リュディガーがサッカーゲームの能力値に不満「最高時速35.8kmだよ?」チェルシーも正式に後押し

2021.09.18 07:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが10月1日に発売されるEAのサッカーゲーム『FIFA 22』の自身の能力値に不満があるようだ。『FIFA 22』では各選手にペース(スピード)、シュート、パス、ドリブル、ディフェンス、フィジカルの能力値が設定されており、その数値をもとにレーティング(総合能力値)が設定されている。

リュディガーの総合能力値は「83」であるものの、ペースが「75」という点には納得がいかないようだ。

リュディガーは16日、自身のツイッターを更新。「頼むよ、EAスポーツ…ピッチ上で最高時速35.8kmなのに、ペースが75だって!?ペース90になるには何が必要かな?時速50km」と冗談交じりに不満を口にした。

ゲーム性もあり、DFのペースは低めに設定されることも多いが、リュディガーの主張になんとチェルシーの公式ツイッターも援軍として参加した。

投稿を引用する形で、「EAスポーツ、これがペース75って言うの?」と、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節ゼニト戦で、最終ラインでボールを持ったリュディガーがドリブルで相手ボックス内まで突き進んだシーンの動画を投稿した。

過去には自身の顔デザインにクレームを入れた元フランス代表MFフランク・リベリのフェイスが修正されることもあったが、リュディガーの不満は届くだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

CL控えるチェルシー&マドリーに懸念…フランスのコロナ対策変更でワクチン未接種選手はCLアウェイ戦欠場か

チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)、リールと対戦するレアル・マドリー、チェルシーの一部選手がラウンド16のアウェイゲームでプレーできない可能性が出てきている。『ESPN』が伝えている。 フランス政府はオミクロン株の猛威を受け、新型コロナウイルス感染対策に関して、同国のレストランや観光地、航空機や長距離鉄道などを利用する場合に提示を義務付けている「衛生パス」を「ワクチンパス」に移行することを国会で承認。 さらに、フランスのスポーツ大臣、ロクサナ・マラシネアヌ氏は先週、ワクチン接種義務が「すべての観客、アスリート、フランス人または外国人の専門家」に適用されると主張し、これまで幾つかの分野で認められていた特例を撤廃することを明言した。 これにより、これまでPCR検査などによる陰性証明で入国、試合でのプレーが可能だった選手に関しても、完全なワクチン接種が完了していない場合、同国でプレーすることが不可能となった。 これを受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は『ESPN』の取材に対して、各国のコロナ規制に関する同連盟の姿勢を以下のように説明している。 「UEFAは、2月にUEFAのクラブ大会が再開される前に、ヨーロッパ中の関連する利害関係者と連絡を取り合っています」 「各国で試合が行われる特定の条件は、その国の管轄当局の決定に従うものとします」 「各チームは原則として、試合が行われる国で適用される規則を遵守する必要がありますが、ノックアウトフェーズに適用されるコロナウイルスによる特別な規則を含む特定の競技付属書(現在精緻化中)は、この点に関してさらなるガイダンスを提供する可能性があります」 なお、UEFAのガイドラインによれば、ノックアウトラウンドにおいて双方の試合で中立地開催の可能性を残しているが、その中立地開催を行う場合はホームクラブは適切な代替会場を提案する必要があり、昨シーズンのチーム自体の入国が認められないなど、特殊なケースを除き、その案を採用する可能性は低い模様だ。 なお、現時点でレアル・マドリー、チェルシーのクラブ内でのワクチン接種の詳細は不明だが、ヨーロッパの5大リーグにおいて最もワクチン接種が遅れているプレミアリーグに属するチェルシーに関しては数選手がワクチン未接種と見られており、現時点ではリールとのアウェイゲームに帯同できない可能性があるようだ。 現在、UEFAとフランス当局は規制緩和などの話し合いを行っているよだが、スポーツ界では先日のテニス全豪オープンにおけるノバク・ジョコビッチの一件によって話し合いは難航を極める見込みだ。 2022.01.20 22:39 Thu
twitterfacebook
thumb

タグリアフィコに再び脚光、バルセロナやナポリが関心か

アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)の人気が再び高まっている。 2018年1月に母国のインデペンディエンテからアヤックスに加入し、屈指の左サイドバックとして名を挙げたタグリアフィコ。2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグの準決勝進出に大きく貢献し、同時にアルゼンチン代表でも不動の地位を築いていた。 長らくビッグクラブから関心が伝えられていたタグリアフィコだったが、2020年12月に2023年6月までの新契約を結んだことで一旦沈静化。しかし、ここに来て再び29歳の左サイドバックに興味を持つクラブが増え始めているようだ。 中でもバルセロナやチェルシー、ナポリといったところが有力なクラブだが、アストン・ビラやマルセイユも目を光らせている模様。特に強い関心を示しているナポリやマルセイユは、買い取りオプション付きのレンタルを検討しているようだ。 なお、今季はDFダレイ・ブリントにポジションを奪われ、出場機会を減らしているタグリアフィコの獲得を狙うクラブに対して、アヤックスは700万ユーロ(約9億円)の移籍金を要求していると言われている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

「11月からひたすらプレーしている」リーグ4試合未勝利のチェルシー…トゥヘル監督は過密日程への不満隠さず

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、過密日程への不満を露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは18日に行われたプレミアリーグ第24節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。チェルシーが来月行われるFIFAクラブワールドカップに参加する関係で前倒し開催となった一戦は、前半MFハキム・ツィエクのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り同点に追いつかれると、その後は追加点を奪えず1-1のドローに終わった。 この結果、プレミアリーグ4試合未勝利となったことに対して、試合後のインタビューに応じたトゥヘル監督はチームに疲労があると強調。過密日程によってチームの状態は限界に近いと嘆いている。 「このような試合を分析するのは難しい。ブライトンとの試合はとてもタフだ。彼らはカップ戦のようにプレーしており、最後の笛が吹かれときは、まるで我々が試合に負けたかのようだった。しかし負けてはいないし、他のチームもここで勝ち点を取るのは苦労するだろう」 「フルパワーで、疲労のない状態でないと厳しい。乗り越えるべき障害があると思う。野心がどうという問題ではなく、チームへの怒りはない。1-0で先制できたのは少しラッキーで、2点目も取れたと思うが、クオリティを発揮するのに苦労した。その理由もわかっている。我々は自分たちに多くを要求しているが、今はチームに厳しくする時ではない」 「少なくとも次の試合まで4日あるのは嬉しい。先週を見れば、私が何を言っているのかわかるだろう。7日間でアウェイゲームが3つもあった。プレーだけでなく移動もあり、寝不足になる。この話をするのは、なぜこのようなパフォーマンスになるのか説明するためだ」 「我々が先制後にも優位に立って押し込められなかったのは、チームが疲れているからだ。精神的にも肉体的にも疲れており、それがパフォーマンスにも表れている。とても簡単な話だ」 「休養を非常に必要としている。言い訳だと言われるかもしれないが、そういうことだ。我々のスケジュールを見て欲しい。(前節敗れた)マンチェスター・シティ戦で、我々は直前にカラバオカップがあったが、彼らは違った。そして今日も、相手にはより準備する日数があった」 「我々は11月からひたすらプレーしている、とにかくプレー、プレー、プレー、プレーしているチームだ。バッテリーを再充電する必要がある。これが私の気持ちだ。だから、選手たちにこれから2日間の休みを与え、それから2日間で準備したい。金曜、土曜を使って日曜の準備をする、その後には、トッテナムとの試合が待っているからだ」 2022.01.19 10:34 Wed
twitterfacebook
thumb

CWCの影響で前倒しとなったブライトンとの一戦は痛み分け…チェルシーはリーグ戦4試合未勝利…《プレミアリーグ》

チェルシーは18日、プレミアリーグ第24節でブライトン&ホーヴ・アルビオンとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。 チェルシーが来月行われるFIFAクラブワールドカップに参加する関係で前倒しとなった今回の一戦。 直近のマンチェスター・シティ戦で公式戦12試合ぶりの黒星を喫した3位のチェルシー(勝ち点43)は、その試合から先発を3人変更。プリシッチやコバチッチ、サールに替えてマウント、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイを先発で起用した。 公式戦5試合負けなしの9位ブライトンに対し、チェルシーは開始早々ンの3分にピンチを迎える。クリアミスをアルザテに拾われると、縦パスをボックス手前のウェルベックがヒールで落とし、最後はモダーが右足で狙ったが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 対するチェルシーは15分、ジョルジーニョのロングパスをボックス右で収めたルカクの落としから走りこんだアスピリクエタがダイレクトシュート。しかし、これは相手GKがワンハンドで弾き出した。 一進一退の展開が続く中、チェルシーは28分にボックス左手前でパスを受けたカンテの落としを受けたツィエクが左足一閃。これはGKロベルト・サンチェスが触れるも弾ききれずに右隅に突き刺さった。 ハーフタイムにかけてやや押し込まれたチェルシーだが、前半終了間際の45分にチャンス。ルカクのパスからボックス右のハドソン=オドイが決定機を迎えたが、シュートは枠を外した。 迎えた後半はホームチームが積極的な入りを見せると60分、マク・アリステルの左CKからウェブスターがヘディングシュートを突き刺し、ブライトンが試合を振り出しに戻した。 追いつかれたチェルシーは73分、カンテの浮かせたパスに反応したルカクがゴールエリア左横からシュートを放ったが、これは相手GKのセーブ弾かれた。 勝ち越しを狙うチェルシーは、80分にルカク、ツィエク、ジョルジーニョを下げてヴェルナー、ハヴァーツ、コバチッチを投入する3枚替えを敢行。 しかし、最後まで両チームに勝ち越し弾は生まれず、1-1のドロー決着。チェルシーはリーグ戦4試合未勝利となっている。 2022.01.19 07:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトン戦に挑むトゥヘル、シティ戦から中2日のアウェイ3連戦目も「当然ながら勝ちたい」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が意気込みを語っている。イギリス『ロンドン・フットボール』が報じた。 プレミアリーグ前節で首位のマンチェスター・シティに0-1で敗れ、ポイント差を「13」に広げられてしまったチェルシー。リバプールにも抜かれ、3位に転落したなか、18日の第24節でブライトン&ホーブ・アルビオンとのアウェイ戦に臨む。 優勝争いでこれ以上の足踏みが許されないが、ブライトンは昨年12月の第20節で対戦して1-1のドロー。シティ戦から中2日、アウェイ3連戦目という状況下での再戦とだけあって、疲労面も懸念されるが、トゥヘル監督は必勝を期した。 「試合そのものも相手も大きな挑戦だ。ブライトンとの対戦はタフだしね。個人的にあそこでプレーしたことがないが、たくさんの試合を観ている」 「もちろん、ブライトンとは過去に対戦したことがある。非常に独特なスタイルで、強力なスカッド、自分たちのやっていることに強い信念を持つ監督がいる。我々が意識すべきことはたくさんあって、可能な限り最高のレベルが必要だ」 「それと、アウェイでの試合はこれで3試合目で、シティとの試合から2日しか経っていない。勝つためにメンタル面とフィジカル面の全てが必要で、リカバリーと準備が混在しているが、当然ながら勝ちたいし、タフな試合になると思う」 2022.01.18 20:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly