「高価な食べ物はない」ギネス記録樹立、C・ロナウドのあの肉体の秘訣を専属シェフが明かす

2021.09.09 21:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギネス世界記録も樹立した世界的スターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、トップに立ち続ける秘訣はトレーニングだけではない。今夏12年ぶりに古巣のマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したC・ロナウド。アルコールを摂取しないことや、厳しいトレーニングを誰よりも行っていることは有名な話だ。

今夏のユーロ2020では、記者会見時に自身が嫌っているコカ・コーラのボトルを退けたことが大きな話題に。株価にも多大なる影響を与えたとして、その影響力の高さを示した。

そのC・ロナウドだが、最も気をつけていると言っても良いのが食事だ。

C・ロナウドは、レアル・マドリーからユベントスへ移籍した際、1人のシェフを雇った。そのシェフは、ジョルジオ・バローネ氏。住み込みのシェフとして採用されたという。

まるで彫刻のような鍛え抜かれた肉体。36歳という年齢を考えれば、驚異とも言えるその姿の秘訣は、トレーニングではなく食事制限だった。

バローネ氏はイギリス『ミラー』でその秘密にてコメント。「高価な食べ物はない」と語り「健康食だ。私は有機食品と自然食品を使用している。魚、鶏肉、仔牛肉、卵、アボカド、ココナッツオイル、黒米などだ」と食材について明かした。

また、その気の遣い方については「フェラーリのケアをするように、体のケアをしなければいけない」とコメント。どれだけ気を配っているかが分かる。

C・ロナウドが好む食材は、魚、赤身のタンパク質料理、全粒穀物、サラダとのこと。タンパク質は筋肉の構築と修復の両方を助け、年齢による劣化を遅らせるという。

またカロリーの燃焼にも役立つと言い、「私はココナッツオイルを使って料理します。たくさんの水を飲むことも重要ですが、浄化されている。そしてたくさん飲む」とコメント。ただ、トレーニングもあってのものだと言い「もちろん、それはすべてハードなトレーニングと組み合わされています。しかし、休息は、午後を含め、トレーニングや栄養と同じくらい基本的です。そして、遅くではなく、夕方の早い時間に食事をします」とコメント。食事のタイミングや休むことも大事だとした。

世界記録となる代表通算「111」ゴールを記録したのも、トレーニング以外で努力をしている賜物。12年ぶりのプレミアリーグでもキレキレのパフォーマンスを見せてくれるだろうか。


関連ニュース
thumb

バルサとの契約が来季限りのアラウホ、最初の延長オファーを拒否か

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)がクラブからの延長オファーに応じなかったようだ。 2018年夏に母国クラブでのパフォーマンスが買われ、バルセロナBに加入したアラウホ。公式戦33試合に出場した昨季を経ての今季は最終ラインの新たな番人としての地位を固めている。 チャビ・エルナンデス監督からも「これからも必要不可欠な選手である続けるだろう」と言わしめ、対人の強さが光るセンターバックだが、現行契約は2023年6月30日をもって満了する。 スペイン『マルカ』によると、バルセロナは先週に選手の代理人と交渉。対話が破綻したわけではなく、今後も話し合っていくようだが、代理人は最初の延長オファーを断ったという。 そんなアラウホはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドからの関心も取り沙汰されるが、バルセロナでのキャリア続行を視野。ただ、クラブの厳しい財政状況を承知の上で、自身の活躍ぶりを新契約に反映させたい思いがあるようだ。 2022.01.26 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マルシャル、今季終了までのレンタルでセビージャへ移籍

セビージャは25日、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。なお、レンタル料はかからず、ゼビージャ側はマルシャルの給与のみを負担する契約になっているとのことだ。 2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録していた。 しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望していた。 ユベントスやバルセロナも獲得に関心を示していたようだが、より出場機会を得られそうなセビージャへの移籍で決着した。 2022.01.26 07:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで出番のないリンガード…リーグ・アンのニースが獲得に関心か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)に対して、リーグ・アンのニースが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユナイテッドの下部組織出身であるリンガードは、オーレ・グンナー・スールシャール前監督の下で年々序列が低下していたこともあり、昨年1月にウェストハムへレンタル移籍を果たした。 ウェストハムではそれまでの停滞がウソのように躍動すると、プレミアリーグ16試合で9ゴール5アシストと鮮烈な活躍を見せ、チームの6位フィニッシュに貢献。ウェストハムファンからは完全移籍を期待する声が相次ぎ、クラブもオファーを提出したものの結局はユナイテッド残留となった。 しかし、今シーズンはプレミアリーグでここまで9試合に出場して2ゴールを記録しているものの、スタメン出場はなし。選手本人も今年開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)の出場を目指すため、移籍を模索しているという。 リンガードに対してはウェストハムのほか、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルや、アントニオ・コンテ監督のもと戦力の刷新を目指すトッテナムが関心を示しているが、フランス方面の報道によると現在リーグ・アンで2位につけるニースも獲得に乗り出しているようだ。 ニースのクリストフ・ガルティエ監督は昨年リンガードがウェストハムに加入する前にも関心を示していたとされており、今月中にも具体的な動きを見せるかもしれない。 一方で、リンガード本人はニューカッスルへの加入を希望しているとされており、去就が注目されている。 2022.01.25 12:39 Tue
twitterfacebook
thumb

マルシャルがセビージャ移籍へ! ユナイテッドに自身の報酬を支払い脱出を求める

セビージャが、予てから噂に上がっていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)の獲得に迫っているようだ。 大きな期待が寄せられ、2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録している。 しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望している。 ラルフ・ラングニック監督も退団の意思を認めており、セビージャが獲得に動き出していた中、ユナイテッドとの交渉が難航。セビージャ側が、ユナイテッドの条件に嫌気がさして手を引いたとされていた。 しかし、『ESPN』によると、セビージャにユナイテッド側が回答。前向きな返事があったとし、レンタル移籍で獲得することになるようだ。 今回の話が進展した理由には、マルシャルが自身のサラリーを引き下げたということがあったという。報道によれば、マルシャル自身が報酬の一部を支払い、ユナイテッドから去ることを望んだとされており、ユナイテッド側も移籍を許可したようだ。 2022.01.25 09:52 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣ユナイテッドに粘るも最後の最後に力尽く…モイーズ「勝ちたかった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が肩を落とした。 トップ4争いを演じる4位ウェストハムは22日のプレミアリーグ第23節で7位マンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込み、0-1で敗北。1つの未消化試合を残すユナイテッドに4位の座を明け渡して、暫定5位に後退してしまった。 リスクを冒さない守りで粘り、ほとんどピンチもなかったが、最後の最後に後半アディショナルタイムのカウンターで崩され、力尽きたウェストハム。イギリス『BBC』によると、モイーズ監督は試合後、落胆した。 「ラスト数秒のゴールを決められるのは簡単なことじゃない。あれは確かに避けられたもの。それまでにビルドアップのところで何度かの判断ミスがあった」 「ゴールを奪うプレーが十分じゃなく、引き分けでも良い結果だった。引き分けるのに十分なほどマン・ユナイテッドを抑え込めていたのも確かだったしね」 「勝ちたかったよ。負けるために来たわけじゃない。挑戦するために来たのだ。選手たちの頑張りに文句もない」 「ただ、ちょっとしたことが足りず、正しいこと、試合の切り抜け方だったりを最後の数分間にできていなかった」 「彼らは素晴らしいチームであり、このまま踏ん張っていくしかない。最後にどこに辿り着くのかを見るのはそれからだ」 「ここでポイントを得るべきだった。(敗戦という結果は)失望感を示すものだ」 2022.01.23 12:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly