C・ロナウド、下部組織時代からの友人の妻の死を追悼「セメドと家族全員の痛みを消すことはできない」

2021.10.06 22:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、大切な友人を追悼した。

C・ロナウドは5日、自身のインスタグラムを更新。1枚の写真を投稿した。

その写真には、C・ロナウドとジョルジーナ・ロドリゲスさん、そしてクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんが写っており、C・ロナウドの隣には2人の夫婦が写っていた。

C・ロナウドの隣に座るのは、ヴィトーリア・セトゥーバルにMFジョゼ・セメド。チームのキャプテンを務めている。

ジョゼ・セメドとC・ロナウドは、スポルティング・リスボンの下部組織で共に育った仲。その後は二人とも別のキャリアを歩んだが、友人関係は続いていた。

今回、C・ロナウドが追悼したのはその友人の妻であり写真に写っているソライアさん。ポルトガル『レコルド』によると、健康上の問題がありソライアさんは入院しており、緊急手術を受ける準備をしていたが、その前に感染症にかかってしまい、命を落としてしまったのだ。

C・ロナウドは、友人の妻を追悼。自身にとっても大切な存在だったソライアさんの死を偲んだ。

「サッカーを含めて、すべてのことが後回しになる瞬間がある」

「先週思いがけない形で、素晴らしい人間がこの世を去った。僕たちの愛するソライアは、人生が僕に与えてくれた最高の友人の素晴らしい妻であり、母でした」

「兄弟のジョセ・セメドと家族全員の痛みを消すことはできないけど、今日もいつもと同じように、この非常に難しい時期に立ち向かうために一緒にいる」

「ご冥福をお祈りします。僕たちは、決してあなたを忘れません」

1 2

関連ニュース
thumb

ポルトガルでのC・ロナウド叩きに実姉が反発 「恩知らず」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの実姉が反論した。 今夏の移籍騒動によるコンディション調整の遅れもあり、所属先のマンチェスター・ユナイテッドでキレを欠くC・ロナウド。ゴール数もPKによる1得点のみとらしくないなか、今月のインターナショナルマッチウィークでもポルトガル代表に呼ばれたが、出場したUEFAネーションズリーグの2試合でいずれも不発に終わった。 4強入りがかかったスペイン代表との大一番でもゴールチャンスがありながら仕留め切れず、この試合を迎えるまで首位だったポルトガルも0-1の黒星でグループ敗退。イギリス『サン』によれば、母国では37歳のキャプテンを巡り、パフォーマンス批判や限界説が加熱しているという。 こうした状況を見かねて、アクションを起こしたのが姉のカティア・アヴェイロさん。自身のインスタグラムにあるストーリー機能を介して猛反発している。 「彼には家族がいるし、側に愛してくれる人がいる。彼らは何があっても、ずっと彼の側にいる。でも、今の時代にまったくもって驚かなくなった。ポルトガル人は自分たちが食べる皿に唾を吐く。昔からそう」 「常にポルトガルのために尽している選手たちをサポートすべきなのに、ポルトガル人は病み、哀れで、心なく、愚かで、永遠に恩知らず。座ってヒザをついているというのに、誰も手を差し伸ばそうともしない」 2022.09.29 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

カッサーノ氏がC・ロナウドに引退を勧める「一定のレベルに戻せないなら店仕舞だ」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに引退を勧めている。 現役時代はピッチ内外で度々問題を起こし悪童と呼ばれ、引退後も歯に衣着せぬ物言いが取り上げられるカッサーノ氏。最近、ポルトガル『Cabine Desportiva』のインタビューに応じた際にターゲットとしたのがクリスティアーノ・ロナウドだった。 ユナイテッド復帰以降、なかなか調子の出ない同選手。今季のリーグ戦では先発出場が一度しかなく、今回の代表戦でもスペイン相手に何度も決定機を逃すなど、明らかにかつての水準から大きく下回っている。 クラブでも代表でも危うい立場にある37歳に、カッサーノ氏は引退も視野に入れるべきだと助言。ベンチを温めてまで現役を続ける必要はないと、大きな決断を促した。 「現時点で、クリスティアーノは一定のレベルに戻すことができないのであれば、店仕舞も考えるべきだ」 「彼はすべてを手に入れた怪物だ。しかしやめろ! さもないとベンチに突っ込むだけだ」 2カ月後に迫ったカタール・ワールドカップ前に引退する可能性は限りなく低いが、結果によってはカッサーノ氏の言葉通りになるかもしれない。 2022.09.29 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

殊勲のモラタ「僕らはステップアップが必要なときにそうしてきた」

スペイン代表が27日にUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2最終節のポルトガル代表戦を制して、ファイナル4進出を決めた。 この最終節を前にしてポルトガルに首位の座を奪われたスペインだが、直接対決を88分にFWアルバロ・モラタが決めた決勝ゴールで勝利。逆転での4強入りを果たした。 『UEFA.com』によると、殊勲のモラタは試合後、『TVE』で「難しい試合だった。ポルトガルが擁する選手の実力を見てもね。最後まで戦い抜いたよ」と振り返った。 続けて、アシストしたDFニコ・ウィリアムスの活躍にも触れ、「彼は代表で2試合目だったけど、カルバハルのパスからカギを握るプレーを披露してくれた」と称賛した。 この試合をもって今活動が打ち上げられ、次の集合時はいよいよカタール・ワールドカップ(W杯)に向かうことに。29歳のストライカーはチームにもコメントしている。 「僕らはステップアップしないといけないときにそうしてきた。負けたとしても、フィールドにすべてを残さなければならないし、そうしてきたんだ」 2022.09.28 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガルに勝利し逆転ベスト4のスペイン、ルイス・エンリケ監督「勝利は最高の解毒剤」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ポルトガル代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペインは27日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ2の最終節でポルトガルとアウェイで対戦した。 勝てば逆転でグループの首位フィニッシュとなるスペイン。難しいアウェイゲームとなったが、前半はボールを保持してポルトガルにプレーさせない方法を選択する。 ゴールレスで後半を迎えると、選手交代で流れを作りに。なかなかゴールが生まれなかったが、88分にアルバロ・モラタが値千金のゴール。これが決勝点となり、0-1で勝利。グループ首位でベスト4入りを果たした。 試合後、ルイス・エンリケ監督はポルトガル戦を振り返り「それは素晴らしいスポーツだった。勝利は落ち込んだり、悲しんだりした時の最高の解毒剤だ」とコメント。「サッカーでは平等が原則だ。ボールを持つことを行い、立ち上がりを戦った。400回ほどのパスを成功させたと思う。前半は我々のものであることを示す必要があり、後半はチャンスを作った」とフラッシュインタビューで語った。 その後の記者会見では、改めて試合の狙いを口に。選手交代が差を生んだとした。 「目的はポルトガルからボールを奪うことだった。前半ではあまり深い位置までいけなかったが、それは私のせいだ」 「後半は修正した。ベンチから出場した選手たちが決定的な役割を果たしてきたが、ポルトガルの消耗は最初から出ていた選手たちによるものだった」 <span class="paragraph-title">【動画】スペインが劇的勝利でポルトガルを抜きベスト4入り!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="98XysWkMfwI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転敗退のポルトガル、サントス監督「徐々に我々のゲームができなくなった」

ポルトガル代表が27日のUEFAネーションズリーグ(UNL)・グループA・グループ2最終節でスペイン代表をホームに迎え撃ち、0-1で敗北した。 前節のチェコ代表戦を制してスペインから首位の座を奪い、この最終節を迎えたポルトガル。引き分け以上でも準決勝進出が決まる状況下だったが、GKウナイ・シモンの牙城を崩せずの時間が続くと、88分にFWアルバロ・モラタの一発を浴び、接戦を落とした。 直接対決で敗れ、2位転落で逆転敗退のフェルナンド・サントス監督は徐々にトーンダウンしてしまったと感じているようだ。『UEFA.com』がポルトガル『RTP』を介したポルトガル代表指揮官のコメントを掲載している。 「前半はよくオーガナイズされたチームだった。スペインのポゼッション下で、うまくいっていたんだ。しかし、スペインを崩すとなると、もっとボールを動かし、アグレッシブなプレッシャーでリカバリーも素早くする必要があった。我々は前半にいくつかのチャンスを作ったが、スペインからは何も生み出されていなかったと思う」 「後半も非常にうまくいっていたんだ。ハーフタイム後の15分間にどんどんプレッシャーをかけ、2、3点を決める場面を作り出した。しかし、それからはボールを持てず、チームは下がり、プレスをやめ、苦戦してしまったね。もっとボールを持てるようにヴィティーニャとジョアン・マリオを送り出したが、それでもそうできなかった。そのなかで、2つの素晴らしいチャンスもあったが、ゴールに結びつけられなかったよ」 「相手に関係なく、同じパターンのプレーをしないといけない。しばらくはそうできたのだがね。ボールを動かし、プレスをかけ、チャンスを作り、後半も高い位置で守備ができたんだ。しかし、後半にボールを持てなくなり、奪い返しても、我々のゲームができなくなってしまった。そして、スペインが押し始め、まともなチャンスがないまま得点を許してしまったね」 2022.09.28 10:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly