること。日本だとよりそれができると思ったんだ。代表選出も意識していたけど、国内でプレーできないから日本に来たわけではないよ」


関連ニュース
thumb

C大阪がMF乾貴士、FWアダム・タガートの手術結果を報告…ともに全治2カ月

セレッソ大阪は、MF乾貴士とFWアダム・タガートの手術結果を発表した。 乾は以前から違和感があった左ヒザを15日に手術を実施。右ヒザ軟骨損傷と診断され、全治は、術後2カ月とのことだ。 また、アダム・タガートは、10月27日に行われた天皇杯準々決勝の名古屋グランパス戦で負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断されていた。 オーストラリアで8日に手術。左ヒザ半月板損傷と診断され、全治は術後2カ月とのことだ。 乾は今夏エイバルから復帰。明治安田生命J1リーグで8試合1得点、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 アダム・タガートは今シーズンから加入し、明治安田J1で12試合に出場し1得点を記録していた。 2021.11.24 18:37 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和のオーストラリア代表DFトーマス・デンが契約満了「みなさんは常に私の心の中にいます」

浦和レッズは24日、オーストラリア代表DFトーマス・デン(24)の契約満了を発表した。 トーマス・デンは、2020年にメルボルン・ビクトリーから加入。明治安田生命J1リーグで19試合に出場し1得点を記録していた。 しかし、2年目の今シーズンはケガの影響などがあり出遅れると、激しいポジション争いに勝てず、明治安田J1で2試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 トーマス・デンはクラブを通じてコメントしている。 「まず、2年間にわたるファン・サポーターのみなさんの素晴らしいサポートに感謝いたします。私が日本に到着した初日から、愛に満ち溢れたサポートをしてくれました。 チーム状況が厳しくなった時期でさえ、何一つ変わらず私たちを応援し続けてくれました。どこへ行こうとも生涯、みなさんは常に私の心の中にいます」 「けがで離脱する期間が長かったため、チームへ望んでいたような貢献をできなかったことが残念で仕方ありません。クラブ、選手、クラブスタッフ、浦和レッズに関わる全ての方々に成功が訪れることを願っています。またすぐに会えると信じています。 本当にどうもありがとうございました」 2021.11.24 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

豪州が中国相手に痛恨ドロー…デューク弾で先制も逃げ切れず《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第6節、中国代表vsオーストラリア代表が16日に行われ、1-1のドローに終わった。 直近2戦未勝利で2位に位置するオーストラリア(勝ち点10)が、5位の中国(勝ち点4)と対峙したUAE開催の一戦。 3試合ぶりの勝利で2位死守を目指すオーストラリアは0-0のドローに終わったサウジアラビア代表戦から先発2人を変更。サウターとメイビルに代えてデゲネクと、ファジアーノ岡山に所属するミッチェル・デュークを起用した。 開始直後にアランに決定機を許したオーストラリアだが、守護神ライアンの好守で凌ぐと、ここからボールの主導権を握って押し込む展開に持ち込む。だが、中央を固めながら強度が高い守備を見せるホームチームを前になかなか崩しの形を見いだせない。 それでも、相手の狙いとするカウンターを凌ぎつつ焦れずに攻め続けるアウェイチームは38分、相手陣内右サイドで得たスローインの流れからフルスティッチの縦パスに抜け出したボイルが正確なクロスを供給。これをゴール前で競り勝ったデュークが打点の高いヘディングで合わせ、待望の先制点を奪った。 これで余裕が出てきたオーストラリアは43分にフルスティッチの見事な左足アウトを使ったラストパスに抜け出したレッキーがゴール左でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKにうまく間合いを潰されて決め切れない。さらに、前半アディショナルタイムにも波状攻撃からベヒッチにシュートチャンスも、右足のシュートはわずかに枠の左へ外れた。 結局、1点リードで試合を折り返したオーストラリアは後半も危なげなく試合を進めていく。だが、前半同様になかなか決定機を作れず、最少得点差の状況が続くと、思わぬ形から同点に追いつかれる。 70分、中国のFKの場面でボックス内で相手と競ったジェッゴが広げた腕にボールが接触。オンフィールドレビューの結果、このプレーがハンドと判定されて中国にPKが与えられる。これをウー・レイにきっちり決められた。 失点直後にアロイージオに際どいミドルシュートを打たれるなど、一転して難しい状況を強いられたオーストラリアは、デュークやレッキー、フルスティッチら前線の選手を下げてメイビルやマクラーレン、マクグリーといった選手を投入。異なるアプローチで勝ち越しゴールを目指す。 だが、後半に入って消耗が激しいアウェイチームは試合終盤に入ってなかなかパワーを出せず、2失点目を防ぐので精いっぱいの苦しい状況のままタイムアップを迎えることになった。 この結果、中国相手に勝ち切れずに2戦連続ドローとなったオーストラリアは、勝ち点1差の日本代表の結果次第で3位転落の可能性が出てきた。 中国代表 1-1 オーストラリア代表 【中国】 ウー・レイ(70分[PK]) 【オーストラリア】 ミッチェル・デューク(38分) 2021.11.17 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

グループB天王山はドロー! オーストラリア、サウジ共に決定機生かせず《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第5節、オーストリア代表vsサウジアラビア代表が11日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 グループB1位のサウジアラビア(勝ち点12)と2位のオーストラリア(勝ち点9)による天王山。 オーストラリアは10月12日に行われた日本代表との一戦で惜敗し、今回の予選での連勝が「3」でストップ。再びホームで勝ち星を取り戻したいところ。一方のサウジアラビアはグループで唯一無傷の4連勝中。この勢いを活かして、予選突破へ近づきたい。 立ち上がりはオーストラリアがボールを保持。日本戦と同じように片方のサイドにポゼッションを寄せつつ、相手の動きを見計らってサイドチェンジする狙いを見せた。しかし、大雨の影響からか上手くボールを逆サイドまで届けられず、狙った形でゴールに迫ることはほとんどなかった。 一方のサウジアラビアは、GKアル=ヤミもパス交換に絡んで最終ラインから攻撃を展開。だが、オーストラリアの2トップによる執拗なプレッシングに遭い、こちらも狙い通りのビルドアップはできず。 それでも29分、オーストラリアにチャンスが訪れる。相手のロングボールを自陣でセインズベリーが跳ね返すと、これを拾ったライトから右サイドを駆け上がったボイルにパスが出る。そしてボイルが右サイドを縦に突破して折り返すと、これにボックス手前で合わせたレッキーが地面に叩きつけるボレーシュート。しかし惜しくも枠の右に外れて先制とはならなかった。 続く35分、またしてもオーストラリアがチャンスを迎える。敵陣中央から左タッチライン際に張ったレッキーへ展開。レッキーはここからカットインし、ボックスの左角辺りから右足を振り抜いたが、枠を捕らえられずゴールの右へ。 お互い枠内シュート0で迎えた後半、再びホームチームにビッグチャンス。59分、自陣左サイドでボールを持ったべヒッチが、裏に抜けたレッキーにロングボールを送る。これを受けたレッキーはマークに付いていたDFを吹き飛ばしボックス左に侵入。体勢を整えて強烈なシュートを放ったが、これはGKアル=ヤミのファインセーブに遭ってしまう。 それでも勢いに乗るオーストラリアは65分、ペナルティアークから10mほど後方の位置でFKを得る。キッカーを務めたレッキーが右足を振り抜くと、ボールは壁を超えてゴール右へと一直線。GKアル=ヤミに弾かれたところをボイルが畳みかけるが、これもGKアル=ヤミが右足でスーパーセーブ。オーストラリアは再三のチャンスを活かしきれない。 一方、なかなか攻撃の機会が訪れなくなったサウジアラビアは75分にビッグチャンス。自陣右サイドからアル=アムリがロングボールを蹴ると、相手の最終ラインの後ろで拾ったアル=シェフリがボックス中央まで侵入。一度はボールを奪われたものの、そのルーズボールをアル=ファラジが拾い、ボックス中央からシュートへ。しかし、GKライアンの正面に飛んでしまい、こちらもゴールが奪えない。 84分にはまたしてもサウジアラビアに決定機。アル=ムワラッドからパスを受けたアル=ファラジがボックス左からクロスを上げると、これにゴール前で合わせたのはアル=シェフリ。完全にフリーでのヘディングだったが、わずかに枠の右に外れてしまい、またしても得点の機会を逃すことに。 その後も一進一退の攻防が続いたが、結局両チームともゴールを奪うことはできず、0-0で試合終了。グループBの天王山はゴールレスドローで幕を閉じることとなった。 オーストラリア代表 0-0 サウジアラビア代表 2021.11.11 20:41 Thu
twitterfacebook
thumb

2年ぶりのホーム開催となるオーストラリア代表が発表! Jからはミッチェル・デュークが招集《カタールW杯アジア最終予選》

オーストラリアサッカー協会(FFA)は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバー24名を発表した。 日本代表と同じグループBに入ったオーストラリア代表。かつてベガルタ仙台でも指揮したグラハム・アーノルド監督は、20名を海外から招集。国内組は4名となった。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で、2年ぶりに国内で国際試合を行うこととなるオーストラリア。これまでの予選では中立地をホームとして戦ってきたが、ついに自国のサポーターの前で戦えることとなった。 今回のメンバーには、GKマシュー・ライアン(レアル・ソシエダ)やDFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)、DFトレント・セインズベリー(コルトレイク)、DFハリー・サウター(ストーク・シティ)らを招集した。 一方で、MFアーロン・ムーイ(上海海港/中国)や古橋亨梧の同僚でもあるMFトーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)らは選外となった。 また、Jリーグ勢では、セレッソ大阪のFWアダム・タガートは負傷で招集外となったが、ファジアーノ岡山のFWミッチェル・デュークは招集。また、長谷部誠や鎌田大地と同僚のMFアジディン・フルスティッチ(フランクフルト)は招集を受けている。 国内組4名にはMFマシュー・レッキー(メルボルン・シティ)、DFライアン・グラント(シドニーFC)、FWジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)、そして浦和レッズでかつてプレーしたFWアンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ)が復帰している。 オーストラリアは、11日に2年ぶりのホームゲームでサウジアラビアとの首位攻防戦。16日にUAEで中国代表と対戦する。 今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストラリア代表メンバー24名 GK マシュー・ライアン(レアル・ソシエダ/スペイン) ダニエル・ヴコビッチ(NEC/オランダ) ローレンス・トーマス(ソナーリュースケ/デンマーク) DF アジズ・ベヒッチ(ギレスンポル/トルコ) ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア) カラム・エルダー(ハル・シティ/イングランド) ライアン・グラント(シドニーFC) フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア) トレント・セインズベリー(コルトレイク/ベルギー) ハリー・サウター(ストーク・シティ/イングランド) MF ケネス・ドゥーガル(ブラックプール/イングランド) デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス) アジディン・フルスティッチ(フランクフルト/ドイツ) ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ) ジェームズ・ジェッゴ(アリス・テッサロニキ/ギリシャ) マシュー・レッキー(メルボルン・シティ) ライリー・マッグリー(バーミンガム/イングランド) ニキータ・ルカヴィツヤ(ハポエル・ペエルシェバ/イスラエル) ジャンニ・ステンスネス(バイキングFK/ノルウェー) FW マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド) ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本) アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク) ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ) アンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ) 2021.11.05 11:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly