【J1注目プレビュー|第30節:横浜FCvs横浜FM】“横浜ダービー”互いにもう落とせない一戦

2021.09.25 13:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第30節】
2021年9月25日(土)
18:00キックオフ
横浜FC(20位/18pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt)
[ニッパツ三ツ沢球技場]

◆残留に向けて落とせない一戦【横浜FC】

前節はアウェイでのFC東京戦で力なく4-0で完敗。リーグ戦3連敗となった。

シーズンも残り9試合。残留ラインとの勝ち点差は「9」という状況。横浜FCにとってはシビアな戦いがこの先続くこととなる。

残留争い中のチームとの対戦はこの先3試合のみ。上位との対決は今節の横浜FMを含めて4試合という状況。熾烈な3位争いの相手と戦う必要があるため、簡単に行く試合はもうないと言える。

開幕から一貫して改善されないのが攻守にわたる精度の低さだろう。チームとしてミスが多く、チャンスを迎えてもゴールを奪い切れず、守備も簡単な失点が多い。

失点が減った後半戦の序盤は4試合で勝ち点8を積み上げるなど復調しかけたが、再び失点が増え、得点が奪えないという厳しい状況に入っている。

もう後はないと考えた方が良いだろう。ピッチ内でリスク管理をしながらも、リスクを負わなければいけない状況になっている。チームとしてしっかりと戦い切れるか。ダービーで勝利し、キッカケを掴みたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ブローダーゼン
DF:伊野波雅彦、高橋秀人、袴田裕太郎
MF:安永玲央、瀬古樹
MF:マギーニョ、ジャーメイン良、松尾佑介、高木友也
FW:フェリペ・ヴィゼウ
監督:早川知伸

◆優勝に向けて落とせない一戦【横浜F・マリノス】

前節は名古屋グランパスとの上位対決で2-1と敗戦。再び首位の背中が遠のいてしまった。

この3試合で2敗と優勝の可能性が見えた中での厳しい現実。勝ち点差は「7」に開き、手が届かない位置に行ってしまった。

特に心配なのは、敗れた2試合では攻撃の精度を欠いたこと。チャンスが作れていることは変わらないが、ゴールを奪い切れずに敗れた印象が強い。

ハードな戦い方を毎試合繰り返している横浜FMだが、主力選手はほぼ固定されている状態。フレッシュさを欠いているのも事実だ。

とはいえ、これ以上の取りこぼしは優勝戦線の火を消すことに繋がる。川崎フロンターレとの直接対決を残しているだけに、最後まで可能性を残せるように勝利を積み上げたいところ。攻撃陣の爆発に期待がかかる。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン
MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然
監督:ケヴィン・マスカット

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:湘南vs横浜FC】抜け出すか、飲まれるか…降格圏の“シックス・ポインター”

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月23日(土) 15:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/28pt) vs 横浜FC(19位/25pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆降格圏脱出に近づくか【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し1-1のドロー。3試合ぶりに勝ち点を獲得した。 混沌とする残留争いの中、8月25日の第26節セレッソ大阪戦で勝利して以降は白星なし、6試合で3分け3敗と勝ち点を3積み上げているが、まだまだ足りていない状況だ。 浮嶋敏監督が退任して以降勝利がないという残念な状況が続く湘南。山口智監督になってから試合内容は良いものを見せながら、結果がついてこない苦しい状態だ。 湘南特有の走力を生かしたオールコートプレスは相手に通用するものの、やはり終盤にはスタミナ切れ。選手を入れ替えてもそこは改善されず、前節も緩んだところで追いつかれた。 前半のうちにしっかりと前線が仕留めてリードを得ていればという考えもある。此の期に及んで、引いて守る戦いは考えにくく、どのようにゲームをマネジメントしていくのか、それとも全力でぶち当たるのかの選択が迫られる。 横浜FCの鋭いカウンターに終盤ついていけなくなる可能性は高い。早い段階で仕留めて、勝ち点3を掴みたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、石原広教、大野和成 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:町野修斗、ウェリントン 監督:山口智 ◆下剋上へのスイッチは入った【横浜FC】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎え、打ち合いの末に5-3と勝利を収めた。残留争い中のライバルからの貴重な勝ち点3は、チームを勢いづかせるはずだ。 横浜F・マリノス、鹿島アントラーズと上位相手に善戦し1勝1分けと結果もついていた中、徳島戦は主導権を握りながらも追いつかれる展開に。そのまま引き分け、またや逆転されて終わっていたのが今シーズンの横浜FCだったが、そこから2点を奪い、今季最多の5得点を奪った。 この3試合でチームを牽引しているのはFWサウロ・ミネイロ。爆発的なスピードを生かし、圧倒するプレーは上位相手にも通用。横浜FCにとっての救世主となる予感だ。 また、チームとしても守備をオーガナイズでき始めている。高橋秀人が3バックの中央に入り、しっかりとコントロール。その戦いは上位相手にも通用しただけに、今節もしっかりとマネジメントしたいところだ。 残留圏までは勝ち点差「4」。今節勝てば、逆転残留の希望も見えてくる。最下位に長らく居座っていた横浜FCが一気に浮上し、今季のJ1残留争いをより混沌とさせるのか。3連勝に期待が懸かる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:スベンド・ブローダーゼン DF:岩武克弥、高橋秀人、ガブリエウ MF:マギーニョ、安永玲央、瀬古樹、高木友也 MF:松浦拓弥、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 2021.10.23 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:徳島vs大分】降格ラインをまたいだ“シックスポインター”、90分後に残留圏にいるのは!?

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月23日(土) 14:00キックオフ 徳島ヴォルティス(16位/29pt) vs 大分トリニータ(18位/27pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆負ければ降格圏転落【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでの横浜FCとの一戦。残留を争うライバルとの大事な試合となったが、まさかの打ち合いとなった結果、5-3で敗れた。 常に先行されるという展開の中、後半にしっかりと追いつくまでは良かった徳島だが、横浜FCの粘りの前に終盤失点。勝利への執念で相手に上回られた格好となった。 ヒリつく試合で苦杯を嘗めた徳島だが、今節はさらにプレッシャーの懸かる一戦。負ければ降格圏に転落するという“シックスポインター”となる。 現時点では残留ラインにいる徳島。しかし、一寸先は闇だ。この試合で負ければ、そのまま這い上がれない可能性だってある。絶対に譲ってはいけない一戦となる。 6連敗という最悪の時期を脱した徳島だが、横浜FC戦で守備を支えたベテランのDF石井秀典が負傷交代。チームとして最悪のタイミングでのアクシデントと言える。安定感を取り戻した守備を誰が担うのかがカギとなる。 一方で、プラスの材料はFW垣田裕暉だ。昨シーズン同様の活躍が期待された今季だが、第7節を最後に得点がストップ。試合に出ながらも全くゴールを奪えず、エースとして不甲斐ないシーズンを送っていた。しかし、この2試合は連続で2ゴールを奪うなど、詰まっていたケチャップが出始めた。今節もそのケチャップが詰まらずに出続けるか。助っ人FWムシャガ・バケンガとのコンビで押し切れるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、福岡将太、ジエゴ MF:浜下瑛成、鈴木徳真、岩尾憲、:西谷和希 FW:垣田裕暉、ムシャガ・バケンガ 監督:ダニエル・ポヤトス ◆勝てば残留圏浮上へ【大分トリニータ】 最下位にも転落した大分は、勝たなければ残留への道が切り開けない中、前節は最下位脱出を懸けたベガルタ仙台との大一番で勝利。今季初のリーグ戦連勝を達成した。 勝ち点3を積み上げたとはいえ、まだ降格圏にいるのは事実。このままではJ2行きが決定する。 しかし、今節の相手は勝ち点差「2」の徳島。勝てば一気に残留圏浮上も狙えるため、是が非でも勝利を掴みたいところだ。 例年のごとく選手が大幅に入れ替わったチームだが、今季は今まで以上にチーム構築に時間がかかった。柱をごっそり抜かれたチームは、大分らしい連動したプレーが皆無。しかし、ここに来て守備が5試合で1失点とこれまでの脆弱な守備が嘘のようなパフォーマンスだ。 エンリケ・トレヴィザンの対人守備の強さも目立つが、何よりチーム全体として連動した守備を見せていることが大きい。しっかりと前からハメて、自分たちのペースにしてカウンターで仕留められるか。相手を引き込んでカウンターを仕掛けるやり方が出せれば、残留への道は切り開ける。 ★予想スタメン[3-4-1-2] GK:高木駿 DF:刀根亮輔、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:小出悠太、羽田健人、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2021.10.23 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:FC東京vs鹿島】ともに3週間ぶりのリーグ戦、何を求めて戦うか

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月23日(土) 14:00キックオフ FC東京(9位/46pt) vs 鹿島アントラーズ(6位/53pt) [味の素スタジアム] ◆今季無冠確定、来季に繋げる戦いを【FC東京】 前節は3週間前。インターナショナル・マッチウィーク前に行われた首位・川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”だった。 中断期間中は名古屋グランパスとYBCルヴァンカップの準決勝2試合を戦った、2戦合計で4-3で敗退。連覇を逃すこととなった。 川崎Fとの試合では相手を追い込みながらも敗戦。名古屋との2試合も第1戦は惨敗を喫したが、第2戦では盛り返しを見せあと一歩まで追い込む戦いを見せた。チームとしての充実感はあったはずだ。 そこから2週間が経過。調整の時間は十分取れている。依然として離脱している選手が多いが、代表選手も復帰。万全の状態で鹿島との戦いに備えたはずだ。 チームは3位争いに参加するには離れすぎている状況。ただ、残り6試合をただ消化するわけにはいかない。しっかりと来シーズンに繋がる戦いを見せられるか。上位、下位と対戦相手は明確な目的を持って臨んでくるだけに、しっかりと打ちのめしたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:波多野豪 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、髙萩洋次郎、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ ◆照準は天皇杯? 3週間何を考えたか【鹿島アントラーズ】 前節はFC東京と同様に3週間前。ホームで最下位の横浜FCとの試合となったが、まさかの敗戦。3位を目指して戦うチームとしては手痛い黒星となってしまった。 そこから3週間。この2シーズンは過密日程がつきものだっただけに、全く試合がない3週間は異例のこと。しかし、それはチームとして何も残せないシーズンを歩んでいることの表れでもある。 クラブ創設30周年を迎えた今シーズンは、昨シーズンのスタートのつまづきを含め、並々ならぬ覚悟でスタートした。しかし、フタを開ければ可能性が残っているのは1冠。天皇杯のみだ。 3位争いの最中にいるとはいえ、3位の神戸との勝ち点差は「7」と開いてしまった。現実的に3位も難しく、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得るためには天皇杯の優勝しかない。 しかし、その相手は川崎フロンターレ。OBでもある鬼木達監督就任後は勝てていない相手だけに、照準は来週のミッドウィークに合わせている可能性もある。 とはいえ、リーグ戦を諦めるなど鹿島には許されない行為。最後まで上を目指して勝利を求めることには変わらない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、土居聖真、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世 監督:相馬直樹 出場停止:エヴェラウド 2021.10.23 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:浦和vs柏】今季4度目の対戦! 決定機を生かせなかった浦和と生かした柏、ゴールを奪い切るのは

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月22日(金) 19:00キックオフ 浦和レッズ(5位/55pt) vs 柏レイソル(13位/37pt) [埼玉スタジアム2002] ◆変化するスタイル、突き詰められるか【浦和レッズ】 前節はガンバ大阪をホームに迎え、1-1のドロー。下位相手の取りこぼしとなってしまった。 10月のリーグ戦2試合で勝利がなく、3位争いから徐々に後退。YBCルヴァンカップでも準決勝の2試合で1分け1敗となっており、直近4試合で勝利がない状況だ。 G大阪戦では、ボールを握りチャンスメイクをしながらもゴールを奪えず。PKでの1点に終わり、引き分けに終わった。 リカルド・ロドリゲス監督が就任して、チームを改革している浦和。その成果は出つつある中で、選手の特徴に依存している傾向も見えている。選手のポジションチェンジや動きなどは依存することもあり、それによって戦い方を変えるのか、変えないのかだ。 さらに言えば、相手の出方にも合わせるのかどうか。G大阪戦はリードされた相手がパワープレーに出た中で、そのまま受けた結果、追いつかれることとなった。今節も残留を争っている柏が相手。下位相手だが、相手も必死。難しい戦いになることは間違いなさそうだ。 また、ポイントとしては2人が古巣戦ということ。DF酒井宏樹、MF江坂任が古巣対決となり、酒井は久々に柏と対峙する。一方で江坂は電撃的に夏に移籍して初の顔合わせ。両者の出来にも注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、山中亮輔 MF:平野佑一、柴戸海 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス ◆残留へまた一歩近づけるか【柏レイソル】 対する柏は、前節は残留を争うライバルである清水エスパルスと対戦し、0-1で勝利。“シックスポインター”で貴重な勝ち点3を獲得した。 降格圏との勝ち点差は「9」。前節の勝利で少し余裕はできたが、安全圏ではない。今節もしっかりと勝ち点を取りたいところだが、上を見て戦うことが可能となった。 YBCルヴァンカップでも浦和と対戦している中、今シーズンは1勝1分け1敗。しかし、6月までに対戦を終えているため、今のチームとは全く違うチームだ。選手も大幅に入れ替わっており、ここまでの戦いを参考にはできない部分が多いはずだ。 また、浦和から加入したFW武藤雄樹も古巣対戦。最も浦和を良く知る選手だけに、チームの勝利のための攻略のカギを握っているとも言えるだろう。 清水戦は負けられない一戦ということもあり慎重な試合の入りを見せたが、それが奏功して立ち上がりの失点を免れた。そして攻撃ではカウンターが決まっていただけに、浦和戦でも同様の戦いを見せたいところ。守備からのショートカウンターという、柏らしさを見せることが勝利のカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・スンギュ DF:川口尚紀、エメルソン・サントス、古賀太陽、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、ヒシャルジソン、椎橋慧也、神谷優太 FW:クリスティアーノ、武藤雄樹 監督:ネルシーニョ 出場停止:大南拓磨 2021.10.22 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:大分vs仙台】負けた方が最下位転落、シビアな残留争う“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年10月17日(日) 14:00キックオフ 大分トリニータ(19位/24pt) vs ベガルタ仙台(20位/23pt) [昭和電工ドーム大分] ◆残留には勝つしかない一戦【大分トリニータ】 前節はホームにセレッソ大阪を迎えて1-0で勝利を収めた大分。順位は揚げたものの、降格圏に位置することは変わらない。 ここ5試合で2勝1分け2敗と勝ち点を積み上げてており、チームとしての歯車が噛み合ってきている印象。時を同じくして残留争い中のライバルチームも勝ち点を獲得しておりなかなか順位は上がらないが、より混戦を極めることとなっている。 とはいえ、周りに置いて行かれずに勝ち点を積み上げていることが残留の可能性を残しているとも言える。しっかりと積み上げられるかが大事だ。 今節の相手は最下位に転落した仙台。勝ち点差「1」の勝負であり、負ければ最下位に落ちることを意味する。一方で、勝利すれば残留ラインに一気に近づくことが可能。次節はボーダーライン上の徳島ヴォルティスとの対戦であり、連勝で一気に抜け出したいところだ。 仙台、徳島以外にも、ガンバ大阪、横浜FC、柏レイソルと残留争い中のチームとの対戦が控えており、しっかりと勝ち点3を積み上げて可能性を広げたい。 ★予想スタメン[3-4-1-2] GK:高木駿 DF:小出悠太、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:増山朝陽、羽田健人、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 ◆奪えない2点目、離されるわけには【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで柏と引き分けた仙台。直近5試合では1勝1分け3敗、10試合で見ても1勝3分け6敗と勝ち点の獲得が乏しく、気がつけば最下位に転落した。 守備の固さを取り戻してきた仙台だったが、ゴールが奪えないという問題を開幕当初から解決できていない状況。複数得点は5試合しかなく、成績は2勝2分け1敗と勝ち点を取れるだけに、大きなネックとなっている。 直近の勝利も3得点を奪ったG大阪戦。チームとして失点を止めることは難しく、7試合連続失点中だが、クリーンシートに抑えても無得点で引き分けという残念な事態が起きている。 いかにして2点目を奪い切るか。1-0で逃げ切ることができないならば、2点目を奪うという形しかないが、この中断期間でどこまで意識を変えられるか。前がかりになりすぎて大量失点をしては元も子もないが、まずは2点目を奪いに行きたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、アピアタウィア久、石原崇兆 MF:加藤千尋、上原力也、松下佳貴、関口訓充 FW:赤﨑秀平、フェリペ・カルドーゾ 監督:手倉森誠 2021.10.17 11:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly