「可愛い」ファン・ダイクの大ファンの少女、本人を前に緊張で顔を上げられず「大きくなったら後悔する」

2021.09.19 16:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
緊張して好きな人の顔を直視できないという経験はおありだろうか。

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの大ファンであるという少女。「4番」のオレンジ色のユニフォームを着ているが、家族でスタジアムに訪れていたのだろう。

だがまさか、そこで憧れの人物に出会えるとは露ほどにも思っていなかったのだろう。目の前にファン・ダイク本人が現れると、恥ずかしがり屋の少女はお父さんと思しき人の胸に顔を埋めてしまった。

ファン・ダイクが気遣いながら少女の着ているユニフォームにサインを施すが、少女はいやいやと首を振るばかり。一向に顔を合わせようとしない。

一方、一緒にいた少年の方は堂々としたものだ。ファン・ダイクと肩を組み、カメラに向かってポージング。そのうえ、何か談笑したのちハグまで交わした。

『ESPN』のインスタグラムでその様子が公開されると、閲覧者は一様に「可愛い」、「大きくなったら後悔するよ」というコメントを残した。

ファン・ダイクは一度その場を離れたものの、少女の様子を気にかけて再び訪問。だが、やはり少女は顔を見せてくれず。プレミアリーグ史上最高のDFも苦笑いするしかなかったようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

オランダ代表候補30名が発表!ファン・ダイクやデ・ヨングら主力に加え、FWダンジュマが3年ぶり復帰 《カタールW杯欧州予選》

オランダサッカー協会(KNVB)は22日、11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むオランダ代表候補メンバーを発表した。 オランダはここまで欧州予選の8試合を戦って、6勝1分け1敗でグループGの首位に立っている。2大会ぶりのW杯出場が懸かる11月の代表ウィークは11月13日にアウェイでモンテネグロ代表(11pt/4位)と、同16日にホームでノルウェー代表(17pt/2位)と対戦する。 今回の候補メンバーは30名が招集。DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やFWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)らが順当に選出された。 また、DFオーウェン・ワインダル(AZ)が5月以来、FWアルノー・ダンジュマ(ビジャレアル)が2018年10月以来の代表招集となった。今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー28名 GK ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) ヨエル・ドロメル(PSV) ティム・クルル(ノリッジ・シティ/イングランド) マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ) DF デイリー・ブリント(アヤックス) ユリエン・ティンバー(アヤックス) デヴィン・レンシュ(アヤックス) ティレル・マラシア(フェイエノールト) オーウェン・ワインダル(AZ) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア) MF フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン/フランス) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) フース・ティル(フェイエノールト) ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) ダヴィ・クラーセン(アヤックス) FW メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン) ルーク・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) アルノー・ダンジュマ(ビジャレアル/スペイン) ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) ノア・ラング(クラブ・ブルージュ/ベルギー) コーディ・ギャクポ(PSV) ステーフェン・ベルフハイス(アヤックス) 2021.10.23 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・ファールトがF・デ・ヨングに自論「古典的な10番を目指せ」

元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールト氏が、同胞のMFフレンキー・デ・ヨングに対し、自論を絡めてアドバイスを送っている。 同氏が指摘するきっかけとなったのは、11日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選のジブラルタル代表戦。オランダが6-0の大勝を収めた中、F・デ・ヨングは60分まで出場していた。 試合後、オランダ『テレグラフ』でファン・デル・ファールト氏は「最高のパフォーマンスではなかった」と24歳を評価。ポテンシャルは疑う余地はないとしながらも、プレースタイルを見直す必要があると述べている。 「彼は『得点力と創造力のある10番』としてではなく、『古典的な10番』として評価されるべきだ。そうすればこの議論からも解放されるだろう。バイエルンのヨシュア・キミッヒと比較すると、彼がより優れているのがわかる」 「弱い相手になると、フレンキーは自分のスタイルを発揮することが難しくなる。スペースがなく、相手を抜き去ることができないからだ。それが彼がゴールまでに15メートルで輝けない理由だ。残念ながら、彼は真に『得点力と創造力のある10番』にはなれないかもしれない」 「問題は、フレンキーが古典的な10番のような素晴らしいテクニックも持ちながら、6番や8番のポジションで十分すぎるほどのプレーができることだ。だからこそ、我々は彼にさらなる期待を寄せてしまう」 「現役時代の私やヴェスレイ・スナイデルのような創造的でテクニカルを武器としていたMFは、常にストライカーの後ろでプレーし、スペースを見つけるか、自らゴールを狙っていた」 「現代サッカーにおいて、アヤックスでさえもダヴィ・クラーセンやドニー・ファン・デ・ベークのような走れる10番を育てている。それが流行りなのだ」 2021.10.15 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「このチャンスを3年待った」 代表復帰戦でゴールのダンジュマが喜びの声

ビジャレアルのMFアルノー・ダンジュマが久々となったオランダ代表でのゴールを喜んだ。 ビジャレアルで今季公式戦8試合に出場し、5ゴール1アシストを記録と好調のダンジュマは10月のインターナショナルウィークで約3年ぶりの代表入り。11日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第8節のジブラルタル代表戦に60分から出場すると、75分に待望のゴールを挙げた。 これが2018年10月16日のベルギー戦以来、代表通算2得点目となったダンジュマは試合後、久々となった代表戦でのゴールに喜びを噛みしめた。 「最後に代表に呼ばれてから、ちょうど3年目になると思う。自らの国のために、戦う姿を再び見せることができてとても嬉しいし、誇りに思っているよ」 「ビジャレアルではうまくいっていたから、もちろん招集を期待していた。このチャンスを3年も待っていたから、逃すわけにはいかなかったんだ」 また、この試合での活躍の要因にはベンチで精神的な準備をしていたことを挙げた。 「出場することを前提にしていたから、招集されても出られなかったら残念だったね。でも、精神的に準備はできていた。それがとてもうまくいったと僕は思うよ」 「得点できたことを嬉しく思うけど、今日はちょっと贅沢しすぎたかもしれない。見せたいものが多すぎた。僕のプレースタイルの典型でもあるんだけどね」 2021.10.13 18:29 Wed
twitterfacebook
thumb

メンフィス・デパイ、1年間の代表ゴール数でクライファート超え!

オランダ代表FWメンフィス・デパイが、歴代の偉大なストライカーを超える快挙を成し遂げた。 11日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のオランダ代表vsジブラルタル代表。オランダが6-0で圧勝したこの試合で、デパイは前半にPK失敗という一面はあったものの、2ゴール2アシストと躍動し、勝利に貢献した。 これにより、同選手のオランダ代表における2021年のゴール数は「13」に。サッカーの様々な統計を扱う『Opta』によると、1暦年でのゴール数が同代表最多を記録したという。 これまでは、2000年にパトリック・クライファート氏が記録した12ゴールが最多で、11ゴールで2010年のクラース・ヤン・フンテラール氏、10ゴールで2013年のロビン・ファン・ペルシー氏と続いていた。 代表通算ゴール数では、デパイは現在35ゴールでルート・ファン・ニステルローイ氏とファース・ヴィルケス氏に並んでいる。これを上回っているのは、アリエン・ロッベン氏とデニス・ベルカンプ氏(37ゴール)、クライファート氏(40ゴール)、フンテラール氏(42ゴール)、ファン・ペルシー氏(50ゴール)となっている。 なお、オランダ代表は11月にもモンテネグロ代表戦とノルウェー代表戦が予定されているため、デパイの記録はさらに伸びる可能性がある。 2021.10.12 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

6ゴール大勝のオランダ、ファン・ハール監督はチームを称賛 「観客を楽しませることができた」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、チームの大勝を喜んだ。オランダサッカー協会(KNVB)が伝えている。 オランダは11日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループG第8節でジブラルタル代表と対戦。試合開始から圧倒的な支配力を見せると、FWメンフィス・デパイの2ゴールもあり前半だけで3点を奪取。後半にもMFアルノー・ダンジュマらのゴールで3点を奪ったチームは、最後まで相手を圧倒し続け6-0で勝利した。 この結果、オランダは首位をキープしており、2位ノルウェー代表との勝ち点差は変わらず「2」のままとなっている。試合後のインタビューに応じたファン・ハール監督は、完璧なパフォーマンスを見せたチームを称賛。ファンが楽しめる試合を見せられたと誇っている。 「今日の試合ではワンツーやしっかり走る姿を多く見られた。あれは事前にトレーニングで狙っていた通りのものだ。我々は多くのチャンスを作り、6ゴールを決め、観客を楽しませることができた。見ていて心地良い試合だったと思う」 「我々は相手チームに何も与えなかった。(センターバックの)ファン・ダイクとデ・フライですら相手の陣地でプレーしていたのだからね。このような試合、私はほとんど見たことがない」 また、ファン・ハール監督は途中出場でゴールという結果を出したダンジュマに言及。ビジャレアルでの好調ぶりを代表でも発揮した選手を称えている。 「彼は見事な登場した。何度も良いドリブルを見せていたと思う。ただ、彼のハードなクロスには味方がまだ慣れていなかったね」 2021.10.12 10:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly