岡崎慎司の元同僚、東京五輪銀メダルのGKフェルナンデスが開幕戦勝利で話題のブレントフォードにレンタル移籍

2021.08.18 09:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ初挑戦中のブレントフォードは17日、ウエスカのスペイン代表GKアルバロ・フェルナンデス(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

レンタル期間は1年間で、買い取りオプションがついている。

オサスナの下部組織で育ったフェルナンデスは、2017年7月にモナコへと完全移籍。Bチームでプレーすると、エストレマドゥーラへのレンタル移籍を経て、2019年7月にウエスカへと完全移籍で加入する。

2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で36試合に出場し、12試合のクリーンシートを記録。チームをラ・リーガ昇格へと導くと、2020-21シーズンはシーズン序盤こそベンチに座ったが、ラ・リーガで22試合に出場した。なお、チームは降格していた。

そのフェルナンデスはユーロ2020前に行われたリトアニア代表とのフレンドリーマッチでスペイン代表デビュー。ユーロはメンバー入りを逃したが、東京オリンピックに臨むU-24スペイン代表に選出。GKウナイ・シモンがいたために出場機会はなかったが、銀メダリストとなった。

ブレントフォードはクラブとしてプレミアリーグに初参戦。開幕戦ではアーセナルをホームに迎えて2-0で快勝し、大きな話題を呼んでいた。



1 2

関連ニュース
thumb

2人の退場者を出して敗れたエバートン、ランパードはジャッジに苦言 「いつも不利を受ける側だ」

エバートンのフランク・ランパード監督が、ブレントフォード戦の判定に苦言を呈した。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグにおいて降格圏から2ポイント差の16位となっているエバートンは、15日に行われた第37節でブレントフォードと対戦。勝利を挙げれば残留が大きく近づく一戦となった。 試合は10分にFWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで幸先よく先制するも、18分にDFジャラッド・ブランスウェイトが退場となると、37分にはオウンゴールによって失点。しかし、前半アディショナルタイムにはFWリシャルリソンが獲得したPKを自ら決めて、2-1で試合を折り返した。 10人で勝ち越したエバートンだったが、後半に入ると62分、64分と立て続けに失点。一気に逆転を許すと、終盤には危険なタックルを見舞ったFWサロモン・ロンドンがレッドカードを提示され、9人となったチームは2-3のままタイムアップを迎えた。 退場者を2名出した中で、残留を懸けた重要な一戦に敗れたエバートン。ランパード監督は次節に向けた切り替えを促しつつも、自チームにとって不利なジャッジがあったことを強く主張した。 「選手たちがこの試合の後、すぐに反応を見せることは難しい。明日は休みを取って、立ち直る時間がある。それはこの試合が非常に重要なものであり、木曜日もまた大きな努力が必要だからだ」 「みんな今日の試合のことは理解している。11対11では1-0で勝っていたのに、そこから2-3で負けたのだから。戦術的にも個人的にも、なぜうまくいかなかったのか、その理由を問うことができるだろう」 「そのことを理解した上で、しっかりと休み、また同じ想いを持って11人で次の試合に臨む必要がある」 「審判とVARは最も難しい仕事の一つだが、我々は今シーズン、実際にいつも判定の不利を受ける側だった」 「退場する前のプレーでは、リシャルリソンはシャツを引っぱられており、PKが与えられれば、2-0でリードすることができた。我々は11人のままでだ。そのような状況になったら、試合がどうなっていたかは誰もがわかることだろう」 2022.05.16 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

話題のユナイテッド残留匂わせ発言に「そんなこと言ってない」 C・ロナウド自ら否定

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)がマンチェスター・ユナイテッド残留をほのめかしたとされる発言を正した。イギリス『talkSPORT』が報じている。 プレミアリーグでのトップ4入りもかなり厳しくなり、残りシーズンでの目標が希薄になるなか、2日の第35節でブレントフォードをホームに迎え撃ったユナイテッド。ここ4試合で3勝1分けと決して侮れないチームを相手にしてのホーム最終戦だったが、3-0で快勝した。 チームとしてもうまくボールの主導権を握り、試合を支配するなか、C・ロナウドも3戦連発。前半終盤にネットを揺らした場面こそオフサイドで認められなかったものの、1-0の61分に自ら獲得したPKから13季連続のリーグ戦20ゴールに迫る18得点目をマークした。 この試合後に選手団がピッチを一周してファンに挨拶するなか、C・ロナウドは自身に近づくテレビカメラに向かって、何かしらを発言。イギリス『サン』などによると、「I'm not finished(僕はまだ終わってなんかいない)」とつぶやいたという。 飛び交う限界説に向けてもあり得るが、イギリスメディアが残留を示唆したと紹介して大きな話題に。だが、インスタグラム上にある自身のファンアカウントがその話題を取り上げると、C・ロナウドは「I didn’t say that(そんなことは言っていない)」と反応した。 大スターが故に批判されがちで、今季もチーム全体が不振に陥るなかで矢面に立たされるC・ロナウド。今季限りで退くラルフ・ラングニック監督は来季までの契約を強調して残留見通しを口にしているが、C・ロナウドの去就を巡っては今後も様々な憶測が飛び交いそうだ。 2022.05.04 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレントフォードで復活のエリクセン、指揮官は残留に自信「彼はここで幸せ」

ブレントフォードのトーマス・フランク監督はデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(30)の契約延長に自信があるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。ピッチ上での迅速な心肺蘇生もあって、無事に一命を取り留めたが、植え込み型除細動器(ICD)を装着したままではプロスポーツは行えないイタリアスポーツの決まりのもと、所属していたインテルとの契約を解除した。 その後は懸命にリハビリを行い、今年1月にブレントフォードへ加入。2月に行われたプレミアリーグ第27節のニューカッスル戦でピッチへ帰還すると、ここまで公式8試合に出場し、1ゴール2アシストを記録している。 そんなエリクセンとクラブとの契約は今年6月まで。ブレントフォードでの復活ぶりを受けて、古巣トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドといった国内クラブが、今夏の獲得に関心を示していると伝えられている。 フランク監督は2日に行われた第35節のマンチェスターユナイテッド戦後、会見でエリクセンの去就について言及。現在は契約について話し合っている段階だとしながらも、司令塔の残留を信じた。 「私はいつも前向きだ。我々は常に非常に良いチャンスがあると信じている。彼はここで幸せで、フットボールを楽しんでいることを知っている。それはシーズンの終わりに下される決定だ。非常に単純なことで、私は彼と話している。我々は計画を提示し、それについて何回も議論を交わしている」 2022.05.03 13:47 Tue
twitterfacebook
thumb

「嬉しいけど…」 ブルーノ、公式戦通算50発達成も「それよりトロフィーの数」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがコメントした。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 プレミアリーグでのトップ4入りもかなり厳しくなり、残りシーズンでの目標が希薄になるなか、2日の第35節でブレントフォードをホームに迎え撃ったユナイテッド。ここ4試合で3勝1分けと決して侮れないチームを相手にしてのホーム最終戦だったが、3-0で快勝した。 チームとしても試合を支配するなか、B・フェルナンデスも9分にFWアントニー・エランガの折り返しから先制点を奪取。ここ数試合にわたり、ゴールもアシストもない状況が続いたが、ホーム最終戦でリーグ戦2季連続の二桁得点となる10ゴール目をマークした。 そのゴールがチームに4試合ぶりの白星をもたらしたなか、自身も公式戦通算50ゴール目と節目を迎えたB・フェルナンデスだが、試合後のイギリス『スカイ・スポーツ』で個人よりもチームとしての数字にこだわった。 「ずいぶんと久しぶりのゴールだね! もちろん、嬉しいけど、僕にとってその数字は重要じゃない。ゴールじゃなく、トロフィーの数を増やしていきたいんだ」 また、ホーム最終戦で久々といっても良いぐらいの快勝劇に安堵しつつ、エリク・テン・ハグ体制でリスタートとなる来季に弾みをつけるべく、不甲斐ない今季をできる限り最高の形で締めくくりたい思いも続けている。 「ホームでのシーズン最終戦だし、良い結果と良いパフォーマンスを出したかった。自分たちが期待する基準に達していないのはわかっているけど、シーズン最後の試合はホームで良い結果を出せたよ。まだ試合が残っているし、そこに集中したい」 「常に何かしらを与えなければならないのはわかっている。ファンは僕らを応援してくれているんだ。今季が本来のレベルじゃないのはわかっているけど、今できるのは最高の形で終え、試合に勝ち、その後に来季のことを考えるしかないんだ」 なお、B・フェルナンデスはデータ会社『Opta』いわく、2020年2月のデビューからリーグ戦での得点関与が36ゴール&25アシストに。この数字よりも得点に絡んでいるのはリバプールのFWモハメド・サラー(73)とトッテナムのFWハリー・ケイン(65)しかいないという。 2022.05.03 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦でもゴールのC・ロナウド「決して見捨てずにいてくれた素晴らしいサポーターに感謝」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが感謝した。 プレミアリーグでのトップ4入りもかなり厳しくなり、残りシーズンでの目標が希薄になるなか、2日の第35節でブレントフォードをホームに迎え撃ったユナイテッド。ここ4試合で3勝1分けと決して侮れないチームを相手にしてのホーム最終戦だったが、3-0で快勝した。 チームとしてもうまくボールの主導権を握り、試合を支配するなか、C・ロナウドも3戦連発。前半終盤にネットを揺らした場面こそオフサイドで認められなかったものの、1-0の61分に自ら獲得したPKから13季連続のリーグ戦20ゴールに迫る18得点目をマークした。 試合後、自身のインスタグラムを更新。サポーターに感謝の言葉を書き綴っている。 「またもスタンドからの素晴らしいサポートがあった。オールド・トラッフォードでの今季ラストゲームだったこの機会に、厳しいシーズンを共に耐え、決して見捨てずにいてくれた素晴らしいサポーターに感謝しよう」 「ありがとう、みんな。君たちのサポートは僕らにとってかけがえのないものだ。僕らの目標は日々より良くなるなかで、僕ら全員の望みを成し遂げること。マン・ユナイテッドに栄光あれ!」 <span class="paragraph-title">【写真】ファンへの感謝を綴るC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdElAQjI057/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdElAQjI057/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdElAQjI057/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.03 11:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly