好調ナポリ、吉田先発のサンプドリアに4発快勝で開幕5連勝!《セリエA》

2021.09.24 03:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第5節のサンプドリアvsナポリが23日にルイジ・フェラリスで行われ、0-4でナポリが勝利した。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はフル出場している。

前節のエンポリ戦で今季初勝利を飾ったサンプドリアは、その試合と同じ先発メンバーを採用。吉田はセンターバックで5試合連続のスタメン出場となった。

一方、リーグ戦4連勝と絶好調のナポリは、直近のウディネーゼ戦からスタメンを2人変更。ポリターノとエルマスに替えてロサーノとジエリンスキをスタメンで起用した。

試合は開始早々の10分にナポリが先制する。中盤でアドリエン・シウバのパスミスからボールを奪ったオシムヘンが素早くサイドチェンジ。これを受けたインシーニェがボックス左手前からクロスを供給するとゴール前に駆け上がったオシムヘンがジャンピングボレーシュート。このシュートはGKアウデーロが弾くもボールはゴールラインを割っており、ゴールが認められた。

先制を許したサンプドリアは19分、細かなパスワークで相手ボックス内に侵入するとベレシュインスキの落としをボックス手前のアドリエン・シウバがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKオスピナがファインセーブ。さらに直後のCKでは吉田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これもGKオスピナの好セーブに阻まれた。

ピンチを凌いだナポリは、直後の21分にザンボ・アンギサのスルーパスからDFの裏に抜け出したオシムヘンが決定機を迎えると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。

ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだ中、39分に追加点が生まれる。右サイドから仕掛けたロサーノがボックス右横から折り返しを供給すると、ボックス中央で受けたインシーニェが後方へ落とし、最後は走り込んだファビアン・ルイスがダイレクトシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅吸い込まれた。

迎えた後半、ナポリは開始早々の46分にアクシデントに見舞われる。不調を訴えたラフマニがピッチに座り込むと、プレー続行不可能なりメディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。マノラスが緊急投入された。

不運な形で交代枠を使ったナポリだったが、直後の50分にジエリンスキのパスをボックス右で受けたロサーノの折り返しをオシムヘンが流し込み、3点目を奪取。

さらに58分にも、ザンボ・アンギサのパスをボックス右で受けたロサーノがマイナスに折り返すと走り込んだジエリンスキが強烈なダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。

4点差となったサンプドリアは、71分にベレシュインスキとトールスビーを下げてデパオリとアスキルセンを投入。すると73分、カンドレーバのパスをボックス左で受けたカプートが折り返しを供給。ゴール前のクリバリに当たったボールを駆け上がったカンドレーバが押し込むが、VARの末にカプートのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。

結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。敵地で4ゴールを奪ったナポリがセリエA開幕5連勝を飾っている。


関連ニュース
thumb

ラツィオ戦快勝のナポリ、主将インシーニェも喜び 「本当に楽しかった」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが好調なチームが見せたパフォーマンスを誇った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 クラブのキャプテンであるインシーニェは28日に行われたセリエA第14節のラツィオ戦に先発した。チームは試合開始から並外れたパフォーマンスを示し、かつて自分たちを指揮したマウリツィオ・サッリ監督の率いる相手チームを粉砕。インシーニェも1アシストを記録しており、チームの4-0での勝利に貢献している。 試合後に『DAZN』のインタビューを受けたインシーニェは素晴らしいパフォーマンスを披露できたと歓喜。かつての恩師であるサッリ監督や、この日2ゴールの活躍を見せたFWドリエス・メルテンスについても言及している。 「本当に楽しかった。今日の試合の目的は勝利を得ることだけでなく、自分のサッカーを楽しむことだったよ」 「サッリ監督とは勝つことができなかったとしても、素晴らしい旅ができたと思う。そして、ルチアーノ・スパレッティ監督が新しい時代をスタートさせた。(前節ドローに終わった)インテル戦ではミスが多すぎたが、それでも引き分けに持ち込むことはできたからね」 「メルテンスとは長年の付き合いだ。彼がナポリにとっての歴代得点王であることは、偶然ではないよ。だから、彼については何も心配することはない」 また、インシーニェは来夏で満了となる自身の契約について言及。クラブとの交渉は行われていると語り、代理人に任せていることを強調した。 「自分のサッカーに集中しなければならないから、契約については考えないようにしている。僕の代理人がクラブと話をしているしね。これは僕だけが決めることではなく、全員が合意に達する必要があるものだ。メディアと話すたびこのことを聞かれて慣れているから、特に問題はないよ」 2021.11.29 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝で首位キープのナポリ、スパレッティ監督も絶賛 「私にとってもっとも美しい試合」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグ戦での完勝を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは28日に行われたセリエA第14節でラツィオと対戦。公式戦2連敗とやや勢いに陰りが見えていたが、この日は立ち上がりから相手を圧倒する。7分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで先制すると、その後はFWドリエス・メルテンスの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFファビアン・ルイスのゴールでリードを広げたナポリは、最後まで相手の反撃を許さず、4-0で勝利した。 この結果、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げたナポリは同節に敗れた2位ミランとの勝ち点差を「3」に広げている。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は自身が就任してから最高の試合だったとチームを絶賛。選手たちの並外れたメンタリティを称えている。 「私のナポリにおけるもっとも美しい勝利になった。ラツィオのようなビッグチームを相手に勝利し、ゴールを決め、良い試合をしたことは、より重要な意味を持つだろう」 「我々の選択には非の打ち所がなく、ラツィオを苦しめたね。ここ数試合、我々はあまり質の高い選択ができていなかったが、今日はチームが良くやってくれた。(2ゴールの)メルテンスだけを褒めるのではもったいないだろう。チームのパフォーマンスが素晴らしかったのだからね」 「ここ数試合は少し緊張感があったと思う。だが今日の選手たちは、最初からできる限り試合を楽しむためピッチに立っていた。これは平凡さを受け入れないメンタリティとキャラクターを示しているね」 「開始1分から90分まで、すべての試合を楽しむべきだ。プレーすることを恐れるのではなく、何もしないことを恐れないといけない。正しい姿勢で自分が高揚するものを持っていれば、恐れはないだろう」 また、スパレッティ監督はホームのスタジアムで熱烈な声援を送るファンに言及。チームへ惜しみない愛を送るファンたちに勝利をプレゼントできたことを喜んだ。 「今夜は、まるで初めてホームでプレーしているかのような気分になった。ナポリに来て最初に感じたのは、その情熱と深い思いだ。ナポリの人々はサッカーのヒーローを求めており、称賛や抱擁を惜しまず、称賛できるような神話を必要としている。今日の本当の勝利は、この感傷的な人々に幸せを与えられたことだろうね」 2021.11.29 13:07 Mon
twitterfacebook
thumb

メルテンスの圧巻2発などで首位ナポリがラツィオに完勝、マラドーナの一周忌を勝利で飾る《セリエA》

セリエA第14節、ナポリvsラツィオが28日に行われ、4-0でナポリが完勝した。 前節インテルに2-3で敗戦した首位ナポリ(勝ち点32)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)では主力を欠いた中、スパルタク・モスクワに敗戦。3位転落となりグループステージ突破へ黄色信号が灯った中、メルテンスを最前線に、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 対する6位ラツィオ(勝ち点21)は前節、ユベントスに0-2でシャットアウト負け。ただ、ELではロコモティフ・モスクワ相手に復帰したインモービレのドッピエッタなどで3-0と快勝し、グループステージ突破を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、3トップにインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンを起用した。 昨年11月25日に亡くなったマラドーナ氏をプリントしたユニフォームをナポリの選手たちが身にまとった中、キックオフされた一戦。 立ち上がりから攻め立てたナポリが7分に先制する。カタルディのクリアミスを突いてルーズボールをジエリンスキが左足で蹴り込んだ。 さらに10分、ナポリがリードを広げる。インシーニェのパスを受けたメルテンスがDFを切り返しでうまくかわしてボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。 2点を追う展開となったラツィオは21分、インモービレがボックス左まで侵入してGKオシピナを強襲するシュートを浴びせるも、ナポリが前半のうちに3点目。19分、ロサーノのパスを受けたボックス手前右のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール左へ流し込んだ。 ハーフタイムにかけてもナポリが主導権を握ったまま前半を3-0で終えた。迎えた後半もナポリがボールを持ってラツィオに何もさせない状況が続く。 対するラツィオはザッカーニらを投入していくも、攻撃面での変化を生み出せないまま時間が経過していった。 余裕のナポリは64分、メルテンスとロサーノをお役御免としていく。終盤にかけてもラツィオに反撃の糸口を与えなかったナポリは、85分にファビアン・ルイスにもコントロールシュートでのゴールが生まれて4発完勝。 マラドーナ氏の一周忌を快勝で飾り、同日の試合でサッスオーロに敗れた2位ミランとの勝ち点差を3に広げている。 2021.11.29 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、2年前の練習ボイコット事件を巡ってエルセイド・ヒサイに罰金処分

ナポリが、2年前のクラブ命令違反に関して、元所属のアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイに罰金を科した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 問題に挙げられているのは、2019年11月の監督及び選手らによるクラブ命令違反。当時カルロ・アンチェロッティ監督が率いていたナポリは深刻な成績不振に陥っており、その影響からクラブを取り巻く雰囲気は良好とは言えなかった。 そんな中で、チャンピオンズリーグ・グループステージのザルツブルク戦を1-1のドローで終え、見かねたアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が直ちに強化合宿に入るよう、練習場行きのバスを用意した。 しかし、アンチェロッティ監督をはじめとする一部選手は、その命令に背くとともに、試合後の会見も無視。これが会長の逆鱗に触れ、クラブは懲戒処分を下す旨の声明を発表するに至っていた。 結果的に、チームを立て直すことができなかったアンチェロッティ監督は、その一件から1カ月後に解任され、選手に科す罰金を巡って裁判も始まることに。 そしてこの度、命令に背いた一人とされるエルセイド・ヒサイに対し、ナポリは4万ユーロ(約517万円)の罰金を科すことを発表した。同選手は今夏、契約満了をもってラツィオへ移籍しているが、現所属選手に対しても、何らかの措置の可能性は残されているという。 2021.11.25 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

主力欠いたナポリ、スパルタクに敗れて首位陥落《EL》

ナポリは24日、ヨーロッパリーグ(EL)グループC第5節でスパルタク・モスクワとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節レギア・ワルシャワに勝利した首位ナポリ(勝ち点7)と、レスター・シティに引き分けた最下位スパルタク(勝ち点4)の一戦。 勝利すれば突破の決まるナポリは直近のインテル戦でオシムヘンやアンギッサ、インシーニェが負傷。主力を欠いた中、最前線にペターニャ、2列目に右からロサーノ、メルテンス、エルマスを起用した。 開始1分、ナポリはロボツカが自陣ボックスぎりぎりの位置でプロメスを倒してPKを献上。これをソボレフに決められ、先制された。 早々に失点したナポリは16分、エルマスがボレーシュートでゴールに迫るもGKセリコフのファインセーブに阻まれる。さらに25分、右クロスを受けたジエリンスキが反転シュートを放ったが、GKセリコフに再びファインセーブで阻止された。 すると28分、リードを広げられる。モーゼスの右クロスからソボレフにヘディングシュートを決められた。 ハーフタイムにかけてはボールを持ったナポリだったが、好機を作れず前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半もナポリが押し込むと、62分に決定機。しかし、ゴール至近距離からのメルテンスのシュートはGKセリコフの再三の好守に阻まれた。 それでも64分に1点差に詰め寄る。ボックス右からペターニャの上げたクロスをエルマスがヘッドで合わせた。 押せ押せのナポリだったが、反撃はここまで。終盤にかけては決定機を生み出せず1-2で敗戦したナポリは3位転落の可能性が生まれている。 2021.11.25 02:33 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly