ユーリ・ベルチチェがアスレティックと契約更新!

2021.10.05 18:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオは5日、スペイン人DFユーリ・ベルチチェ(31)と契約を更新し、2024年までの新契約を結んだことを発表した。現行のものから2年延長した格好だ。同クラブのカンテラ出身のユーリは、2007年にトッテナムの下部組織に移籍するも、トップチームでは未デビューのまま、チェルトナムやバジャドリーBなどをレンタルで転々とし、2012年夏にソシエダに加入。エイバルへの2年レンタルも挟みながら、通算在籍5年間で公式戦88試合に出場した。

2017年夏にはパリ・サンジェルマンに加入し、公式戦32試合とまずまずの活躍を残すも、その1年後にアスレティック復帰が決定。11年ぶりの古巣で初めてトップチームデビューを果たし、ここまで主力として公式戦106試合に出場している。

4月以降そ径部のケガで長期の離脱を余儀なくされている中で契約延長に至ったユーリは、クラブの公式サイトで感謝の気持ちを伝えている。

「クラブとファンに感謝したい。この4年間は感動に満ちたものだった。最初から大きな愛情を感じさせてくれたんだ」

「さらに2年の延長ができてとても嬉しいよ。ここえでゃホームのように感じている。まだまだやらなきゃならないことがあるんだ」

なお、ユーリの復帰時期は10月下旬または11月上旬と予想されている。


関連ニュース
thumb

マドリーがアスレティック撃破で2季ぶり12度目の優勝! モドリッチ&ベンゼマ弾に守護神が圧巻のPKストップ《スーペル・コパ》

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが16日にサウジアラビアで行われ、2-0で勝利したマドリーが2シーズンぶり通算12回目の同タイトルを獲得した。 バルセロナとの今季2度目のエル・クラシコとなった準決勝をバルベルデが延長戦で決めたゴールによって3-2で競り勝ったマドリー。4チーム形式移行後の初代王者であるエルブランコは、2大会ぶりの優勝を目指して前回王者と対峙した。アンチェロッティ監督は4日前のクラシコから先発2人を変更。新型コロナウイルス陽性のカルバハルに代えてルーカス・バスケス、アセンシオに代えてロドリゴを起用し、右サイドを入れ替えた。 一方、アスレティックは昨季リーグ王者アトレティコ・マドリーとの接戦をニコ・ウィリアムズのゴールによって2-1で逆転勝利。大会連覇に王手をかけた。ラ・リーガでの2度の対戦でいずれも敗れている難敵相手の大一番ではアトレティコ戦と全く同じスタメンを採用。2トップにはイニャキ・ウィリアムズとサンセトが並んだ。 中立地とは思えないマドリー応援ムードが目立つキング・アブドゥッラー・スポーツ・シティ・スタジアムでのファイナルは、地力で勝るマドリーが押し込む立ち上がりとなる。 一方、アスレティックは自陣に押し込められながらも易々とボックス内への侵入は許さず、ソリッドな対応を続ける。また、良い形でクサビを引き出すサンセトを起点に攻撃の枚数は少ないながらも、快足イニャキ・ウィリアムズとの2トップでカウンターチャンスを作り出す。 押し込みながらも決定機まであと一歩という状況が続くマドリーは、18分にベンゼマ、27分にカゼミロとミドルレンジのシュートでチャンスを窺うが、GKウナイ・シモンの牙城を破れない。 それでも、焦れずにゲームをコントロールするアンチェロッティ率いるチームは前半の内にゴールをこじ開ける。38分、自陣からカゼミロ、モドリッチ、ロドリゴとスムーズに縦パスが繋がる。そして、右サイドから斜めのドリブルでボックス内に侵入したロドリゴがDF3枚を引き付けて短いマイナスのパスを送ると、これをモドリッチが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右隅を射抜いた。 百戦錬磨のクロアチア代表MFのゴラッソによってマドリーの1点リードで折り返したスーペル・コパ。この展開の中でアスレティックはベレンゲルを下げて、アトレティコ撃破の立役者となったニコラス・ウィリアムズをハーフタイム明けに投入した。 しかし、後半も先にゴールをこじ開けたのはマドリー。50分、ボックス付近でベンゼマが放ったシュートがDFジェライの上げた手に直撃すると、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのベンゼマがゴール左隅に突き刺し、相手の出ばなを挫く後半開始早々のゴールとした。 この2失点目で厳しくなったアスレティックは58分、バレンシアガ、サラガ、サンセトを下げてユーリ、ベスガ、ラウール・ガルシアをピッチへ送り込む3枚替えを敢行。この交代でウィリアムズ兄弟の仕掛けに加え、ラウール・ガルシアの高さをシンプルに使った攻撃で幾度か惜しいシーンを作り出していく。 一方、よりカウンターを繰り出しやすいシチュエーションとなったマドリーだが、64分にロドリゴを下げてバルベルデを同じポジションに入れて攻守のバランスを整える交代策に出る。 以降はリスクを冒して攻めるアスレティックがマドリー陣内でプレーする時間を増やしていくが、要所を締めるエルブランコの堅守を前に攻めあぐねる場面が目立つ。さらに、アンチェロッティ監督はヴィニシウスを下げてカピタンのマルセロを投入する守備的な采配で試合をクローズにかかった。 だが、一発勝負のファイナルは簡単に終わらない。87分、ユーリの左クロスをボックス内のラウール・ガルシアが頭で合わすと、枠に向かっていたボールがDFミリトンの腕に直撃。すると、主審はオンフィールドレビューの結果、アスレティックにPKを与えると共に決定機阻止のミリトンにレッドカードを掲示した。 このPKが決まれば同点に追いつく可能性も十分にあったが、ここでマドリーの守護神が立ちはだかった。キッカーのラウール・ガルシアは左に飛んだクルトワの動きを見て中央に蹴り込むが、クルトワはこれを予期していたか、左足で蹴り出す圧巻のPKストップを見せた。 このPKストップでアスレティックの反撃の芽を完全に詰んだマドリーがこのまま2-0で試合を締めくくり、アンチェロッティ新体制での初タイトルを手にした。 2022.01.17 05:33 Mon
twitterfacebook
thumb

カルバハルが新型コロナ感染…スーペル・コパ決勝は欠場

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが新型コロナウイルスに感染した。 GKティボー・クルトワやFWヴィニシウスらが感染から回復して間もないマドリーだが、クラブは14日にカルバハルから陽性反応が見つかったことを公表。 13日に行われたスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦に出場していたカルバハルだが、16日に行われる決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦は欠場することが決定した。 2022.01.15 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコに逆転勝利のビルバオが2年連続の決勝進出!《スーペル・コパ》

アトレティコ・マドリーは13日、スーペル・コパ準決勝でビルバオと対戦し、1-2で敗戦した。 昨季ラ・リーガ王者のアトレティコ・マドリー、コパ・デル・レイ王者のアスレティック・ビルバオ、ラ・リーガ2位レアル・マドリー、3位バルセロナの4チームが参戦するスーペル・コパ。 直近のビジャレアル戦を引き分けに終わったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。クーニャやデ・パウル、ロージらに替えてフェリックスやコケ、ホセ・ヒメネスらを起用。マルコス・ジョレンテとカラスコを両ウイングバックに据えた[3-5-2]で試合に臨んだ。 一方、昨年王者のビルバオは、ゴールレスに終わったアラベス戦のスタメンからベンセドールをオイエル・サラガに変更した以外は同じメンバーを採用した。 試合は開始早々の15秒でゴールネットが揺れる。レマルのロングフィードでDFの裏に抜け出したフェリックスがワントラップから右足でゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 対するビルバオは10分、バイタルエリア中央でボールを受けたサンセトのワンタッチパスからゴール前に抜け出したイニャキ・ウィリアムズが最初の決定機を迎えたが、シュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、アトレティコは44分にカラスコの左CKからファーサイドのフェリックスにチャンスが訪れたが、上手く合わせることができず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、アトレティコはM・ジョレンテを下げてロージを投入。さらに51分には、コンドグビアを下げてデ・パウルをピッチに送り出した。 すると62分、アトレティコはセットプレーから先制に成功する。レマルの左CKからファーサイドのフェリックスがヘディングシュートを放つと、左ポストの内側を叩いたボールがGKウナイ・シモンの背中に当たりゴールに吸い込まれた。 先制を許したビルバオだが、こちらも直後にセットプレーからチャンスを迎える。64分、ボックス右横で獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、中央のイニゴ・マルティネスがドンピシャのヘッドで合わすが、これはオブラクのビッグセーブに遭う。 試合を決定づける2点目を狙うアトレティコは、71分にアンヘル・コレアを下げてスアレスを投入するも、次にスコアを動かしたのはビルバオだった。77分、ダニ・ガルシアの右CKからジェライがヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 さらにビルバオは、80分にもイニャキ・ウィリアムズの縦パスに反応したニコラス・ウィリアムズがボックス右深くからシュート。すると、このプレーで獲得したCKからイニゴ・マルティネスがヘディングシュートを合わせると、ゴール前のダニ・ガルシアに当たったこぼれ球を最後はニコラス・ウィリアムズがダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。 反撃に出たいアトレティコだったが、ビルバオの武器である堅守に苦しむと、後半アディショナルタイムにはヒメネスが危険なプレーで一発退場し万事休す。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。アトレティコを下したビルバオが2年連続の決勝進出を決めた。なお、決勝でビルバオはバルセロナを下したレアル・マドリーと対戦する。 2022.01.14 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコが3部相手に5発大勝で4回戦進出! 《コパ・デル・レイ》

アトレティコ・マドリーは6日、コパ・デル・レイ3回戦で3部に所属するラージョ・マハダオンダと対戦し5-0で大勝した。 4日前に行われたラージョ・バジェカーノ戦でリーグ戦5試合ぶりの白星を飾ったアトレティコは、その試合から先発を3人変更。アンヘル・コレアやトリッピアー、エルモソに替えてマテウス・クーニャ、マルコス・ジョレンテ、フェリペをスタメンで起用した。 試合は開始早々にスアレスと接触したGKジラルトが右手を負傷するアクシデントに見舞われると、マハダオンダは5分にGKアルバロ・フェルナンデスを緊急投入した。 立ち上がりから攻勢を続けるアトレティコは17分、相手ボックス付近までハイプレスをかけたカラスコがカサドのクリアを引っかけると、こぼれ球をボックス内で拾ったクーニャが難なくゴールネットに流し込んだ。 先制したアトレティコは、26分にも敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとカラスコ、レマルとパスをつなぎ、最後はボックス左までオーバーラップしたロージがダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 その後もマハダオンダ陣内でハーフコートゲームを展開するアトレティコは、41分にカラスコのパスでボックス右から侵入したM・ジョレンテがダイレクトクロスを入れると、最後はスアレスが流し込み、前半を3点のリードで終えた。 ハーフタイムで3選手を交代したアトレティコは、57分にもスアレスとレマルを下げて新型コロナウイルスから復帰したグリーズマンとフェリックスを投入。 すると67分、アンヘル・コレアとのパス交換で敵陣中央を切り裂いたグリーズマンがゴール前まで抜け出すと、GKとの一対一を難なく制した。 リードを広げたアトレティコは77分にアクシデントに見舞われる。プレー中に足を痛めたグリーズマンが歩いてピッチを出るとそのままドレッシングルームへ。交代枠を使い切っているアトレティコは10人での戦いを余儀なくされた。 数的不利となったアトレティコだが、79分にはロージのスルーパスで左サイドを抜け出したフェリックスがそのままボックス内まで切り込むと、ゴール右隅にシュートを突き刺し、5点目。 結局、試合はアトレティコが5-0で大勝。終始マハダオンダを圧倒したアトレティコが順当に4回戦進出を決めている。 また、同日開催の試合では、セビージャやビルバオ、カディス、エルチェといったプリメーラ勢がいずれも順当に勝ち上がった一方、ビジャレアル、オサスナの2チームが3回戦敗退となった。 ◆コパ・デル・レイ3回戦 ▽1/6(木) フエンラブラダ(2) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カディス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジローナ</span>(2) 1-0 オサスナ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">スポルティング・ヒホン</span>(2) 2-1 ビジャレアル サラゴサ(2) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セビージャ</span> マンチャ・レアル(4)0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスレティック・ビルバオ</span> アルメリア(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルチェ</span> ラージョ・マハダオンダ(3) 0-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレティコ・マドリー</span> ▽1/4(火) ポンフェッラディーナ(2) 1-1(PK:1-3) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エスパニョール</span> ▽1/5(水) エイバル(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マジョルカ</span> レガネス(2) 2-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・ソシエダ</span> カルタヘナ(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バレンシア</span> リナレス(3) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレチコ・バレアレス(3)</span> 2-1 セルタ ミランデス(2) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ラージョ・バジェカーノ</span> バジャドリー(2) 0-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベティス</span> アルコヤーノ(3) 1-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー</span> ※数字は所属カテゴリー 2022.01.07 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマのドブレーテ守り切った首位マドリーが難敵撃破! 2021年を白星で締めくくる《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第21節、アスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが22日にサン・マメスで行われ、アウェイのマドリーが1-2で勝利した。 来年1月初旬のスーペル・コパ・エスパーニャ開催に伴い、第21節の前倒し開催となる今回の一戦。 首位のレアル・マドリー(勝ち点43)は前節、カディスの堅守攻略に手を焼きホームで痛恨の0-0のドロー。公式戦連勝が「10」でストップすると共に、2位セビージャとの勝ち点差が5ポイントに縮まっている。 そのドローからの仕切り直しを図る今節は、10位のアスレティック(勝ち点24)とのアウェイゲームに臨んだ。新型コロナウイルスのクラスターが発生しているチームは、前節を欠場した6選手に加え、アラバとイスコ、アリバスが新たに陽性判定となり、この試合を欠場となった。 アンチェロッティ監督は前節から先発2人を変更。アラバの代役にナチョ、累積警告で出場停止のカゼミロに代えてカマヴィンガを起用した。 決定力を欠いた前節、リーグ屈指の堅守を誇るアスレティックを相手に立ち上がりが注目されたマドリーだったが、いきなりゴールをこじ開ける。4分、左サイド深くに侵攻したヴィニシウスがマイナスに出したパスをサポートに入ったクロースがワンタッチで近くのベンゼマに落とす。これをフランス代表FWは腰の捻りを利かせた見事な右足のダイレクトシュートで、ファーポストに突き刺した。 いきなりのスーペルゴラッソで気分よくプレーするベンゼマは、直後の7分にも右サイドでのバルベルデの持ち上がりを起点に内を取ったアザールの仕掛けからのパスがDFに引っかかってゴール前にこぼれると、これを抜け目なくゴールネットに流し込み、瞬く間のドブレーテとした。 36本のシュートを放ちながらも無得点に終わったカディス戦がまるで嘘のように効率よくゴールを重ねたマドリーだったが、一瞬の気の緩みによって1点を返される。10分、ボックス手前右でデ・マルコスからパスを受けたサンセトをフリーにすると、強烈な右足のミドルシュートを打たれる。これが左ポストの内側を叩いて逆にサイドネットに決まり、ホームチームにもスーペルゴラッソを献上した。 このゴールによって公式戦6試合ぶりの失点を喫したマドリーは、勢いづくアスレティックにペースを握られる。自陣に押し込まれる状況が続く中、20分過ぎにはベンセドールに際どいシュートを打たれる。 前半半ばから終盤にかけてはマドリーが徐々にゲームを落ち着かせ、中盤での潰し合いが目立つ形に。その流れの中で互いに幾度かフィニッシュまで持ち込んだものの、相手を脅かすほどの決定機は作り出せなかった。 立ち上がり以降は睨み合いの展開が続いた前半を経て試合はマドリーの1点リードで後半に突入。すると、後半は引き続きマドリーがボールを握ったものの、攻守両面でよりアグレッシブさを見せたホームチームの時間帯が続く。 57分にニコラス・ウィリアムズを投入してより個での局面打開が可能となったホームチームに対して、後手を踏むマドリーは自陣でのパスミスからショートカウンターを浴びてイニャキ・ウィリアムズに枠のわずか左に外れる際どいシュートを浴びるなど、守勢を強いられる。その後も馬力のあるウィリアムズ兄弟に手を焼くが、最後の場面ではミリトンやメンディを中心に集中した対応で決定機まで持ち込ませない。 何とか3点目を奪って試合を決めたいマドリーは、81分に後半最初の決定機が訪れる。ロングカウンターからベンゼマ、ヴィニシウスのコンビで深い位置まで運ぶと、ボックス左でベンゼマの落としに反応したアザールが左足の鋭いシュートを放つ。だが、これは相手GKの好守に遭う。 すると、チャンスの後にはピンチあり。86分には兄イニャキのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出した弟ニコにボックス内でGKとの一対一を作られるが、ここはGKクルトワが自身の股間を狙った相手のシュートを見事に読み切ってセーブした。 その後、アンチェロッティ監督は3トップを揃ってベンチに下げてマリアーノ、ヨビッチ、トップデビューとなる19歳FWピーター・ゴンサレスを続けてピッチに送り出す。後半アディショナルタイムには前がかった相手の背後を突き、そのピーターとヨビッチにビッグチャンスが訪れたが、ここは相手GKのビッグセーブに遭い、試合を決め切ることはできず。 それでも、ベンゼマの2ゴールを守り切ったマドリーが苦しみながらも敵地から勝ち点3を持ち帰り、年内最終戦を白星で終えた。 2021.12.23 07:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly