デ・リフトの引き抜き困難か? 来夏に約190億円の契約解除条項が有効に

2021.09.20 22:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビッグクラブが関心を示すオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)だが、ユベントスが放出を望まない限り、引き抜きは非常に困難なようだ。

2019年夏にアヤックスからユベントスに7500万ユーロ(約96億3000万円)の金額で加入したデ・リフト。ここまで2年間の在籍期間に公式戦79試合に出場している。

その逸材センターバックに関しては、2019年夏にもユベントスと競合したバルセロナを始め、幾つかのメガクラブが獲得に関心を示している。

だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、デ・リフトとユベントスの契約には1億5000万ユーロ(約192億円)の契約解除条項があり、その条項は2022年夏に有効になるという。

そのため、他クラブがユベントスとの契約交渉を行わずに引き抜くことは事実上不可能と言ってもいい。

また、現在デ・リフトはセンターバックの3番手という立ち位置だが、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)と、同DFレオナルド・ボヌッチ(34)がキャリア終盤に差し掛かっていることもあり、来シーズン以降は最終ラインの主軸を担うことが期待されている。

先日にデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、同選手が来シーズンもトリノに留まるかはわからないと、クラブへのけん制とも取れるコメントを残していたが、現時点では退団の可能性は非常に低いようだ。

関連ニュース
thumb

【セリエA第9節プレビュー】イタリア&太陽ダービー開催

前節行われたビッグマッチ2試合ではラツィオがインテルを、ユベントスがローマをそれぞれ下す結果となった。そして開幕からの連勝を続けるナポリがトリノを下し、そのナポリを2ポイント差で追う2位ミランがヴェローナに逆転勝利を飾った。迎える第9節もビッグマッチ2試合が組まれている。 まずは日曜ナイトゲーム開催のインテルvsユベントスのイタリア・ダービーから。3位インテル(勝ち点17)は前節ラツィオに1-3で敗戦。先制しながらも後半の3失点でリーグ初黒星を喫した。ただ、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではFWジェコの1ゴール1アシストの活躍で曲者シェリフを下して今季のCL初勝利を挙げた。すかさずバウンスバックに成功した中、ユベントス撃破となるか。 一方、5位ユベントス(勝ち点14)はローマにウノゼロ勝利を飾った。開幕から乱調の続いていたGKシュチェスニーのPKストップに救われ、勝利をもぎ取った形だ。アッレグリ監督の下、かつての堅守を取り戻しつつある中、水曜に行われたCLでもゼニト相手にウノゼロ勝利と堅守を発揮。公式戦4戦連続1-0の勝利とユベントスらしさが戻っている中、ダービー勝利となるか。 続いてイタリア・ダービー前に行われるローマvsナポリの太陽ダービー。4位ローマ(勝ち点15)は前述のようにユベントスに惜敗。不運な判定もあってゴールが認められず、名手ヴェレトゥのローマ加入後初のPK失敗によって敗戦となってしまった。ただ、内容は悲観するものではなかったため、連勝を続けるナポリを下して勢いに乗りたいところだ。 対する首位ナポリ(勝ち点24)は前節、FWインシーニェのPK失敗などもあってトリノに苦戦を強いられながらも終盤のFWオシムヘン弾でウノゼロ勝利とした。開幕8連勝と絶好調を維持するチームは、ローマとのダービーを制して連勝を9に伸ばせるか。 そのナポリを追走する2位ミラン(勝ち点22)は8位ボローニャ(勝ち点12)とのアウェイ戦に臨む。ミランは前節、MFディアスとDFテオ・エルナンデスをコロナ陽性で欠いた中、ヴェローナ相手に大苦戦。前半に2点のリードを許す展開を強いられた中、後半の3発で見事な逆転勝利を飾った。しかし、火曜に行われたCLではポルトに0-1のスコア以上の差で完敗。3連敗でグループステージ突破が絶望的となった中、切り替えてボローニャ戦に臨めるか。 インテルにリーグ初黒星を付けた5位ラツィオ(勝ち点14)は、12位ヴェローナ(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨む。インテル戦では結果、内容ともに十分なものとなったラツィオ。ボローニャ戦の完敗を払拭した中、ミランに善戦したヴェローナ撃破となるか。 そのラツィオと同勝ち点のアタランタは10位ウディネーゼ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。アタランタは前節エンポリに4-1と快勝。ミラン戦の敗戦を払拭した。上位をしっかりと追走する中、水曜に行われたCLではマンチェスター・ユナイテッド相手に2点をリードするも逆転負け。悔しい敗戦となった中、リーグ戦に切り替えられるか。 最後に守備の崩壊が止まらないDF吉田の17位サンプドリア(勝ち点6)は、金曜に16位スペツィア(勝ち点7)との下位対決に臨む。前節カリアリ戦も3失点を喫し、ここ4試合で13失点を喫しているサンプドリアだが、吉田は守備の立て直しに貢献できるか。 ◆セリエA第9節 ▽10/22(金) 《25:30》 トリノvsジェノア 《27:45》 サンプドリアvsスペツィア ▽10/23(土) 《22:00》 サレルニターナvsエンポリ 《25:00》 サッスオーロvsヴェネツィア 《27:45》 ボローニャvsミラン ▽10/24(日) 《19:30》 アタランタvsウディネーゼ 《22:00》 ヴェローナvsラツィオ フィオレンティーナvsカリアリ 《25:00》 ローマvsナポリ 《27:45》 インテルvsユベントス 2021.10.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベからサンプドリアにレンタル中の逸材イハッターレンが“行方不明”に…

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が“行方不明”の状況にあることが判明した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 イハッターレンは、今夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 ここまで新天地ではセリエA第3節のインテル戦で初のベンチ入りを果たしたものの、以降は一度もベンチ入りせず、デビューが待たれる状況となっている。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、そのイハッターレンは現在、“行方不明”の状況にあるという。 今月12日に“家族の問題”を理由に故郷オランダのユトレヒトに戻っている同選手だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材では自宅近辺で目撃情報が一切ないという。 さらに、現在サンプドリアはマッシモ・フェレーロ会長を始め多くのクラブスタッフが所在を確認しているものの、イハッターレン側が連絡を無視し続けている模様。 また、イハッターレンはイタリア帰国を拒否しているとの報道もあり、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人との契約を希望しているとも伝えられており、その去就は完全に不透明な状況のようだ。 PSV生え抜きの攻撃的MFは卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材。その一方で、イハッターレンは2019年に最愛の父を亡くすなどプライベートな問題を抱えていた際にクラブから手厚いサポートを受けていた中、完全に自身の殻に閉じこもり、練習中に周囲との衝突、スポンサー関連のイベントを無断で欠席したり、ウエイトオーバーなど、プロフェッショナルとして相応しくない行動が目に付いていた。 サンプドリア加入以降もウエイトオーバーや、友人に会うためにミラノやコートダジュールに頻繁に遊びに出かけるなど、プロフェッショナルの欠如が指摘されていた。 2021.10.21 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

CLで無傷のユーベ、アッレグリ「素晴らしい結果。3戦全勝でいまだ無失点を考えるとなおさら」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が内容に不満を漏らしたものの、結果を評価した。『UEFA.com』が報じている。 チャンピオンズリーグ(CL)グループHに入り、2戦全勝で首位に立つユベントス。20日に行われた第3節で1勝1敗の3位につけるゼニトとのアウェイ戦に臨み、1-0の勝利で飾った。 アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを引き続き欠いたが、公式戦4連続連続のウノゼロ勝利でチーム状態を上向かせるアッレグリ監督は試合後、3戦全勝でいまだ無失点の歩みに満足した。 「素晴らしい結果だね。このグループで3試合を戦って、勝ち点をフルで掴み取り、いまだ失点なしという点を考えると、なおさらだ。正直に言って、パフォーマンスは良くなかった。ゼニトがスペースを埋めてくるなかで、我々はボールを素早く動かせていなかったのだ」 「明らかにまだ改善の必要がある。ファイナルサードやライン間でもっと良いプレーをしないといけないし、より良い判断も必要だ。クリエイティビティの部分で我々の助けとなるディバラがいない試合だったが、すべての選手がその部分を改善していかなければならない」 2021.10.21 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトに競り勝ったユベントスが公式戦4戦連続ウノゼロ勝利、3連勝発進《CL》

ユベントスは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でゼニトとのアウェイ戦に臨み、1-0で競り勝った。 前節チェルシー戦をウノゼロで制して2連勝スタートとしたユベントスは、1-0で勝利した直近のローマ戦のスタメンから3選手を変更。ケアン、ダニーロ、クアドラードに代えてモラタ、アレックス・サンドロ、マッケニーがスタメンとなった。 一進一退の攻防で立ち上がった中、ユベントスは18分にゴールを脅かされる。クラウジーニョのミドルシュートがGKシュチェスニーを強襲した。 その後、徐々にボールを持ち始めたユベントスは前半終盤、キエーザがシュートに持ち込むシーンはあったものの、前半に枠内シュートを打てずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、51分にユベントスはこの試合初めての決定機。モラタのスルーパスでボックス内に進入したマッケニーがシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 57分にはデ・シリオのボールロストからクラウジーニョに決定的なコントロールシュートを許すも、わずかに枠を外れて助かった。 ひやりとしたユベントスは3枚替えを敢行し、クルゼフスキらを投入した。すると74分にマッケニーが際どいヘディングシュートを浴びせる。 終盤にかけても互角の攻防が続いていたが、86分にユベントスが均衡を破った。左サイドからのデ・シリオのインスウィングクロスをクルゼフスキがヘッドで流し込んだ。 これが決勝点となってユベントスが勝利。公式戦4試合連続でウノゼロ勝利としている。 2021.10.21 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

CL3連勝を目指すユベントス、指揮官は集中を呼びかける 「インテルとの試合は考えるつもりもない」

ユベントスのマッシミリアー ノ・アッレグリ監督が、ゼニト戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今季のチャンピオンズリーグ(CL)で昨季王者のチェルシーと同じグループHに入ったユベントスは、第2節でそのチェルシーをホームで下し、開幕2連勝で堂々の首位に立っている。その勢いのまま、セリエAではトリノとのダービーや、ローマとのビッグマッチを制し、公式戦5連勝と波に乗っている。 そんな中、20日にCL第3節で対戦するゼニトは、チェルシーとのアウェイ戦で善戦したロシア王者。アッレグリ監督はゼニトをヨーロッパ的で組織力の高いチームと分析。また、ゼニト戦後には国内リーグで大一番を控えるが、目の前の試合だけに集中することを強調した。 「ゼニトは良いチームだ。とてもヨーロッパ的で整備されたサッカーをする。ロンドンでの試合では守備面に優れており、素晴らしい試合をしていた。中盤と前線にテクニックのある選手が何人もいる。良い結果を得られればラウンド通過に近づくことができるので、我々にとっては重要な一戦だ」 「今はゼニト戦に集中する必要がある。良い結果を手にロシアを後にしたいからね。そのためにはインテルとの試合を頭から離さなければならない。ゼニトは技術的に秀でており、明日の試合を過小評価しないためにはそれが非常に重要になるだろう」 「彼らには特徴の異なる2人のストライカーがいる。一方はフィジカルが強く、もう一方は技術的に優れている。サンクトペテルブルクで勝ち点を獲得するためには、慎重に、かつ果敢に挑まなければならない」 アッレグリ監督はまた、チーム状況についても報告。先発出場する選手も示唆した。 「(マタイス・)デ・リフトは完全に回復しており、明日の夜は(ヴォイチェフ・)シュチェスニーや(レオナルド・)ボヌッチと同じように先発するだろう。最終的な決定は明日下すことになる。アルトゥールはより出場時間を増やすことができるようになったし、(アルバロ・)モラタは1分から出場する可能性がある」 「アレックス・サンドロも復帰し、(マッティア・)デ・シリオも良いパフォーマンスを見せてくれている。(パウロ・)ディバラはトレーニングに励んでいるが、まだスカッドには入られらない。目標はインテルとの試合に間に合わせて、次の代表ウィークまでそれを継続させることだ」 2021.10.20 21:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly