甲府GK岡西宏祐が左外側半月板損傷で全治5〜6カ月の重傷

2021.09.15 20:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は15日、GK岡西宏祐の手術を発表した。

クラブの発表によると、岡西は5日のトレーニングマッチで負傷。検査の結果、左外側半月板損傷と診断され、14日に手術を実施したとのことだ。

手術は無事に終了。全治は約5〜6カ月となる。

岡西は2015年から甲府でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで18試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

首位磐田が下位愛媛相手に足踏み…甲府と長崎の上位対決は甲府に軍配【明治安田J2第35節】

明治安田生命J2リーグ第35節の5試合が23日に各地で行われた。 いよいよ優勝も意識し始める首位の磐田(勝ち点73)は、19位の愛媛(勝ち点32)をホームに迎えた。試合は順位表ほどの差はつかず、今季2度目の連勝を狙う愛媛も積極的なプレスで磐田を苦しめる。 それでも自力で勝る磐田が徐々にリズムを掴み始めると、30分あたりから大津、山本康裕、ルキアンが立て続けに際どいシュートを放っていく。すると37分、右サイドの敵陣中央で山本康裕からパスを受けた鈴木雄斗が横へドリブルを仕掛けてボックス右手前から左足を一閃。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 後半から互いにカードを一枚切った中、しばらく膠着状態が続いたが20分が経過したあたりから大きく動き出す。まずは68分の愛媛。敵陣左サイドでパスワークを展開し、茂木が縦に入れたパスをボックス手前左の近藤がワンタッチヒールで後ろに流す。これに反応した川村がボックス左から左足をシュートを突き刺し、同点に追いついた。 さらに、飲水タイムを挟んだ3分後の71分、東海学園大学から特別指定で入団している小原が才能の片鱗を見せる。カウンターのシーンで左サイドからドリブルを開始。味方のフリーランのサポートもありながら、そのままボックス左に侵入。最後は細かいステップで対峙するDFを躱し、左足でゴール右に流し込んだ。 小原のJ2初ゴールで逆転した愛媛。しかし、ホームサポーターの声援を受ける磐田も首位のプライドを見せる。逆転から3分後の74分、松本が味方とのワンツーで左サイドを突破し、山なりのクロスを供給。これを鈴木雄斗が頭で合わせて、あっという間に振り出しに戻した。 その後は再逆転を狙う磐田が攻勢に。86分にはルキアン、後半アディショナルタイムには90分に投入されたファビアン・ゴンザレスが鈴木雄斗のクロスを頭で合わせるが、惜しくも枠の上に。 結局、試合は2-2で終了。磐田は翌日に控える2位京都の結果次第で首位陥落の可能性を残してしまった。 また、JITリサイクルインクスタジアムでは、3位甲府(勝ち点63)と4位長崎(勝ち点62)による上位戦が行われた。試合は早々に大きく動く。 まずは3分、敵陣中央でFKからリスタートした長崎は、左に展開し、米田がグラウンダーのクロスで折り返す。これを ボックス中央の植中がダイレクトで合わせて、先制に成功した。 しかし、喜びも束の間、ホームの甲府も11分に反撃。新井から縦パスを受けた長谷川が素早く反転しボックス手前からシュートへ。これは左ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールを長谷川自ら押し込んで同点とした。 その後は甲府の攻勢が続く。30分に宮崎、37分にはメンデスがゴールに迫るも、逆転には至らず。後半を迎えた48分にも、味方のパスをボックス左で受けた新井がシュートを放つが、GK冨澤に防がれる。 それでも65分、左サイドから須貝が上げたクロスをウィリアン・リラが合わせてついに逆転。ホームの甲府が押し切った。 負ければ昇格が限りなく厳しくなってしまう長崎は、76分に途中出場の都倉のヘディングシュートがクロスバーに阻まれるなど同点弾は奪えず。注目の上位戦は甲府に軍配が上がった。 ◆第35節 ▽10/23(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 V・ファーレン長崎 アルビレックス新潟 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> ジュビロ磐田 2-2 愛媛FC ▽10/24(日) 水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山 東京ヴェルディ vs ジェフユナイテッド千葉 FC町田ゼルビア vs 栃木SC 京都サンガF.C. vs レノファ山口 相模原SC vs ツエーゲン金沢 松本山雅FC vs FC琉球 2021.10.23 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府の大卒ルーキーMF鳥海芳樹がプロA契約締結「一戦必勝の気持ちで戦い続けます」

ヴァンフォーレ甲府は18日、MF鳥海芳樹(23)がプロA契約を締結したことを発表した。 鳥海は桐蔭横浜大学から今シーズン甲府に加入。2月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第1節のジェフユナイテッド千葉戦で途中出場し、プロデビューを果たす。 その後途中出場をメインにコンスタントに試合に出場。2日に行われた第32節のモンテディオ山形戦でJ2のプロA契約締結条件である900分以上の出場を達成し、プロC契約から変更となっていた。 鳥海はクラブを通じてコメントしている。 「日頃よりたくさんのご支援・ご声援ありがとうございます。この度、ヴァンフォーレ甲府とプロA契約を締結させていただきました」 「J1昇格に向け、負けられない状況ですが、自分がチームを勝たせるという強い気概を持ち、一戦必勝の気持ちで戦い続けます。今後とも応援よろしくお願いします」 2021.10.18 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柏U-18の大和優槻が甲府加入内定 「甲府が第二の故郷となるよう」

ヴァンフォーレ甲府は8日、柏レイソルU-18でプレーするDF大和優槻(18)の2022シーズン加入内定を発表した。 大和は身長187cmのセンターバックで、千葉県出身。U-12カテゴリーから柏のアカデミーでプレーしてきたが、甲府でプロキャリアをスタートさせることが決まった。クラブを通じて意気込みを語っている。 「来季2022シーズンからヴァンフォーレ甲府に加入することが決まりました柏レイソルU-18の大和優槻です。幼い頃からの夢でもあったプロサッカー選手になることができて大変嬉しく思います。これまで支えてくれた家族、親戚、友達、チームメイト、レイソルスタッフ、先生、自分に関わってくださった全ての方々に感謝をしたいと思います」 「自分の特徴でもあるビルドアップでチームを前進させ、的確なコーチングでチームを動かし勝利に貢献できるように頑張ります。故郷を離れるのは寂しいですが、甲府が第二の故郷となるよう、今持っている自分の力を最大限に発揮できるように練習から努めていきます。そしてヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様と共に闘い勝利に導ける選手になれるように頑張ります。ファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2021.10.08 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府が法政大学FW飯島陸の来季加入内定を発表、前橋育英では選手権優勝「甲府から世界に羽ばたいて活躍できるような選手に」

ヴァンフォーレ甲府は1日、法政大学のFW飯島陸(21)の来シーズン加入内定を発表した。 なお、飯島は特別指定選手としても承認され、背番号は「37」となる。 飯島は埼玉県出身で、前橋育英高校から法政大学へと進学していた。 前橋育英では、2017年の第96回全国高校サッカー選手権大会で優勝を果たし、大会得点王に輝く活躍を見せていた。また、2021年の第45回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは優勝を果たしている。 2018年にはU-19日本代表にも選出された経験があり、今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では9試合に出場し2得点を記録している。 飯島はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2022年シーズンよりヴァンフォーレ甲府に加入することになりました法政大学体育会サッカー部の飯島陸です」 「小さい頃からの目標であったプロサッカー選手としてのキャリアをヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでスタートできる事を大変嬉しく思います」 「自分の強みである運動量、動き出し、仲間とゴールに向かうプレーを活かし、1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう頑張ります」 「そして何より、結果という部分でチームに貢献し、Jリーグ得点王、甲府から世界に羽ばたいて活躍できるような選手になりたいです」 「また、プロとしての第一歩を踏み出せるのは、私を育ててくれた両親、これまでサッカーを教えてくれた監督、コーチ、支えてくださった全ての方のおかげです。その恩返しをピッチの上で表現したいと思います」 「最後にヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様と1日でも早く共に勝利を喜び合えるように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」 2021.10.01 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がJ2通算68得点のFW高崎寛之を獲得「ラストピースとして自分の力を」

ヴァンフォーレ甲府は1日、FW高崎寛之(35)の加入を発表した。背番号は「29」となる。 高崎は駒澤大学から2008年に浦和レッズへと入団。2009年に水戸ホーリーホックへと期限付き移籍を経験。その後、2012年に甲府へと完全移籍で加入する。 甲府では1年のプレーで終わると、2013年に徳島ヴォルティス、2015年に鹿島アントラーズへと移籍。鹿島からはモンテディオ山形、松本山雅FCへと期限付き移籍を経験。2017年に松本へ完全移籍する。 2020年にはFC岐阜へと移籍すると、2021年からはVリーグ1(ベトナム1部)のサイゴンFCへと完全移籍。しかし、8月に新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによりリーグ戦が中止。契約を解除し帰国していた。 9月には甲府のトレーニングに参加していることが発表。約1カ月が経過し、第2登録ウインドーの期限日である10月1日に加入が発表された。 J1では通算92試合10得点、J2では通算217試合68得点、J3では通算32試合8得点を記録している。 甲府はやや離れているものの、昇格争いを繰り広げており、J1昇格へ向けたラストスパートへ高崎を獲得した。 高崎はクラブを通じてコメントしている。 「この度ヴァンフォーレ甲府に加入させてもらう事になりました高崎寛之です。まず、コロナ禍かつ、J1昇格のかかる難しい時期に練習生としてチームの活動に参加させて頂きありがとうございます」 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しております。この御恩はピッチの上でお返ししたい思います。ラストスパートに向け、ラストピースとして自分の力を全て出して戦います。よろしくお願いします」 2021.10.01 16:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly