リュディガーがサッカーゲームの能力値に不満「最高時速35.8kmだよ?」チェルシーも正式に後押し

2021.09.18 07:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが10月1日に発売されるEAのサッカーゲーム『FIFA 22』の自身の能力値に不満があるようだ。

『FIFA 22』では各選手にペース(スピード)、シュート、パス、ドリブル、ディフェンス、フィジカルの能力値が設定されており、その数値をもとにレーティング(総合能力値)が設定されている。

リュディガーの総合能力値は「83」であるものの、ペースが「75」という点には納得がいかないようだ。

リュディガーは16日、自身のツイッターを更新。「頼むよ、EAスポーツ…ピッチ上で最高時速35.8kmなのに、ペースが75だって!?ペース90になるには何が必要かな?時速50km」と冗談交じりに不満を口にした。

ゲーム性もあり、DFのペースは低めに設定されることも多いが、リュディガーの主張になんとチェルシーの公式ツイッターも援軍として参加した。

投稿を引用する形で、「EAスポーツ、これがペース75って言うの?」と、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節ゼニト戦で、最終ラインでボールを持ったリュディガーがドリブルで相手ボックス内まで突き進んだシーンの動画を投稿した。

過去には自身の顔デザインにクレームを入れた元フランス代表MFフランク・リベリのフェイスが修正されることもあったが、リュディガーの不満は届くだろうか。



1 2
関連ニュース
thumb

チェルシー、トゥヘル監督がCLで負傷したルカク&ヴェルナーの欠場を明言

23日にプレミアリーグのノリッジ戦を控えるチェルシーだが、主力2名を欠いて臨むことになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は伝えている。 欠場するのはアベルギー代表FWロメル・ルカクとドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの両選手。共に20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマルメ戦で負傷したとのことだ。 この試合に先発出場していたルカクは相手からタックルを受けて右足首付近を負傷し、23分に途中交代。ヴェルナーもプレー中に左足のハムストリングを痛めると、44分に交代していた。 22日に行われた会見でチェルシーのトーマス・トゥヘル監督が2人ついて説明。23日のノリッジ戦に加え、26日に行われるEFLカップ4回戦のサウサンプトンも欠場することを明かした。 「クリスティアン・(プリシッチ)を含め彼らは明日のノリッジ戦、そしておそらくはサウサンプトン戦も欠場するだろう。私が確実に言えることは、二人はいま治療を受けており、心配はしていないが、次の2試合は確実に欠場するということだ」 2021.10.23 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

足首捻挫のルカク、代理人の見解は「予定よりも早い復帰になるだろう」

チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクの負傷について、代理人のフェデリコ・パストレッロ氏が見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でマルメと対戦したチェルシー。結果的に4-0で快勝したものの、ルカクは18分にPKを獲得した際、相手に足を挟まれる形で足首を捻挫。苦悶の表情を浮かべながらしばらくピッチに横たわっていた。 結局続行不可能となり、足を引きずりながらピッチを後に。ベンチに戻らずロッカールームに消えていく姿をスタンドから見ていたというパストレッロ氏は、ただ事ではないと感じた模様。それでも、ルカクの日々の努力を知る同氏は、予定よりも早い復帰を予想している。 「とても心配だったよ。ロメルは常にプレーを望む選手で、ファウルを受けてあんなに長く倒れたままでいたものだから。普段ならすぐに立ち上がるような選手なんだ。だからなおさら良い状況には見えなかったよ」 「4分間も倒れている彼を目の当たりにして、隣で一緒に試合を観戦したペトル・チェフに『フェイクで倒れ込む選手じゃないし、少し怖いね』と言ったんだ」 「立ち上がった時も良い兆候には感じられなかった。今は検査を待っているところで、すぐに何か分かるだろう。しかし、写真や映像でケガの場面を見ると、足首に自重が完全にかかってしまっていたことがわかる。だが彼は強い男だ。全部の試合に出たいと、もっと強くなってすぐに戻ってくるはずだ」 「最初に見た印象ではかなり落ち込んでいたが、良いプレーをしていたのは誰の目にも明らかだった。仮にピッチに残っていたら、100%ゴールを決めていたと思うよ」 「今は本当に集中して、できるだけ早い復帰に向けて尽力している。彼は自宅で理学療法士を雇っていて、毎晩寝る前まで頑張っているんだ。復帰も予定より早くなるかもしれないね」 2021.10.22 18:36 Fri
twitterfacebook
thumb

「もう面白くない」ヴェルナーのミスばかり取り上げるメディアに非難の声「ミスを強調するのをやめ」

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがまたしても決定機逸をピックアップされた。 21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でマルメをホームに迎えたチェルシー。ヴェルナーは今季のCL初の先発出場を飾った。 そのヴェルナーに立ち上がりから早速チャンスが訪れる。ロメル・ルカクがボックス右からクロスを送ると、相手の一歩前に出ていたヴェルナーが合わせにいく。だが、このチャンスを逸してしまった。とはいえ、この場面ではルカクのオフサイドが取られていた。 このシーンをピックアップした『FTBL』のコメント欄には「またやった」のような揶揄する声もあった。 しかし、一部ファンからはミスをピックアップし過ぎると非難の声も。「オフサイドだったけどね」、「彼が犯したミスを強調するのをやめな」、「もう面白くない」、「言うほど簡単ではなかった」などヴェルナーを擁護する声も多く寄せられた。 残念ながらこの日はゴールを奪えず、左足のハムストリングを痛めて44分に負傷交代となってしまったヴェルナー。借りを返す機会はもう少し先になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】CL第3節マルメ戦でのヴェルナーのミス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVQxKnaj_c5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVQxKnaj_c5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVQxKnaj_c5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FTBL \\:(@ftbl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.21 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

4発快勝もルカク&ヴェルナーを失ったチェルシー、トゥヘル監督も負傷を嘆く「数試合は欠場する予定」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、マルメ戦を振り返り、2人のストライカーを失ったことを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えた。 チェルシーは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でマルメをホームに迎えた。 CLでは1勝1敗と五分のスタートを切ったものの、内容は低調に終わっていたチェルシー。先週末の試合ではブレントフォードになんとか勝利したものの、高いパフォーマンスを見せたとは言えなかった。 そんな中で迎えた試合は、9分にアンドレアス・クリステンセンが幸先よくゴールを奪うと、21分にはジョルジーニョがPKを決めて追加点を奪い、リードを2点に広げる。 しかし、このPKでロメル・ルカクが負傷しカイ・ハヴァーツと交代すると、前半終了間際にはティモ・ヴェルナーも負傷し、カラム・ハドソン=オドイと交代。前半で2人のFWを失うという緊急事態となる。 後半はハヴァーツのゴール、ジョルジーニョのPKで4点差とし、そのまま終了。快勝を収めた一方で、2人のケガ人を出すという喜べない事態となってしまった。 トゥヘル監督も負傷したルカクとヴェルナーについて言及。2人を失ったことは誤算であり、特にルカクを失ったことは大きな影響があると語った。 「ロメルはボックス内でファウルされた時に足首をひねり、ティモはハムストリングの負傷を負った。両者ともしばらく時間が掛かるだろう」 「より正確に把握するには、さらに多くの検査が必要だが、数試合は欠場する予定だ」 「ロメルがピッチに立つことは必要なことであり、彼はとても力強いスタートを切った。この状況については彼と話をしたが、メンタル面での疲労を抱えていると思う。それは普通のことだろう」 「しかし、彼は我々にとっての9番であり、前線の起点であり、精神的な疲労に対する最善の解決策はゴールだ。我々が優位に立てることはわかっていた」 「今日は、メイソン(・マウント)とティモを中心とした速攻を仕掛け、彼は中央で前線の起点を作っていた。CLの試合では、彼のゴールや決定力が、状況を変えることができると思っていた」 「実際にその通りになっていた。彼はスタートからとても強い力を見せ、ファウルを受けたからだ」 「筋肉を痛めた訳でもなく、肉体的な疲労からくるものでもない。後悔はしていないが、彼は少しオーバープレー気味だ」 「これは私の考えであり、もしかしたらそれは正しくないかもしれないが、彼に自信を持たせ、プレーさせるべきだと考えた」 「彼は決断力を持っており、後悔はしていない。このようなことは起こり得ることで、運が悪かったとしか言えない」 ルカクの不運なケガを嘆くトゥヘル監督。一方で、不在時に代わりに活躍できる選手が居なければいけないとした。 「チャンスは常にあり、今はポイントを取ったことを証明することが必要だ。ロメルがいない試合もあり、ティモがいない試合もある。だから、誰もがピッチでの出場時間を争うレースに参加することができる」 「そして、ピッチに立った時には、決定力とボックス内に入るためのハングリー精神、そして決意を示さなければいけない」 「これが現実であり、今日の彼らはそうしていたが、まだ改善の余地がある」 「土曜日には誰が先発しても同じパフォーマンス、同じハングリー精神、同じ決意が必要だ。なぜなら、試合に勝つためにはゴールが必要だからだ」 「解決策を見つけたいが、ロメルとティモがいないことは明らかだ。そして、誰もが我々に取って決定的な役割を果たすために、競争に参加している」 2021.10.21 11:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク&ヴェルナー負傷のチェルシー、マルメに4発快勝《CL》

チェルシーは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でマルメをホームに迎え、4-0で快勝した。 前節ユベントス戦をシャットアウト負けで落とし、1勝1敗スタートとなったチェルシーは、1-0で勝利した直近のブレントフォード戦のスタメンから4選手を変更。ジョルジーニョやマウント、チアゴ・シウバがスタメンに戻った。 立ち上がりからチェルシーがボールを握ると8分、ルカクがGK強襲のシュートでCKを獲得。このプレーの流れからチェルシーが先制する。チアゴ・シウバの右クロスをクリステンセンがボレーで叩き込んだ。 さらに18分、ボックス左で仕掛けたルカクがニールセンに倒されてPKを獲得。これをジョルジーニョが決めてチェルシーに追加点が生まれたが、ルカクが右足首を痛めてプレー続行不可能に。代わってハヴァーツが投入された。 その後もチェルシーが主導権を握ると、41分にはカンテのパスでボックス右に抜け出したハヴァーツが決定的なシュートを放つも、GKの好守に阻まれる。 直後、ハムストリングを痛めたヴェルナーがプレー続行不可能となり、ハドソン=オドイが投入された。 2点をリードしたものの、ルカクとヴェルナーを負傷で失ったチェルシーは迎えた後半、開始3分に3点目。 カウンターに転じた流れからハドソン=オドイのパスでボックス左に抜け出したハヴァーツがシュートを流し込んだ。 さらに55分、リュディガーがPKを獲得したチェルシーは、これを再びジョルジーニョが決めて4-0。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだチェルシーがケガ人を出したものの、4発快勝としている。 2021.10.21 05:56 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly