「メッシと契約できたはず」ラ・リーガ会長がバルセロナに対し衝撃コメント、その理由も語る

2021.10.05 09:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、スペイン『コペ』の番組『エル・パルティダソ』でラ・リーガを取り巻く状況について語った。ラ・リーガは、今シーズン開幕前に国際的な投資ファンドであるCVCキャピタル・パートナーズ(CVC)との戦略的な合意を発表。「BoostLaLiga」と呼ばれる計画に対し、27億ユーロ(約3500億円)の資金調達が行われることを満場一致の合意で発表した。

これは合弁事業やスポンサー契約、スタジアム周囲のテーマパーク化、IT戦略、テレビ放映権事業といった商業活動の改善により、将来的な利益増を見込むものであり、利益の一部を確保することで投資を行うというものだ。
この資金の90%は各クラブに分配され、その金額はテレビ視聴者数や成績によって決まるもの。バルセロナは2億7000万ユーロ(約350億円)、レアル・マドリーは2億6100万ユーロ(約340億円)、アトレティコ・マドリーは2億ユーロ(約260億円)など、クラブによって差が生まれることとなる。

また、資金のうちの70%がスタジアムやトレーニング施設などのインフラ整備に、15%が債務更新や新型コロナウイルス(COVID-19)による損失の補填に、そして残りの15%が人件費として使用できることとなり、バルセロナの場合は4050万ユーロ(約53億円)が補強費として使用できることと定められた。

しかし、この制度の結果、今夏再契約を結ぼうとしていたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団を余儀なくされることに。さらに。バルセロナは多額の負債を抱えており、すでに獲得していた選手が登録できないというピンチに陥っていた。

そんな中、テバス会長がバルセロナについて言及。CVCによる制限はありながらも、メッシはバルセロナに残留できたはずだと語った。

「CVC契約を結んだ者は、そのうちの15%を選手補強に配分できるという合意があった。私の意見で言えば、彼らはメッシと契約できたはずだ」

「ラポルタは、デパイやアグエロなどの選手と契約をしたが、もし彼らと契約していなければ、メッシは残り続けただろう」

メッシはコパ・アメリカ参加などもあり、再契約を結ぼうとしたのは8月に入ってから。先に契約をしておけば、補強はできなかったかもしれないが、メッシは残せたということだろう。

また、バルセロナが陥っている財政危機についても言及。ラポルタ会長が以前チームを率いていた時とは異なると語った。

「バルセロナの経済状況は複雑だが、シーズンごとのターンオーバーが多い。制度上の小さな危機に陥っているが、それはスポンサーや他の活動を得るためには良くないことだ」

「私はまだラポルタを評価できない。彼が辞めた時とはとても異なるサッカーが見つかった。彼はとても産業的なサッカーをするようになり、よりビジネスライクで、会計面では厳格だ」

1 2

関連ニュース
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「2月ぐらいにはっきりさせたい」 ブスケッツが去就に発言

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)が今季限りでのバルセロナ退団説に言及した。 バルセロナの育成育ちで、2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でトップチームデビューして以降、中盤の要として地位を築くブスケッツ。34歳となった今季も優秀な若手が台頭するなかでいぶし銀の存在感を放つ。 今やバルセロナの主将としても頼れる存在だが、今季が契約最終年。その契約もあと半年を切ろうとしており、去就が騒がしくなるなか、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きが有力な線として浮上している。 ただ、何も決め事はないようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦するなか、『El Larguero』で来季のプレー先を問われ、「いや、まだだ。夏もそうだし、サラゴサでのスイス戦の会見でも言ったけど、まだ決めていない」と話した。 「色々と言われているのは把握しているけど、僕はいつだって同じような話をしてきた。サインしていない。様子を見ながら、2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」 また、今回のカタール大会が自身の代表キャリアにおける最後のW杯になる可能性については「まだ決めていないけど、どちらかというと、イエスに近い」と返して、こう続けている。 「もういい齢だけど、監督の信頼があって、良い感覚もある。とはいえ、最後に近づいているとは思う。でも、このW杯を楽しみたいし、今すぐ、あるいは大会後に決めるつもりはない」 2022.11.30 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly