「80歳のゾンビに見える」アメリカ代表英雄の銅像が建てられるも出来具合に微妙な反応…「ランドン・ウォーキング・デッドノバン」

2021.10.04 21:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アメリカ代表FWランドン・ドノバン氏(39)の銅像が建てられたが、人々は複雑な反応を示しているようだ。

アメリカ代表として歴代最多の58ゴールを挙げているドノバン。バイエルンやエバートンでのプレー経験もあるが、キャリアで最も輝きを放っていたのはロサンゼルス・ギャラクシー時代だ。

他クラブへの短期期限付き移籍を含めながらも2005年から2014年にかけて在籍。一度は引退を表明したものの、2016年9月には1シーズンながらLAギャラクシーで現役復帰を果たしていた。

レギュラーシーズンでは253試合に出場し、クラブ最多となる113ゴールを記録。アシストも「107」を数え、延べ7つのトロフィーを獲得している。

その功績が称えられ、銅像が建てられることになったドノバン。3日に行われた除幕式には本人も出席し、本拠地ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークに鎮座する像の前でポーズを決めた。

ただ、「USMNT(アメリカ男子代表)とLAの伝説」だと称賛する声も上がる中、銅像のクオリティに疑問を覚える人々も多いようだ。

顔や腕に刻まれた皺により、実年齢よりも老化して見えるとの声が上がっている。SNSには「恐ろしい…」、「ランドン・ウォーキング・デッドノバン」、「なぜ老化させたのか?」、「80歳のゾンビに見える」などのコメントが寄せられた。

実績はこの上ないだけに、本人も苦笑いだろう。なお、LAギャラクシーはこのほか、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の銅像も作成している。



1 2

関連ニュース
thumb

ジョナタン・ドス・サントス、父や兄が在籍したクラブ・アメリカに加入

クラブ・アメリカは24日、メキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントス(31)をフリートランスファーで獲得した。 バルセロナのカンテラ出身のジョナタン・ドス・サントスは、2012年7月にトップチームへ昇格を果たすも、出場機会に恵まれず2014年7月にビジャレアルへ完全移籍。 ビジャレアルで3年間で126試合に出場したが、2017年7月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーにへ完全移籍。同クラブでは在籍5シーズンで公式戦105試合に出場し6ゴール12アシストを記録。 だが、契約最終年となった2021シーズンもリーグ戦26試合に出場していたが、11月下旬に契約解除しフリーの状況となっていた。 クラブ・アメリカには、ドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍しており、兄である元メキシコ代表FWジョバンニ・ドス・サントスも2019年7月~2021年6月まで在籍していた。 2021.12.25 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

MLSの年間最優秀ゴールが決定! 胸コントロールからの鮮やかなバイシクルがファン投票1位を獲得

アメリカ、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)の年間最優秀ゴールが決定した。 ファン投票によって選出されるMLSの年間最優秀ゴール。2021シーズンの最優秀ゴールはレアル・ソルトレイクの元アメリカ代表FWルビオ・ルビンが、5月7日のサンノゼ・アースクエイクス戦で決めたバイシクルシュートに決定した。 ゴールレスで迎えた43分、左の深い位置からのスローインをダミル・クレイラフが頭でゴール前へつなぐと。これをルビンが胸でのワントラップから右足でバイシクルシュート。目の覚めるような一撃をゴール左上に突き刺した。 2014年にオランダのユトレヒトでプロキャリアをスタートさせたルビンは、デンマークやノルウェー、メキシコなどの様々なチームを渡り歩き、2021年1月にソルトレイクへと加入。MLS初年度となった今シーズンは34試合に出場し、8ゴール5アシストという記録を残している。 年間最優秀ゴールは、過去には2014年にオバフェミ・マルティンス(シアトル・サウンダース)、2018年にズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)、2009年にランドン・ドノバン(LAギャラクシー)らが受賞。ソルトレイクの選手が年間最優秀ゴールを受賞するのは2008年のウィル・ジョンソンに次いで2度目となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】MLS年間最優秀ゴールに選ばれたバイシクルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> STUNNER <br><br>As voted on by the fans, <a href="https://twitter.com/realsaltlake?ref_src=twsrc%5Etfw">@realsaltlake</a>&#39;s Rubio Rubin wins <a href="https://twitter.com/ATT?ref_src=twsrc%5Etfw">@ATT</a> 5G Goal of the Year honors! <a href="https://t.co/XIFP2cx9q6">pic.twitter.com/XIFP2cx9q6</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1463311362126450688?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、フランクフルトからFWヨベリッチを獲得! 昨季オーストリアで公式戦20ゴール

ロサンゼルス・ギャラクシーは5日、フランクフルトからセルビア代表FWデヤン・ヨベリッチ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「99」に決定。契約期間は2025年12月31日までの4年半となる。 2019年夏に母国屈指の名門ツルヴェナ・ズヴェズダからフランクフルトへのステップアップを果たしたヨベリッチ。快足を生かした推進力と確かな得点感覚を武器に、デビューシーズンから飛躍が期待されたが、2019-20シーズンは公式戦10試合1ゴールの数字に留まった。 そのため、昨年1月にベルギーのアンデルレヒト、昨夏にはオーストリアのヴォルフスベルガーに武者修行に出されていた。そのヴォルフスベルガーではリーグ戦で17ゴールを挙げるなど、公式戦46試合20ゴール5アシストと見事な活躍を見せていた。 2021.08.06 13:39 Fri
twitterfacebook
thumb

復帰目指すチチャリートがリハビリ中に突然涙を流す…

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(33)が、復帰に向けて懸命にリハビリに励む中で涙を流す様子を見せた。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 2020年1月にLAギャラクシーに加入したチチャリートの愛称で知られるハビエル・エルナンデスは、昨シーズンは度重なるケガやスランプによってどん底の1シーズンを過ごした。 それでも、今シーズンはインテル・マイアミとの開幕戦で2ゴール、翌節のニューヨーク・レッドブルズ戦でハットトリックを達成するなど、ここまでのリーグ戦10試合で10ゴールを挙げる圧巻の活躍を見せている。 しかし、先月初めのスポルティング・カンザスシティ戦のウォームアップの際に痛めた筋肉系の負傷によって、現在は負傷離脱を強いられている。 そういった中、復帰に向けて懸命にリハビリに取り組んでいるベテランFWは、自身のリハビリの様子を公式『インスタグラム』を通じて度々発信。 ただ、自身の感触として回復が順調に進んではいないようで、先日に投稿したトレーニング動画では器具を使って懸垂のエクササイズを行った後に突然涙を流してトレーナーに慰められる場面も映っていた。 その様子を見ると、チチャリートは精神的にかなり追い込まれているように思われたが、同選手はこの動画のキャプションに「僕らは常に困難な瞬間、困難な状況を経験しているけど、それをネガティブなものとして捉えるか、状況を利用して100%の力を発揮するための大きなモチベーションと捉えるかは自分たち次第なんだ。継続するかどうかの判断はいつでも自分の中にある」とコメント。リハビリのキツさを認めながらも自らを叱咤激励する姿勢を示した。 なお、メキシコサッカー界屈指のスーパースターであるチチャリートは、今年4月に行われた会見の場でスーパースターとしての苦悩を吐露すると共に、多くの人が個人的な問題に関してよりオープンに話せるようになることを願っていると、メンタルヘルスに関して持論を展開していた。 その際には「弱さを見せていくことは、僕がより積極的に取り組んでいること」、「情熱を持って仕事をするために、常に向上心を持ち続けたいと思っている。僕らは互いにそれを要求する必要があると思うけど、それは完璧さを求めるということではないんだ」というコメントも残していた。 今回のトレーニング中に涙を見せた動画の投稿の背景には、そういったチチャリートの考え方の変化が強く反映されているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】リハビリ中に突然の涙</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR6jpsPAUZ3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR6jpsPAUZ3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR6jpsPAUZ3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank"></a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.08.03 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

チチャリート躍動のLAギャラクシーがインテル・マイアミに逆転勝利、ネビル監督は初陣で黒星《MLS》

2021シーズンが開幕したメジャーリーグ・サッカー(MLS)だが、開幕戦からレベルの高い戦いが見られた。 デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、ホームに古巣でもあるロサンゼルス・ギャラクシーを迎えての一戦。かつてヨーロッパで活躍した選手たちが躍動した。 インテル・マイアミは、イングランド女子代表の監督を務めていたフィル・ネビル監督の初陣に。互いに試合は堅い入りを見せ、なかなかゴールを奪うことができない。 それでもインテル・マイアミは32分、ボックス中央で横パスを受けたゴンサロ・イグアインが豪快に左足一閃。しかし、これはGKにセーブされてしまう。 それでも前半アディショナルタイムにはイグアインが浮き球のパスに反応し抜け出すと、そのままドリブルでボックス内に侵入しGKと一対一に。すると横パスを出し、ロビー・ロビンソンが落ち着いて流し込み、インテル・マイアミが先制する。 先制を許したLAギャラクシーだったが、後半もインテル・マイアミに押し込まれる展開に。それでも62分、左サイドで29がパスを受けると、ドリブルで持ち上がりグラウンダーのクロス。これをボックス中央受けた“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが相手をかわしてシュート。これが決まり、1-1の同点に追いつく。 追いつかれてしまったインテル・マイアミだが、66分にPKを獲得。ロドルフォ・ピサーロがボックス内で倒されて得たPKをイグアインが右隅にしっかり決め、2-1と勝ち越しに成功する。 勝ち越しに成功したインテル・マイアミだが、73分に失点。左サイドからのクロスをGKがファンブル。こぼれ球をチチャリートが詰めて再び同点に追いつく。 さらに81分には、右サイドを仕掛けるとグラウンダーのクロスがルーズボールに。最後はマイナスのパスをサーシャ・クリエスタンが蹴り込むとGKは全く反応できず、左ポストを叩いたシュートが決まり、LAギャラクシーがついに逆転。そのまま逃げ切り、2-3で開幕戦を制した。 インテル・マイアミ 2-3 ロサンゼルス・ギャラクシー 1-0 45+2分:ロビー・ロビンソン(インテル・マイアミ) 1-1 62分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-1 68分:ゴンサロ・イグアイン(インテル・マイアミ)【PK】 2-2 73分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-3 81分:サーシャ・クリエスタン(LAギャラクシー) <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なムーブで相手DFをいなすチチャリートの妙技!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">CHICHARITOOOO!<br><br>All tied up in <a href="https://twitter.com/hashtag/MIAvLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MIAvLA</a>! <a href="https://t.co/ll2hX764ZA">pic.twitter.com/ll2hX764ZA</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1383884725547257857?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 14:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly