「今は母を介して話す」モデルと再婚したマフレズの元妻が激白「シティに行って変わってしまった」

2021.09.02 07:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表FWリヤド・マフレズの元妻リタ・ヨハルさんが胸の内を明かした。イギリス『サン』が伝えている。

マフレズがレスター・シティに所属していた頃に出会った2人は幸せな家庭を築いたというが、シティ移籍が大きな転機だったと感じているようだ。

「他の人の人生について口出しすることはできませんが、そこに引っ越してから夫が変わりました」

「(シティ移籍が報じられた)ハリー・ケインの奥さんは危ないところだったかもしれません。他の人も注意する必要があります。リヤドは名声にうぬぼれました。彼はマンチェスター・シティに行ったときに変わってしまったわ」

「しかし、サッカー選手のキャリアは短命です。彼らはより大きなクラブに移籍したとしても、彼らを気にかけている人々にしっかりと忠実であり続けるべきです。なぜなら、彼らはすべて終わったときに、誰が本当にそこにいるのかを理解するからです」

「私が出会ったリヤドは、今の彼とは別人です。彼はパーティーをし、派手なサッカー選手のように振る舞います。私は彼を憎んではいません。それは過言ではありません。しかし、私は彼がしたことにショックを受けて悲しんでいます」

「彼は突然私のもとを去り、マンチェスターシティでプレーすることのプレッシャーを主張しました。今の彼は世界中を気にせずに、休日に飛び回るのにすべての時間を費やしています」

リタさんとマフレズは、リタさんがエキストラとして映画の撮影を行っていた際にロンドンで出会ったという。

「出会ったのは2014年で、彼が誰かは分かりませんでした。当時の彼は有名ではありませんでした。しかし、彼は魅力的で、私は彼が好きでした。彼は私にとって素敵で、いつも私のことを美しいと言ってくれて、私の人生について尋ね、私を特別な気持ちにさせてくれました。彼は私を愛していて、子供を作りたいと言っていました」

そして、急接近した2人はわずか4カ月後に結婚する。

「私は彼を愛していました。そうしたかったです。私は彼のためにあり方を変えました。私は自分の信仰を変えました。彼がお酒を飲まなかったので、私は飲むのをやめました。私は彼の価値観が大好きでした。そして、私は安定した家庭生活を望んでいました」

「私たちが自分の両親のように一緒に強くなりたいと思っていました。そして、彼も同じように感じていました。私たちの結婚式は、2人の司祭と私たちの親しい家族と一緒に家で控えめに執り行いました」

「私たちは狂ったように恋をしていて、永遠に一緒にいたかったのです」

2015年に第1子が誕生すると、リタさんは子癇前症に苦しんだという。それでも、マフレズと話し合い、翌年には第2子のアイラちゃんも誕生した。

「子供が増えるのは怖かったのですが、リヤドは本当に家族を増やしたいと思っていました。私は怖かったですが、彼は私にすべて大丈夫だと安心させ続けてくれました。アイラが生まれたとき、私たちは大喜びしました」

「最初の頃、私たちは普通の家族でした。リヤドは派手ではありませんでした。彼はサッカー選手でしたが、私たちは2人の小さな女の子と普通のカップルでした。彼はフットボールをしに行き、私は専業主婦です。映画も一緒に観ていました」

しかし、2018年7月にマフレズが6000万ポンド(現在のレートで約90億円)の移籍金でシティに移籍すると、そこから2人の人生が大きく変わったという。

「彼は自分を大きく見せるようになりました。彼の周りには彼が聞きたいことを話すイエスマンがいて、私は彼の変化を感じました」

「彼は私の1日がどんな日だったか、私が何をするのかを聞いてこなくなりました。私は家で退屈になり、彼は私から離れて華やかな生活を送るようになっていきました」

「私のことを無視するようになり、私がどうしたのかと聞くと『プレッシャーを感じている。サッカーでストレスを感じているんだと思う』と言いました」

そして、2019年に事態はさらに悪化する。

「そしていつしか、彼は家を出てホテルにチェックインしていました。彼は家族の下を去り、新しい人生を選びました」

「私は家に帰ってくるよう頼みましたが、彼はサッカーでプレッシャーを感じているからできないと言いました。実際には彼は退屈だっただけです。それは私にとって恐ろしいことでした」

「彼のファンはインターネットで私をいじめ、私が間違っていたのかと感じるようになりました。長い間、私にはそれを話す勇気がありませんでした」

「そして、いざそうした時には、彼が出て行ったという事実を公表したため、私は糾弾されました。ソーシャルメディアでは強く否定され、私は被害者だと感じていましたが、再び糾弾されました」

マフレズはその後、2020年2月から元プロサッカー選手のアシュリー・ウォード氏の娘でモデルのテイラー・ウォードさん(23)と交際をスタート。今年6月には40万ポンド(約6000万円)の婚約指輪とともにプロポーズし、婚約している。

「彼には、新しいパートナーができたことを伝える良識はありませんでした。彼のインスタグラムでもテイラーと婚約していることがわかりました。彼の幸せを祈っていますが、今は別の生活を送っています」

「彼は去った後、長い間私と話すことをしませんでした。理由はわかりません。私は何も悪いことをしていません。彼は基本的に私の母を介して話しますが、それはばかげています。痛いです」

「サッカーの華やかさがなくなったとき、彼がそれを後悔しないことを願っています」

元妻の意見だけで判断することはできないが、リタさんにとってはシティへの移籍がマフレズを狂わせた最大の原因と捉えているようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

神様のイタズラか!? ホームなのにピッチ状態の悪さがOGを誘発、ミスのGKも芝に悪態をつく

ベルギー2部で珍妙なオウンゴールが生まれてしまった。 5日、首位に立つウェステルローは下位に沈むムスクロンをホームに迎えた。だが、使い慣れたはずのホームスタジアムの芝は、GKにいたずらを仕掛けたようだ。 立ち上がりの10分、ウェステルローは左サイドバックのDFクヤ・マベアがバックパス。ゴールの枠を外し、自陣のボックス左でこれを処理しようとしたGKデイビッド・イェンセンだったが、まさかのキックミスをしてしまう。 不規則に跳ねていたために当て損ね、ボールはゴール方向へ。それでも角度が浅かったために、辛うじて枠を外れていたように思えたが、回転も相まってか、最後のバウンド後にキュっと枠内へと向かいネットを揺らした。 想定外の失点にショックを隠せず、うつ伏せとなるGK。立ち上がった後にもピッチに向けて何か悪態をついていうようにも見える。 これで動揺したのかホームチームはさらに失点を喫し、前半を0-2で終えることに。ただ、後半に攻撃陣が奮起し、最終的には4-3で逆転勝ちを収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ホームのピッチ状態がオウンゴールを誘発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXG0-ZhIcbx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXG0-ZhIcbx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXG0-ZhIcbx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eleven Sports Belgium(@elevensportsbe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.08 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

英3部で珍しい侵入者…大雨のなかピッチに突如現れた動物とは?

EFLリーグ1(イングランド3部)の第21節、フリートウッドvsボルトン・ワンダラーズの一戦に珍しい侵入者が現れた。 昨今、選手との交流を試みようとピッチへの侵入者が相次いでいるが、今回の侵入者は人間ではなかった。 ホームのフリートウッドが1-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム、ボルトンが自陣深くの左サイドでスローインを獲得すると、そのタイミングでピッチへと降り立ったのは一羽のアヒルだった。 試合中は大雨が降りしきっており、ちょうどいい天気だったのかもしれない。動物がサッカーのピッチに侵入することは稀にあるが、アヒルが降り立つは中々貴重だ。 試合は一瞬中断されたものの、アヒルはスタッフが誘導すると、そのまま外へと移動していった。 試合の様子を実況していたフリートウッドの公式ツイッターは、「ピッチへ侵入者が発生したため、プレーが中断されます。それはただのアヒルで、追い出されることはありません。アヒルはスタッフの1人よって注意深く移動され、プレーが続きます」と投稿。中々見られない内容にいつも以上の反響が集まっていた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、この一戦はアヒルの侵入以外にも、照明の誤動作や悪天候によるスコアボードの損傷で計3回も試合が中断したという。 なお、試合は後半にも加点したフリートウッドが3-0で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチに降り立ったアヒルがスタッフの誘導で外に</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Perfect weather for ducks... Literally <br><br>A rare pitch invader at Fleetwood halted play this evening! <a href="https://t.co/zoLuBXq4ZN">pic.twitter.com/zoLuBXq4ZN</a></p>&mdash; Sky Sports Football (@SkyFootball) <a href="https://twitter.com/SkyFootball/status/1468330561974460437?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「女将、若旦那感が凄い」名古屋FW柿谷曜一朗とタレントの丸高愛実さんが和装ツーショットを披露! 結婚5周年をファンも祝福「お似合いなおふたり」

名古屋グランパスの元日本代表FW柿谷曜一朗が結婚5周年を迎えた。 今季から名古屋に加わり、マッシモ・フィッカデンティ監督の元で輝きを取り戻した柿谷。ストライカーのポジションやセカンドトップなどで公式戦52試合に出場し、9得点をマークした。 6日に行われた2021Jリーグアウォーズでは、明治安田生命J1リーグ第37節のセレッソ大阪戦で決めたオーバーヘッドキックが最優秀ゴール賞に選ばれた柿谷。クラブ史上初となるYBCルヴァンカップ制覇にも貢献。プライベートでも6月28日に第二子となる女の子が誕生するなど、公私ともに充実のシーズンとなった。 8日には結婚5周年を迎えた柿谷。妻でタレントの丸高愛実さんが自身のインスタグラムで「結婚記念日、6年目も宜しく」とのキャプションを添えて和装でのツーショットを投稿すると、ファンからも多くの反響が。 祝福の言葉とともに「これからもかっこ可愛いご夫婦でいてください」、「女将、若旦那感が凄い」、「憧れ夫婦です」、「お似合いなおふたり」などの声が寄せられている。 2021.12.08 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユンカーも「うどん屋開こうかな」、浦和の助っ人たちの“料理人姿”が大反響「似合いすぎ」

浦和レッズは8日、クラブのメンバーシップであるREX CLUB限定のアイテムを発表。2020年の「年越しそば」に続いて、埼玉県産の「年越しうどん」を用意した。 そのパッケージには、リカルド・ロドリゲス監督、DFアレクサンダー・ショルツ、うどん好きを公言しているFWキャスパー・ユンカーの3名が採用。法被や手ぬぐいを着用した和装姿がデザインされている。 監督を含む3名のピッチとは違う姿には「ここのうどん屋さん行きたい」、「埼スタで出店お願いします!」、「監督似合いすぎ」、「このクラブ最高」、「何をやらせとんねん」と多くのコメントが寄せられている。 さらに、ユンカーも自身のツイッターで、この投稿を引用する形で「うどん屋開こうかな」と冗談を飛ばしており、さらなる反響を呼んでいる。 「年越しうどん」は9日の16時から交換可能とのこと。メンバーの方は検討してみてはいかがだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】うどん職人に扮した浦和の助っ人コンビとロドリゲス監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨年大好評につき、瞬く間に交換申込終了となった「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B4%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%9D%E3%81%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#年越しそば</a>」ですが、今年は「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#埼玉県</a> といえば <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#うどん</a>!」ということで「埼玉県産」の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B4%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#年越しうどん</a> をご用意いたしました<br><br>♦️交換ポイント数<br>3,500ポイント<br><br>♦️交換申込可能日<br>12/9(木)19時~<br><br>詳細<a href="https://t.co/q39a1Un7wA">https://t.co/q39a1Un7wA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://t.co/eMW3jhJuD8">pic.twitter.com/eMW3jhJuD8</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1468416276213411841?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル・バレッラの“グーパンチ”が炸裂…報復での一発退場で小競り合いにも発展

インテルのイタリア代表ニコロ・バレッラが反撃ムードに水を差した。 7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループD最終節ではレアル・マドリー(勝ち点12)とインテル(勝ち点10)が、首位通過を懸けてサンティアゴ・ベルナベウで激突した。 昨シーズンのグループステージから3連敗中の相手へリベンジを狙うインテルは、公式戦11戦無敗の好調さそのままに、序盤は押し気味にゲームを進めた。 だが、17分にMFトニ・クロースにゴラッソを決められて追い掛ける展開に。追い掛ける展開となった状況で、64分にはバレッラが愚行を犯してしまう。 スペースへ出されたパスに反応した際に、タッチライン際でDFエデル・ミリトンからハードなチャージを受ける。転倒してピッチ横の看板に激突したバレッラは激高し、ミリトンの左ふくらはぎにグーパンチ。当然、レッドカードが掲示された。 1点を追う中での愚行だったが、指揮官はフォロー。すでにチームメイトに謝罪もしていると述べ「彼は重大なミスを犯したが、賢い男だ。それが二度と起こらないことを願っている」と、バレッラを擁護した。 とはいえ、数的不利となったインテルは79分にも追加点を許し、0-2の完敗。バレッラの退場が大きく響く厳しい2位通過となった。 <span class="paragraph-title">【動画】激昂したバレッラのグーパンチ(0:24~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ljLVdZfurZ0";var video_start = 24;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.08 20:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly