7試合ぶり白星の松本が降格圏脱出、東京クラシックは町田が粘り勝ち【明治安田J2第31節】

2021.09.26 17:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第31節の4試合が、26日に各地で行われた。

勝ち点27で21位に沈む松本は18位北九州(勝ち点29)とのシックスポインターに臨んだ。伊藤の連続フィニッシュなどで攻勢に出たが、24分に手痛いミス。バックパスを受けたGK村山のコントロールが大きくなったところを前川にさらわれ、ゴールに流し込まれた。

先制した北九州は38分に新垣がカットインからシュート。これが橋内に当たってこぼれると、前川が詰めてネットを揺らす。副審はオフサイドのフラッグアップをしたが、主審は橋内の手に当たっていたとして北九州にPKを与える判定を下す。だが、佐藤亮の強烈な左足のシュートはバーを叩いた。

救われた松本はハーフタイムに2枚替え。前節殊勲の同点弾を挙げた榎本らを投入すると、52分には右サイドでのFKから橋内が蹴り込んで汚名返上の同点ゴール。さらに61分には自陣でのFKをGK村山が前線へ送ると、榎本の頭での落としから伊藤が流し込んで逆転に成功した。

終盤は選手交代も駆使して時計の針を進めた松本が7試合ぶりの勝利で18位に浮上し、降格圏を脱出した。一方、敗れた北九州は降格圏の19位に順位を下げた。

上位争いを演じる町田(勝ち点52)は東京Vの本拠地へと乗り込んだ。『セガサミーグループpresents東京クラシック~東京から世界へ~』と銘打たれたダービーマッチでは、大人気アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のメインキャラクター、アルルの声優を務める園崎未恵さんが選手紹介を務めた。

互いに多くのシュートシーンを作りながらゴールレスで折り返すと、後半開始早々に町田が試合を動かす。髙江が右サイドの深い位置へ浮き球のパスを送ると、後半の頭から投入された太田がワンタッチで福村をかわして折り返す。最後はゴール前で平戸が右足で合わせ、ネットを揺らした。

以降は東京Vがボールを保持して町田の守備ブロックを崩しにかかるも、前半とは異なりフィニッシュまで持ち込めるシーンが減少。サイドを起点に打開を試みるが、町田の守備陣に冷や汗をかかせる場面を作り出せない。

先制して以降はほぼ守備に時間を割かれたアウェイチームは、終盤に水本を投入して逃げ切りを図る。盤石の態勢でタイムアップを迎え、2試合ぶりの白星で上位戦線に踏みとどまった。

水戸と金沢の一戦は、40分に伊藤のPKで水戸が先制するも、セットプレーの二次攻撃から庄司が頭で合わせて試合を振り出しに。だが、ホームチームが意地を見せ、同点でタイムアップかと思われた後半のアディショナルタイムに途中出場の藤尾が値千金の決勝ゴール。3試合ぶりの勝利を収めている。

ホームで秋田と対戦した岡山は、14分に武のゴールで先制を許す。攻め込みながらも秋田の牙城を崩し切れなかったが、試合終了間際にセットプレー崩れから安部がネットを揺らし、土壇場で同点に。そのままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。

▽9/26(日)
ファジアーノ岡山 1-1 ブラウブリッツ秋田
松本山雅FC 2-1 ギラヴァンツ北九州
水戸ホーリーホック 2-1 ツエーゲン金沢
東京ヴェルディ 0-1 FC町田ゼルビア

▽9/25(土)
ザスパクサツ群馬 0-1ジェフユナイテッド千葉
大宮アルディージャ 1-0 SC相模原
アルビレックス新潟 1-0 ヴァンフォーレ甲府
京都サンガF.C. 2-0 栃木SC
ジュビロ磐田 2-0 FC琉球
レノファ山口FC 1-3 V・ファーレン長崎
愛媛FC 0-4 モンテディオ山形

関連ニュース
thumb

逆転昇格目指すアルビレックス新潟が早くも2022シーズンのユニフォームを発表!

アルビレックス新潟は21日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。 J1昇格を目指す新潟は、現時点で勝ち点61の5位。昇格ラインの2位京都サンガF.C.との勝ち点差は「10」となっており、8試合を残して逆転昇格にわずかな望みを残している。 その新潟の来季の1stユニフォームは、オレンジが全面に出たデザインになっており、ブルーの細いストライプが施されている。 一方の2ndユニフォームは、白が基調になっており、1stユニフォーム同様にブルーの細いストライプが施されている。また、シャツの袖口にもブルーが配色されている。 また、どちらもサプライヤーであるアディダスの3本線が肩にブルーでデザインされている。 新潟は、10月26日(火)の18時からユニフォームの先行予約を受け付けることを発表。GKユニフォームについては、12月中旬頃に発表するとしている。 <span class="paragraph-title">【写真】早くも発表されたアルビレックス新潟の2022シーズンユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2022シーズン<br>ユニフォームデザイン決定‼️<br>\<br><br>細いストライプがアクセントを利かせている新ユニフォーム<a href="https://twitter.com/hashtag/adidas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#adidas</a> 伝統の3本ラインをブルーで表現しています<br><br><a href="https://t.co/hNSLHckkyw">https://t.co/hNSLHckkyw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/albirex?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#albirex</a> <a href="https://t.co/ZDD3qct4MI">pic.twitter.com/ZDD3qct4MI</a></p>&mdash; アルビレックス新潟 (@albirex_pr) <a href="https://twitter.com/albirex_pr/status/1451111020316012544?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.22 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮の守備を支えたDF河本裕之が現役引退を発表…神戸でも長らくプレー「残留のために精一杯プレーし続ける」

大宮アルディージャは22日、DF河本裕之(36)の現役引退を発表した。今シーズン限りでの現役引退となる。 兵庫県出身の河本は、滝川第二高校からヴィッセル神戸へと2004年に入団。プロ1年目から結果を残していく。センターバックだけでなくサイドバックでもプレーした河本は、空中戦の強さを武器に攻守に貢献。2012年夏に大宮へと期限付き移籍し、残留争い中のチームを救う活躍を見せる。 2013年は所属先の神戸がJ2へと降格したためにチームに復帰。1年でのJ1復帰に貢献し、2014年も神戸でプレーしたが、2015年にJ2へと降格した大宮へと完全移籍。以後、大宮でプレーを続けた。 大宮ではDF菊地光将(現レノファ山口FC)とともに強力なCBコンビを形成。また得点力を生かし、セットプレーからチームを救うゴールを決めるなど活躍。近年は突発性難聴に苦しんだ他、ケガで離脱する機会が増えたものの、J2を戦う大宮で年間20試合以上に出場していた。 今シーズンは岩瀬健監督体制時は、出場機会を得ることができなかったものの、霜田正浩監督就任後はコンスタントに出場。ここまで13試合に出場し1得点を記録。残留を争うチームをベテランとして支えている。 なお、大宮ではここまでクラブ歴代10位となるリーグ戦通算185試合に出場している。河本はクラブを通じて、引退についてコメントしている。 「大宮アルディージャのファン・サポーター、パートナーの企業の皆様、日頃より大宮アルディージャをご支援ご声援いただきありがとうございます。ヴィッセル神戸、大宮アルディージャで現役生活を過ごしましたが、このたび今シーズン限りで現役を引退することにしました」 「まずは残り8試合、大宮アルディージャのJ2残留のために持てる力を出し切って精一杯プレーし続けますので、最後まで熱い後押しをよろしくお願いいたします」 また、代表取締役社長の佐野秀彦氏も河本の引退にコメントしている。 「ファン・サポーターや地域の皆さまをはじめ、パートナー企業や後援会の皆さま、日頃より多大なるご支援、ご声援を賜り誠にありがとうございます。皆さまにご報告です。このたび、河本選手から『今シーズン限りで現役を引退したい』との申し出を受けました」 「正直、私自身としては、まだまだ出来る、引き続きピッチでの躍動を期待したいという気持ちでおりますが、河本選手から直接、『本当に熟考して決断しました』という言葉を聞き、申し出を受けることとしました」 「今シーズン序盤は出場機会がない中でも気持ちを落とさずにチームを鼓舞し続け、霜田監督体制ではチームの中心として活躍を続け、第32節栃木SC戦ではコーナーキックから得意のヘディングで今季初得点を挙げる活躍もありました」 「河本選手がピッチ上でみせる熱い闘志を前面に出して戦う姿勢、寡黙で果敢なプレースタイルは、チームにとって必要不可欠であり、ファン・サポーターからも支持され最も愛されている選手の一人でもあります」 「河本選手の今シーズン限りでの現役引退という決断をクラブにかかわるスタッフ全員がしっかりと受け止め、みんなが『コウモのため』にという気持ちを持って、残り8試合全力で臨む覚悟です。引き続きの熱いご支援、ご声援を何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.22 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜のブラジル人MFレレウが契約解除…ブラジルへ帰国「家族の問題を優先」

FC岐阜は21日、ブラジル人MFレレウ(28)の契約解除を発表した。双方合意の下での解除となる。 レレウは、2019年にアトレチコ・ミネイロから湘南ベルマーレへと加入。同年7月からは水戸ホーリーホックへと期限付き移籍を経験。そのまま退団すると、2020年10月に岐阜へと加入していた。 岐阜では2020年に明治安田生命J3リーグで11試合に出場し1得点。今シーズンはここまでJ3で8試合、天皇杯で1試合に出場していたが契約解除。ブラジルに帰国するという。 レレウはクラブを通じてコメントしている。 「岐阜に来てからファン・サポーターの皆さんに温かく迎えていただき、今日まで岐阜のために常に全力で戦ってきました」 「今回、家族の問題を優先すべくチームを離れ、帰国することになりとても残念です。素晴らしいクラブで過ごせたこと、ファン・サポーター、スタッフ、選手にとても感謝しています」 2021.10.21 18:13 Thu
twitterfacebook
thumb

7戦未勝利で昇格争いから脱落の琉球が樋口靖洋監督を解任、喜名哲裕HCが後任に

FC琉球は20日、樋口靖洋監督(60)の解任を発表した。なお、喜名哲裕ヘッドコーチ(44)が後任に就任することとなる。 樋口監督は、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を務め、2019シーズンから琉球を率いていた。 J2に昇格したチームを率いた樋口監督は、就任1年目は開幕4連勝を達成するなど台風の目となるが、中盤戦以降は連敗が続くなどし最終的には14位でシーズンを終えた。 2年目の2020シーズンは、開幕9試合勝利なしと不調のスタートとなったが、徐々に盛り返すも16位でフィニッシュ。3シーズン目の今シーズンは、開幕5連勝、8戦無敗と好スタートを切ったが、後半戦は全く結果を出せず、直近は7戦未勝利(1分け6敗)と結果を出せず、8位と昇格争いから一気に転落していた。 後任の喜名ヘッドコーチは、現役時代は名古屋グランパスやFC東京、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。引退後は指導者となり、2016年に琉球のトップチームコーチとU-18監督に就任。2017年からヘッドコーチを務めていた。 両者はクラブを通じてコメントしている。 ◆樋口靖洋監督 「残り8試合を残してチームを離れる事になり、チーム関係者、選手・スタッフは勿論、これまで応援して頂いたファン・サホーターの皆様に大変申し訳なく思います」 「最後までやり切れなかった事は、本当に残念であり悔しい気持ちが強く残っていますが、J1昇格の可能性がほぼ無くなった事と、直近の戦績の結果責任は監督にあり、このクラブの判断は受け入れなければいけないものだと思っています」 「FC琉球では3シーズンに渡り指揮を執らせて頂きました」 「ホップ・ステップ・ジャンプとチーム力を上げ、3年後にはJ1にチャレンジするという目標をクラブと共有し、チーム作りを行ってきました今シーズン、9月以降難しい試合が続き失速してしまいましたが、シーズンの2/3を昇格の可能性を持って戦うことが出来ました。これは選手の成長と頑張り以外の何ものでもありません」 「共に戦った選手・スタッフを誇りに思います」 「昇格という目標は叶いませんでしたが、「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」を貫き、そのスタイルを積み上げ、クラブの礎となるものは築けたのではないかと思います」 「コロナ過の難しい状況にも関わらず、練習グラウンドを御提供頂いた自治体の皆様、いつも素晴らしいグラウンドを用意して頂いた、芝生管理の皆様、経済状況の厳しい中でもご支援を頂いたスポンサーの皆様、そしてスタジアムに足が運べない中でも応援を続けて頂いたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「今後のクラブの発展とFC琉球に関わる全ての皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。これからは、FC琉球のファンとして大好きな沖縄を訪れたいと思います」 ◆喜名哲裕ヘッドコーチ 「この度、FC琉球の監督に就任させていただきました喜名哲裕です。今回の監督交代はヘッドコーチとしてサポート出来なかった責任を強く感じております」 「2016年よりFC琉球トップチームに携わり多くのことを学び成長させていただいた中で恩もありますし今回、監督を引き受ける決断をいたしました」 「これまでチームが積み上げてきたものを大切にしながら、さらに前進させ攻守ともにアグレッシブに戦い、FC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開していきたいと考えております」 「多くのサポーターの皆様に応援していただけるよう強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜きます。熱いご声援のほど宜しくお願いします」 また、倉林啓士郎会長が退団する樋口監督、新たに率いる喜名新監督へコメントしている。 「樋口監督には、FC琉球がJ3リーグからJ2リーグへ戦いの舞台を移した2019シーズンから、クラブとして新しくレベルを試された難しく不安もある時期を3シーズン共に過ごして頂きました。いつもチームやクラブに対して献身的で、目の前の勝利のためにプロフェッショナルとして挑戦を続ける樋口監督のもと、チームは「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」 スタイルを築き上げ、3シーズンを戦い抜いてきました」 「特に今シーズンはコロナウィルスの影響を受けながらも、開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮して、J1昇格の可能性を感じさせ、ファン・サポーター・関係者に感動と喜びを与え続けてくれました。シーズン最後まで一緒に仕事をすることを楽しみにしていましたが、この数ヶ月は私達が思い描いていたような結果にはならなかったことを、とても残念に悔しく思っています』 「樋口監督のこれまでの多大なる貢献にクラブを代表して感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました」 「今シーズン残り8試合は、沖縄県出身者でもある喜名ヘッドコーチが新監督となり指揮をとる事になります。沖縄初のJリーグ監督として、持ち前の柔軟な発想と思い切りの良さで、チームを勝利に導いてくれる事を期待しております。「沖縄とともに、強くなる。」チームを支えて頂いているファン・サポーター・パートナーの皆様にも、引き続きのご支援・ご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.20 12:28 Wed
twitterfacebook
thumb

キック時に転倒し負傷交代の相模原GK竹重安希彦、左膝蓋じん帯断裂と診断

SC相模原は20日、GK竹重安希彦の負傷を発表した。 クラブの発表によると、竹重は10日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の京都サンガF.C.戦で負傷。左膝蓋じん帯断裂と診断されたとのことだ。 なお、全治などは明かされていない。 竹重は京都戦に先発出場。0-0で迎えた36分にFKから前線へフィードした際に足を滑らせ転倒。ミスキックを拾われ京都にカウンターを許し、ピーター・ウタカが持ち込むと無人のゴールへロングシュートしていた。 竹重は転倒した際に負傷し、懸命に戻ったがゴールを防ぎきれず。40分にGK三浦基瑛と交代していた。 今シーズンから相模原へと加入した竹重は、ここまで明治安田生命J2リーグで16試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ウタカが無人のゴールへ! 負傷したGK竹重が懸命に戻るもゴールを防げず…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田生命J2リーグ 第33節<br> 京都vs相模原<br> 1-0<br> 36分<br>ピーター ウタカ(京都)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFCvs%EF%BC%B3%EF%BC%A3%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFCvsSC相模原</a><br>その他の動画はこちら<a href="https://t.co/JUEMOXLYeZ">https://t.co/JUEMOXLYeZ</a> <a href="https://t.co/XKlqDgoHVR">pic.twitter.com/XKlqDgoHVR</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1447171554006245383?ref_src=twsrc%5Etfw">October 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 10:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly