横浜FCのGK市川暉記が追突事故…ケガはなし

2021.09.03 12:03 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは3日、GK市川暉記が交通事故を起こしたことを発表した。

クラブによると、事故は2日の16時35分頃に発生したとのこと。神奈川県横浜市戸塚区付近で前方停止中の普通乗用車に接触する事故が発生したとのことだ。

なお、お相手は病院へ行き診察を受け、再度連絡を受けるとのことだ。また、市川にケガはないという。

クラブは「再発防止に向け選手・スタッフへの注意喚起をするとともに、交通安全への意識・知識の教育を徹底いたします」としている。


関連ニュース
thumb

横浜FCの古宿理久、今季はYS横浜で修行 「成長して戻ってこれるよう頑張ってきます」

Y.S.C.C.横浜は18日、横浜FCからMF古宿理久(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日までとなる。 青森山田高校出身の古宿は2020年、かつてJrユースに所属した横浜FCでプロ入り。昨年8月から水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍した。 今年1月に水戸から育成型期限付き移籍期間満了が発表された古宿だが、今季からはYS横浜に舞台を移して引き続き修行を積むことになった。 両クラブを通じて、それぞれコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度横浜FCから、期限付き移籍することになりました古宿理久です。Y.S.C.C.のJ2昇格、多くの勝利に貢献できるよう全力で戦います! 応援よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「この度、Y.S.C.C.横浜へ期限付き移籍が決定しました。この1年間でしっかりと結果を出し、更に成長して戻ってこれるよう頑張ってきます。応援よろしくお願いします!」 2022.01.18 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元川崎F&横浜FCのマギーニョ、ブラジル1部昇格のゴイアスに加入

ゴイアスは17日、ブラジル人DFマギーニョ(30)の獲得を発表した。 マギーニョは母国でのプレーを経て、2019年の川崎フロンターレ入りで来日。前年限りで退団したブラジル人DFエウシーニョに代わる新たな右️サイドバックとして期待されたが、出番を増やせず、2020年から横浜FCにレンタル加入した。 その横浜FCでは主力として重宝され、初年度の明治安田生命J1リーグで24試合に出場。レンタル契約を延長する形で横浜FC残留を果たした昨季も24試合でプレーしたが、昨年12月に保有元の川崎Fを含めて契約満了による退団が決定した。 ゴイアスは昨季のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBで2位フィニッシュ。今年から1部昇格を決めている。 2022.01.18 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

キャンプ出発当日に横浜FCの選手2名が新型コロナ陽性…陰性確認の選手・スタッフのみで実施

横浜FCは12日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、11日に全選手とスタッフを対象にクラブ独自で抗原定性検査を実施。全員が陰性となっていた。 しかし、当該選手1名は12日の朝に発熱の症状があり、8時30分頃にPCR検査を受け、陽性判定となった。 クラブは選手の陽性判定を受けてトレーニングキャンプ出発前に再度抗原定性検査を実施。もう1名が陽性判定となった。 横浜FCは12日から和歌山県でのトレーニングキャンプを実施。陰性となった選手のみが参加して予定通り実施するとしている。 2022.01.12 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼はPSGより3つ年上」キング・カズへの海外メディアツイートが大反響「メッシが生まれたときに彼は…」

1月11日の11時11分、JFLの鈴鹿ポイントゲッターズへの期限付き移籍が発表された“キング・カズ”こと元日本代表FW三浦知良。54歳の現役続行、移籍は海を渡って衝撃を与えているようだ。 ブラジル時代を含め、プロ36年目となった2021シーズンは、明治安田生命J1リーグ1試合、JリーグYBCルヴァンカップ3試合の出場のみ。リーグ戦は1分間のプレーとなり、出場機会を求めて兄の泰年氏が監督兼GM(ゼネラルマネージャー)を務めるチームに活躍の場を移すことが決まった。 16年間過ごした横浜FCを離れるこの移籍に対し、『ESPN』も反応。公式ツイッターで「54歳の三浦知良が、日本の4部リーグに位置する鈴鹿ポイントゲッターズと契約を交わした。1986年にプロデビューし、PSGより3歳年上である」と取り上げた。 フランスの絶対王者であるパリ・サンジェルマン(PSG)だが、パリFCとスタッド・サン=ジェルマンが合併したことで創設。それはカズが生まれた1967年の3年後に当たる1970年だった。 4万件を超えるいいねが付いた『ESPN』の投稿には、「(リオネル・)メッシが生まれたとき、彼はすでにプロサッカー選手」、「年齢はただの数字」、「アンビリーバブル」といった驚きの声が寄せられたほか、「ポイントゲッターズという名前はすごくいいね」などクラブ名に興味を示す声も多くあがっている。 <span class="paragraph-title">【写真】海外メディアが伝えたキング・カズの画像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">54-year-old Kazuyoshi Miura has signed a contract with fourth-tier Japanese club Suzuka Point Getters.<br><br>He made his professional debut in 1986 and is three years older than PSG <a href="https://t.co/sofasbcKrT">pic.twitter.com/sofasbcKrT</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1480917441475719178?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.12 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

三浦知良、横浜FCからJFL鈴鹿に期限付き移籍! 「新しいチャレンジに踏み出します」

日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズは11日、横浜FCから元日本代表FW三浦知良(54)の期限付き移籍加入を発表した。 もはや代名詞にもなる背番号「11」にちなみ、11日の11時11分に移籍を発表した三浦はブラジル時代を含めてプロ36年目の昨季、明治安田生命J1リーグ1試合、JリーグYBCルヴァンカップ3試合の出場のみに。自身が持つ最年長出場記録を54歳12日に更新したが、今オフに出場機会を求めての移籍先模索が取り沙汰され、先日に横浜FCが発表した今季のメンバーリストからも外れたなか、JFLに活躍の場を移すことが決定した。 兄の泰年氏が監督兼ゼネラルマネージャーを務めるチームで心機一転を図る三浦は新天地の公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「鈴鹿ポイントゲッターズに関わるすべての皆さんこんにちは。三浦知良です。この度横浜FCより加入することになりました。ここでプレーする機会を与えていただけたことに感謝し、ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます。よろしくお願いします。Boa Sorte」 一方、2005年から所属した横浜FCの公式サイトを通じても移籍を報告。新体制を発足してJ2リーグから再出発を図るクラブの成功を願った。 「横浜FCファン・サポーターの皆さんこんにちは。三浦知良です。この度、JFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍することを決めました。2005年から実に16年間という長い時間、横浜FCでプレーしてきました」 「皆さんとともに戦い、これまで積み上げてきた数々の思い出や誇り、そして感謝の気持ちを胸に、新しいチャレンジに踏み出します。横浜FC、皆さんの幸運を願っています。本当にありがとうございました。Boa Sorte」 2022.01.11 11:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly