ペップ、4度目の挑戦にしてトゥヘル・チェルシー撃破 「最初の1秒から最後の1秒まで自分たちの試合をしようと…」

2021.09.26 09:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

シティは25日にアウェイで行われたプレミアリーグ第6節でチェルシーと対戦。昨季のリーグ王者と欧州王者、そしてチャンピンズリーグ(CL)決勝の再現カードとして大きな注目を集めての一戦を53分に記録したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスのゴールで勝ち切った。

2試合ぶりの白星で5試合無敗となり、他会場の結果も受けて2位に浮上したグアルディオラ監督は試合後、「最初の1秒から最後の1秒まで自分たちの試合をしようとした。素晴らしかったね。本当に良い戦いぶりだった。勝ち点3の獲得は非常に良いことだ」と満足感を露わにした。

トーマス・トゥヘル監督がチェルシーを率いるようになってから昨季のプレミアリーグ、FAカップ、CLで敗れ、“4度目の正直”となる今季一発目の顔合わせで勝利したスペイン人指揮官はまた、相手に敬意を払いつつ、過去の対戦に悔いなしを主張した。

「我々は過去にチェルシーを相手に3度も負けた。彼らは非常に優れ、監督も並外れているからだ。ロマン・アブラモビッチがオーナーになってからのチェルシーは毎シーズンのように例外的な存在。過去3試合に関しては我々もうまくいっていなかったし、不満なしだ。CLの決勝に勝ち進めたという部分に関しては誇らしく思っている」

そんなチェルシー戦での勝利はグアルディオラ監督にとって、シティの歴代指揮官で最多の221勝目に。「誇らしいね。私はこの221試合で一度もゴールを決めたことがない。クラブにいるすべての人々と共有する。この記録の持ち主だったレス・マクドウォールに近づくことができて、どれだけ誇りに思っているかは否定できない。もっと積み重ねていけるよう努力する」と語った。

関連ニュース
thumb

4連覇中の王者シティ、ウェストハムにPK戦負けで敗退《EFLカップ》

マンチェスター・シティは27日、EFLカップ4回戦でウェストハムとのアウェイ戦に臨み、90分を0-0で終了。PK戦の末、3-5で敗れた。 . 4日前に行われたプレミアリーグのブライトン戦を4-1と快勝したシティは、そのブライトン戦のスタメンからギュンドアンとウォーカー以外の9選手を変更。3トップには右からマフレズ、パーマー、スターリングと並べた。 そのシティが押し込む展開で推移するも、なかなかシュートに持ち込むことはできない。19分にはノーブルに際どいシュートを許すと、GKステッフェンが何とかセーブした。 前半半ば以降もシティがハーフコートで試合を進めたが、最前線のパーマーにボールが入らず、スターリングの単騎突破以外に攻め手のないままゴールレスで前半を終えた。 ゴールレスで迎えた後半、シティは57分にデ・ブライネが左足ミドルでGKアレオラを強襲。さらに直後のCKからストーンズが決定的なヘディングシュートを浴びせるも、ここもGKアレオラの好守に阻まれた。 62分に3枚替えを敢行し、ボーエン、フォルナルス、ベンラーマと主力を投入してきたウェストハムに対し、後半終盤にかけても攻め込んだシティだったが、ゴールを割るには至らず、決着はPK戦に委ねられた。 そのPK戦では1番手のキッカーを務めたフォーデンが失敗。ウェストハムのキッカー5選手全員が成功したことでシティは敗退。5連覇への道は4回戦で途絶えることとなった。 2021.10.28 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

12日で4試合を戦う過密日程…ギュンドアンは苦に思わず「たくさん試合をしたい」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、過密日程を楽しんでいるようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今季もプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップ、EFLカップと四足の草鞋を履くシティ。8月からの3カ月で15試合に達しており、ドイツ代表の常連でもあるギュンドアンは、仮に全試合に出場した場合、20試合に上る。 そんな中、27日にはカラバオカップ(EFLカップ)4回戦でウェストハムとのアウェイ戦が控えており、この12日間で4試合目となる。確実にコンディションに悪影響を及ぼすであろう過密日程だが、ギュンドアンは苦に思っていない様子。むしろポジティブに捉えているようだ。 「(ウェストハム戦を)楽しみにしているよ。試合と試合の間にはあまり時間がないけど、それもまた良いことだと思っているんだ」 「結局のところ僕たちはサッカー選手だから、できるだけ多くの試合をしたいと思っているよ。試合から試合へ。今は次の試合へと向かっている」 「アウェイでの厳しい試合になるだろうけど、準備はできている。できる限り駒を進められるようにベストを尽くすよ」 2021.10.27 17:44 Wed
twitterfacebook
thumb

相手選手同士を衝突させる…B・シウバの“鬼”キープに「なぜ奪われないんだ…」

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのテクニックに注目が集まっている。 シティは23日、プレミアリーグ第9節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。B・シウバは中盤でフル出場を果たした。 13分にMFイルカイ・ギュンドアンの先制ゴールをアシストしたB・シウバだが、ファンを沸かせたのは3点リードで迎えた58分の場面だ。 自陣でボールを受けたB・シウバは右サイドを持ち上がると、プレッシャーをかけてきたブライトンのMFヤクブ・モダーとMFアダム・ララナに前後から挟まれる。モダーがスライディングを仕掛けた瞬間、B・シウバは鋭い切り返しでかわすと、急な方向転換を予測できなかったララナはそのまま味方のモダーへと突っ込んでしまった。 さらに、寄せてきたMFマルク・ククレジャに対しても完璧なボディフェイントでかわし、ボールを奪われることはなかった。 このテクニックは、シティの日本語版ツイッターも「ベルナルド・シウバの鬼キープ」と題して紹介。「なぜ奪われないんだ…」と驚きを隠せなかった。 今夏の移籍願望で注目を集めた技巧派MFだが、今季はシティの中盤で欠かせぬ存在となっているB・シウバ。尋常ではないキープ力はジョゼップ・グアルディオラ監督も重宝するはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】B・シウバの“鬼”キープ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">なぜ奪われないんだ...<a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://t.co/YgDqYwAKLr">pic.twitter.com/YgDqYwAKLr</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1452469211599605761?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.26 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「パジャマみたい」初お目見えとなったシティの3rdキット、多分に漏れず否定的な声が多数

プーマの3rdユニフォームにはやはり否定的な声が多いようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えた。 発表当時から否定的な声の多かったプーマの共通サードキット。ドルトムントなどはファンの猛批判を受けてデザインをマイナー・チェンジするなど、様々な物議を醸していた。 同じくプーマをサプライヤーとするマンチェスター・シティのサードユニフォームも例に漏れない。紺を基調に、プーマのロゴ、『MAN CITY』の文字、メインスポンサーのエティハド航空のロゴが、全て中央寄せで配置されたユニフォーム。素地にもうっすらとエンブレムが施されているが、デザインには燦々たる声が上がっている。 シティは23日のプレミアリーグ第9節、アウェイでのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で初めてこのサードユニフォームを着用して臨んだ。デザインに関する是非はともかく、この試合では4-1の快勝を手にすることができた。 現在は「ハイストリートの屋台にある安いレプリカのよう」、「パジャマみたい」などのネガティブな声の多いデザイン。だが、このまま結果を残し続けていけば、肯定的な声が増加する可能性もあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】初お目見えとなったシティの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Honest opinion about our 3rd kit? <a href="https://t.co/E1roSvr85p">pic.twitter.com/E1roSvr85p</a></p>&mdash; City Chief (@City_Chief) <a href="https://twitter.com/City_Chief/status/1451611421746286594?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 07:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シティに善戦のブライトン、グレアム・ポッターは自信を得る「満足感しかない」

マンチェスター・シティ相手に善戦を見せたブライトン。グレアム・ポッター監督は大きな満足感を得たようだ。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。 22日に行われたプレミアリーグ第9節のブライトンvsシティ。試合は前半30分でシティが3点を奪う一方的な展開となったが、後半からブライトンが本領を発揮。シティのお株を奪うような攻撃を披露し、81分には相手の守備を崩して確かな1点で一矢報いた。 最終的に1-4で敗れたものの、王者を押し込んだ後半のパフォーマンスに指揮官は大いに満足している様子。力負けしたことは認めつつも、次に繋がる一戦だったと総括した。 「後半のパフォーマンスを誇りに思う。我々はチャンピオンと戦った。彼らが勝利に相応しかったよ。しかし、チームは全てを出し尽くし、スピリットとクオリティを示すことができた。もちろん、配線には失望しているが、シティの方が優れていたのは認めざるを得ない」 「点差がつくと難しくなってしまうが、今回は前半にそうなってしまった。いくつかのミスが失点につながり、0-3になってしまった。しかし、選手たちの反発力を称賛したい。彼らは自らに負い目を感じることもなく、前半よりももっと質の高いプレーを見せようとし、それを実現させた」 「85分までは非常に良かったが、その後は力尽きてしまったね。これは、彼らの努力の大きさからも理解できる」 「しかし、我々のパフォーマンスという点で、この試合から得るものはあった。ただ、我々が順位表でマンチェスター・シティと競える訳ではないことは明らかだ。我々にできることは、相手がより優れたチームであったことを受け入れ、自分たちのパフォーマンスに目を向けることだ」 「自信はまったく失われていない。チーム全体を見渡しても、それぞれの選手のパフォーマンスには満足感しかないよ」 2021.10.24 15:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly