リバプールでキャプテン務めた喜び語るジョー・ゴメス 「とても光栄であり、本当に楽しかった」

2021.09.22 12:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメスが、チームのキャプテンを務めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。J・ゴメスは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のノリッジ・シティ戦で主将として先発出場。多くの主力が休養となり、数人の若手選手が起用されたチームを後ろから堅実に支え、42分に相手のPKをGKカオイムヒン・ケレハーが防いだ際はこぼれ球に詰めた相手のシュートをブロックするなど活躍。チームの3-0での勝利に大きく貢献している。

試合後にJ・ゴメスは、リバプールでキャプテンを務めることができた喜びを露わに。試合については難しさもあったと語りつつ、若手を含むチーム全員を称えた。

「とても光栄だったよ。僕はケガから復帰した後、明らかに毎分楽しんでいる、それに加えて、キャプテンを務めることができるなんてね。信じられないことだし、本当に楽しかった」

「キャプテンとして、自分ができる限りのことをする責任があった。誰もがさまざまな方法でそれを行っているけど、僕は大げさなことや普通でないことはしたくない。自分らしくありたいと思っていたんだ」

「チームは皆、信じられないほど素晴らしくて、特に言うことはなかったよ。ただ、自信を持たせるようにして、できるだけ多くの励ましを与えたかった」

「若手全員が信じられないような働きをしたと思う。プレシーズンから彼らの優秀さを垣間見ることはできていたけどね。多くのトレーニングセッションで、彼らは僕たちと一緒に練習しているんだ」

また、J・ゴメスは今夏にチームがU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得したこともあり、センターバックのポジション争いがし烈を極めていることに言及。控えに甘んじることが多くなっているが、ポジションを得るため必要な努力をしているとしつつ、現在の充実感を語った。

「(試合出場への)思いを、毎日ジムやトレーニング場でぶつける、それが僕のできることだよ。自分がトップクラブにいて、信じられないような選手たちに囲まれているのはわかっているさ。それに、彼らを後押しするため自分の役割を果たそうともしている。それ以外は、ただ忍耐だね」

「僕はチームの一員であること、そして健康であることを楽しんでいる。素晴らしい施設で、素晴らしい人たちと一緒に、素晴らしいクラブにいる。僕はそれを楽しみ、その時が来たときのため準備しなければならない」

関連ニュース
thumb

誕生日弾の南野拓実、アシストのフィルミノとの写真とともにゴールを喜び「勝利を分かち合えてうれしい」

リバプールの日本代表FW南野拓実がバースデーゴールを喜んだ。 16日に27歳の誕生日を迎えた南野。同日にはプレミアリーグ第22節のブレントフォード戦がホームで行われた。 ベンチスタートとなった南野は74分に途中出場すると、直後に祝砲をあげる。77分の相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。 13日に行われたアーセナル戦での決定機逸で少なくない批判を受けた南野、名誉挽回となったゴールについて自身のインスタグラムで喜んだ。 「素晴らしいチームメイト、コーチングスタッフ、ファンの皆さんと誕生日の勝利を分かち合えることをうれしく思います」 アシストのフィルミノから最高の誕生日プレゼントを貰った南野。インスタグラムには得点直後にフィルミノを背負う写真も投稿しており、大きな感謝をしているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】南野とフィルミノのおんぶショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">南野拓実 takumi minamino(@takumi18minamino_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.17 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「タキは素晴らしい状態」バースデーゴールの南野拓実をクロップ監督も称賛「本当に素敵な時間だった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実を称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第22節でブレントフォードをホームに迎えた。 アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)により、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネという2人の強力なアタッカーを欠いているリバプール。しかし、ブレンフォードを全く寄せ付けなかった。 前半は少し苦しんだ中、44分にファビーニョのゴールで先制すると、69分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。 すると74分に南野はそのオックスレイド=チェンバレンと交代で出場。迎えた77分、突然チャンスが訪れる。相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。 この試合は南野の27回目のバースデーに行われており、貴重なバースデーゴールを奪い、チームは3-0で勝利した。 13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)の準決勝のアーセナル戦では、大きな決定機でミスをしていた南野。それもあったからか、バースデーということもありチームメイトが大きく祝福してくれたが、クロップ監督も南野のバースデーゴールを祝福した。 「今日は、全言語によるバースデーソングに始まり、本当に素敵な時間だった。だから、タキは試合前の既に素敵な曲により、ブーストがかかっていたことは明らかだ」 「その一方で、出場してからあれだけ試合に参加し、この素晴らしいゴールを決めたということは、彼にとっても我々にとっても、絶対的な助けとなった。とても重要だったよ」 「私が言ったように、タキは素晴らしい状態にあり、それが助けとなった」 ケガからやっと復帰し、プレー機会を得ている南野。この試合へ臨むまでのリズムも良かったとした。 「少し前のことだ。もちろん、ケガはリズムや全てのものを止めてしまう。彼は今、最後の試合で90分をプレーし、今日は出場した。そのリズムは、彼に合っていたのだろう」 「木曜日から日曜日、ケガから戻った後は簡単ではないので、今日はスタートではなかった。それが良かった。私が言ってきたように、彼は良い状態だ」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実のバースデーゴール!!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a><br>27歳を自ら祝う<br>バースデーゴール<br>\<br><br>フィルミーノがエリア内でボールを奪うと、パス交換から完璧なお膳立て<br><br>プレミアリーグ第22節<br>リヴァプール×ブレントフォード<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/W0mA8kwr4q">pic.twitter.com/W0mA8kwr4q</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1482895752456196097?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.17 07:40 Mon
twitterfacebook
thumb

途中投入の南野拓実が27歳のバースデー弾! 完勝のリバプールが3戦ぶり白星で2位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、リバプールvsブレントフォードが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は74分からプレーし、1ゴールを記録した。 2022年初戦となったチェルシーとの上位対決を2-2のドローで終え、リーグ戦2戦連続未勝利と足踏みが続く3位のリバプール(勝ち点42)。前日に行われた頂上決戦を首位のマンチェスター・シティが勝利したことで、暫定でのポイント差が「14」に広がった中、今節では前回対戦でドローに持ち込まれた13位のブレントフォード(勝ち点23)を相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙った。 クロップ監督は、10人のアーセナルを相手にゴールレスドローに終わった3日前のEFLカップ準決勝1stレグから先発2人を変更。ミルナーと南野に代えてカーティス・ジョーンズ、オックスレイド=チェンバレンを起用。3トップは右からオックスレイド=チェンバレン、フィルミノ、ジョタという並びとなった。 戦前の予想通り、立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取ってピッチの幅を取りながら厚みのある攻撃を仕掛けていく。 アレクサンダー=アーノルドのミドルシュートや再三のセットプレーでゴールチャンスを窺う中、22分にはビッグチャンス。右CKの流れからゴール前でこぼれ球に反応したファン・ダイクが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKアルバロ・フェルナンデスの足を使った見事なセーブに阻まれる。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するリバプールだが、割り切って自陣深くにブロックを構えるブレントフォードの粘り強い守備に手を焼く。直近のアーセナル戦同様の手詰まり感が出始める中、徐々に焦りからか自陣でのミスが出ると、カウンターから一発を狙うトニー、ムベウモの2トップに続けて際どい場面を作られる。 それでも、これを凌いだホームチームは44分、左CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足インスウィングのボールを入れると、ニアの密集をすり抜けてバウンドしたボールをファーでDFアイエルのマークを一瞬外したファビーニョが頭で流し込み、最高の時間帯に先制点を奪い切った。 苦しみながらも1点リードで試合を折り返したリバプールは、後半も危なげなくゲームをコントロールしていく。早い時間帯の同点を目指して前がかりとなる相手の攻撃を受け止めながら、前半からの遅攻に加え、速攻の形から2点目に迫っていく。 ジョタのポスト直撃のシュートなど、徐々にゴールの匂いを色濃くさせる攻撃を見せるリバプールは、後半半ばに待望のゴールを奪う。左サイドのロバートソンからの絶妙なピンポイントクロスをファーに飛び込んだオックスレイド=チェンバレンがダイビングヘッドで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールとした。 これで勝利に大きく近づいたリバプールだが、相手との接触で足を痛めたオックスレイド=チェンバレンがプレー続行困難となり、74分に南野が投入される。 すると、この日が27歳のバースデーとなった日本代表FWがフィルミノの完璧なお膳立てによって自ら祝砲を挙げる。77分、相手ゴールキックのリスタートの場面で南野とフィルミノが連動したプレスで相手ボックス内でボールを奪うと、ゴール前でGKとDFを引き付けたフィルミノから丁寧なプレゼントパスを受けた南野が冷静に右足のシュートをゴールネットへ流し込み、直近のアーセナル戦の決定機逸を払しょくする今季リーグ2点目とした。 この3点目で勝利を確信したクロップ監督は、ジョタを下げて17歳FWゴードンをプレミアリーグデビューさせる。その後は3トップの中央に入った南野が積極的にボールを呼び込んでゴードンの初ゴールのチャンスを演出するなど、余裕のあるプレーを披露。 4点目こそ奪えなかったものの、相手にほぼ攻撃の形を作らせなかったリバプールが、3-0の完勝でリーグ戦3試合ぶりの白星を手にして2位に浮上した。 2022.01.17 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

前回対戦時は冨安を巡ってバトル!クロップ&アルテタの“気まずそう”な抱擁シーンをファンは見逃さず「やらされてる感すごい」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となったこの試合、アーセナルのMFグラニト・ジャカが24分に一発退場となり、リバプール優位と思われながらも、90分には南野が決定機を逃してしまう場面もあり、0-0のドローに終わっている。 そんな中、大きな注目を集めているのが、両指揮官による抱擁のシーンだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督とアーセナルのミケル・アルテタ監督の2人は、前回対戦時の2021年11月、冨安とFWサディオ・マネが接触した際にバトル。激しくやり合い、どちらにもイエローカードが提示されていた。 そんないざこざがあっただけに、今も2人の間には気まずさが残っているのかもしれない。『Bleacher Report』の公式ツイッターが投稿した抱擁シーンの写真では、2人は互いに抱き合いながらも、目を合わせることはなく、全くの無表情だ。 『Bleacher Report』が「とても気まずそう」というコメントとともに投稿した1枚にはファンも笑いを隠せなかった模様。「やらされてる感すごい」、「喧嘩後の兄弟みたい」、「アルテタもクロップも死んだ魚の目」、「これ好き」と思い思いの反応をしている。 アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催されるが、そこでも2人の挨拶シーンに注目したい。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督とアルテタ監督の気まずすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So awkward <a href="https://t.co/CGL8MOaOTw">pic.twitter.com/CGL8MOaOTw</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1481762786346741760?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「悪い顔してる」決定機逸の南野の目の前で“満面の笑み”浮かべる冨安の相方にファン注目「最高だな」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールの日本代表FW南野拓実は、アフリカ・ネーションズカップ参戦組に代わり先発で起用されたものの、アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となり、日本人対決はお預けとなった。 試合はアーセナルのMFグラニト・ジャカが24分で退場し、リバプールが試合の主導権を握るも中々ゴールを奪えず。試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく展開となった。 そして90分、リバプールに最大のチャンス。右サイドからのクロスに対し、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野のもとへこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、無念の決定機逸となってしまった。 このシーンでは、リバプールの面々も思わず頭を抱え、南野も肩を落としたが、満面の笑みを浮かべる人物が南野の目の前にいた。 それはアーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイト。普段は右サイドバックの冨安の隣でチームの守備を支える男は、この日も奮闘。1人少ないなかで無失点に抑え続けていた。 このピンチの場面でも、南野のシュートを体を張って防ごうとゴール前でただ1人準備。シュートが枠外に飛んでいくと、感情が高ぶったのか南野の方を向きながら満面の笑みを浮かべていた。 この瞬間を切り取った写真がSNS上で拡散されると、アーセナルファンを中心に反響。「最高だな」、「複雑」、「ホワイトさん笑」、「悪い顔してる」と様々な反応が寄せられている。 試合はそのまま0-0で終了。アーセナルとしてはリバプール相手に前半に退場者を出しながら引き分けるという満足いく結果になっただけに、ホワイトの喜びも相当に大きかったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】リバプールファンは見ない方がいい?南野拓実の目の前で満面の笑みを浮かべるベン・ホワイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Night Gooners! <a href="https://t.co/bDquW30Zfr">pic.twitter.com/bDquW30Zfr</a></p>&mdash; Evan Cooper (@Lacazest) <a href="https://twitter.com/Lacazest/status/1481778853710286849?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly