ヴィニシウス&ベンゼマが殊勲の働き! 不屈のマドリーが試合終盤の連続弾でバレンシアとの首位攻防戦制す!《ラ・リーガ》

2021.09.20 06:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第5節、バレンシアvsレアル・マドリーが19日にメスタージャで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を、ベンゼマのトリプレーテと、カマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾ったマドリー。また、チャンピオンズリーグ(CL)初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦ではカマヴィンガのアシストからロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、1-0の会心の勝利を挙げた。

勝ち点10で並ぶ2位のバレンシアとの首位攻防戦ではインテル戦からルーカス・バスケスに替えてアザールを起用した以外、同じメンバーを起用した。

対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを披露。直近のアラベス戦、オサスナ戦ではソレール、ゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めた。難敵相手に真価が試されるこの上位対決では負傷のガヤとチェリシェフに替えてフルキエ、古巣対戦のウーゴ・ドゥロを起用した以外、同じメンバーを継続した。

注目の上位対決は立ち上がりから球際のバトルが強調される拮抗した展開となる。戦前の予想通り、アウェイのマドリーがボールを握る形に落ち着くが、好調のヴィニシウスやアザールの仕掛けは相手守備に封じ込まれ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。

ボールを奪えば、シンプルに相手の背後を狙っていくバレンシアは狙い通りの形で試合を進めていくが、13分にはソレール、23分にはコレイアと続けて筋肉系のトラブルか、プレー続行不可能となり、ユヌス・ムサ、ラトの投入を余儀なくされる。

すると、この負傷者の流れに乗っかる形となったマドリーもカルバハルがプレー続行不可能となり、26分にルーカス・バスケスがスクランブル投入された。

前半に3人の負傷者を出すアクシデント続きの首位攻防戦は前半半ばから終盤にかけてホームチームが優勢に運んでいく。30分には裏へ抜け出したマキシ・ゴメスがボックス内でDFアラバに後ろから倒されるが、これはVARのレビューの結果、ノーファウルの判定に。さらに、43分にはヴァスのFKからガブリエウがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。

一方、マドリーは右サイドの攻撃を起点にカゼミロやバルベルデのミドルシュートで相手ゴールを脅かしたものの、バレンシアの守備を崩し切れぬまま試合を折り返すことになった。

迎えた後半も入りはバレンシアペースに。開始直後にボックス左に抜け出したウーゴ・ドゥロがGKクルトワの好守を強いると、以降もゴンサロ・ゲデス、ウーゴ・ドゥロとボックス付近で積極的に足を振っていく。

その後はマドリーが一時盛り返したが、序盤からの流れを汲んでホームチームに先制点が生まれる。66分、右サイドでのスローインの流れからフルキエがゴール前に入れたクロスに対してバスケスがクリアをし損ねると、このこぼれ球をボックス左のウーゴ・ドゥロが右足ボレー。DFミリトンに当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール右隅に決まった。

昨シーズンにレンタルで在籍していたウーゴ・ドゥロに恩返し弾を決められたマドリーは直後に動く。カゼミロとモドリッチを下げてカマヴィンガとロドリゴを、さらに78分にはアザールとバルベルデに替えてヨビッチ、イスコをピッチへ送り出す。そして、攻勢を強めていく中、ボックス内のベンゼマに幾度か決定機が訪れるも、相手GKや守備陣の身体を張ったプレーに阻まれる。

その後、バレンシアが最後の交代機会を使って守備的な3枚替えを敢行した中、何とかゴールをこじ開けたいマドリーはリスクを冒して攻め立てる。すると、今季ここまでチームの攻撃をけん引する2選手が劇的逆転劇をもたらす。

まずは86分、ボックス中央でロドリゴの右からのクロスを収めたベンゼマが自身の外側でフリーのヴィニシウスに丁寧に落とすと、ヴィニシウスが狙いすまして放った右足のシュートが相手DFにディフレクトし、ニア下の最高のコースに決まった。

土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左からヴィニシウスが右足でゴール方向に向かう浮き球のクロスを入れると、DFとGKに競り勝ったベンゼマが肩でボールをゴールへ流し込み、一気に逆転まで持っていった。

そして、ベンゼマとヴィニシウスのコンビで奪った値千金のリードを守護神クルトワを中心に守り抜いたマドリーが、難所メスタージャでの首位攻防戦を劇的な形で制して単独首位となった。

関連ニュース
thumb

後半ATの2ゴールで大逆転勝利のアトレティコ、シメオネ監督も自信「皆さんが目にしたもの、それはアトレティコ・マドリー」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が劇的な逆転勝利を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは22日、ラ・リーガ第22節でバレンシアをホームに迎えた。 ラ・リーガのビジャレアル戦、スーペル・コパのアスレティック・ビルバオ戦、コパ・デル・レイのレアル・ソシエダ戦と3試合勝利がなく、2試合は完敗しているアトレティコ。この試合も前半のうちに2失点を喫し、悪い流れを断ち切れていない展開となった。 後半に入り、途中出場のマテウス・クーニャが64分にゴールを決めて1点差にしたが、その後が続かず、1-2で敗戦となると思われた。 しかし、91分にアンヘル・コレアが値千金のゴールを決めて同点とすると、93分にはマテウス・クーニャのシュート性のアシストからマリオ・エルモソが起死回生の逆転ゴールを決め、3-2で勝利を収めた。 シメオネ監督は、土壇場での逆転勝利について言及。前半は酷い出来だったが、後半はピッチ上でしっかりとチームとしての姿勢を見せられたと振り返った。 「今日は何をみられたかわかりやすい。前半は我々ではなかった。やりたいことは何もできなかった。2失点してしまった」 「後半、絶望と不安の中で、我々は冷静に話をした。負け方は色々あるが、そう考えれば勇気が出た。我々は、みんなをガッカリさせるつもりはないと分かっていた」 「他の場所ならチームを批判していただろう。ただ、チームはピッチ上でメッセージを送り、皆さんが目にしたもの、それはアトレティコ・マドリーだった」 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコ、93分に生まれた奇跡の逆転ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.23 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが後半ATの2ゴールで劇的過ぎる逆転勝利! 不屈の闘将率いるチームが公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、アトレティコ・マドリーvsバレンシアが22日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-2で逆転勝利した。 スーペル・コパ準決勝でアスレティック・ビルバオ、コパ・デル・レイでレアル・ソシエダと、いずれもバスク勢に敗れて公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続くリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)。 公式戦4試合ぶりの白星を目指した今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦した。シメオネ監督はこの一戦に向け、先発3人を変更。フェリペ、エクトル・エレーラ、アンヘル・コレアに代えて出場停止明けのホセ・ヒメネス、ルイス・スアレスとレマルを起用した。 共に4バックの可能性もあったが、[3-5-2]の形でスタート。立ち上がりから球際でアグレッシブなプレーを見せるバレンシアの土俵にアトレティコが上がったことで、試合はイエローカード、ファウルが目立つ肉弾戦の様相を呈していく。 中盤での潰し合いによって、互いになかなかフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続いたが、前半半ばに試合の均衡が破れる。 25分、バレンシアのロングカウンターから右サイドを持ち上がったゴンサロ・ゲデスが逆サイドでフリーのユヌス・ムサにサイドチェンジを通す。ここで2人のDFと対峙したムサは鋭いカットインからボックス内で右足を振り抜くと、このシュートがニア下に決まった。 またしても守備が耐え切れずに先制点を奪われたアトレティコはすぐさま反撃を開始。しかし、相手のハードな守備にリズムを乱されてなかなか狙いとする崩しの形を作れない。 さらに、球際の勝負や判定にナーバスになるホームチームは、らしくない形から2点目まで献上する。44分、自陣ボックス付近でルーズボールを回収されてソレール、ラトに短く繋がれると、やや不運な形からゴール前にこぼれたボールに抜け出したウーゴ・ドゥロにGKオブラクとの一対一を制された。 ホームサポーターによる強烈なブーイングを浴びた中、ロッカールームに下がり、逆転を期して後半に臨んだアトレティコは、レナン・ロージを下げて後半頭からコレアを投入。立ち上がりの48分にはカラスコが良い形からミドルシュートを狙うなど、前半に比べて攻撃に躍動感が出始める。 さらに、57分にはレマル、フェリックスを下げてフェリペ、クーニャを、61分にはヴルサリコを下げてエクトル・エレーラをピッチに送り出し、よりフィジカルに長けたメンバーでゴールをこじ開けにかかる。 すると64分、左CKの場面でキッカーのカラスコが右足インスウィングで鋭いボールをゴール前に入れると、これをタイミング良く飛び込んできたクーニャがワンタッチで流し込み、反撃の狼煙を上げるゴールとした。 この1点で完全に息を吹き返したアトレティコは、キレを取り戻したカラスコを起点にバレンシアを自身深くに押し込めてハーフコートゲームを展開。再三相手ゴールに迫っていくが、守備的な交代策で逃げ切りを図るバレンシアをあと一歩で崩し切れない状況が続く。 そして、試合は残すところ7分が加えられた後半アディショナルタイムのみとなるが、ここから不屈の闘将が率いるチームが大逆転劇を見せる。 まずは91分、相手陣内左のハーフスペースで縦に仕掛けたカラスコが右足アウトにかけて絶妙なクロスを供給。これに飛び込んだスアレスは合わせ切れずも、GKジャウメが前にこぼしたボールをコレアがすかさずゴールネットへ流し込み、土壇場で同点に追いつく。 さらに、直後の93分には高い位置でのパスカットからエレーラ、コレア、クーニャと右サイドで鮮やかにパスが繋がり、ボックス右に持ち込んだクーニャがDFディアカビの股間を抜く絶妙なラストパスを供給。これをファーサイドに走り込んだエルモソが冷静に無人のゴールへ左足ワンタッチで流し込み、劇的過ぎる逆転ゴールを奪った。 そして、今季最高とも言える盛り上がりを見せたワンダ・メトロポリターノの後押しを受け、バレンシアの反撃を凌ぎ切ったアトレティコが、後半アディショナルタイムの2ゴールで勝ち点0から勝ち点3を獲得する会心の逆転勝利で公式戦4試合ぶりの白星を手にした。う 2022.01.23 07:14 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャが敵地でバレンシアとドロー…連勝ストップで首位マドリーに圧力かけられず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第21節、バレンシアvsセビージャが19日にメスタージャで行われ、1-1のドローに終わった。 リーグ2連勝で首位レアル・マドリーを5ポイント差で追う2位のセビージャは、10位のバレンシアを相手に3連勝を目指した。 相手サポーターの愚行の影響によって試合途中の中止、翌日の無観客開催での再開となったコパ・デル・レイのベティスとのダービーを落としたロペテギ率いるチームは、バウンスバックを図る一戦に向けて先発3人を変更。クンデがスタメンを外れた一方、フェルナンドが復帰した。 新型コロナウイルス感染によってロペテギ監督不在で臨んだアウェイのセビージャは、アグレッシブなバレンシアのプレッシャーに手を焼く。 だが、開始7分には得意のサイドアタックから先制点を奪う。味方とのパス交換で右サイド深くに抜け出したモンティエルが高速クロスを入れると、ファーのラファ・ミルの手前でクリアを試みたDFディアカビに当たったボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 幸先よく先制に成功したセビージャだが、失点後に[3-5-2]から[4-4-2]の並びに変更し、ボランチにギジャモン、ディアカビと屈強なセンターバック2枚を置き、前がかりな守備を見せるバレンシアの肉弾戦に苦戦し始める。 それでも、幾度かカウンターからチャンスを作り出す中、38分には左サイド深くから内に切り込んだラファ・ミルが決定的なシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。 すると、チャンスの後にピンチあり。前半終了間際の44分には左サイド深くでガヤにフリーで上げられたクロスをゴール前のゴンサロ・ゲデスにドンピシャのヘディングで合わせられ、ハーフタイム直前に痛恨の同点ゴールを許した。 1-1のイーブンで後半へ折り返したセビージャは前半終了間際の小競り合いで1枚カードをもらっていたアクーニャを下げて、セビージャ・ダービーで相手サポーターの投げた筒が頭部に直撃し、検査入院を余儀なくされたジョルダンを投入。この交代でフェルナンドがセンターバック、レキクが左サイドバックにポジションを移した。 この交代で再び流れを引き寄せたいセビージャだったが、追いついた勢いで球際でのタフなプレーを継続するバレンシアを前になかなか攻撃のリズムを作れず。とりわけ、遅攻の局面ではなかなか効果的な縦パスを入れられず、完全にボールをもたされる展開に。 互いに決定機まで持ち込めない膠着状態が続く中、74分にはパプ・ゴメスを下げて直前のベティス戦で新天地デビューを果たしたヘスス・コロナを投入する。 すると、足元でボールを受けるパプ・ゴメスと異なり、背後を狙う意識が強いコロナを起点にアウェイチームが徐々にチャンスを作り始める。そして、85分にはジエゴ・カルロスからのロングフィードに抜け出したコロナがボックスぎりぎりの位置で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートを放つ。だが、劇的ラ・リーガデビュー弾かに思われたこのシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後、89分にバレンシアのガヤが2枚目のイエローカードで退場となり数的優位を手にしたセビージャは、勝ち越しを目指して攻勢を強めたが、専守防衛の構えを見せたホームチームから2点目を奪うことはできなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まったセビージャは、首位とのポイント差を「4」に縮めている。 2022.01.20 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマでほぼ構想外のディアワラ、今冬のバレンシア移籍が濃厚か

ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)がバレンシア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラはここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 その後はやや立場を回復し、セリエAで3試合に出場したものの、11月に行われた第14節のトリノ戦を最後に先発なし。こうした状況を受け、クラブもディアワラ本人も今冬の移籍に向けて動いている。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ギニア代表MFに対しては2016年から関心を示し続けているバレンシアが獲得に近づいているようだ。当初は半年間のレンタル移籍のみのオファーだったが、移籍金を得たいローマは買い取りオプションの付随を望んでいるという。バレンシアがこの条件を受諾さえすれば、交渉の成立は近いようだ。 2022.01.18 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァスがアトレティコ移籍を希望 バレンシア指揮官「彼の考えは、ここを出て行くこと」

バレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)が、アトレティコ・マドリー移籍を希望しているようだ。 アトレティコは、今冬の移籍市場でイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがニューカッスルに完全移籍。そのため、現在チームには本職の右サイドバックがクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコのみとなっており、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテが中盤と併用される形で同ポジションを務めている状況だ。 これを受け、クラブがトリッピアーの後釜の確保に動く中、有力な候補の一人に挙がっているのが、セルタとバレンシアでラ・リーガ220試合以上に出場しているヴァスだ。 今シーズンはチーム事情でボランチを主戦場とするヴァスだが、本職は右サイドバックやサイドハーフ。複数のポジションをカバーする戦術理解度の高さに加え、その優れた右足のキック精度はトリッピアーの後釜として打ってつけだ。 そのヴァスに関して、バレンシアを率いるホセ・ボルダラス監督は、スペイン『Cadena Ser』で選手自身がアトレティコ行きを希望していることを認めた。 「彼はアトレティコからオファーがあると言っていた。そして、彼の考えは、ここを出て行くことだ」 「そのことについて私自身は決断を下せないが、下せたらと思う。ただ、私はオーナーではなく、ただの監督だ」 「誰が残って、誰が行くかを決めるのは私ではない。彼は自分が重要であることを知っているし、私は彼を全面的に信頼していると言った。しかし、プレーヤーに対して、残るべきか去るべきかを指示することはできない。クラブが決めなければならないことなんだ」 2022.01.17 22:42 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly