リュディガーがサッカーゲームの能力値に不満「最高時速35.8kmだよ?」チェルシーも正式に後押し

2021.09.18 07:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】これでペースが「75」だって?チェルシーも太鼓判を押したリュディガーの高速ドリブル








1 2

関連ニュース
thumb

ウェストハムのソウチェクがチェルシー撃破の歓喜をファンと共有、セルフィーにユニフォームプレゼント、ハイタッチも

ウェストハムのチェコ代表MFトマシュ・ソウチェクが、サポーターと首位撃破の喜びを分かち合った。 4日に行われたプレミアリーグ第15節でチェルシーと対戦したウェストハム。首位チームをホームに迎えてのロンドン・ダービーは2度のリードを許すも追い付き、終盤にDRコンゴ代表DFアルチュール・マズアクが意表を突いたニアを抜く一発を決めて逆転勝ちを収めた。 リバプール戦に続く強豪撃破。しかも、堅守を誇るチェルシーを相手に3点を奪っての終盤の逆転勝利という展開には、選手もサポーターも高揚した気分になるのは当然だろう。 試合後、ソウチェクはスタンドへ歩み寄り、ファンとの記念撮影に興じた。さらには着ているユニフォームもプレゼント。最前列に陣取るファンたちとハイタッチをかわしながらドレッシングルームへと引き上げていった。 この瞬間が『BT Sport』によって投稿されると、閲覧者からは多数のメッセージが寄せられた。「これが大好き」、「見てよかった」、「ソウチェクはレジェンド」、「トロフィーを獲得したみたいだ」など、喜び様に共感する声が届けられた。 4戦ぶりの白星を手にしたウェストハムは、9日にヨーロッパリーグ(EL)でディナモ・ザグレブと対戦する。すでにグループステージ突破は決めているが、ホームでこの日のように勝利の喜びを分かち合うことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ソウチェク、サポーターと記念撮影しハイタッチしながらピッチを後に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.05 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「はい、天才」マウントがインサイドでニアを抜く見事なボレー、ファインフィニッシュにはファンも感嘆

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、2試合連続ゴールとなるインパクト絶大のボレーシュートを沈めた。 4日、プレミアリーグ第15節でウェストハムとのアウェイゲームに臨んだ首位・チェルシー。前節に続きスタメンで出場したマウントは28分にCKからブラジル代表DFチアゴ・シウバの先制点をお膳立てする。 さらに、同点とされて迎えた前半の終了間際には、自らの右足で再びリードをもたらした。 44分、中盤でイングランド代表MFルベン・ロフタス=チークがショートパスを引っかけ、左サイドへ展開する。フリーのモロッコ代表FWハキム・ツィエクがボールを収め、ボックス右へ走り込むマウントへ柔らかな浮き球のパスを送ると、マウントは右足インサイドを使った見事なダイレクトボレーでニア下を抜くファインフィニッシュ。ワトフォード戦に続く2試合連続の1ゴール1アシストを記録した。 背面から映像では、あえて狭いニアを狙ったような意図も感じられる見事な一撃。これを見たファンからも「素晴らしいシュート!」、「ふかさずに決めるのエグい」、「はい、天才」、「シュートは言わずもがな、パスもえぐい」など、驚きの声が幾多も集まった。 マウントのスーパーゴールで再びリードを奪ったチェルシーだったが、自慢の守備陣が踏ん張り切れずにまさかの逆転負け。今季初の複数失点を喫し、首位の座を明け渡すこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシー・マウントのエグい勝ち越しボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>信じられない<br>スーパーゴール!!!<br>後ろからきた浮き球を<br>ダイレクトボレー<br>\<br><br>カウンターからシイェシュが右サイドへロングパス。<br><br>走り込んだマウントが見事に蹴り込んだ<br><br>プレミアリーグ第15節<br>ウェストハム×チェルシー<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/BhfpKE5j2O">pic.twitter.com/BhfpKE5j2O</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467122251044642820?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 20:18 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、3失点敗北で3位後退…「ミスが多過ぎた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がミスの多さに肩を落とした。イギリス『BBC』が報じている。 プレミアリーグ14試合を消化して首位を走るチェルシー。4日の第15節では4位のウェストハムをホームに迎え撃った。DFチアゴ・シウバのゴールで先制し、1-1の44分にMFメイソン・マウントの一発で勝ち越すまでは良かったが、後半に入ってから2失点。87分に許した3失点目はサイドからのクロスか、シュートかもわからないようなボールでネットを揺らされ、2-3と競り負けた。 第6節のマンチェスター・シティ戦以来となる今季2敗目を喫して、3位に後退したチェルシー。トゥヘル監督は試合後、「ミスが多過ぎた」と振り返った。 「あのゴール(ウェストハムの3点目)は問題ない。起こり得るものだ。ミスがあったというわけじゃない。偶然のゴールさ。問題はそれで決勝点だったということだ。全体的にミスが多過ぎた。3試合もああいったことをしているようだと、結果もついてくるわけがない」 「スケジュールをこなすなかで、疲れを感じるときもあるが、それを克服して、リスク管理をしなければならない。負けるのは嫌だが、今はそれを消化しないと。怒るほどの内容じゃないが、細部に至るまでもう一度、良くする必要がある」 「この試合に勝っていても、誰かにタイトルがもらえるわけじゃない。負けたからといっても、今週末に誰かがタイトルを手にするわけでもない」 2021.12.05 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールに続いて、チェルシーからも勝利! モイーズ「HTの微調整で…」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が5日に本拠地で行われたプレミアリーグ第15節のチェルシー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 プレミアリーグ14試合を消化して勝ち点24で4位につけるウェストハム。4日に敵地で行われた第15節で首位のチェルシーと対戦すると、2度のビハインドを跳ね除けて、3-2と逆転勝ちした。 リーグ4試合ぶりの白星を首位チームから掴み取ったモイーズ監督だが、内容的にあまり良くない感触だったようで、「今日よりもリバプール戦のときの方が良かったと思う」とコメントした。 今回のチェルシー戦と同じように打ち合いとなり、3-2の勝利で飾った第11節のリバプール戦ほど満足できる内容でなかったというモイーズ監督だが、1-2で迎えた後半の戦いぶりを評価した。 「ハーフタイムの微調整でゲームをコントロールするのが少しうまくなり、高い位置から少しアグレッシブにいけるようになっていった」 また、87分に狙ったものなのかどうか定かでないが、敵陣左サイドから蹴ったボールでネットを揺らしたDFアルチュール・マズアクの決勝ゴールにも触れ、モイーズ監督は賛辞を送っている。 「素晴らしいクロスだったね! 彼を褒めるべきだ。ちょっとしたラッキーゴールだったがね」 2021.12.05 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

伏兵マズアクの逆転弾でハマーズが4戦ぶりの白星! チェルシーは公式戦13戦ぶりの黒星で首位陥落の危機に…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ウェストハムvsチェルシーが4日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが3-2で逆転勝利した。   前節、ブライトン相手に逃げ切りに失敗して直近のリーグ戦2敗1分けと失速傾向の4位ウェストハム(勝ち点24)は、4試合ぶりの白星を目指した首位チームとのロンドン・ダービーに向け先発2人を変更。フォルナルスとベンラーマをベンチに置き、ディオプとランシーニを起用。[3-4-2-1]へ並びを変更した。   一方、マンチェスター・シティとリバプールと三つ巴の覇権争いの真っただ中にいる首位のチェルシー(勝ち点33)は、前節にワトフォードに辛勝して2試合ぶりの白星を手にした。難敵相手に連勝を狙う今回のアウェイゲームでは前節から先発4人を変更。負傷のチャロバーに代えてチアゴ・シウバ、アスピリクエタとサウール、プリシッチに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ツィエクが復帰した。   ホームチームが並びを合せたことで、ミラーゲームの形となった注目のダービーは、立ち上がりからハイインテンシティの攻防が繰り広げられていく。ボールを握るアウェイチームは中央を締める相手の守備に対して、中央のギャップでボールを引き出す味方を使いながら右サイドに張るリース・ジェームズを起点にツィエクやハヴァーツがフィニッシュに絡む。   対するウェストハムは後ろに重い戦いとなるが、アントニオやボーエンの推進力を生かしたカウンターでチャンスを窺う。9分にはそのアントニオのクロスからソウチェクが得意のヘディングシュートを放つと、以降は徐々に深い位置まで侵攻する場面を増やしてドーソンらのセットプレーからGKメンディを脅かす。   上位対決らしい膠着状態が続く中、チェルシーが相手のお株を奪うセットプレーから先にゴールをこじ開ける。28分、右CKの場面でキッカーのマウントが右足アウトスウィングの浮き球のボールを入れると、ゴール前にタイミング良く入り込んだチアゴ・シウバがピッチへ叩きつけるヘディングシュート。GKファビアンスキの手を弾いたボールが右ポストn内側を叩いてゴールネットを揺らした。   先にゴールを奪われたウェストハムだが、すぐさま反撃を開始。30分には相手を押し込んでの波状攻撃からボックス右のツォウファルが鋭い右足のシュートを枠に飛ばすが、GKメンディの横を抜けたボールは先ほど先制点を挙げたDFチアゴ・シウバのゴールカバーに阻まれる。   だが、38分にはジョルジーニョからGKメンディへの不用意なバックパスに反応したボーエンがバックパスを手で扱えないメンディからボールを奪いかけたところで足をかけられて倒されてPKを奪取。これをキッカーのランシーニが冷静に左隅へ蹴り込んで40分の同点ゴールとした。   前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くジョルジーニョのミスでリードをフイにしたチェルシーだが、好調の生え抜きMFが魅せる。44分、中盤でライスのショートパスを引っかけたロフタス=チークが左サイドでフリーのツィエクに展開。ツィエクはボックス右へ走り込むマウントへ柔らかな浮き球のパスを送ると、マウントは自身の後方から出てきたボールに対して、右足インサイドを使った見事なダイレクトボレーでニア下を抜くファインフィニッシュ。ワトフォード戦に続く2試合連続の1ゴール1アシストを記録した。   その後、ウェストハムのベン・ジョンソンが筋肉系、チェルシーのハヴァーツが足首を痛めたことで、前者はマズアク、後者はルカクを投入する形で後半の戦いに臨む。前半同様に拮抗した展開が続くが、ホームチームが早い時間帯に試合を振り出しに戻す。   56分、ソウチェクの浮き球のフィードをアントニオが競ったこぼれ球をボックス右で回収したツォウファルが内側へ短く落とすと、これを受けたボーエンが左への持ち出しから得意の左足を一閃。DFクリステンセンの股間を抜けた鋭いシュートがゴール左隅へ決まった。   今季リーグ戦で初めての複数失点を喫して追いつかれたチェルシーは、引き続きサイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、中央のルカクがなかなか存在感を示せずに攻撃が停滞。これを受け、トゥヘル監督はツィエクとマルコス・アロンソの左サイドのユニットを下げてハドソン=オドイ、プリシッチを続けて投入。この交代でプリシッチが右ウイングバック、ジェームズが左ウイングバックに入る形に。   一方、追いついたウェストハムは後半半ば過ぎに古巣対戦のズマが筋肉系のトラブルによりプレー続行不可能となり、71分にフォルナルスを投入。この交代で並びを[4-2-3-1]の形に戻した。75分には右サイドの深い位置まで運んだアントニオがボックス内に侵入し、決定的な折り返しを供給するが、ファーに詰めたボーエンのスライディングシュートはわずかに枠の左に外れた。   その後、試合は均衡状態が保たれたまま後半終盤に突入すると、思わぬ伏兵が試合を決める決定的な仕事を果たす。87分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボールを受けたマズアクがクロスを匂わせながら意表を突いてGKメンディが空けたニアサイドへシュートを狙う。すると、無回転気味のこのシュートがメンディの手を弾いてゴールネットを揺らした。   そして、マズアクのプレミアリーグ初ゴールによって試合を引っくり返したウェストハムがこのままリードを守り切り、3-2の逆転でダービーに勝利。リバプール戦に続く強豪撃破で4戦ぶりの白星を手にした。一方、今季リーグ戦最多3失点で競り負けたチェルシーは公式戦13試合ぶりの敗戦となり、今節での首位陥落の可能性が高まっている。 2021.12.04 23:34 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly