あわやキャリア終了? メッシの左足を襲った残忍タックルに母国メディアは「犯罪者」と糾弾

2021.09.03 21:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシに対する卑劣で危険なタックルが問題となっている。

アルゼンチンは現地時間の2日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第9節でベネズエラ代表と対戦した。

現在2位につけるアルゼンチンは、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍を果たし、大きな注目を集めたが、移籍後初の代表活動となった。

今夏のコパ・アメリカ2021で悲願の代表タイトルを獲得したメッシ。その活躍に期待がかかったが、試合でメッシが最も注目を集めたのは相手の危険なタックルだった。

問題のプレーが起きたのは32分。相手ボックス手前でメッシがルーズボールを叩こうとしたところ、猛然と突っ込んできたのは25分から途中出場していたルイス・アドリアン・マルティネスだった。

激突しそうなほどの勢いで突っ込んできたルイス・マルティネスは、ボールを押さえに行ったのか、足を上げて踏みつけると、先にボールを叩いたメッシのヒザ付近を上から全力で踏みつける形に。メッシはその場に倒れて動けなくなった。

このプレーにはVARが介入し、ルイス・マルティネスは一発退場に。メッシはしばらく痛がり倒れ込んでいたが、その後無事にプレーに復帰しフル出場を果たしていた。

映像を見る限り、キャリアが終わってもおかしくないほどの悪質なタックルであり、スローモーションではヒザが逆に曲がっているようにも見えるものだったが、アルゼンチンのメディアはタックルを見舞ったルイス・マルティネスを「犯罪者」と表現。SNSなどでは「本当に不要なタックル」という意見が多く、メッシに何もなかったことを喜ぶ声が多く寄せられていた。

なお、試合はアルゼンチンがラウタロ・マルティネスが3ゴールに絡む活躍を見せて1-3で勝利している。



1 2
関連ニュース
thumb

メッシがレフェリーに不満「わざとやっているように見える」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがペルー代表戦を振り返った。 アルゼンチンは日本時間15日にカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第6節でペルー代表と対戦。13分にFKからDFクリスティアン・ロメロがヘディングでネットを揺らすものの、オフサイドの判定に。それでも43分にFWラウタロ・マルティネスが頭で合わせ、先制する。 後半にはPKを与える場面もあったものの、相手の失敗に助けられ1-0で勝利。無敗記録を「25」まで伸ばした。 この試合では、ペルーのファウルが「20」と多くなったものの、イエローカードは2枚しか出されなかった。また、前半にはラウタロの足を相手GKペドロ・ガジェセが踏んでしまう場面もあったものの、ファウルが与えられないシーンがあった。 メッシは試合後、自身のインスタグラムを更新。勝利を喜んだものの、レフェリーへの不満を口にした。 「ハードな試合でプレーするのは難しかった。風があって、相手は深い位置でプレーし、スペースがほとんど残されていなかった。 レフェリーが判定を下す時、彼らはいつも同じ事をする。わざとやっているように見える。それでも僕たちの目標に近づく重要な勝ち点3だ」 代表での試合後にはSNSを良く更新するメッシだが、不満を口にすることは少なく、今回はかなりストレスに感じていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ジャンプのタイミングと表情まで一緒!アルゼンチンのCB2人がPKを失敗した相手選手を煽る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristian Romero and Nicolas Otamendi are very much in sync after Peru missed their penalty. <a href="https://t.co/ZxCLeioRh7">https://t.co/ZxCLeioRh7</a></p>&mdash; Roy Nemer (@RoyNemer) <a href="https://twitter.com/RoyNemer/status/1448821295529988096?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.15 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

息ピッタリ…アルゼンチン代表のCB2人がPK失敗の相手を全力煽り「練習してたのかな」

アルゼンチン代表DFのニコラス・オタメンディとDFクリスティアン・ロメロが息の合ったコンビネーションを見せた。 アルゼンチンは日本時間15日にカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第6節でペルー代表と対戦。2人はセンターバックとしてコンビを組んだ。 試合はアルゼンチンが前半終了間際にFWラウタロ・マルティネスのゴールでアルゼンチンが先制するも、65分にPKを与えてしまう。決まれば同点に追いつかれるという場面だったが、キッカーを務めたMFジョシマール・ジョトゥンのキックはクロスバーに直撃して枠外へ飛んでいき、アルゼンチンはピンチを脱した。 その瞬間、こぼれ球を拾おうとボックス外から走り込んでいたオタメンディとロメロの2人は、ジョトゥンに近づくと、両側から煽るように叫んだ。さらに2人がジャンプするタイミングも同じで、事前に仕込んでいたのではないかと思えるほど息の合った煽りを見せた。 このシーンには、ファンからも「練習してたのかな」「完璧すぎる」「コンビネーションアタック」2人のコンビネーションに驚く声が多く上がっている。 2人には警告が出されることもなく、最大のピンチを脱したアルゼンチンはそのまま1-0で勝利。W杯出場に向けて順調に勝ち点を重ねている。 <span class="paragraph-title">【動画】ジャンプのタイミングと表情まで一緒!CB2人がピッタリと息の合ったコンビネーションで相手を煽る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristian Romero and Nicolas Otamendi are very much in sync after Peru missed their penalty. <a href="https://t.co/ZxCLeioRh7">https://t.co/ZxCLeioRh7</a></p>&mdash; Roy Nemer (@RoyNemer) <a href="https://twitter.com/RoyNemer/status/1448821295529988096?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.15 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表を称える巨大な壁画が完成!メッシやディ・マリアらがサインを書き込む

FWリオネル・メッシをはじめとするアルゼンチン代表の面々が、新壁画公開のテープカットに参加した。 アルゼンチンサッカー協会(AFA)の敷地内にある衣料品倉庫に描かれた幅17メートル、高さ11メートルの巨大な壁画。7月にアルゼンチン代表がコパ・アメリカ2021を制したことを称えて描かれ、今月13日に公開された。 コパ・アメリカのトロフィーにキスをするメッシや肩を組んで喜びを分かち合うアルビセレステの面々、準決勝でPK戦勝利の立役者となったGKエミリアーノ・マルティネスなどが描かれている。 メッシらは協会の会長であるクラウディオ・タピアとともに除幕式に参加した。 その後、設けられた専用スペースに各々の選手がサインを入れることで正式に壁画は完成。FWアンヘル・ディ・マリアやマルティネスなどは自身の壁画の前で記念撮影を行った。 アルゼンチン代表は現在、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の真っただ中だ。10月シリーズではパラグアイ代表とゴールレスドロー、ウルグアイ代表には3-0で勝利を収め、2位に付けている。現地時間14日にはペルー代表戦を控えるが、壁画のパワーも借りてホームでの連勝はなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】新たに作成されたアルゼンチン代表の巨大な壁画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi has unveiled a mural celebrating Argentina&#39;s Copa America success <a href="https://t.co/XfEee27RXy">pic.twitter.com/XfEee27RXy</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1448370458261442560?ref_src=twsrc%5Etfw">October 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.14 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ラウタロがウルグアイ戦のベンチで涙…試合後に理由を明かす

インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、ウルグアイ代表戦での涙の理由を明かした。アルゼンチン『ESPN』が伝えている。 アルゼンチンは現地時間10日、ホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第5節でウルグアイと対戦。3-0の快勝を収めた。 この試合でスタメン出場したラウタロは、2-0のリードで迎えた62分にMFジオバニ・ロ・チェルソの右クロスを冷静にワンタッチで流し込み、勝利を決定づける3点目を決めた。 そのゴール直後にお役御免となったラウタロは、FWホアキン・コレアとの交代でベンチへ退くと、涙を流す姿が見られていた。 直前のパラグアイ代表戦を太ももの筋肉疲労で欠場していたこともあり、涙の理由は同箇所の負傷によるものではないかとの憶測も出ていたが、インテルFWは試合後に母国メディアの取材に対して涙の理由を説明。愛する家族の前でのゴールに感極まったことを明かした。 ブエノスアイレス出身のラウタロにとって、エル・モヌメンタルでの代表戦でのゴールは自身初。加えて、この試合では家族がスタンドで観戦していた。それだけに感慨もひとしおだったようだ。 「(ゴールは)娘のため、家族のため、それ以上のものだったんだ」 「スタジアムにいる家族のことを考えていたから、少し感情的になったんだ」 「これまで多くの犠牲を払ってきたからね。そのたびに家族はいつも僕に付き添ってくれていて、そのことに対して永遠に感謝し続けるよ」 インテルやアルゼンチン代表のファンは今回の説明に安堵すると共に、家族おもいの熱きストライカーを、より一層好きになったはずだ。 <span class="paragraph-title">【画像】ラウタロがベンチで感極まる</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Lautaro in lacrime dopo il gol all‘Uruguay: <br>“Ho pensato a mia figlia, alla mia famiglia, che oggi era presente allo stadio, per questo mi sono emozionato. Per tutto il sacrificio, lasciare da parte tante cose. La mia famiglia è sempre con me e sarò grato per tutta la vita&quot; <a href="https://t.co/G06UwSdpxM">pic.twitter.com/G06UwSdpxM</a></p>&mdash; Alessandro (@90ordnasselA) <a href="https://twitter.com/90ordnasselA/status/1447441912655400961?ref_src=twsrc%5Etfw">October 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.10.12 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「ネクストレベルへ行ってしまった」メッシが決めた不思議なゴールが話題に「アシストもつく?」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールが話題となっている。 アルゼンチンは10日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選でウルグアイ代表と対戦。試合は3-0でアルゼンチンが快勝した。 ここまで南米予選で5勝4分けの2位につけているアルゼンチン。9連勝できていたブラジルとはやや勝ち点が離れているが、2位をキープしている。 そのアルゼンチンは、3位のウルグアイと対戦。メッシは38分にとんでもないゴールを見せる。 ジオバニ・ロ・チェルそののパスを受けたメッシは、タイミングを見計らいながらドリブルで運んでいく。すると、ニコラス・ゴンサレスが猛然とボックス内へとランニング。タイミングを見計らって、メッシが浮き球のパスを送る。 左足アウトサイドで絶妙な位置に出されたパスにニコラス・ゴンサレスが合わせにいくが、わずかに届かず。しかし、これを防ごうとGKフェルナンド・ムスレラが飛び出すも触れない。 すると、そのままボールは流れ、枠を外れるかと思われたが、バウンドしたボールがそのままサイドネットへ。なんとも不思議な形でゴールが決まり、メッシも驚きながら先制ゴールを喜んでいた。 この不思議なゴールにはファンも反応。「これはゴールとアシストにカウントされる?」「天才を愛している」「ネクストレベルへ行ってしまった」など、不思議なゴールに驚く中、「メッシの無数のゴールがプスカシュから奪われたのを見てきた。これはどうですか?」とその年の最優秀ゴールに送られるプスカシュ賞に勧める者も現れていた。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの絶妙パスが生み出した意味不明なゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CU3i8_Orphg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CU3i8_Orphg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CU3i8_Orphg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TyC Sports(@tycsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.11 21:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly