柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。

土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。

土屋はクラブを通じてコメントしている。

「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」

「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

三丸のJ初ゴールで柏が4試合ぶり勝利! 清水は降格圏から遠ざかれず【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、清水エスパルスvs柏レイソルが10月16日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-1で柏が勝利を収めた。 15位の清水は前節のアビスパ福岡戦で勝利し、ここ3試合で6ポイントを上乗せ。降格圏との勝ち点差を「5」に広げた。一方の柏は、前節はベガルタ仙台とドロー。これでリーグ戦3試合未勝利となり、第26節からの3連勝で得た貯金が徐々に無くなってきている状況だ。 試合では、ホームの清水は陣形を全体的に右サイドに寄せてビルドアップ。右サイドハーフの西澤にロングボールを起点に、セカンドボールを拾う藤本や原から2次攻撃を仕掛けて攻勢に出る。 しかし16分、カウンターから柏が決定機を迎える。自陣中央でマテウス・サヴィオがボールを奪って最前線のクリスティアーノに縦パス。クリスティアーノがドリブルでボックス中央まで運ぶと、その背後を追い抜いたマテウス・サヴィオに再びボールが渡り、ボックス左からシュートを放つ。しかし、これはGK権田に防がれてゴールならず。 それでも、試合は再び清水のペースに。守備の局面では2トップが相手ボランチへのパスコースを消してロングパスへ誘導。狙い通りの組み立てを許さず試合を進めていく。攻撃時は積極的に相手DFの背後へを突きながらラインを押し下げ、継続的な攻撃を展開。こうしてホームチームが優位に立ち続けたが、先制点を決めるには至らなかった。 前半は苦しんでいたアウェイチームだったが、後半立ち上がりの53分に先制に成功する。ボックス手前で受けた武藤から左サイドを駆け上がる三丸にパスが出ると、ボックス左からワンタッチでシュート。これがゴール右下に突き刺さり、三丸のJリーグ初得点でリードを奪った。 これで勢いに乗った柏はゴールに迫る回数を増やしていく。その中心となったのが神谷。65分には相手の守備ブロック内部でボールを受けて前を向き、裏に抜けるクリスティアーノにピンポイントのロブパスを送るなど、幾度もチャンスを創出する。 一方のホームチームは73分にビッグチャンスを迎える。チアゴ・サンタナが左サイドからクロスを上げて、ボックス中央でヴァウドが頭で合わせるとクロスバーに直撃。そのこぼれ球にコロリが反応するも、これはGKキム・スンギュに弾かれて同点弾とはならなかった。 残り時間が少なくなってくると、清水は前線のチアゴ・サンタナとカルリーニョスをターゲットにロングボールを送り続け、パワープレーを敢行。それでも最後まで得点を決めることはできずに試合終了となった。柏が4試合ぶりの勝利を収め、降格圏から遠ざかることに成功している。 清水エスパルス 0-1 柏レイソル 【柏】 三丸拡(後8) 2021.10.16 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:清水vs柏】残留を争う“シックスポインター”、降格圏から離れるのは

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年10月16日(土) 15:00キックオフ 清水エスパルス(15位/32pt) vs 柏レイソル(13位/34pt) [IAIスタジアム日本平] ◆今季初の連勝で降格圏から離れられるか【清水エスパルス】 中断前の前節は好調のアビスパ福岡とアウェイで対戦。1-2で勝利を収めて貴重な勝ち点3を手にした。 この勝利により降格圏との勝ち点差は「5」に。1試合では引っ繰り返らrない勝ち点差となり、気持ちの面でわずかながらゆとりができたはずだ。 チームは7月から黒星が1試合置きにきている状況が続いている。その黒星はガンバ大阪を除いて上位との試合であったが、今節は残留争いのライバルである柏との試合。飛び石の黒星を白に変えなければ家kない試合だ。 残りの7試合で上位との対決は2試合。中位と4試合となっており、下位の対決はここがラスト。しっかり勝って、降格圏から離れることができるかに注目が集まる。 今季の連勝はここまでなし。7度目の挑戦となる連勝を達成するには、調子を上げている攻撃陣が機能できるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、井林章、片山瑛一 MF:西澤健太、竹内涼、ホナウド、カルリーニョス・ジュニオ FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 出場停止:松岡大起 ◆立ち上がりに集中できるか【柏レイソル】 前説はホームにベガルタ仙台を迎え1-1のドロー。これでリーグ戦3試合連続で勝利がないこととなった。 8月から9月にかけて3連勝し、降格圏から離れた柏だったが、ジリジリとまた近づいている状況。そして、今節は大事な“シックスポインター”となる。 チームは2試合連続で開始10分以内に失点。試合の入りに失敗し、難しい戦いに自らしてしまっている状況だ。特にセットプレーの守備に脆さがある。 今節対戦する清水はセットプレーに強く、高い精度のキックを持つ西澤健太、それに合わせるパワフルな選手が揃っている。柏としては最も警戒すべきポイントだろう。 あとは攻撃陣の奮起に期待か。決してゴールが多いというわけではないだけに、失点をせずに先に点を取るか。清水との相性の良さを見せるクリスティアーノにも久々のゴールを期待したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、エメルソン・サントス、古賀太陽、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、椎橋慧也 MF:クリスティアーノ、マテウス・サヴィオ、神谷優太 FW:細谷真大 監督:ネルシーニョ 2021.10.16 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

柏がU-18所属のDF田中隼人、FW真家英嵩、FW升掛友護のトップ昇格内定を発表…田中は今季のルヴァン杯で3試合出場

柏レイソルは6日、U-18所属のDF田中隼人(17/写真)、FW真家英嵩(18)、FW升掛友護(18)の来季トップチーム昇格内定を発表した。 田中は千葉県出身で、U-15から柏に在籍。昨シーズンも2種登録され、今季は2種登録ながらYBCルヴァンカップで3試合に出場していた。 真家は千葉県出身で、U-12から柏に在籍。升掛は埼玉県出身で、U-15から柏に在籍している。 3選手はクラブを通じてコメントしている ◆DF田中隼人 「来シーズンからトップチームに昇格することになりました田中隼人です。幼い頃、日立台のピッチでプレーする選手を観て、柏レイソルの選手になりたいと強く思いました。プレーすることを夢見ていたクラブでプロキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。謙虚な気持ちを忘れず、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。柏レイソルに関わるすべての皆様、よろしくお願いします」 ◆FW真家英嵩 「来季からトップチームへの昇格が決まりました。真家英嵩です。小さい頃からの一つの夢であったプロサッカー選手になることを、小学4年生から育ててもらった柏レイソルという大好きなクラブで叶えられて嬉しく思います」 「大怪我があり、難しい時間を過ごすこともありました。しかし、家族、友達、チームメイト、監督、コーチ、メディカルスタッフ、病院の先生方など、これまで出会った多くの方々の助けや支えのおかげで、ここまで進んでくることができました。本当に感謝しています。これからも、感謝の気持ちを忘れずに結果という形で恩返ししていきたいと思います」 「トップチームでは誰よりも点を取り、柏レイソルの勝利とタイトル獲得に貢献していきたいです。1人の選手として人間として成長し、自分が目指す憧れの場所へと突き進んでいきます」 ◆FW升掛友護 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました升掛友護です。幼いころからの夢を、この柏レイソルというクラブで実現できてとても嬉しく思います。歴史あるこの柏レイソルというチームの一員として覚悟をもって闘いたいと思います。ここまで支えてくれた多くの方々に恩返しができるよう日々努力したいと思います。応援よろしくお願いします」 2021.10.06 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

神谷2戦連発の柏が3連敗回避のドロー! 仙台は先行逃げ切りならず【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節の1試合が2日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、柏レイソルvsベガルタ仙台は1-1のドローに終わった。 2連敗中の14位柏は前節から3選手が入れ替わり、負傷の瀬川が欠場した一方で、2試合連続ゴールの期待がかかる神谷が先発入り。同じく2連敗中の18位仙台は2選手のメンバーチェンジが施され、石原、真瀬がスタートから出場した。 残留争いの渦中にいるチーム同士の一戦は2試合ぶりのホーム戦となる柏が入りから圧をかけ、攻撃の主導権を握る展開となるが、劣勢が続いた仙台がワンチャンスをモノにする。 10分、松下の縦パスをバイタルエリア中央で受けた赤崎が鋭い反転からさらに前方向にボールを出すと、最終ラインの間を突いた富樫が左足フィニッシュでネットを揺らした。 先制を許してしまった柏だが、16分にカウンター。神谷のスルーパスから最終ラインの背後を取ったクリスティアーノだが、後方から真瀬に突かれ、シュートで終われない。 前半のうちに追いつこうと攻める柏だが、押し込む形を作りながら効果的な崩しに持っていけない攻撃に終始。GKキム・スンギュも好守で踏ん張るが、攻撃陣が攻め手を欠く。 追いつこうとハーフタイム明けからヒシャルジソンと細谷のカードを切った柏は攻撃のギアを上げ、フィニッシュワークも活発化。仙台も西村を投入するが、柏ペースが続く。 62分に松下を負傷交代で失った仙台だが、それでもGKスウォビィクを中心にした守備陣がアピアタウィア久の好カバーも光り、1点のリードを死守。柏に追い上げを許さない。 その仙台が追加点を目指して、72分にカルドーゾと平岡の投入に動くが、柏が執念。78分、バイタルエリア中央から神谷が左足シュートをゴール左に突き刺し、追いついた。 畳みかけようと川口とイッペイ・シノヅカも送り出した柏だが、仙台も最後のカードで蜂須賀を投入して、突き放し姿勢に。だが、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 これで互いに2連敗で止め、柏は勝ち点を「34」に伸ばして、仙台も「23」に。だが、残留争いから抜け出すには3ポイントが求められ、互いに悔やまれる結果となった。 柏レイソル 1-1 ベガルタ仙台 【柏】 神谷優太(後33) 【仙台】 富樫敬真(前10) 2021.10.02 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がシックスポインターを制して13位浮上! 柏は連敗で残留争い続行【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、ガンバ大阪vs柏レイソルが26日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、ホームのG大阪が2-1で勝利を収めた。 残留争いからひとつ抜けた両クラブの一戦は、14位のG大阪(勝ち点30)が13位の柏(勝ち点33)に勝てばポイントが並び、負ければ引き離されるという勝ち点6ポイント分の意味を持ったシックスポインターとなった。 現在、リーグ戦5試合勝ち無しのG大阪は、残留争いから抜け出すための重要な試合で前節からスタメンを5名変更。前節までの[3-4-2-1]というシステムから、22日の天皇杯ラウンド16の湘南ベルマーレ戦で用いた[4-4-2]に変更し、2トップには宇佐美とパトリックを起用した。 一方の柏は、前節敗戦を喫したサンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。トップに入っていた瀬川をシャドーに置き、ワントップには第28節のFC東京戦でチェイシングからゴールを奪った細谷を先発に選んだ。 G大阪のキックオフで始まった試合は、3分にホームチームがいきなり試合を動かす。左サイドの高い位置でFKを獲得すると、キッカーの宇佐美が右足で鋭いボールをゴール前へ配球。グラウンダー性でゴールへ向かったボールは、混戦を抜けてGKキム・スンギュの手を弾きゴールイン。G大阪が重要な一戦で貴重な先制点を挙げた。 開始早々にリードを奪ったG大阪だが、その後はペースを掴むことができず柏が主導権を握る展開が続く。12分に左サイドからのクロスをクリスティアーノが合わせると、15分には右サイドからのグラウンダー性のクロスに瀬川が合わせるなど、アウェイチームの攻撃が増える。 攻め込まれる展開になってきたG大阪は、追い込まれるかのようにアクシデントが発生する。試合開始直後にハムストリングスを痛めながらも試合を続行していた倉田が、25分に続行不可能となり、矢島が代わりに投入された。 先制するも不穏な展開となっていたG大阪だが、26分に菅沼が自身のJ1リーグ8年ぶりのゴールで追加点を挙げた。右サイドのバイタルエリア手前でFKを獲得すると、キッカーの宇佐美が直接ゴール前へボールを送る。すると、ファーサイドで構えていた菅沼が高い打点からゴール右にヘディングシュートを放ち、嫌な雰囲気を振り払う一発を決めた。 後半に入ると、2点を追いかける柏が武藤を投入してシステムも変更。[3-4-2-1]のシステムから[4-4-2]に変え、右サイドハーフにクリスティアーノ、左サイドハーフに瀬川を配置し、2トップに武藤と細谷を構え、G大阪とのミラーゲームを選択した。 この変更で流れを掴みたい柏は57分、相手陣内で得たFKのこぼれ球を左サイドから三丸がゴール前へ放り込む。これをボックス手前で大南が競り勝ち、最終ラインの裏を取った細谷がシュートを放つが、これはゴールポストを直撃。後半のシステム変更の効果もあってか、柏が徐々にゴールへ迫る時間が増える。 その後、細谷に変えて神谷を投入して攻撃に転じたい柏だが、65分にアクシデントに見舞われる。ここまで攻守に渡りハードワークをこなしていた瀬川が、股関節の辺りを抑えてピッチに座り込む。トレーナーに寄り添われながらピッチを後にし、戸嶋と交代となった。 一方のG大阪も、79分に再び負傷者が出てしまう。ウェリントン・シウバがプレーが切れた際にピッチに座り込んでしまうと、そこから立ち上がることができずに担架で運ばれていった。代わりに塚本が投入されている。 前半に2点を奪われ苦しむ柏だが、86分に神谷のゴールで一矢報いる。左サイドをドリブルで抜け出したクリスティアーノが、ボックス内まで運んで相手を抑えながらグラウンダー性のクロスを上げる。このボールに反応した神谷が、相手のマークを完全に外してゴールへ流し込み、自身のJ1リーグ50試合出場を祝うゴールで点差を縮めた。 しかし、柏の反撃は続かずに試合終了。負傷者の相次ぐ激闘を制したG大阪が勝ち点を積み上げ、得失点の差で柏を抜いて13位に浮上。一方の柏は、リーグ戦連敗で残留争いから距離を置くことはできなかった。 ガンバ大阪 2-1 柏レイソル 【G大阪】 宇佐美貴史(前3) 菅沼駿哉(前26) 【柏】 神谷優太(後41) 2021.09.26 21:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly