岡崎慎司の元同僚、東京五輪銀メダルのGKフェルナンデスが開幕戦勝利で話題のブレントフォードにレンタル移籍

2021.08.18 09:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ初挑戦中のブレントフォードは17日、ウエスカのスペイン代表GKアルバロ・フェルナンデス(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

レンタル期間は1年間で、買い取りオプションがついている。

オサスナの下部組織で育ったフェルナンデスは、2017年7月にモナコへと完全移籍。Bチームでプレーすると、エストレマドゥーラへのレンタル移籍を経て、2019年7月にウエスカへと完全移籍で加入する。

2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で36試合に出場し、12試合のクリーンシートを記録。チームをラ・リーガ昇格へと導くと、2020-21シーズンはシーズン序盤こそベンチに座ったが、ラ・リーガで22試合に出場した。なお、チームは降格していた。

そのフェルナンデスはユーロ2020前に行われたリトアニア代表とのフレンドリーマッチでスペイン代表デビュー。ユーロはメンバー入りを逃したが、東京オリンピックに臨むU-24スペイン代表に選出。GKウナイ・シモンがいたために出場機会はなかったが、銀メダリストとなった。

ブレントフォードはクラブとしてプレミアリーグに初参戦。開幕戦ではアーセナルをホームに迎えて2-0で快勝し、大きな話題を呼んでいた。



1 2
関連ニュース
thumb

ビッグセーブ連発で無失点勝利に貢献のメンディ、トゥヘル監督も絶賛「ベリーストロング」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ブレントフォード戦で獅子奮迅の活躍を見せたセネガル代表GKエドゥアール・メンディを称賛した。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えている。 16日にプレミアリーグ第8節でブレントフォード戦に挑んだチェルシー。立ち上がりから押し込む時間が続いたものの、ゴール前を固める相手になかなかシュートすら打てない状況が続く。それでも前半終了間際にDFベン・チルウェルのゴールでなんとかこじ開けてリードを得る。 しかし、後半も苦戦を強いられると、終盤にかけてはブレントフォードの猛攻に遭う。だが、ここで気を吐いたのがメンディだった。顔面でのシュートブロックに始まり、アディショナルタイムには相手の渾身のバイシクルシュートを驚異的な反応ではじき出し、クリーンシートに貢献。守護神の活躍でチェルシーは辛勝を収めた。 マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれたメンディをトゥヘル監督も手放しで称賛。終盤はカップ戦のような状況だったと印象を語りながら、無失点勝利を喜んだ。 「彼は試合全体を通じて非常にストロングだった。最初の65分間はなんとか彼からプレッシャーを遠ざけられていたが、相手はFKかスローインなどのセットプレーで我々に脅威を与えた。つまり、彼らは常に危険な存在なのだ」 「彼はとても強く、ビルドアップに集中していた。素晴らしいパフォーマンスだったが、最後の20分は、相手はリスクを犯してボックスに飛び込んできたため、カップ戦の試合のようになっていた」 「我々はそんな彼らをシュートやチャンスから遠ざけることができなかった。クリーンシートで逃げ切れたのは決定的だったよ」 また、今年のバロンドールにメンディがノミネートされていないことについてトゥヘル監督は、「重要なのは彼がそのようなリストに載ることより、今日のようなパフォーマンスをしてくれることだよ」と語っている。 2021.10.17 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

聖エドゥアール降臨のチェルシーが枠内シュート1本の辛勝! ブレントフォードに大苦戦も首位堅守《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節、ブレントフォードvsチェルシーが16日にグリフィン・パークで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で勝利した。 チェルシーは、インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のサウサンプトン戦を3-1で勝利し、公式戦連敗をストップすると共にリーグ首位に浮上した。リーグ連勝を目指す今節は、昇格組ながら7位と健闘光るブレントフォードのホームに乗り込んだ。 トゥヘル監督は代表戦明けのコンディション面を考慮し、前節から先発3人を変更。リュディガーをケガ、チアゴ・シウバがカタールW杯南米予選の日程の関係で欠く中、クリステンセンとプレミアデビューのマラン・サールを代役に起用。さらに、ハドソン=オドイに替えて新型コロナウイルスから快復したカンテを起用し、ヴェルナーとルカクを2トップに配した[3-5-2]の布陣を採用した。 戦前の予想通り、立ち上がりからボールの主導権を握ったチェルシーが、自陣深くに引いて守備ブロックを敷くブレントフォードを押し込んでいく。だが、起点となるルカクを徹底監視された上、スペースをうまく消されてしまい、なかなか攻め手を見いだせない。 逆に、トニーとムベウモという強さと速さを兼ね備える相手の2トップにカウンターチャンスを与えてしまい、ゴールに迫られる場面も散見。22分にはセットプレーの流れからボックス内でノルゴーアのヘディングパスに反応したムベウモに決定機を許すが、このシュートは左ポストを叩き事なきを得る。 このピンチの直後にはコバチッチ、ヴェルナーのドリブルからロングカウンターに持ち込み、ヴェルナーの左クロスをゴール前に飛び込んだルカクがワンタッチで流し込む。だが、これはオフサイドの判定により先制点とはならず。 前半半ばから終盤にかけて攻撃のアプローチを増やしつつ、相手の堅固な守備ブロック攻略を図るチェルシーは37分、カンテ、チルウェル、ルカクと繋ぎペナルティアーク付近でルカクの丁寧な落としに反応したヴェルナーに絶好機も、ここはシュートを大きくふかしてしまう。 それでも、焦れずに戦うアウェイチームは前半終了間際に先手を奪う。45分、ボックス右でカンテ、アスピリクエタと短く繋いで浮き球のクロスがゴール前のルカクに渡る。ここでルカクがうまく潰れてボックス中央のスペースにボールがこぼれると、チルウェルが抑えの利いた見事な左足のボレーシュートを叩き込み、値千金の2試合連続ゴールとした。 ブレントフォードの堅守に苦戦も1点リードで試合を折り返したチェルシーは、後半もボールを握って相手陣内でのプレータイムを増やす。前半同様になかなか決定機まで持ち込めないものの、相手陣内でボールを動かすことでピンチを招くシーンは皆無。 その後、65分にコバチッチを下げてマウントを最初のカードとして切ったチェルシーは、70分にボックス内でヴェルナー、ルカクに続けてシュートチャンスが訪れるが、これを決め切ることができない。 すると、攻撃的な交代カードを切って前がかるブレントフォードの攻勢に晒されていく。まずは73分、ザンカの右サイドでのロングスローの流れからボックス中央のトニーに鋭い枠内シュートを打たれるが、ここはGKメンディの好守で凌ぐ。さらに、直後の75分にはボックス中央に抜け出したムベウモにフリーでシュートを許すが、今度は右ポストに救われる。 その後、ルカクを諦めてハヴァーツを投入し、逃げ切り態勢に入るチェルシー。だが、前々節にリバプール相手に3-3のドローに持ち込んだブレントフォードの猛威に晒される。 リスクを冒して攻撃に人数をかけるホームチームを前に完全に後手を踏むチェルシーは、ゴッドス、ヤンソンとボックス内で続けて決定機を与えるが、GKメンディが身体を張った連続セーブで阻止。さらに、試合終了間際の93分にはボックス内でノルゴーアに完璧なバイシクルシュートを放たれるが、この至近距離からのシュートもメンディが驚異的な反応ではじき出した。 そして、唯一の枠内シュートとなったチルウェルのゴールを最後まで守り抜いたチェルシーが、辛くもブレントフォードを退けて首位キープに成功した。 2021.10.17 03:38 Sun
twitterfacebook
thumb

「誰か探してくれませんか?」古巣リバプールと対戦したブレントフォードFWがファンに協力を求める「スパイクかユニフォームあげます」

ブレントフォードの元U-19スペイン代表FWセルジ・カノスがファンに不思議なお願いをした。 今シーズンからプレミアリーグに昇格したブレントフォードは、プレミアリーグ創設後の初昇格。しかし、開幕戦でアーセナルを下すなど、話題を提供している。 ここまで2勝2分け1敗のブレントフォードは25日、プレミアリーグ第6節でリバプールと対戦。リバプール優勢と見られていた試合は、思わぬ点の取り合いとなる。 27分にイーサン・ピノックのゴールでブレントフォードが先制するも、31分にジオゴ・ジョタのゴールでリバプールが同点に。さらに54分にはモハメド・サラーにゴールが生まれ、リバプールが逆転する。 しかし、ブレントフォードは63分にビタリー・ヤネルトのゴールで追いつくが、リバプール67分にカーティス・ジョーンズのゴールで勝ち越し。それでも諦めないブレントフォードは82分にヨアン・ウィサがゴールを決め、3-3の引き分けに終わった。 強豪相手の打ち合いで貴重なドローを演じたブレントフォードだが、この試合にフル出場したカノスが試合後にファンへ不思議なお願いをした。 「みんなお願いします。僕はタッチラインにシンパッド(スネ当て)を置いてきてしまいました。そして何人かの警備員が拾い、みなさんに渡したと思います」 「それは僕の家族の写真が入ったととても個人的なものでした。誰か探してくれませんか?」 「代わりにスパイクかユニフォームをあげようと思います」 カノスは家族の写真入りのスネ当てを紛失。この試合ではリバプールファン1700人を含む、1万6876人のファンが駆けつけており、その中の誰かが見つけれくれるのに期待するようだ。 カノスはバルセロナのカンテラ出身で、その後リバプールのアカデミーに入団。2016年7月にノリッジへと完全移籍し、2017年1月からブレントフォードでプレー。なんと古巣戦という記念すべき試合でもあった。 <span class="paragraph-title">【写真】スネ当てにも載っている? カノスの家族と彼女</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKzqShbj0v-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKzqShbj0v-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKzqShbj0v-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SERGI CANÓS(@sergicanos)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.26 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールの公式戦連勝が「4」でストップ…サラーがメモリアル弾も今季最多3失点でドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、ブレントフォードvsリバプールが25日にグリフィン・パークで行われ、3-3のドローに終わった。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、クリスタル・パレスを相手にマネのクラブ通算100ゴールなどで、3-0の快勝を収めたリバプール。さらに、ミッドウィーク開催のEFLカップでは南野の2ゴールの活躍によってノリッジに3-0で勝利した。 28日にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦、次節リーグ戦でマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える中、パレス戦からは先発4人を変更。負傷のチアゴ、コナテとツィミカス、ミルナーに替えてマティプ、ロバートソン、カーティス・ジョーンズ、体調不良から快復したアレクサンダー=アーノルドが復帰した。 プレミアリーグ初昇格ながら序盤戦で健闘光るブレントフォードとのアウェイゲームは、立ち上がりから見せ場満載のオープンな展開となる。 ボールを握って押し込む入りとなったリバプールは7分、C・ジョーンズの高い位置でのボール奪取からジョタが背後を狙うサラーへ完璧なスルーパスを通す。そのままボックス右に持ち込んだサラーはGKの股間を抜く左足のシュートを放ったが、これは必死の戻りを見せたDFアイエルのゴールライン上のスーパークリアに阻まれる。 すると、今度は攻守交替でブレントフォードに絶好機。11分、GKラヤからのロングボールをトニーが頭で背後のスペースに流すと、これに抜け出したムベウモが飛び出したGKアリソンを前に絶妙なチップキックのシュートを放つ。だが、今度はDFマティプが無人のゴールへ向かうボールを冷静にかき出した。 互いに同じような形から決定機を作り合った中、以降は攻めのアプローチは異なるものの、互いに縦への素早い攻めを意識してゴールの可能性を感じさせる攻防を繰り広げていく。 その流れの中で先手を奪ったのは、ホームのブレントフォード。27分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、サインプレーからカノスがボックス右に抜け出してマイナスのクロスを供給。これをニアのムベウモがヒールでファーに流すと、ゴール前の密集を抜けたボールを大外に走り込んだピノックが泥臭く押し込んだ。 リーグ戦で3試合ぶりとなる失点を喫したリバプールだが、すぐさまスコアをタイに戻す。31分、サラーのボールキープから右サイドで深い位置を取ったヘンダーソンが右足インサイドで浮き球の完璧なクロスを供給。これをうまくセンターバックの間にポジションを取ったジョタがドンピシャのヘッドで合わせた。 早い時間帯の同点ゴールで勢いづくアウェイチームはここから畳みかける。39分には相手ボックス内でのヘンダーソンのカウンタープレスからペナルティアーク付近でマイナスのパスを受けたC・ジョーンズが右足のシュート。左ポストを叩いたこぼれ球にゴール前のジョタが詰めたが、逆転ゴールかに思われたこのシュートはGKラヤが驚異的な反射神経ではじき出した。さらに、前半終了間際にもセットプレーから相手ゴールに迫ったが、前半のうちに試合を引っくり返すまでには至らなかった。 迎えた後半も前半同様に一進一退の白熱の攻防が繰り広げられるが、地力で勝るリバプールが先にゴールをこじ開ける。54分、相手陣内中央でボールを持ったファビーニョが背後を狙うサラーの動き出しに合わせて絶妙な浮き球のパスを通す。これをゴール前に抜け出したサラーが左足ダイレクトで合わせ、リバプールでのプレミアリーグ100ゴールを達成すると共に、クラブ歴代得点ランキングでも10位(131ゴール)に浮上した。 エースのリーグ戦4試合連続ゴールによってこの試合初めてリードを手にしたリバプールだが、このリードを守り切ることができない。63分に右サイドから上がったクロスをはじき出せずにゴール前で混戦を作られると、ヤンソンのクロスバー直撃のシュートのこぼれ球をヤネルトに頭で押し込まれる。 それでも、慌てないリバプールは再び攻勢を強めると、67分には波状攻撃からロバートソンの動き出しをオトリにしたC・ジョーンズがボックス手前左から強烈なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季リーグ初スタメンの起用に応える大きな仕事を果たした。 そして、殊勲のC・ジョーンズを下げて負傷明けのフィルミノを投入し、ゲームをコントロールしつつ逃げ切り態勢に入る。77分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがGKラヤと一対一の絶好機を迎えるが、ややあっさりと放ったループシュートはクロスバーの上を越え、決定的な4点目を奪うことができない。 一方、ブレントフォードはオニェカ、ノルゴーアを下げてバチスト、ウィサと交代カードを切ると、この交代策がハマる。83分、2点目と似たような形で右サイドから入れたクロスに対して、トニーとウィサが競ると、DFアレクサンダー=アーノルドと競ったトニーがうまく潰れたこぼれをウィサがすかさずゴールへ蹴り込んだ。 今季公式戦最多となる3失点目を喫して試合を振り出しに戻されたリバプールは、再び勝ち越しゴールを目指して攻勢を強めていく。あわよくば勝ち点3を狙い前線にトニーを攻め残す相手のカウンターの脅威に晒されながらも、リスクを冒して攻撃に出る。試合終了間際の93分にはボックス左でマネが入れたグラウンダーの高速クロスが相手DFのオウンゴールを誘発しかけるが、ここはGKラヤの好守に阻まれた。 そして、互いに3ゴールずつを奪い合った白熱の一戦は3-3のドローに終わり、公式戦の連勝が「4」でストップしたリバプールは、暫定首位に浮上。翌日のブライトンの結果次第では首位で次節シティとの大一番に臨むことになった。 2021.09.26 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード、デンマーク代表DFザンカを獲得

ブレントフォードは9日、フェネルバフチェを退団していたデンマーク代表DFザンカ(31)を2022年6月までの1年契約で獲得したことを発表した。 デンマーク代表として35試合の出場歴を持つセンターバックのザンカは、コペンハーゲンやハダースフィールドで活躍。2019年からフェネルバフチェに在籍していたが、レンタルでデュッセルドルフ、古巣のコペンハーゲンでプレーしていた。 そして6月にフェネルバフチェとの契約を満了して以降、フリーの状態だった。 ザンカは先のユーロ2020でデンマーク代表に選出されるも出場機会はなかった。 2021.09.10 07:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly