セルティックの主将、スコットランド代表MFマクレガーが5年契約を締結

2021.09.25 17:41 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは24日、キャプテンを務めるスコットランド代表MFカラム・マクレガー(28)との契約延長を発表した。

新たな契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。

セルティックのアカデミー出身のマクレガーは、2013年7月にファーストチームに昇格。1年目はノッツ・カウンティへとレンタル移籍を経験したが、2014年5月からセルティックでプレーを続けている。

キャプテンを務めるマクレガーは、これまで公式戦337試合に出場し54ゴール64アシストを記録。6度のスコティッシュ・プレミアシップ優勝や4度のスコティッシュ・カップ制覇、5度のスコティッシュ・リーグカップ制覇を経験している。

今シーズンもここまでリーグ戦5試合に出場。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選にも出場していた。

関連ニュース
thumb

「ファーストタッチ上手すぎる」古橋亨梧のEL初ゴールにファンや大統領まで興奮「ジョタのパスもすごい」

セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧のヨーロッパリーグ(EL)初ゴールは鮮やかだった。 19日、セルティックはヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節でフェレンツヴァーロシュとホームで対戦。古橋は最前線で先発した. セルティックは前半こそゴールがなかったものの、57分、自陣深くでボールを奪うと、そこから細かくボールを繋ぎ、持ち上がったFWジョタが古橋へ一気にロングパス。足元に収まるピンポイントのパスに対し、古橋もスピードを殺さない完璧なトラップで応える。そのままドリブルで持ち込むと、GKのニアサイドを撃ち抜いた。 ジョタと古橋の連携で先制点を奪ったセルティックは試合終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利。EL初勝利を挙げた。 アンジェ・ポステコグルー監督も「見ていて気持ちが良かった。ボールを持ったジョタの輝き、そして亨梧のタッチとフィニッシュも素晴らしいものだった」と絶賛した先制点だったが、ファンからも「ファーストタッチ上手すぎる」「決定力半端ない」「ジョタのパスもすごい」「無駄がない」と称賛の声が集まった。 さらに、この試合はセルティックファンであるアルバニアのイリル・メタ大統領も観戦に訪れていたようで、自身のツイッターにゴールシーンとともに「GOOOOOOOAL! 古橋亨梧」と興奮した様子をアップしており、古橋のゴールは多くの人を魅了していたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】大統領も大興奮!古橋の完璧トラップから生まれたゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GOOOOOOOAL! <a href="https://twitter.com/Kyogo_Furuhashi?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kyogo_Furuhashi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CELFER?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CELFER</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/UEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UEL</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYBIG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYBIG</a> <a href="https://t.co/LZA46bMZX0">pic.twitter.com/LZA46bMZX0</a></p>&mdash; Ilir Meta (@ilirmetazyrtar) <a href="https://twitter.com/ilirmetazyrtar/status/1450489821919694848?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

早くも9点目、EL初ゴールの古橋亨梧がサポートに感謝「貴重な勝利を手にできてよかった」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が、フェレンツヴァーロシュ戦を振り返った。 19日、セルティックはヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節でフェレンツヴァーロシュをホームに迎えた。 ベティス、レバークーゼンに連敗し、グループ最下位に沈むセルティックは[4-3-3]の最前線に日本代表FW古橋亨梧を起用。立ち上がりから主導権を握ったセルティックはゴールレスで前半を終了。しかし57分、ジョタのパスに反応した古橋がドリブルで持ち込むと、そのままニアサイドを撃ち抜いてゴール。EL初ゴールを記録し、チームは先制。81分にはデイビッド・ターンブルが追加点を奪い、2-0で勝利した。 ELで初勝利を収めたセルティック。その勝利に貢献した古橋は、ELでの初ゴールを記録した。 先週末の試合では鋭いボール奪取からゴールを呼び込むなど、チームに貢献している古橋。自身のSNSを更新し、サポートに感謝した。 「日本からも応援ありがとうございます!ヨーロッパリーグで貴重な勝利を手にできてよかったです!」 「この勢いをつなげ、リーグ戦、カップ戦でも勝ち続けます!」 これにより、古橋はセルティックで13試合に出場し9ゴール1アシスト。2桁得点に王手をかけた。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧の絶妙なタッチから決めたEL初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This angle of Jota’s assist <br><br>Full video comp of his performance against Ferencvárosi droppin in a few minutes <br><br> <a href="https://t.co/prfKhu0d5J">pic.twitter.com/prfKhu0d5J</a></p>&mdash; Benfica Youth (@SLBenficaYouth) <a href="https://twitter.com/SLBenficaYouth/status/1450524424193679361?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

EL初勝利のポステコグルー監督、古橋亨梧の初ゴールも評価「見ていて気持ちが良かった」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、フェレンツヴァーロシュ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、セルティックはヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節でフェレンツヴァーロシュをホームに迎えた。 ベティス、レバークーゼンに連敗し、グループ最下位に沈むセルティックは[4-3-3]の最前線に日本代表FW古橋亨梧を起用。初勝利を目指した。 立ち上がりから主導権を握ったセルティックだったが、なかなかゴールを奪えずにゴールレスで前半を終了。しかし57分、ジョタのパスに反応した古橋がドリブルで持ち込むと、そのままニアサイドを撃ち抜いてゴール。EL初ゴールを記録し、チームは先制する。 さらに81分にはデイビッド・ターンブルが追加点を奪いタイムアップ。2-0で今季のEL初勝利を飾った。 試合後、ポステコグルー監督は自身のEL初白星を喜び、チムのパフォーマンスを称えた。 「本当に嬉しい。彼らは良いチームであり、我々は良いパフォーマンスをみせ、力強いパフォーマンスを見せたと思う」 「最初から彼らをゲームに参加させていなかったと思う。我々が試合をコントロールしたので、彼らは最初の45分間で我々を抑えるためにとても苦労したと思う」 「我々は続けていけばチャンスが来るとわかっていた。選手たちは仕事に徹し、規律を守り、最後には当然の勝利を手にした」 「我々は時間を使うために遅くプレーしたり、単にコントロールをしようとするチームでは決してない。容赦無く、スコアにも関係なく、最後のホイッスルまでやり抜くということを相手に知ってもらいたいと思っている。それが少しずつ実現できていると思う」 また、古橋の先制点にも言及。アシストしたジョタのプレーも評価した。 「見ていて気持ちが良かった。ボールを持ったジョタの輝き、そして亨梧のタッチとフィニッシュも素晴らしいものだった」 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧の絶妙なタッチから決めたEL初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This angle of Jota’s assist <br><br>Full video comp of his performance against Ferencvárosi droppin in a few minutes <br><br> <a href="https://t.co/prfKhu0d5J">pic.twitter.com/prfKhu0d5J</a></p>&mdash; Benfica Youth (@SLBenficaYouth) <a href="https://twitter.com/SLBenficaYouth/status/1450524424193679361?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧が値千金のGS初ゴール! セルティックが3戦目で待望の初白星《EL》

セルティックは19日、セルティック・パークで行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節でフェレンツヴァーロシュと対戦し、2-0で勝利した。なお、FW古橋亨梧は86分までプレーした。 ベティス、レバークーゼンに連敗し、グループ最下位に沈むセルティックは、今グループステージ初勝利を目指してハンガリー王者をホームで迎え撃った。その中で古橋は[4-3-3]の最前線で公式戦3試合連続のスタメンを飾った。 立ち上がりからボールを保持するセルティックだが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができず。逆に、相手が狙うカウンターの形から際どいクロスを続けて入れられるなど、微妙な入りとなった。 それでも、11分には相手を押し込んでボックス左に抜け出したジョタに決定機が訪れるが、左足でニア下を狙ったシュートは相手GKの好守に遭う。さらに、17分にもショートカウンターの形から再びジョタにシュートチャンスも、右足の正確なミドルシュートは再びGKのファインセーブに阻まれた。 一連の攻撃で徐々にリズムを掴んだホームチームは、以降も左サイドのジョタを起点に局面の打開を図る。その中で前線での駆け引きを繰り返す古橋はなかなか良い形でボールに絡めないが、21分にはジョタの左クロスを頭で合わせてファーストシュートを放った。 前半半ばから終盤にかけても互いの色を出しながら一進一退の攻防を繰り広げる両者。徐々に攻撃が停滞したセルティックは、ウズニやヴェクセイに際どいシュートを許したものの、GKハートの好守などで凌ぎ切り、最低限のゴールレスで試合を折り返した。 迎えた後半、セルティックは開始早々にチャンスを創出。右サイドで高い位置を取ったラルストンからのグラウンダーのクロスに古橋が飛び込みスライディングシュート。だが、これは相手GKのセーブに遭った上、オフサイドの判定となった。 しかし、良い形でフィニッシュに絡んだ古橋が後半2度目のチャンスをキッチリとモノにする。57分、自陣深くからのロングカウンターの場面で左サイドを持ち上がったジョタがハーフウェイラインを越えた辺りで背後へ飛び出した古橋へ完璧なミドルスルーパスを通す。これを巧みなファーストタッチで収めてスムーズに加速した背番号8は、飛び出したGKのポジションを見極めて右足の丁寧なグラウンダーシュートを流し込んだ。 古橋のELグループステージ初ゴールで先制に成功したホームチームは畳みかける。61分、ボックス左で仕掛けたモンゴメリーが相手のファウルを誘いPKを獲得。だが、キッカーを務めたキャプテンのマクレガーが右へ蹴ったシュートはGKディブスに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗となった。 このPK失敗によって流れが変わるかに思われたが、以降は選手を入れ替えながら冷静にゲームをコントロールしていくセルティック。また、ギアコウマキスの投入によって古橋は右サイドにポジションを移し、チャンスメークで存在感を示す。 そういった中、81分には高い位置でのカウンタープレスでボールを奪い返し、ボックス左に持ち込んだジョタが完璧なラストパスを供給。これをターンブルが空振りしてしまうが、こぼれ球に詰めた結果、ブロックショットの形でゴールネットを揺らした。 この2点目で勝利を決定づけたセルティックは殊勲の古橋をベンチに下げて逃げ切り態勢に。試合終盤の2度のビッグチャンスをモノにできなかったものの、守護神ハートを中心に相手の攻撃を無失点で凌ぎ切り、3戦目にして待望のグループステージ初勝利を挙げた。 2021.10.20 01:21 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋のプレスを受けボールロストの相手DF、ジャッジに不満を漏らす「ファウルだと…」

マザーウェルのイングランド人MFカラム・スラッタリーは、古橋のプレーはファウルだったと考えているようだ。イギリス『グラスゴータイムズ』が伝えている。 16日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第9節のマザーウェルvsセルティック。日本代表での活動から戻ったばかりのFW古橋亨梧も先発出場を果たし、0-2でアウェイのセルティックが勝利を収めていた。 スラッタリーが疑問を投げかけているのは、17分のゴールシーンだ。古橋の激しいプレスバックによってボールロストしたスラッタリー。主審の目の前であったのにも関わらず笛は吹かれず、これを起点にカウンターから失点を喫してしまった。 失点のきっかけとなってしまったスラッタリーは判定に不満の様子。「物事がうまくいかないこともある」と述べながらも、古橋のチャージはファウルだったと繰り返し主張している。 「(僕に対するプレーは)ファウルだと思ったが、レフリーは(ファウルを)取らなかった。そして彼らはカウンターから得点した。物事がうまくいくこともあれば、うまくいかないこともある。ファウルだと思ったが、それがスコアラインの理由だとは言わない」 「ピッチ上の多くの選手はファウルだと思っていた。実際に見返したわけではないけれど、最初の見方では反則だと思ったし、審判はそれを見逃した。審判は正しいことも悪いこともあるが、あれはファウルだと思った」 「どんなゲームでも、それがペナルティであろうとフリーキックであろうと、運が必要。土曜日は運が悪かったけれど、ゲームを受け入れて次の週末に向かうよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ファウル?先制点の起点となった古橋のプレスバック(0:25~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/79b1Z0vHxuY?start=25" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.18 19:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly