八戸に痛手…最多得点者の島田拓海が全治4週間の戦線離脱

2021.08.29 17:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンラーレ八戸は29日、FW島田拓海の負傷を報告した。

島田はトレーニング中に負傷して八戸市内の病院で検査を受診。左ハムストリングス肉離れにより、全治4週間の見込みだ。

今季、奈良クラブから完全移籍加入の島田はここまで明治安田生命J3リーグ14試合に出場。チーム最多の4得点を記録している。


関連ニュース
thumb

八戸FW岡佳樹が加入1年で退団へ 「一年間ありがとうございました」

ヴァンラーレ八戸は26日、FW岡佳樹(27)との来季契約非更新を発表した。 岡は松本山雅FC、アスルクラロ沼津、AC長野パルセイロを経て、今季から八戸でプレー。その今季のここまで明治安田生命J3リーグ20試合の出場で1得点をマークしているが、契約満了に伴い、退団が決定した。 1年で八戸を去る岡はクラブを通じてコメントを残している。 「なかなか勝てずサポーターの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。そんな中でも沢山の応援をしてくださったこと、感謝の気持ちでいっぱいです。一緒に戦ってきたチームメイトのみんなにもありがとうと伝いたいです。一年間ありがとうございました」 2021.11.26 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

J3八戸のGK横山卓司が現役引退「最後まで勝ちにこだわり全緑で頑張ります」

ヴァンラーレ八戸は24日、GK横山卓司(31)が現役を引退することを発表した。 横山は福島県出身で、富岡高校から新潟医療福祉大大学へと進学し、2013年にグルージャ盛岡(現:いわてグルージャ盛岡)へ入団。2017年にはラインメール青森へと完全移籍すると、今シーズンから八戸へと加入した。 ここまで岩手ではJ3通算27試合に出場。八戸では今シーズンの明治安田生命J3リーグで6試合に出場していた。 横山はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもって現役を引退することを決断しました。幼い頃からの夢のサッカー選手として、今までプレーできたことを本当に幸せに思います」 「僕がここまでサッカーできたのは多くの人との出会いや繋がりがあったからだと思っています。現役生活の中で出会い、関わっていただいた方々、ありがとうございました」 「今シーズン、ヴァンラーレ八戸でプレーすることができ、自分と向き合い、純粋にサッカーを楽しむことができた幸せなシーズンでした」 「八戸でプレーする機会を与えてくれた葛野監督、下平社長、クラブスタッフ、一緒にプレーしてくれた選手たち、美味しいご飯を作ってくれたお母さんたち、本当に感謝しています」 「働かせていただいた鳳明学園、高舘幼稚園の先生方、子どもたち、毎日皆さんからパワーをもらい、それが僕の活力になっていました。また、多くのスポンサー企業、ファン、サポーターの方々、今シーズンもチームを支えてくださり、ありがとうございました」 「最後に、幼いころからサッカーをさせてくれた両親、毎日笑顔で支えてくれた妻、娘、本当にありがとう。これから第二の人生が始まりますが、これからも人との出会い、繋がりを大事にして、自分らしく頑張っていきたいと思います」 「今シーズンも残り2試合となりましたが、最後まで勝ちにこだわり全緑で頑張りますので応援よろしくお願いします」 2021.11.24 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

八戸が3選手と来季契約結ばず

ヴァンラーレ八戸は15日、MF前田柊(27)、MF高見啓太(28)、DF原山海里(24)との今季契約満了を発表した。 前田は神奈川大学から2016年に入団。高見も2016年に国士舘大学から加わり、原山はいわてグルージャ盛岡から今季入団した。今季はここまで前田が明治安田生命J3リーグ11試合、高見が14試合、原山が6試合の出場数を記録している。 今季も最終盤に差し掛かるなか、2022シーズンの契約非更新が決定した3選手はクラブを通じて、それぞれコメントしている。 ◆前田柊 「6年間という長い間、どんな時でも支えてくれ、共に闘ってくれたファンやサポーターの皆さん、本当にありがとうございました。この八戸という地で、関わってくださった全ての人に感謝しています」 「今シーズンは残り3試合ですが、一つでも多く勝てるように全力を尽くしたいと思います。熱いプレーを、熱くなれるようなプレーを魅せたいです」 「僕自身もそうですが、ヴァンラーレ八戸もまだまだこれからだと思います。ヴァンラーレ八戸の活躍を応援しています。八戸を離れることにはなりますが、変わらず応援していただけると嬉しいです」 「泥臭く愚直にまた這い上がれるよう頑張ります。本当にありがとうございました」 ◆高見啓太 「この度、6年間お世話なったヴァンラーレ八戸を離れることになりました」 「この6年間、たくさんの方々と出会いました。大学を卒業して社会の右も左も分からない自分を受け入れてくださり、本当にありがとうございました。クラブ、スタッフの皆様、数多くのチームメイト、スポンサー様、ファン・サポーターには感謝しかありません」 「J3昇格を果たしたシーズンの一体感、熱量、感動は僕のサッカー人生において大きな財産です。またサッカーだけでなく、2つのスポンサー企業で働かせていただき、いち社会人としての基盤を作っていただきました」 「ヴァンラーレ八戸がなければ、今の僕はありません。僕はこのクラブはもちろん、この街・八戸が大好きです。地域の皆様が温かいところ、ご飯が美味しいところ、温泉が多いところ、ヴァンラーレ八戸があるところなど、全てが大好きです」 「プラスタであの大好きなチャントが聞けなくなると思うと寂しいです。この先、まだまだサッカーを続けます。このチームで成長させてもらったたくさんのことを今後のサッカー人生に生かしていきたいと思います」 「これからの高見啓太も応援していただければ、嬉しいです。今後のヴァンラーレ八戸の益々の発展を心からお祈りしています。6年間本当にありがとうございました! 残り3試合もヴァンラーレ八戸の勝利の為に全緑で戦います」 ◆原山海里 「日頃よりヴァンラーレ八戸を応援してくださるファン・サポーター・スポンサーの皆様、一年間という短い期間でしたが、いつも沢山のご支援や温かなご声援を頂き、心からお礼申し上げます」 「この一年間、Jリーグデビューや天皇杯でのプロ初ゴール、地域貢献活動などたくさんの素晴らしい経験をさせていただきました・地域の方々に愛され、子どもから大人まで様々な人との関わりがある素敵なチームで、一年間活動出来た事、とても誇りに思います」 「ヴァンラーレ八戸の選手として戦える残りの試合、どんな場面でもチームの勝利の為に全緑で戦って参ります。厳しくも、でも大好きな道。サッカー人生まだまだチャレンジしていきたいです。自分らしく、どんな時も常に努力を怠らず前向きに突き進んで行こうと思います」 「一年間本当にありがとうございました」 2021.11.15 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

八戸のMF中村太一が右ヒザ軟骨損傷、外側半月板損傷で手術…全治6カ月

ヴァンラーレ八戸は12日、MF中村太一の負傷を発表した。 クラブの発表によると、中村は以前から経過観察中だったとのこと。しかし、8日に青森県内の病院で、右ヒザ軟骨損傷、外側半月板損傷と診断され、手術を受けたとのことだ。なお、全治は6カ月となる。 中村は今シーズンの明治安田生命J3リーグで16試合に出場し3得点を記録していた。 2021.11.12 17:48 Fri
twitterfacebook
thumb

J3八戸が八戸学院大学FW江幡俊介の加入内定を発表「地域から愛される選手になりたい」

ヴァンラーレ八戸は11日、八戸学院大学のFW江幡俊介(21)の来季加入内定を発表した。 江幡は北海道出身で、大谷室蘭高校から八戸学院大学へと進学していた。 加入内定会見に臨んだ江幡は、自身のストロングポイントについて「ボールを受けた時にためをつくることだったり、攻守においてハードワークができることだと思っています」とコメント。プレーの特徴については「最後まで諦めない気持ちを全面に出すプレーを特徴としているので、そういったプレーでチームに貢献していきたいです」と語った。 今回加入内定が決まった心境については「プロサッカー選手になることは小さい頃からの夢だったので、まずは夢を叶えることができて素直に嬉しいという思いです。自分だけの力ではここまで来れなかったので、今まで関わっていただいた方々に感謝の気持ちを忘れず、これからもプレーしていきたいと思います」とコメントした。 また、プロ1年目に向けた意気込みについては「少しでも早く試合に出場して、チームの勝利に貢献するプレーをしたいです。そして地域から愛される選手になりたいです」とコメントしている。 2021.11.11 16:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly