負傷明けで先発の古橋に再三の決定機も…、セルティックが守護神躍動のレバークーゼンに完敗《EL》

2021.10.01 06:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは9月30日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第2節でレバークーゼンをホームに迎え、0-4で敗れた。セルティックのFW古橋亨梧は74分までプレーしている。9月の代表戦でヒザを負傷した古橋の復帰戦かつELデビュー戦。[4-5-1]の最前線に構えた古橋は開始2分、先制のビッグチャンスが訪れる。相手のバックパスミスをカットし、GKもかわしてシュートに持ち込みかける。しかし、懸命に戻ったターにシュートをブロックされた。

さらに19分、ジョタのパスでボックス右に抜け出した古橋がシュートに持ち込んだが、GKフラデツキーにセーブされてボールはわずかに枠の左へ。

すると25分、レバークーゼンに先制される。ターンブルがバッカーの突破を許してクロスを入れられると、インカピエのシュートがモンゴメリーに当たってゴールに吸い込まれた。

さらに35分、ボックス手前左からパウリーニョにスルーパスを通されると、ファーサイドのヴィルツに蹴り込まれた。

セルティックが2点を追う展開で迎えた後半開始1分、古橋がボックス右から左足のコントロールシュートでゴールに迫るも、GKフラデツキーのビッグセーブに阻まれる。

さらに51分、ジョタのカットインシュートが枠の右を捉えたが、ここもGKフラデツキーが立ちはだかった。

すると56分には自陣ボックス内でシュートブロックに入ったカーター=ヴィッカーズのハンドを取られてセルティックはPKを献上。これをアラリオに決められて0-3とされた。

厳しいセルティックは60分、古橋に決定機。ジョタのヘディングシュートが左ポストに直撃したルーズボールを古橋が左足ボレーで狙ったが、枠の左に外れてしまった。

74分に古橋がピッチを後にしたセルティックは、追加タイムにアドリにゴールを許して0-4で敗戦。2連敗スタートとなった。

関連ニュース
thumb

「前田は本物」デビュー4分で初ゴールのセルティック前田大然を現地サポーターも称賛「速かった」

セルティックの日本代表FW前田大然は、早くもサポーターの心を掴んだようだ。 セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。 その前田は開始4分、相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、デビューからわずか数分でいきなりのゴールを奪った。 早々に結果を残した前田には多数の称賛が。「速かった」、「日本の新選手のデビューを見られてうれしい!」、「前田は本物」など、早くもサポーターの心を掴んだようだ。 前田の鮮烈デビュー弾で先制したセルティックは、その後追加点を奪って2-0で勝利。なお、同じく先発で新天地デビューを果たした旗手は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれている。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然のセルティック加入後初ゴール(0:33~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4IFK44d6PwE?start=33" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.01.18 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「新人らしい謙虚な反応だ」デビュー戦でMOTMの旗手怜央、信じられず困惑する様がカメラに抜かれる

セルティックに加入した日本代表MF旗手怜央がデビュー戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。 セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である旗手、FW前田大然が先発出場、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。 試合は開始4分に前田のデビュー弾でセルティックが先制、25分にも追加点を奪い、2-0で勝利を収めた。 左インサイドハーフでの起用となった旗手は球際の勝負でもきっちり戦い、川崎フロンターレ仕込みの正確な立ち位置、プレー判断で早くも攻撃のリズムを作り出した。さらに36分には前田に続き旗手にもデビュー戦ゴールかと思われた右足のミドルシュートを放つなど、存在感を発揮。75分に井手口との交代でピッチを後にするまで活躍を見せた。 ベンチに下がった旗手だが、この試合ではもう1つ見せ場を作る。 試合終盤、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに旗手が選出。しかし、ベンチに下がっていた旗手はまさか自分が選ばれるとは思っていなかったのか、隣に座っていたMFジェームズ・フォレストが優しく説明。最初は信じることができず何度か聞き返していた旗手だが、理解すると思わず笑いをこぼしていた。 旗手とフォレストのやり取りはカメラにも抜かれており、イギリス『デイリー・レコード』も「フォレストが笑いながら『君だよ』と言うと、旗手は首を振りながら笑い、新人選手らしい謙虚なリアクション」と伝えている。 <span class="paragraph-title">【動画】MOTMと知った旗手が驚き何度も聞き返す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Reo Hatate finding out he was named MOTM <a href="https://t.co/uqpaxmRWW4">pic.twitter.com/uqpaxmRWW4</a></p>&mdash; Everything Celtic (@aboutceltic) <a href="https://twitter.com/aboutceltic/status/1483201198798876674?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「それいけダイゼンマン」セルティックFW前田大然のゴールパフォに古巣横浜FMも反応

セルティックの日本代表FW前田大然のゴールに古巣も反応した。 セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。 その前田は開始4分、相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、デビューからわずか4分でいきなりのゴールを奪った。 ゴールを決めた前田は、Jリーグ時代から行っていたアンパンマンのゴールパフォーマンスを実施したが、これには古巣の横浜F・マリノスも反応。クラブの公式ツイッターで、セルティックの投稿を引用しながら「なんと寝ている間に、デビュー戦で #前田大然 選手が #celtic 初ゴール そしてスコットランドでもこのゴールパフォーマンス #それいけダイゼンマン」と綴った。 一方の前田も古巣のツイートに返信。「ゴールパフォーマンス出来ました!#アンパンマン」と報告している。 最高のデビューとなった前田だが、この一戦には大きな注目が集まっていたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】前田大然の最新アンパンマンポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Look familiar? <a href="https://twitter.com/hashtag/CELHIB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CELHIB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/cinchPrem?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#cinchPrem</a> <a href="https://t.co/NBPDj0V1FD">https://t.co/NBPDj0V1FD</a> <a href="https://t.co/lenLhFq0Xu">pic.twitter.com/lenLhFq0Xu</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1483198200618049542?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本のアニメです」セルティックでデビュー弾の前田大然がゴールパフォーマンスを解説!現地のファンは「もっと見るのを楽しみにしてます」

セルティックの日本代表FW前田大然が自身のゴールパフォーマンスを説明した。 セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。 古橋に代わって3トップの中央で先発した前田はわずか4分で結果を残す。相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。ダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、いきなりのゴールを奪った。 デビュー弾の前田は、ゴールパフォーマンスで古巣の横浜F・マリノス時代から行っているアンパンマンのポーズを披露。長女からのリクエストにスコットランドの地でも応えた。 75分までプレーしセルティックの勝利に貢献した前田は、試合後に自身のツイッターを更新。ポーズを取っている自身の写真の投稿を引用する形で、「今夜の応援ありがとうございました!とても嬉しく、もっと貢献したいです」と感謝を綴った後、「日本のアニメです #Anpanman #アンパンマン」とゴールパフォーマンスのイメージを明かしている。 これには現地のセルティックサポーターも「君のためにアニメをみるよ」、「素晴らしいデビュー!!!もっと見るのを楽しみにしています」、「ナイスゴール!」、「それが大好きです!」といった言葉を寄せている。 セルティックでは古橋がゴールを決めた際に作るきのこポーズが話題を呼んでいたが、次はアンパンマンのポーズが流行することになるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】前田大然の最新アンパンマンポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Look familiar? <a href="https://twitter.com/hashtag/CELHIB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CELHIB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/cinchPrem?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#cinchPrem</a> <a href="https://t.co/NBPDj0V1FD">https://t.co/NBPDj0V1FD</a> <a href="https://t.co/lenLhFq0Xu">pic.twitter.com/lenLhFq0Xu</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1483198200618049542?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ポステコグルーがデビューの前田大然、旗手怜央、井手口陽介に「3人ともよくやった」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督も日本からの新戦力に満足感を示した。 今冬にFW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介を獲得したセルティックは17日に本拠地で行われたスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦を2-0で勝利。FW古橋亨梧が負傷欠場したが、見事に2022年を白星スタートで切った。 この試合では前田、旗手、井手口がさっそくセルティックデビュー。前田と旗手は揃って先発して、井手口は75分からピッチに入った。そのなかで、前田は4分にデビュー即ゴールの活躍。旗手に至っては試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。 イギリス『FourFourTwo』によると、ポステコグルー監督は試合後、日本人選手3名の働きに賛辞の言葉を送った。 「このクラブでプレーするのがどういうことなのかを彼らやヨウスケに理解してもらうのために良い試合だったと思う。特に良い相手とのホーム戦では準備万端で臨まなければならない。3人ともよくやったよ」 「私はダイゼンをよく知っているし、レオやヨウスケもすぐに馴染んでくれるだろうと思っていた。良い環境がこのクラブにある。選手たちは彼らを歓迎して、コーチングスタッフも情報伝達に尽力してくれた」 「そして、何よりも彼らは優れたフットボーラーだ。優秀な選手をチームに組み込めない監督は世界中のどこにもいないはず。良いスタートが切れたね」 2022.01.18 10:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly